キングサイズベッドおすすめランキング

キングサイズベッドの中でも、

  • 人気メーカー
  • 収納付き
  • 高級ベッド

の3種類のおすすめ商品をそれぞれご紹介します。

キングサイズベッド人気メーカー3選!

まずは、キングサイズベッドの人気メーカーを3つご紹介!

1位.天然木ファミリーベッド FLEETWOOD フリートウッド

家族が一緒に寝られる天然木ファミリーベッド FLEETWOOD フリートウッド

詳細はこちら!

ワイドK200 ワイドK240 ワイドK280

FLEETWOOD フリートウッドは、天然木の北欧産パイン材を使用したフロアベッドです。

床板は通気性の良いすのこで、角を丸くしてあるので小さなお子様がいても安心。

マットレス間の隙間を極力少なく設計してあるので、赤ちゃんと添い寝するのにおすすめです。

2位.モダンデザインローベッド Neptuno ネプトゥーノ

モダンデザインローベッド Neptuno ネプトゥーノ

ベッド詳細はこちら!

キング(K×1) キング(SS+S)

Neptuno ネプトゥーノは、異素材が織りなすデザインが魅力のローベッドです。

ヘッドボード部分に上質なグレーのファブリックを使用する事で、上品な風合いを醸し出しています。

ロースタイルデザインと「U」の字に曲がったスチール脚は高級感を演出するのに最適。

ヘッドボードは7段階のリクライニング機能が付いていて、寝る前のひと時をリラックスして過ごせます。

キングサイズは「一体もの」と、「シングル+セミシングル」の2種類があるので、寝室のレイアウトによってお選びください。

3位.将来分割して使える・大型モダンフロアベッド LAUTUS ラトゥース

大型モダンフロアベッド LAUTUS ラトゥース

ベッド詳細はこちら!

キング(180㎝幅) ワイドキング200 ワイドキング220 ワイドキング240 ワイドキング260 ワイドキング280

LAUTUS ラトゥースは将来分割して使えるフロアタイプのキングサイズベッドです。

最大幅280㎝と家族4人でも広々と寝る事が出来ますし、子供が成長してからは分割してシングルベッドやセミダブルベッドとしてご使用頂けます。 高さが低いので子供が落下した時の怪我防止にもなり、昼間は遊び場としても活用出来ます。

シンプルなデザインの棚にはコンセントが付いていて、スマホの充電やライトを取り付ける事も出来ます。

収納付きキングサイズベッド

家族の人数が多いと荷物が増えがちですが、収納機能付きなら荷物の整理整頓が簡単になります。

そんな収納付きキングサイズベッドのおすすめ商品を3つご紹介!

1位.ウォールナットブラウン 高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド Fenrir フェンリル

高級ウォルナット材ワイドサイズ収納ベッド Fenrir フェンリル

ベッド詳細はこちら!

キング(200㎝)

Fenrir フェンリルは高級材木「ウォールナット」を使用している、チェストタイプのキングサイズベッドです。

銘木で褐色の深い木目が世界中のデザイナーを魅了している「ウォールナット材」を突板に使用。

ライト・2段棚・コンセント付きの「ライトタイプ」と、棚とコンセント付きの「スリムタイプ」から選べます。

引き出しは「フルスライドレール」なので、引き出しの奥までしっかり取り出せます。

ベッド下には長物収納エリアがあり、カーペットやラグ、季節物の衣類を収納するのに便利です。

ウォールナット調のベッドはたくさんありますが、本物のウォールナット材を使用している希少性の高い高級ベッドになっていますよ。

2位.ブラック モダンデザイン・キングサイズ収納ベッド Leeway リーウェイ

キングサイズ収納ベッド Leeway リーウェイ

ベッド詳細はこちら!

キング(K×1:180㎝) キング(SS+S:180㎝)

Leeway リーウェイは、キングサイズに特化したモダンデザインのチェストベッドです。

ブラックカラーとモダンデザインのヘッドボードがおしゃれで、収納ベッドの中でもインテリア性が高い商品です。

ベッドは一体もののキングサイズベッドと、セミシングルとシングルを連結させたキングサイズベッドの2種類から選べます。

棚には小物を置くスペースとコンセントが付いていて、両サイドのライトが寝室に相応しい間接照明となって枕元を照らしてくれます。

3杯の引き出し以外にも、ヘッドボードの両側面に雑誌を入れる側面収納があり、散らかりがちなベッド周りをすっきり片づけられます。

チェストベッドなのでベッド下もしっかり活用する事が出来て、ラグやカーペットなどの長物を収納するのに適しています。

Leeway リーウェイは大容量の収納とデザイン性の両方を重視したい方におすすめの商品となっていますよ。

3位.棚・コンセント付収納ベッド EverKing エヴァーキング

収納ベッド EverKing エヴァーキング

ベッド詳細はこちら!

キング(180㎝)

EverKing エヴァーキングは、幅180㎝のキングサイズに特化した引き出し式収納ベッドです。

2杯の引き出しは、リネン類や洋服を収納するのに最適。

棚と2口コンセント付きで、スマホの充電やアロマディフューザーを使う事も出来ます。

マットレスは高機能な6種類から選べて、マットレスカラーもホワイトとブラックがあります。

高級キングサイズベッド

キングサイズベッドの中でも、レザー仕様など高級ベッドのおすすめ商品を3つご紹介!

1位.棚・コンセント・LED照明付き高級モダンローベッドREGALOリガーロ

棚・コンセント・LED照明付き高級モダンローベッドREGALOリガーロ

ベッド詳細はこちら!

REGALOリガーロは、高さを抑えたロータイプがおしゃれな高級モダンローベッドです。

シングルとセミダブルを組み合わせる事で、200cm幅、220cm幅、240cm幅の3種類から選べます。

ベッドフレームは隙間なく並べる事が出来ますし、分割して2台のベッドとしてご使用する事も可能です。

ヘッドボード上部にはLEDライト、コンセントに加えて小物をディスプレイする棚があります。

天然木の突板を使っていて、無垢と変わらない表情に加えて、反りや狂いが少ないのも特徴です。

ウレタン塗装で仕上げてあり、見た目に高級感があるだけでなく傷や汚れにも強い仕様となっています。

2位.家族で寝られるホテル風モダンデザインベッド【Confianza】コンフィアンサ

モダンデザインベッド【Confianza】コンフィアンサ

ベッド詳細はこちら!

【Confianza】コンフィアンサは、ホテル仕様の高級モダンベッドです。

シングルとダブルを組み合わせる事で、200cm幅、240cm幅、280cm幅の3種類のキングサイズがございます。

コンフィアンサなら隙間なく2台のベッドをくっつけられますし、それぞれのベッドを離してツインベッドとしても活用頂けます。

美しい傾斜を持ったヘッドボードは、見た目にスタイリッシュで背もたれとして使う事も出来ます。

ベッド下全てが収納スペースなので、散らかりがちな荷物を綺麗に整頓出来ます。

3位.高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド Hrymr フリュム

高級アルダー材ワイドサイズデザイン収納ベッド Hrymr フリュム

ベッド詳細はこちら!

ダブル クイーン キング

Hrymr フリュムは「アルダー材」を使用している高級チェストベッドです。

ヘッドボードのタイプが照明付きの「ライトタイプ」と、2口コンセント付きの「スリムタイプ」からお選びいただけます。

引き出しはフルスライドレールで、重たいものを収納しても開閉が簡単です。

ベッド下は長物を収納する事も出来るので、荷物が多い方でも安心です。

Hrymr フリュム一番の魅力は、銘木「アルダー材」の突板を使用して、その表面をウレタン塗装で仕上げている事です。

艶感と高級感があるので、少し贅沢な収納付きキングサイズベッドをお探しの方におすすめの商品となっていますよ。

キングサイズベッドの大きさ

キングサイズベッドを「大きなベッド」と認識している方は多いと思いますが、正確なサイズを把握している方は少ないのではないでしょうか?

サイズ 長さ 人数
シングル 90~100㎝ 195㎝ 一人用
セミダブル 120㎝ 195㎝ 一人用
ダブル 140㎝ 195㎝ 二人用
クイーン 160㎝ 195㎝ 二人用
キング 180~200㎝ 195㎝ 三人用
ワイドキング 200㎝~ 195㎝ 三人用~

キングサイズベッドは幅180~200㎝×長さ195㎝となっていて、シングルベッド2台分の大きさと同じです。

一体型もありますが、基本的にはシングルベッド2台を連結させてキングサイズにしています。

そのため、「搬入する事が出来ない」と言った事は極めて稀で、どのようなタイプのマンションでも設置が可能です。

また、キングサイズよりも大きなベッドとしては、「ワイドキング」と言うサイズもあります。

連結タイプのメリット

分割したキングサイズベッド

連結タイプは、将来分割してご使用する事も可能です。

2台に分けてお子様二人のベッドとして活用出来ますし、ご夫婦それぞれのベッドにするのも良いでしょう。

引っ越しで間取りが狭くなった時でも、分割する事で使い続けられるメリットがあります。

また、マットレスが2枚になっている事で、寝返りなどの振動で家族を起こす心配も少ないのも魅力の一つです。

キングサイズベッドは何人寝れる?

キングサイズベッドで何人眠れるか

実寸はスペックに記載していますが、どれくらいの幅があれば何人程度寝れるかの目安がないとサイズ選びに迷ってしまいますよね?

ベッド幅の目安としては、

  • 二人であれば「二人分の肩幅+60㎝」
  • 三人であれば「三人分の肩幅+80㎝」
  • 四人であれば「四人分の肩幅+100㎝」

となっています。

また、男性の肩幅の平均は45㎝、女性の肩幅の平均は41㎝、小学生低学年の肩幅は30㎝程度となっています。

キングサイズベッドは親子3人まで大丈夫

キングサイズベッドなので、ほとんどの方はご夫婦か小さなお子様を交えた3人で寝る事を想定していると思います。

計算上はご夫婦2人はもちろん、親子3人でもキングサイズベッドで寝る事は可能です。

子供と寝る時は少し余裕を持たせる

寝返りを始めた赤ちゃん

但し注意点として、「子供は寝相がものすごく悪い」と言う事があります。

身体が軽いので、就寝中に間寝返りを繰り返してベッドの端から端まで移動する事も珍しくありません。

また子供は日々成長するので、数年も経過すると体格も大きくなります。

そのため、お子様と一緒に寝る際には少し余裕を持たせたサイズの方がおすすめです。

マットレスの選び方

ボンネルコイルマットレスの寝心地

キングサイズベッドでご使用出来るマットレスはメーカーによって異なりますが、

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス(フランスベッド社製)
  • ゼルトスプリングマットレス(フランスベッド社製)

と言ったものが主流です。

連結タイプをご夫婦2人でご使用される際には、機能性や価格などのスペックでお選び頂ければ問題ありません。

しかし、つのマットレスに2人が寝る場合はボンネルコイルマットレスは避けた方が良いでしょう。

ボンネルコイルマットレスは横揺れしやすい構造なので、寝返りの振動がパートナーに伝わりやすいデメリットがあります。

特にお子様と一緒に添い寝をされる場合には、お母さんが動くたびに子供が目を覚ます事になりかねないので、ご注意ください。

>>マットレスの種類と選び方はこちら!

キングサイズベッドまとめ

キングサイズベッドの大きさは幅180~200cm×長さ195cmとなっていて、シングルベッド2台分の大きさと同じです。

ご夫婦2人や、お子様を含めた3人で寝るのに適したサイズですが、お子様の寝相や成長を考えて少し余裕を持たせる事をおすすめします。

一つのマットレスに2人が寝る場合は、ボンネルコイルマットレスは避けるようにしましょう。