すのこベッドに敷くおすすめマットレス3選。寝心地を良くするなら厚みをチェック!

通気性の良いすのこベッド すのこベッド

「すのこベッドのフレームは買ったけれども、マットレスはどうしよう」と言った方は多いのではないでしょうか?

あるいは、「すのこベッドに布団を敷いていたけれども、寝心地が悪いからマットレスに変えたい!」と言う方もいらっしゃると思います。

すのこベッドは商品によって、マットレスでも布団でも使えるので迷う方はたくさんいらっしゃいます。

そこでこの記事では、すのこベッドに使用するマットレスの選び方や、おすすめマットレス、寝心地についてご説明したいと思います。

すのこベッドに使用出来るマットレスとは?

「布団対応すのこベッド」と「マットレス専用すのこベッド」

マットレスを選ぶときには、すのこベッド自体が

  • 布団対応
  • マットレス専用

のどちらかによって、選べるマットレスの種類が異なってきます。

布団対応すのこベッドの場合

すのこベッドには、「布団対応」と「マットレス専用」の2種類があります。

布団対応のすのこベッドは、床板に強度を持たせてあるのが特徴です。

敷布団はマットレスのように厚みがない上に耐圧分散が出来ないので、荷重がかかると床板の一点に荷重が集中してしまいます。

そのため、強度があるすのこベッドでないと、床板がひび割れを起こしたり、破損する原因になります。

しかし強度がある布団対応すのこベッドであれば、その心配はありません。

そのため布団対応すのこベッドであれば、厚みのあるスプリングマットレスだけでなく、薄手のウレタンマットレスも使用する事が出来ます。

マットレス専用すのこベッドの場合

一方マットレス専用すのこベッドは、床板のすのこにそれ程強度を持たせていません。

価格はその分割安になっているのですが、強度がないので耐圧分散が出来るスプリングマットレスか、厚みが10㎝以上のウレタンマットレスを使用するようにしましょう。

>>すのこベッドはこちら!

すのこベッドに敷布団を敷くと痛い?

腰痛

このように、布団対応すのこベッドであれば薄手のウレタンマットレスを敷いても、床板がひび割れを起こすようなことはないのですが、寝心地が良いかどうかは別問題です。

すのこベッドに一般的な敷き布団を敷いて寝たことがある人は分かると思いますが、底付き感があって、痛いですよね?

基本的に敷布団は畳の上で使用するための寝具なのですが、畳は弾力性のあるい草を編みこんでいるので、ある程度クッション性に富んでいます。

しかしすのこベッドのように板の上に敷き布団を敷くと、通常の敷布団だと背中や腰が痛くなることが良くあります。

体重が軽い子供や女性であればそこまで気にならないのですが、体重が重たい男性では身体を痛める事もあるので注意が必要です。

すのこベッドを購入していない方で、敷布団を敷いた時の寝心地を確認したければ、フローリングの上に敷き布団を敷いて寝てみましょう。

フローリングも板で構成されているので、すのこベッドと同じ寝心地を感じる事が出来ます。

もしも、寝心地が悪く身体が痛いようであれば、厚めの敷布団やスプリングマットレスに買い替えた方が良いでしょう。

薄手のマットレスでも寝心地は悪い

同様の原理で厚みが5㎝程度のウレタンマットレスだと、底付き感があるので寝心地は決して良くありません。

すのこベッドにウレタンマットレスを使用するのであれば、体重に合わせてある程度厚みがあるものを選ぶことが大切です。

マットレスの厚みの目安

ウレタンマットレスの厚みの目安は体重からある程度算出出来るので、下の表と照らし合わせて購入するようにして下さい。

体重マットレスの厚み
20㎏未満3㎝以上
20㎏~40㎏5㎝以上
40㎏~60㎏8㎝以上
60㎏以上10㎝以上

 

マットレスと布団、どっちがカビやすい?

快適な寝心地を得るためには、通気性に優れていてカビなどを防止してくれないと困りますよね?

スプリングマットレスと布団を比べた時に、どちらが湿気やカビに強いかと言うと「スプリングマットレス」です。

ボンネルコイルマットレスの構造

スプリングマットレスの中身はコイルをウレタンやフェルト、不織布で挟み込む構造になっています。

大部分をコイルが占めているので、空洞部分が多く通気性に優れています。

カビに強い寝具を選ぶのであれば、スプリングマットレスにした方が良いでしょう。

すのこベッドにおすすめのマットレス

それでは、すのこベッドでも快適に睡眠が取れるマットレスのおすすめをご紹介したいと思います。

1位.両面仕様 『 フィットスリーパー -理想的な寝姿勢をサポート-』

フィットスリーパー

フィットスリーパー -理想的な寝姿勢をサポート

価格円~

 フィットスリーパーには、ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの2種類があります。

厚みが16.5㎝あるスプリングマットレスなので、マットレス専用すのこベッドでも問題なくご使用する事が出来ます。

また、価格も安く両面使用する事が出来るので、ローテーションをする事で長く愛用出来るマットレスになっています。

2位.フランスベッド製マットレス 【マルチラススーパースプリングマットレス】

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレス

価格円~

 マルチラススーパースプリングマットレスは、日本を代表するベッドメーカー「フランスベッド」が製造しているマットレスです。

抗菌・防臭・防ダニ加工が施されている不織布を編み込んでいるので、衛生的な環境でご使用する事が出来ます。

また、フランスベッド独自の「高密度連続スプリング」を使用する事で、理想の寝心地・優れた通気性・優れた耐久性の高品質マットレスとなっています。

3位.高反発マットレス 高耐久性 310 『エイプマンパッド』

エイプマンパッド

高反発マットレス 高耐久性 310 『エイプマンパッド』

価格円~

すのこベッドにウレタンマットレスを使用したい方の場合、『エイプマンパッド』の高反発マットレスがおすすめです。

ウレタンマットレスでは密度が非常に大切になってくるのですが、一般的に40㎏以上の体重を支えるためには30D以上必要と言われています。

高密度の方が反発力があり、身体をしっかりと支えてくれますが、密度が高いとその分コストも割高になります。

『エイプマンパッド』では体重をしっかり支えながらも、コスパの良い30Dの密度を使用しているので、どんな体格の人でも快適に寝る事が出来ます。

厚みに関しては大人の女性であれば最低でも7㎝以上を、男性であれば10㎝のものを使用するようにした方が寝心地が良くなりますよ。

すのこベッドのマットレスまとめ

すのこベッドにマットレスを使用する時には、「布団対応すのこベッド」は薄手のマットレスでも床板がひび割れる事はありません。

しかし「マットレス専用すのこベッド」の場合には、床板の強度が低いのでスプリングマットレスや厚みが10㎝以上あるウレタンマットレスを使用するようにしましょう。

また、すのこベッドは弾力性のない板の上に寝る事になるので、敷布団や薄手のマットレスだと背中や腰が痛くなる事があります。

寝心地を快適にしたい方は、布団対応の有無に関わらずスプリングマットレスか10㎝以上のウレタンマットレスを敷くようにしましょう。

関連記事