「すのこベッド」一覧

ベッド通販セラピスでは、人気の高い高品質なすのこベッドを卸直送の格安で販売しています。

すのこベッドは、通気性に優れていて湿気やカビに強い事から多くの人にご指示を頂いているベッドです。

マットレスだけでなく布団で使用出来るすのこベッドも多数ありますし、サイズもセミシングル~ワイドキングまで幅広く取り揃えています。

是非すのこベッドのお買い物をお楽しみください。

すのこベッドおすすめ10選!

当店が取り扱っているすのこベッドの中でも、特におすすめの商品を10個ご紹介いたします。

1位.すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』

ブリーズのすのこフロアベッド

価格円~

セミシングル シングル セミダブル ダブル クイーン

『ブリーズ』は「LVLすのこ」を使用しているフロアタイプのすのこベッドになります。

「LVLすのこ」とは繊維方向を揃えて板を重ね接着した木質材料で作られたすのこの事で、通気性だけでなく強度もアップしています。

フロアベッドの場合フレーム枠が曲がってしまう事があるのですが、『ブリーズ』では補強ワイヤーを入れるなどして対策を万全にしています。

サイズもセミシングル~クイーンと幅広くあり、価格も安い事からすのこベッドの中でも特に人気が高い商品になっています。

『ブリーズ』は、荷物が比較的少ない一人暮らしの方におすすめの商品となっていますよ。

2位.カントリー調 天然木 すのこベッド 布団対応 高さ調整可能 大容量ベッド下収納 『Ecru』 エクル

『Ecru』 エクル ショートベッド

価格円~

セミシングル シングル セミダブル

『Ecru』 エクルは、カントリー調が女性に人気のすのこベッドになります。

天然木のパイン材を使用しているすのこベッドで、厚みがあるすのこを使用しているのでマットレスだけでなく、敷布団でも寝る事が出来ます。

特徴としてはすのこ部分を開閉する事が出来て、その下のスペースに大容量の荷物を収納出来る事です。

また、ベッド下の高さも20㎝と32㎝の2段階に調整が可能なので、ベッド下に収納ケースなどを置きたい方やより通気性を良くしたい方は、高めに設定をして下さい。

『Ecru』 エクルはコストパフォーマンスに優れいているすのこベッドなので、節約志向の女子におすすめの商品となっていますよ。

3位.すのこ仕様 連結ローベッド 宮付き コンセント付き『Flacco』フラッコ

『Flacco』フラッコ すのこベッド

価格円~

セミシングル シングル セミダブル ダブル クイーン キング ワイドキング

『Flacco』フラッコは、「フラット構造」が特徴の連結すのこベッドになります。

通常のフロアベッドの場合には、フレーム枠にマットレスをはめ込むように出来ていますが、『Flacco』フラッコではフレームと床板の高さが同じになっていて、足や物を挟む危険性がなく、シーツ交換が楽になっています。

すのこにはカビにくく強度が高い「LVLすのこ」を使用していて、フレーム内側に「きしみ防止EVAパッド」を貼るなどきしみ音も軽減出来ています。

サイズはセミシングル~ワイドキングまで幅広くラインナップしていますが、特に遊び盛りのお子様がいらっしゃるご家庭におすすめの商品となっていますよ。

4位.【耐荷重180kg】 折りたたみ式 すのこベッド (フレームのみ) 桐製 4つ折り 布団対応

折りたたみ式 すのこベッド

価格円~

シングル セミダブル ダブル

こちらは天然木の桐を使用している折りたたみ式すのこベッドになります。

すのこだけのシンプルな商品ですが、耐荷重は180㎏あり、布団もご使用可能となっています。

また、使用している「桐」は調湿性に優れているので、マットレスや布団の下にこれを一つ敷くだけで湿気やカビを寄せ付けません。

桐は数ある材木の中でも1,2を争う程軽量のため、持ち運びも便利で4つ折り出来るので、置き場所に困る事もありません。

すのこベッドを「M」字型にすれば、家の中でも布団を干す事も出来る便利な商品です。

折りたたみ式すのこベッドを探している方におすすめの商品となっていますよ。

5位.フレームカラー:ナチュラル 総桐すのこベッド Kirimuku キリムク

価格円~

セミシングル シングル ダブル クイーン キング ワイドキング

Kirimuku キリムクは、セミシングルからワイドキングまで幅広いサイズがラインナップしている総桐すのこベッドになります。

調湿性に優れている天然木の桐を使用しているので、布団の中はいつでもサラサラと快適になっています。

厚みが60㎜と言う非常にい分厚いすのこを使用しているうえ、裏面には桟もしっかり入っているので頑丈で長持ちするベッドです。

低ホルムアルデヒドベッドなので、赤ちゃんや小さなお子様にも安心してご使用する事が出来ます。

ベッド下の高さは31㎝あるので、下に収納ケースなどを置くことで、お部屋の中もすっきりと片づける事が出来ます。

お一人やご夫婦にも人気が高い商品ですが、特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭におすすめとなっていますよ。

6位.カントリー調 天然木 すのこベッド シングル『Mina』ミーナ

『Mina』ミーナすのこベッド

価格円~

シングル

『Mina』ミーナは天然木のパイン材を使用しているカントリー調すのこベッドになります。

サイズはシングルしかありませんが、ベッドフレームの種類を「マットレス専用」と「布団対応」から選べるのが特徴です。

「マットレス専用」のベッドフレームはマットレスの荷重に十分耐えられるだけの強度を保ちつつ、必要部材を見直す事で価格が安くなっています。

一方、「布団対応」は敷き布団を使用した時でもしっかりサポート出来るように、すのこが頑丈に作られています。

天然木のパイン材を使用する事で、見た目も肌触りも優しいすのこベッドに仕上がっているので、学生など若い女子におすすめの商品となっていますよ。

7位.国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド Long force ロングフォルス

収納ベッド Long force ロングフォルス

価格円~

セミシングル シングル セミダブル

Long force ロングフォルスは、布団仕様に特化している跳ね上げ式すのこベッドになります。

収納庫の容量は最大で800リットルと、クローゼット1つ分に相当する大容量の荷物を収納する事が出来ます。

一番の特徴はすのこを「く」の字型に折りたためる事で、布団を敷いたまま部屋干しする事が出来るので、寝具をいつでも清潔な状態に保てます。

また、耐荷重も600㎏とすのこベッドの中でも群を抜いて高い数値になっています。

ヘッドボードには棚と2口コンセントが付いているので、使い勝手にも優れている商品です。

Long force ロングフォルスは、一つのベッドを出来るだけ長く使いたい方におすすめのすのこベッドになっていますよ。

8位.頑丈デザインすのこステーションボトムベッド Tough-BOTTOM タフボトム

すのこベッドTough-BOTTOM タフボトム

価格円~

シングル セミダブル ダブル

Tough-BOTTOM タフボトムは、ヘッドボードがない頑丈なすのこベッドになります。

耐荷重が500㎏あるTough-BOTTOM タフボトムは、厚さ25㎜の極厚フレームに、布団も眠れる頑丈すのこ、極太のスチール脚と何処を取ってもとにかく丈夫に出来ているのが特徴です。

すのこは天然木の桐を使用しているので、お部屋の湿度をコントロールして快適な寝心地を実現してくれます。

ベッド下は15㎝あるので、掃除機はもちろんお掃除ロボットを使用する事も出来ます。

Tough-BOTTOM タフボトムは体格ががっしりしている男性におすすめのすのこベッドになっていますよ。

9位.棚・コンセント付きユーズドデザインすのこベッド Jack Timber ジャック・ティンバー

すのこベッド Jack Timber ジャック・ティンバー

価格円~

シングル セミダブル ダブル

Jack Timber ジャック・ティンバーは、ヴィンテージ感が魅力のすのこベッドになります。

まるで長年使いこまれたような独特の風合いは、寝室にあるだけで存在感が引き立ちます。

シンプルですが、ヘッドボードは薄型にして圧迫感を与えず、緩やかな曲線にするなど、形は全て計算しつくされているデザイン性に優れたベッドです。

また、薄型ヘッドボードには小物を置ける棚と、2口コンセントが付いているので、使用感も十分に満たしています。

Jack Timber ジャック・ティンバーは、ヴィンテージスタイルが好きな男性におすすめのすのこベッドになっていますよ。

10位.脚付きマットレス 搬入・組立・簡単!選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド

搬入・組立・簡単!選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド

価格円~

セミシングル シングル セミダブル ダブル クイーン キング

こちらの商品は従来の脚付きマットレスに改良を加えた、すのこ構造の脚付きマットレス「ボトムベッド」になります。

従来の脚付きマットレスは、マットレスに脚を付けただけのものですが、こちらはベッド本体とマットレスを分ける事でマットレスのローテーションや交換が出来るようになっています。

ベッド本体は天然木すのこに、ホテルのマットレスにも使用されている丈夫な布地をかぶせる事で通気性を良くしてあります。

脚付きマットレス「ボトムベッド」は、すのこベッドの中でも必要最小限の機能だけが欲しい方におすすめの商品となっていますよ。

すのこベッドとは

すのこベッドとは、マットレスを載せる床板に「すのこ」を使用しているベッドの事を指します。

すのこは太い角材の上に薄い木の板を直角に打ち付けたもので、等間隔に隙間を作る事で、マットレスや布団との接地面を少なくして空気が入りやすくしています。

通気性が良くなるので湿気に強くカビを防止する効果があるのですが、すのこベッドは日本で生まれたベッドになります。

ベッド文化は欧米から入ってきましたが、欧米諸国の気候は乾燥しているので、すのこベッドのようにわざわざ通気性を良くしなくてもカビなどはほとんど発生する事がありません。

しかし日本の気候は高温多湿とカビが好む条件が揃っているために、湿気対策が必要不可欠となっています。

すのこベッドは万能ではない

但しすのこベッドにしたからと言って、必ずしもカビが繁殖しないと言うわけではありません。

部屋の換気を行ったり、マットレスを定期的に立てかける、ベッドパッドや除湿シートを活用するなどの湿気対策をしておかないと、湿度と温度が高い梅雨時などはすのこベッドでもカビが繁殖する事があります。

一度カビが繁殖してしまうと、マットレス内部にまでカビの根が伸びてしまい完全に除菌するのは難しくなってしまいます。

また、床板にまでカビが繁殖してしまうと表面のカビは除去出来ても、ベッドフレーム自体がもろくなってしまいひび割れなどの要因にもなります。

すのこベッドのメリット

メリット

すのこベッドを使う時のメリットですが、主な物としては、

  • 通気性が良い
  • 布団が使えるすのこベッドもある
  • 香りや防虫などの効果がある

と言った事があります。

通気性が良い

先ほどからご説明している通り、すのこベッドは空気が入りやすいので通気性に優れています。

そのため、湿気やカビを防止する働きがある他、寝具の中がサラサラとした快適な環境にする事が出来ます。

寝心地が良くなるために、睡眠の質が上がる事もあります。

布団が使えるすのこベッドもある

全てのすのこベッドと言うわけではありませんが、「布団が使えるすのこベッド」があります。

布団が使えるベッドの特徴としては、

  • 床板がすのこ状になっている
  • 床板に強度を持たせている

の2点があります。

>>布団が使えるベッドはこちら!

床板がすのこ状になっている

マットレスの内部はコイルが大部分を占めているので、通気性に優れています。

しかし敷布団の場合には通気性が悪いので、従来の床板を使用するとすぐにカビが繁殖してしまいます。

そのため、布団が使えるベッドと言うのは、床板がすのこ状になっているものに限られています。

「すのこ状」なので、必ずしもすのこベッドでなくても良く、ローベッドなどは床板がすのこ状になっているので、布団が使えるタイプもあります。

床板に強度を持たせている

通常のベッドはマットレスを使用する前提で作られているので、体重が一か所に集中したとしてもマットレスが耐圧を分散してくれるので床板にかかる荷重は均一化されています。

しかし厚みが薄く、耐圧分散出来ない敷布団を使うと一か所に荷重が集中してしまうので、部分的なひび割れなどを起こす事があります。

布団が使えるすのこベッドと言うのは、すのこの強度を上げる事で対応しているベッドになります。

香りや防虫などの効果がある

すのこベッドに使用されている木材の種類によっては、様々な効果・効能を得られるすのこベッドがあります。

おすすめの材木としては、「桐」「檜(ひのき)」「杉」の3種類があり、これら3つの材木は吸放質性に優れているという特徴があります。

すのこベッド自体風通しが良くなっていますが、更に部屋や寝具内の湿度コントロールもしてくれるので、寝具の中がより快適な睡眠環境にする事が出来ます。

また、檜には

  • リラックス効果
  • 殺菌効果
  • 防虫・防ダニ効果

と言った効果があります。

檜に含まれているフィトンチッドと言う香り成分が虫を寄せ付けず、質の高い睡眠を取るのに欠かせないリラックス効果がある事で、快眠につなげる事が出来ます。

例えば下の商品はおすすめランキングに載っていませんが、無垢材の天然木を使用している人気のすのこベッドになります。

ひのきすのこベッド『香凛 かりん』

すのこベッドのデメリット

デメリット

メリットがある一方で、当然デメリットも存在します。

すのこベッドの主なデメリットには、

  • きしみ音がしやすい
  • ひび割れがしやすい
  • 冬は若干寒い

と言った事があります。

きしみ音がしやすい

スチール製のパイプベッドなどは寝返りをした時などにギシギシと言った「きしみ音」をする事がありますが、すのこベッドでもきしみ音がする事があります。

基本的にはメーカーの方で十分な耐荷重、耐久性を持たせているのでほとんどのすのこベッドは問題にレベルではありません。

しかし例えばマットレス専用のすのこベッドに敷き布団を敷いた時や、一人用のすのこベッドに二人で寝た時などは、余分に荷重がかかるのできしむ事があります。

そのため、メーカーが定めている仕様の範囲内で使うようにしましょう。

ひび割れがしやすい

板に隙間があるすのこベッドの場合、どうしても一枚板と比べると強度が弱くなる傾向があります。

一か所に大きな負荷がかかるととひび割れをする事もあるので、ベッドの上で飛び跳ねたりする事は止めるようにしましょう。

冬は若干寒い

「隙間風」と言う程大げさなものではないのですが、すのこベッドに薄手の布団を敷いて寝た時などは冬場少し寒く感じる事があります。

特にベッド下に収納などがないタイプのすのこベッドは通気性が良いので、その傾向が高くなります。

冬場寝ていてどうしても寒く感じるようであれば、敷きパッドなどを敷いて防寒対策をするようにして下さい。

すのこベッドの寝心地

快適な寝心地

すのこベッドにマットレスを敷いて寝るのであれば、マットレスの中の余分な湿気がなくなるのでサラサラとした快適な寝心地になります。

しかし、敷き布団を敷いて寝る場合には、「底付き感」が出てしまい硬い寝心地で背中が痛くなるケースがあります。

布団は畳で使うために作られている

と言うのも布団は基本的に畳の上で使用する前提で作られているからです。

畳はイ草を編み込んでいるために、イ草の弾力性と編み込むことによるクッション性が重なって、薄手の敷布団でも比較的快適に寝る事が出来ます。

しかしすのこベッドの場合には、言わば「板の上に布団を敷いて寝ている」状態なので、クッションが足りずに背中や腰などが痛くなることがあります。

厚みが十分にある敷布団は大丈夫

敷布団でも厚みが十分にあるものは快適に眠れますが、薄手のものを使用している人は注意が必要です。

特に年配の方などは、関節や筋肉が若い人に比べると硬くなってしまっているので、腰痛や肩こりなどを引き起こしかねません。

購入前にフローリングで寝てみる

購入前にすのこベッドの寝心地を確かめたい方は、フローリングの上に布団を敷いて一度寝る事をおすすめします。

特に問題なく熟睡出来れば良いですが、よく眠れなかったり体の節々が痛くなるようであれば、布団ではなくマットレスを選んだ方が良いでしょう。

すのこベッドまとめ

すのこベッドは通気性に優れているので、湿気やカビに強いと言うメリットの他に、寝具の中をサラサラと快適な寝心地にしてくれます。

また布団が使えるものや、天然木の「桐」「檜」「杉」と言った木材を使用しているものは、吸放質性に優れていたり、リラックス効果・防虫効果があるものもあります。

但しすのこベッドを使用したからと言って絶対にカビが生えないと言うわけではありませんし、仕様範囲外の使い方をすると「きしみ音」や「ひび割れ」の危険性もあるので、注意してください。