「ローベッド」一覧

ベッド通販セラピスでは、おしゃれで高品質なローベッドを格安で販売しています。

ロースタイルで高級感があるローベッドは、特に若い男女に人気が高く、部屋に開放感をもたらしてくれます。

おすすめランキングやメリット・デメリットもご紹介していますのが、是非ローベッドのお買い物をお楽しみください。

おしゃれローベッド10選!

おしゃれなローベッドのおすすめ商品を10個ご紹介いたしますので、お買い物の参考にして下さい。

1位.ウォルナットブラウン 棚・コンセント付きモダンデザインローベッド Tschues チュース

モダンデザインローベッド Tschues チュース

価格円~

 Tschues チュースは棚・コンセントが付いているローベッドになります。

ローベッドの多くはヘッドボードがパネルタイプになっているので、棚やコンセントが付いていないのですが、Tschues チュースには小物を置ける棚と2口コンセントが付いています。

床板はすのこデザインなので通気性も良く、深い褐色をしているウォールナットブラウンのフレームとスチール脚のバランスが絶妙にマッチしています。

マットレスだけでなく布団も使える頑丈設計なので、ローベッド初心者の方におすすめとなっていますよ。

2位.ウォルナットブラウン モダンデザインローベッド Masterpiece マスターピース

モダンデザインローベッド Masterpiece マスターピース

価格円~

 Masterpiece マスターピースは、フレーム幅160㎝と180㎝の2種類があるローベッドになります。

ウォールナットブラウンですが、少し薄い色合いになっているのが特徴で、ロースタイルと相まってお部屋に開放感が生まれます。

ステージタイプを、

  • ワイドステージレイアウト
  • ナローステージレイアウト
  • フルレイアウト

の3種類から選ぶことが出来るのですが、おしゃれさを追求するのであれば是非ステージレイアウトをお選びください。

ヘッドボードの高さも2段階に調節が可能なので、マットレスを使用するなら高めに、布団の場合には低めに設定るすとベッド全体の調和を取る事が出来ます。

Masterpiece マスターピースは、お部屋にゆとりがある一人暮らしの方や、新婚夫婦のベッドとしておすすめ商品となっていますよ。

3位.幅120cm ウォルナットブラウン モダンデザインローベッド E-go イーゴ

E-go イーゴ

価格円~

E-go イーゴは120㎝幅の一人用ローベッドになります。

E-go イーゴはローベッドの中でも最先端のデザインを取り入れている事で有名で、昔からファンが多いメーカーの一つです。

マットレスの大きさを「シングルサイズ」にするとステージレイアウトに、「セミダブルサイズ」にするとステージレイアウトになります。

ウォールナット柄は本物の質感を醸し出す特殊な加工素材を使用していて、スチール脚のバランスが絶妙になっています。

ヘッドボードの高さも2段階に調整可能なので、お部屋を広く見せたい場合には低く、高級感を出したい場合には高く設定すると良いですよ。

E-go イーゴはローベッドのスタンダード的な商品で、若い男女におすすめとなっています。

4位.モダンデザイン ローベッド『Rolyalstage』ロイヤルステージ

『Rolyalstage』ロイヤルステージ ローベッド

価格円~

 『Rolyalstage』ロイヤルステージはモダンデザインが魅力のローベッドになっています。

ローベッドの中でもシンプルなデザインになっていますが、フレームカラー・ヘッドボード・脚と全て揃った時に最高におしゃれな雰囲気にする事が出来ます。

木目調の色合いが北欧家具をイメージさせてくれるローベッドで、置くだけで暖かみとアクセントを与えてくれます。

フレームは高級感のあるメラミン化粧仕上げになっているので、見た目におしゃれなだけでなくキズや汚れにも強くなっています。

『Rolyalstage』ロイヤルステージは値段も安くサイズバリエーションも多いので、一人暮らしの方や若いカップルにおすすめのローベッドとなっていますよ。

5位.リクライニング機能付き・異素材MIXデザインローベッド Merkur メルクーア

デザインローベッド Merkur メルクーア

価格円~

Merkur メルクーアは、リクライニング機能付きのレザーローベッドになります。

一番の特徴はレザー・木材・スチールと言った異素材が織りなす高級感です。

レザーには「スーパーソフトレザー」と呼ばれているAPUレザーをしているので、質感・艶感ともに優れていて、傷や劣化にも強くなっています。

脚はスチールを「U」の字に曲げる事で、普通のローベッドでは表現出来ない深い味わいがあります。

また背もたれのヘッド部分は7段階のリクライニング機能が付いているので、就寝前のひと時に最高の寛ぎを与えてくれます。

サイズはダブル・クイーン・キングとありますが、是非新婚夫婦の方にご使用頂きたい商品となっています。

6位.ローベッド ウォルナットブラウン デザインボードベッド Bona ボーナ

ウォルナットブラウン デザインボードベッド Bona ボーナ

価格円~

 Bona ボーナはヘッドレスタイプのローベッドです。

フレーム幅は100㎝・120㎝・140㎝とあり、基本的には一人用ベッドとなっています。

脚の長さは12㎝となっていますが、オプションで更に低めの5㎝脚も販売しています。

木脚とスチール脚からお好きな方を選ぶことが出来て、マットレスにはスチール脚が、布団の場合には木脚が良く調和します。

憧れのロースタイルを取り入れたいけれども、予算を出来るだけ抑えたい人におすすめのローベッドとなっていますよ。

7位.ウォルナットブラウン デザインボードベッド ショート丈 Catalpa キャタルパ

ウォルナットブラウン デザインボードベッド ショート丈 Catalpa キャタルパ

価格円~

 Catalpa キャタルパは長さ180㎝のショートサイズのローベッドになります。

通常サイズよりも15㎝短くのヘッドレスタイプCatalpa キャタルパは、ロースタイルの中でも特に置き場所を選ばないのが特徴です。

またフレーム幅もセミシングルサイズの80㎝と、シングルサイズの100㎝があるので、よりコンパクトなローベッドが欲しい方は80㎝幅をお選びください。

脚の長さは12㎝で、スチール脚と木脚の2種類から選ぶことが出来て、お掃除ロボットも入っていける高さになっています。

飽きの来ないウォールナットブラウンを使用しているCatalpa キャタルパは、落ち着きのある女子におすすめのローベッドとなっていますよ。

8位.北欧デザインローベッド Noora ノーラ

ローベッド 北欧デザインベッド Noora ノーラ

価格円~

Noora ノーラは北欧風デザインが魅力のローベッドになっています。

天然木のパイン材を使用しているため、肌触りも良く見た目にも暖かみがあるベッドです。

フレーム幅は100㎝と120㎝があり、それぞれで「ステージレイアウト」と「フルレイアウト」を選ぶことが出来ます。

おしゃれな雰囲気を出したい方やサイドテーブル代わりに使用したい人はステージレイアウトを、よりコンパクトなベッドにしたい方はフルレイアウトをお選びください。

木脚の長さは20㎝となっていますが、更にロースタイルにしたい方は別売り品で15㎝木脚と8㎝木脚も販売してあります。

Noora ノーラは、お部屋のインテリアを北欧スタイルで統一したい女性におすすめとなっていますよ。

9位.リクライニング機能付き・モダンデザインローベッド Neptuno ネプトゥーノ

モダンデザインローベッド Neptuno ネプトゥーノ

価格円~

 Neptuno ネプトゥーノは高級感漂うデザインローベッドになります。

サイズはダブル・クイーン・キングとあり、クイーンとキングサイズは連結タイプと一体ものから選ぶことが出来ます。

背もたれ部分は上質なファブリックを使用していて、ブラックレザーとのコンビネーションが落ち着きのある深い味わいとなっています。

特にファブリック素材に力を入れているローベッドで、丁寧な縫製で仕上げられていて表面はサラッと快適な肌触りなので夏場でも快適に過ごす事が出来ます。

ヘッドボードは7段階のリクライニング機能が付いていて、ハイバックにする事も出来ますし、倒すと小物を置くことも出来ます。

また長く伸びるスチール脚は大型ベッドに相応しい重厚感を醸し出しています。

安心の5年間保障が付いているので、ご夫婦などでこれから長く愛用するローベッドをお探しの方におすすめの商品となっていますよ。

10位.リクライニング機能付き・モダンデザインローベッド Plutone プルトーネ

モダンデザインローベッド Plutone プルトーネ

価格円~

 Plutone プルトーネはモダンデザインのレザーローベッドになります。

レザーには伸縮性があり劣化しにくいAPUレザーを使用しているので、質感・艶感ともに最高級のベッドとなっています。

ヘッドボードは8段階のリクライニング機能が付いていて、ソファーのような寛ぎ感を与えてくれます。

スチール脚とレザーとの組み合わせがモダンでスマートな印象になっていて、寝室を憧れの空間に変えてくれます。

サイズはダブル・クイーン・キングとあるので、カップルで最高の寝心地を得たい方におすすめのローベッドとなっていますよ。

ローベッドの選び方

ローベッドの選び方は他のベッドと少し違っています。

通常であればシングル・ダブルと言ったように、ベッドサイズから大きさを選ぶのですが、ローベッドの場合にはベッドフレームの幅を先に選ぶようになっています。

何故かと言うと、ローベッドには「ステージタイプ」と言うものがあり、マットレスの幅よりもベッドフレームの幅を広くする事でおしゃれに見せたり、サイドテーブル替わりに使ったり出来るようにするためです。

そのためまずは、ベッドフレームの幅とベッドサイズの関係性からご説明したいと思います。

ベッドフレームの幅とベッドサイズの関係

シングル セミダブル ダブル クイーン キング
90~100㎝幅 120㎝幅 140㎝幅 160㎝幅 180~200cm幅
一人用 一人用 二人用 二人用 三人用

フレームとサイズの関係性はこのようになっていて、まずはこれを目安にベッドフレームの幅を決定します。

 

次に、ステージタイプを選ぶのですが、大まかには「ステージレイアウト」と「フルレイアウト」の2種類があります。

ステージレイアウトとは

ステージレイアウト

ステージレイアウトとは、マットレスの幅よりもベッドフレームの幅を広くする事を言います。

通常は両サイドに10㎝ずつの余裕を持たせていますが、両サイド20㎝ずつ余裕を持たせる「ワイドステージレイアウト」と言うものもあります。

ローベッド特有のレイアウトでウォールナットブラウンのフレームが見える事で、グッとおしゃれ感が増します。

ローベッドはロースタイルになっていて高級感がありますが、ステージレイアウトを選ぶことで更にインテリア性をアップする事が出来ます。

お部屋がある程度広く取れる方に是非選んでいただきたいレイアウトになります。

フルレイアウトとは

フルレイアウト

フルレイアウトとはマットレスとフレーム幅を同じサイズにする事を指します。

通常のベッドと同様のレイアウトで、マットレスの広さを最大限使う事が出来るので、デザイン性よりも寝心地を重視する方におすすめとなっています。

ローベッドのメリット

メリット

では次にローベッドのメリットやデメリットについてご説明したいと思います。

ローベッドの主なメリットとしては、

  • おしゃれなデザインが多い
  • 価格が比較的安い
  • 湿気やカビに強い
  • 掃除がしやすい
  • 布団が使えるローベッドもある

と言った事があります。

おしゃれなデザインが多い

ローベッドには収納などの機能はありませんし、ヘッドボードも棚などがないシンプルなフラットパネルが主流となっています。

そのため全体的にスタイリッシュなデザインになっていますし、高さを低くする事で開放感のある雰囲気を作り出す事が出来ます。

数あるベッドの種類の中でも、1位・2位を争うほどおしゃれなベッドと言えます。

価格が比較的安い

レザーローベッドなどは少し高いですが、通常のローベッドは使用している部材が少ないので、デザイン性に優れている割に低価格なのが特徴です。

そのため、経済的にあまり余裕がない若い世代の方でも気軽に購入できるベッドと言えます。

湿気やカビに強い

ローベッドの床板は基本的に通気性の良い「すのこ仕様」になっています。

また、ベッド下に何もないので、下からも空気が入り込むベッド全体の通気性は非常に良いベッドと言えます。

衛生的に保つためにもシーツやベッドパッドは使用した方が良いですが、2、3カ月に一度行うマットレスのローテーションで、十分な湿気対策となります。

掃除がしやすい

収納ベッドやフロアベッドはベッド下の掃除が極めて難しくなっていますが、ローベッドではベッド下に掃除機のヘッドやお掃除ロボットが入るだけの隙間があるので、掃除はかなりしやすいベッドと言えます。

一人暮らしでも外出中にルンバなどに掃除を任せられるので、使い勝手にも優れています。

布団が使えるローベッドもある

ベッドの中にはマットレスしか使えないタイプと、敷布団も使えるタイプの2種類があります。

条件となるのは、

  1. 床板がすのこになっている事
  2. 床板が頑丈に出来ている

の2つです。

ローベッドは床板がすのこ状になっているので、更に床板に強度を持たせてあるローベッドであれば敷布団を使って寝る事も出来ます。

ローベッドのデメリット

デメリット

メリットが多いローベッドですが、デメリットも当然あります。

主なデメリットとしては、

  • 若干起き上がりにくい
  • 収納スペースがない
  • 布団だと寝心地が硬い

と言った事があります。

若干起き上がりにくい

高さが低めになっているので、起き上がるのに少し力が必要になってきます。

若い人であれば問題ないのですが、年配の方や膝が悪い人はローベッドは止めておいた方が良いでしょう。

収納スペースがない

荷物が多い人の場合、収納付きベッドにする事で洋服やリネン類の収納スペースを確保する事が出来ますが、ローベッドには収納機能がないので別にタンスなどを購入する必要があります。

荷物が多い方でお部屋も狭い場合には、収納付きベッドも検討した方が良いかもしれません。

布団だと寝心地が硬い

マットレスで寝る場合には大丈夫ですが、ローベッドに布団を敷くと「底付き感」が出てしまい、背中や腰が痛くなる可能性があります。

特に年配の人は関節や筋肉も硬くなっているので、出来ればマットレスで寝るようにしましょう。

フロアベッドとローベッドの違い

フロアベッド IDEAL アイディール

ローベッドと良く混同するベッドとして、フロアベッドがあります。

どちらもロースタイルでおしゃれなベッドですが、

  • フロアベッドは脚がない
  • フロアベッドはステージタイプが選べない

と言った違いがあります。

フロアベッドは脚がない

ローベッドは脚が付いていますが、フロアベッドはフレーム枠で支えてあります。

そのためフロアベッドは、ベッド下に隙間はないので掃除がしにくく、空気の通り道もないので湿気やカビに弱いと言うデメリットがあります。

フロアベッドはステージタイプが選べない

フロアベッドはフレーム枠にマットレスをはめ込む構造になっているので、ステージレイアウトを選ぶことが出来ません。

デザイン性においてもローベッドの方が優れていると言えます。

ローベッドまとめ

ローベッドはステージタイプを選べてロースタイルになっているなどデザイン性に優れているベッドです。

それ以外にも掃除がしやすい、湿気やカビに強いなど多くのメリットを備えてありますし、価格も比較的安くで購入する事が出来ます。

また、すのこに強度を持たせてあるローベッドは布団を使う事も出来るので、マットレスまで購入する余裕がない人にもおすすめとなっています。

但し膝が悪い方や荷物が極端に多い方などは、別のベッドも検討してみるのも良いでしょう。