一人暮らしベッド12選!

一人暮らしベッドの中でも、特に安くて人気が高いおすすめ商品をランキングでご紹介いたします。

1位.ベッド 低床 ロータイプ すのこ 木製 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン

ベッド詳細はこちら!

13,018円~

シングル セミダブル ダブル

こちらはシンプルモダンが綺麗なロータイプすのこベッドです。

床板は強度に優れているすのこを使用して、裏には床の傷を防止するパッドも付いています。

宮付きで、奥行き11㎝の棚と2口コンセントが付いています。

マットレスは体重が70㎏を超える男性はボンネルコイルマットレスが、細身の男性や女性は、ポケットコイルマットレスがおすすめです。

2位.ベッド 収納付き 引き出し付き 木製 宮付き シンプル モダン【前板付き】

収納付きベッド 引き出し付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き

ベッド詳細はこちら!

21,167円~

シングル セミダブル ダブル

こちらの商品は、高コスパで人気が高い引き出し式収納ベッドです。

2杯の引き出しはキャスターが付きなので、重たい荷物を入れても開閉が楽ですし、ベッド下の掃除も簡単です。

また、「メラミン樹脂加工」が施されているので、見た目に高級感があるだけでなく、傷や汚れにも強くなっています。

耐荷重が200㎏あるので、恋人がお泊りに来る方でも安心してご使用頂けます。

3位.フラップテーブル付き 照明付き 収納ベッド『AJITO』アジット

国産フラップテーブル付き照明付き収納ベッド『AJITO』アジット

ベッド詳細はこちら!

31,352円~

シングル セミダブル ダブル

『AJITO』アジットは、可愛い「フラップ扉」が魅力の引き出し式収納ベッドです。

生活感が出るティッシュやドライヤーは、両サイドのフラップ扉に収納出来ますし、開けるとサイドテーブル代わりにもなります。

棚やコンセント、照明に加えて、2杯の引き出しがあるので、女子の一人暮らしを便利にしてくれます。

カラーもダークブラウン・ホワイト・ホワイト木目調・ブラックと4種類がラインナップしているので、インテリア性も高くなっています。

4位.コンセント付き収納ベッドEverエヴァー

コンセント付き収納ベッドEverエヴァー

詳細はこちら!

25,637円~

シングル セミダブル ダブル

Everエヴァーは、累計16万セット販売しているベストセラーの宮付き引き出し式収納ベッドです。

本や目覚まし時計などを置くのに便利な棚と、スマホの充電に必須の2口コンセントが付いています。

2杯の引き出しが付いているので、リネン類の収納に便利です。

「クロス構造」の頑丈ベッドフレームは、第三者機関による検査済みの安心品質となっています。

5位.脚付きマットレス 搬入・組立・簡単!選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド

脚付きマットレス「ボトムベッド」

ベッド詳細はこちら!

24,537円~

セミシングル シングル セミダブル ダブル クイーン キング

「ボトムベッド」は、ベッド本体とマットレスが分れている最新の脚付きマットレスです。

ヘッドボードや収納などは一切ないシンプルな構造なので、ワンルームマンションなど狭いお部屋でもコンパクトに設置する事が出来ます。

また寝心地を左右するマットレスは7種類から選べるので、快適な睡眠を取る事が出来ます。

設置や搬入も簡単なので、無駄のないシンプルな生活を始めたい一人暮らしの方におすすめの商品ですよ。

6位.宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』

宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』

ベッド詳細はこちら!

16,268円~

セミシングル~ワイドキング

『ファミリーベッド』は、一人用サイズとしては、セミシングル・シングル・セミダブルの3種類があります。

フレームと床板の高さが同じ「フラット構造」になっているので、通常のフロアベッドよりも一段高いのが特徴です。

ほこりの影響を受けにくいですし、床板は「LVLすのこ」なので通気性も良くなっています。

「きしみ防止EVAパッド」も付いているので、恋人と寝る時でも安心です。

7位.棚・コンセント付き収納ベッド Fleur フルール

収納ベッド Fleur フルール

ベッド詳細はこちら!

23,437円~

セミシングル シングル セミダブル ダブル

Fleur フルールは、累計16万台販売しているベストセラーの引き出し式収納ベッドです。

雪のように真っ白なフレームカラーは、お部屋を可愛くしたい女子に人気が高く、2口コンセント・2杯の引き出しと機能性も高いベッドです。

また、サイズもセミシングルとシングルには、長さが短いショート丈があるので、コンパクトなベッドをお探しの方におすすめとなっています。

8位.おしゃれな部屋実現 高さが選べる 棚・コンセント付シンプルロフトベッド

おしゃれな部屋実現ロフトベッド

ベッド詳細はこちら!

34,552円~

シングル

シンプルロフトベッドは、高さが「ミドル」「ハイ」「スーパーハイ」の3種類から選べるロフトベッドです。

一人暮らしをする時に最大限お部屋を有効活用できるのが「ロフトベッド」です。

高さを低くするとベッド下を収納スペースに出来ますし、高くするとベッド下にデスクやソファーなどを置くことも可能です。

シンプルロフトベッドには2口コンセントや宮棚も装備されているので、機能性も抜群ですよ。

9位.薄型宮付き頑丈ボックス収納ベッド引き出し5杯

薄型宮付き頑丈ボックス収納ベッド引き出し5杯

詳細はこちら!

46,061円~

セミシングル シングル セミダブル

こちらは宮付きのチェストベッドです。

5杯の引き出しはスライドレールが付いているので開閉がスムーズですし、長物収納エリアは底板があるので荷物を衛生的に保管する事が出来ます。

耐荷重が500㎏と頑丈で、低ホルムアルデヒド製品の高品質なベッドとなっています。

ショート丈のセミシングルもあるので、小柄な女性や狭い部屋に一人暮らしする方にもおすすmです。

10位.日本製 照明付き フラップ扉 引出し収納付きベッド『AMI』アミ

日本製 照明付き フラップ扉 引出し収納付きベッド『AMI』アミ 宮付き

ベッド詳細はこちら!

34,861円~

シングル セミダブル ダブル

『AMI』アミは、フラップ扉が魅力の引き出し式収納ベッドです。

ヘッドボードの両サイドにある「フラップ扉」は隠し収納になっているのでティッシュペーパーなど生活感が出るものを収納するのに最適となっています。

また、小物や化粧品を置くのに便利な棚とコンセントもあるので、ベッド周りを綺麗に整理する事が出来ます。

2杯の引き出しは収納力もあり、バスタオルやフェイスタオルなど一人暮らしに必要なリネン類を収納する事が出来ますよ。

11位.フラットヘッド大容量収納跳ね上げベッドSalomonサロモン

フラットヘッド大容量収納跳ね上げベッド Salomon サロモン

ベッド詳細はこちら!

53,367円~

セミシングル シングル セミダブル

Salomonサロモンは、フラットヘッドの跳ね上げ式ベッドです。

ヘッドボードの厚みは3㎝と超薄型なので置き場所を選びませんし、2口コンセントが付いているのでスマホの充電にも便利です。

最大800リットルの荷物を収納出来るので、大型の荷物がある一人暮らしにおすすめとなります。

12位.すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』

breezeすのこベッド

ベッド詳細はこちら!

13,925円~

セミシングル シングル セミダブル ダブル クイーン

『ブリーズ』は、すのこ仕様のフロアベッドになります。

布団寝とほとんど高さが変わらないですが、床板がすのこになっているため通気性が良くカビの発生を抑えてくれます。

奥行き12.5㎝のシンプルデザインのヘッドボードには、棚と2口コンセントが付いていています。

それ以外にも「たわみ防止ワイヤー」やヘッドボード下の補強などがあり、強度も十分にあるので長く愛用出来るベッドですよ。

一人暮らしのベッドサイズ

一人用ベッド

一人暮らしのためにベッドを選ぶときに、まず決めなければいけない事として「ベッドサイズ」があります。

「一人で寝るのだから、シングルベッドじゃないの?」と言う方もいらっしゃると思いますが、一人用ベッドには、

の3種類があって、使用する人や環境によってそれぞれ適しているサイズがあるのでご説明したいと思います。

一人用ベッドサイズ

ベッドの幅 ベッドの長さ
セミシングル 80㎝~85㎝ 195㎝
シングル 90㎝~100㎝ 195㎝
セミダブル 120㎝ 195㎝

基本的にベッド(マットレス)の長さは195㎝で統一されていますが、幅がそれぞれ異なってきます。

問題なく睡眠を取る事が出来るベッドの幅は、「肩幅+両サイド20㎝ずつ」となっていて、男性の肩幅の平均が45㎝、女性は41㎝程度となっています。

そのため、細身の女性であればセミシングルでも問題なく寝る事が出来ます。

但し男性の場合にはセミシングルは狭すぎるので、必ずシングルサイズ以上を購入するようにして下さい。

サラリーマンの一人暮らしはセミダブルもおすすめ

忙しいビジネスマン

学生や新社会の場合には金銭的にもそれほど余裕がないですし、お部屋も狭い部屋が多いのでセミシングルやシングルサイズがおすすめです。

しかしサラリーマンである程度年収がある方の一人暮らしであれば、セミダブルサイズも良いでしょう。

睡眠中は適度に寝返りをうつことで、血液やリンパの流れを促進して疲れを取り除いているのですが、セミダブルサイズにする事でより質の高い睡眠をとれて、仕事のパフォーマンスを上げる事が出来ますよ。

ショートベッドロングベッド

ショート丈のセミシングルサイズ

通常のベッドは長さは195㎝ですが、長さが180㎝と短いショートベッドや、逆に206㎝と長いロングベッドもございます。

快適に睡眠を取るためには、「身長+15㎝」のベッド長が必要と言われているので、身長が165㎝までの女性であればショートベッドでも問題なく寝る事が出来ます。

一方、180㎝を超える高身長の男性の場合には通常サイズのベッドでは窮屈に感じてしまうので、ロングベッドを選んだ方が良いでしょう。

セミシングルのショートベッドでお部屋を広く使う

女性が熟睡できるベッド幅の目安

このように平均的な体格の女性の場合、セミシングルのショートベッドでも快適に睡眠を取る事が出来ます。

一人暮らしでは、ワンルームマンションなど生活空間と寝室が一緒の部屋になっているケースがほとんどです。

しかしセミシングルのショートベッドのようにコンパクトベッドを選ぶことで、お部屋を広く快適に使えるとともに、搬入やベッドの移動も簡単に行えるメリットがあります。

一人暮らしに人気のベッドの種類

サイズが決まったら、今度はベッドの種類を決めていきましょう。

ベッドの種類は多岐に渡りますが、一人暮らしに人気が高い種類としては、

  • 収納ベッド
  • 折りたたみベッド
  • すのこベッド
  • ロータイプのベッド
  • ロフトベッド

の5つがあります。

それぞれメリット・デメリットが異なってくるので詳しくご説明したいと思います。

収納ベッド

収納ベッドには

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド
  • 跳ね上げ式ベッド

の3種類があります。

引き出し式収納ベッド

引き出し式収納ベッドから衣類を取り出している

引き出し式収納ベッドは価格が安いので一人暮らしの方に一番人気が高くなっています。

通常2杯の引き出しが付いていて、使い勝手に優れていますし種類も豊富に揃っています。

但し引き出しの深さは10㎝程度と浅いので、収納力は高くありません。

そのため荷物が多い一人暮らしの方は多少予算オーバーしても、整理整頓しやすいチェストベッドや、大容量の荷物が収納できる跳ね上げ式ベッドも検討するようにして下さい。

チェストベッド

チェストベッド

チェストベッドには、4杯の浅型引き出し、1杯の深型引き出し、長物収納エリアが備わっています。

収納スペースが多いので、コミックなどの小物から布団などの大型荷物まで幅広く収納する事が出来ます。

引き出し部分はボックス構造になっていて、頑丈でスライドレールが付いているので開閉もスムーズです。

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッドは、ベッド下全てが1つの大きな収納庫になっています。

開閉にはガス圧シリンダーを使っているので、女性でも簡単に開ける事が出来ます。

スーツケースやゴルフバッグなど、大型の荷物を収納したい一人暮らしの方におすすめとなります。

折りたたみベッド

布団をどけた折りたたみベッド

折りたたみベッドの一番のメリットは、昼間など使用しない時に折りたたんで部屋の隅っこにおいて置ける事です。

置き場所を選ばないので、生活空間を広く取る事が出来ますが、寝心地はさほど良くないと言うデメリットがあるので注意が必要です。

一般的なベッドの場合にはボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスと言ったスプリングマットレスを使用していますが、折りたたみベッドではウレタンマットレスが主流となっています。

軽量で厚みも薄く出来るのが魅力ですが、スプリングマットレスと比べるとどうしても底付き感を感じやすく、へたりも早い傾向にあります。

「大学生活の4年間だけ使用する」と言った場合には良いですが、その後も引き続き使用する考えであれば、折りたたみベッドは避けた方が良いかもしれません。

ロフトベッド

スーパーハイタイプのロフトベッド

学生さんは勉強するために、社会人であれば家で仕事をするためにデスクを置きたい一人暮らしの方も多いと思います。

そんな方に人気が高いものが「ロフトベッド」で、上段は寝床になっていて、ベッド下に机や椅子を置くことが出来ます。

ロフトベッドは部屋を立体的に広く使用出来ますが、高さがあるために通常のベッドと比べると不安定で「きしみ音」がする事もあります。

そのため、ロフトベッドを選ぶときには太いパイプを使用している頑丈なものを選ぶことをおすすめします。

すのこベッド

すのこベッド

マンションを借りる際に意外に分からない事として、部屋の湿気がどうなっているかと言う事があります。

日本はただでさえ高温多湿の環境にあるうえ、部屋が北向きであったり、湿気対策が不十分な格安アパートでは、部屋に湿気がこもりマットレスにカビが生える事が良くあります。

そのためベッドを選ぶ時には、床板が「すのこ」になっているものがおすすめです。

板を隙間なく敷き詰めている「張り板」と違い、隙間がある事で空気の通りが良くなりマットレスやベッドフレームにカビが生える事を防止する効果があります。

特にフロアベッドや収納ベッドは空気の通り道が塞がれているので、すのこベッドにする事である程度湿気やカビを予防する事が出来ますよ。

ロータイプのベッド

ローベッド

最近人気が高いベッドとして、フロアベッドローベッドと言った高さが低い「ロータイプ」のベッドがあります。

ベッド下が狭いので収納機能などはないですが、見た目に圧迫感がなく、お部屋を開放的に広く見せる事が出来ます。

また、おしゃれなデザインのベッドが多いので、インテリア性を重視したい方におすすめとなっています。

マットレスの選び方

マットレスの厚み

ベッド自体の価格を抑えたい場合には、フロアタイプを選ぶのがおすすめです。

しかし、マットレスだけはご自身の体格に適した商品でないと、睡眠の質を落とす事になります。

ベッドに付属している主なマットレスとしては、

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • デュラテクノマットレス

がありますが、それぞれ特色が異なるのでご説明いたします。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスの構造

ボンネルコイルマットレスはコイルが連結しているため、硬めの寝心地で耐久性・通気性に優れています。

但し耐圧分散性は劣るので、腰痛持ちの方は避けた方が良いでしょう。

おすすめとなる方は、体重が70㎏を超える男性の一人暮らしをされる方で、しっかりとした寝心地を得る事が出来ます。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの構造

ポケットコイルマットレスは、コイルが独立して一つ一つ袋に入っています。

柔らかく体の凹凸に合わせて細かくフィットするのが特徴で、耐圧分散性に優れています。

おすすとなるのは、体重が70㎏未満の方となります。

ポケットコイルマットレスには幾つか種類があり硬さも異なるため、体重が40㎏を下回る方は「ソフト」を、平均的な体格の方は「普通」を選ぶようにしましょう。

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレスの構造

マルチラススーパースプリングマットレスは、フランスベッド独自の高密度連続スプリングを採用しています。

抗菌・防臭・防ダニ加工が施されていますし、側面にはアイレット(空気孔)も付いているので、寝具を衛生的な環境に保つ事が出来ます。

おすすめとなるのは、喘息やアトピー性皮膚炎などを持っている方で、アレルゲンとなるカビやダニの繁殖を大幅に抑えてくれます。

デュラテクノマットレス

デュラテクノマットレス

デュラテクノマットレスは、JIS以上に厳しいFES規格をクリアした高品質マットレスです。

連続したZ型スプリングが通常よりも2倍以上の力でサポートしてくれます。

耐圧分散性に特に優れているので、腰痛や肩こりに悩まされている方におすすめとなります。

一人暮らしベッドまとめ

一人暮らしのベッドサイズには、「セミシングル」「シングル」「セミダブル」と言ったサイズ以外に「ショートベッド」「ロングベッド」と言ったものもあるので、体格に合わせて選ぶようにして下さい。

ベッドの種類としては「収納付きベッド」や「折りたたみベッド」「ロフトベッド」が人気ですが、カビからベッドを守るために床板が「すのこ」になっているものがおすすめです。

またデザイン性を重視するのであればフロアベッドやローベッドと言った「ロータイプ」のベッドも良いですよ。