ワンルームマンションで一人暮らしをしている方は多いと思いますが、住んでみて初めて感じる事として「思ったよりも収納スペースがない」と言う事があります。 ただでさえ一部屋しかない上に、クローゼットなどが小さいと洋服やカバン、布団などを収納する場所がなくなってしまいます。 また、結婚して新婚生活を始める方達の場合、お互いの荷物を持ち寄るので想像以上に多くの荷物を収納しなければいけません。 そんな方に人気が高いのが「収納ベッド」で、

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド
  • 跳ね上げベッド

などの種類があります。 しかしそれぞれの違いを正確に把握するのは難しいですよね? 実際私もベッド通販serapisの店長になるまでは、引き出し式収納ベッドしか知りませんでした。 これから収納ベッド購入予定の方は、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握しておくに越したことはありません。 そこで、

  • 引き出し式収納ベッド・チェストベッド・跳ね上げベッドの違い
  • 収納付きベッドのメリット・デメリット

について詳しくご説明したいと思います。

引き出し式収納ベッド・チェストベッド・跳ね上げベッドの違い

収納ベッドと一言で言っても、「引き出し式収納ベッド」「チェストベッド」「跳ね上げベッド」と種類は様々です。 しかも構造が全く異なっているので、それぞれのメリット・デメリットも変わってきます。 そこでまずは、この3つの違いについてご説明したいと思います。

引き出し式収納ベッド

引き出し式収納ベッド

引き出し式収納ベッドは、ベッドのサイドに1段から3段の引き出しが付いています。 ベッドに引き出しを差し込む構造になっているだけなので、引き出しに囲いや蓋はありません。

>>引き出し式収納ベッドはこちら!

チェストベッド

チェストベッド

チェストベッドもサイドに引き出しが1段から3段付いていますが、引き出し部分は完成しているチェストになっているので、蓋や囲いがあるのが特徴です。 また、引き出し以外にベッド下のスペースに長物収納エリアがあります。

>>チェストベッドはこちら!

跳ね上げベッド

跳ね上げベッド

跳ね上げベッドはマットレス毎床板を跳ね上げて、その下のスペースに収納できるベッドです。 開閉には車のトランクにも使用しているシリンダーを使っているので、力はほとんど必要なく故障率も低いのが特徴です。

>>跳ね上げベッドはこちら!

収納ベッドのメリット・デメリット

それぞれの違いが分かったところで、次に収納ベッドのメリット・デメリットをご説明したいと思います。 構造がそれぞれ違いますが、共通しているメリットとしては、洋服やリネン類の収納が出来る事です。 逆にデメリットとしては、

  • 湿気やカビに弱い
  • ベッド下の掃除がしにくい

事が挙げられます。

湿気やカビに弱い

収納が付いている事でマットレスの下から空気が通りにくくなっています。 そのため、マットレスや床板が湿気やすく季節によってはカビが生える事があります。

対策方法

湿気・カビの対策方法としては、引き出しや収納庫に除湿剤を入れる事が効果的です。 また、汗がマットレスに染み込むのを防ぐために、ベッドパッドを敷いたり、マットレスの下に除湿シートを敷くことで湿気るのを防ぐようにしましょう。

ベッド下の掃除がしにくい

引き出しや収納庫がある事で、ベッドの下に掃除機が入り込む隙間がありません。 お掃除ロボットなども入る事が出来ないので、ほこりが溜まりやすくなってしまいます。

対策方法

引き出し式収納ベッドの中にはキャスター付きの引き出しで完全に引き出す事が出来るものを選ぶと、ベッド下の掃除も簡単に出来ます。 しかしそれ以外の収納付きベッドは、残念ながらベッドを動かさないと掃除をする事が出来ません。 そのため、ベッドを壁にくっつけるのではなく、10㎝程隙間を作って設置する事で、周りを綺麗に出来るようにしましょう。

引き出し式収納ベッドのメリット・デメリット

引き出し式収納ベッドのメリットは、何と言っても価格が安い事です。 チェストベッドや跳ね上げベッドと比べると数万円程度価格が安くなっています。 一方、デメリットとしては、

  • 引き出しにほこりが入りやすい
  • 収納力が低い

事が挙げられます。

引き出しにほこりが入りやすい

引き出し部分に蓋や囲いがないので、ベッド下に溜まっているほこりが引き出しの中に入る事があります。

収納力が低い

見落としがちなポイントが収納力です。 チェストベッドや跳ね上げベッドはベッド下全てを収納スペースとして活用できるので、収納力は高いですが、引き出し式収納ベッドは1段から3段の引き出ししかありません。 高さもそれ程高くないものが多いので、シーツや小物を収納するのには便利ですが、普段着る服など全てを収納しようと思っていると後悔する事になるので注意してください。

チェストベッドのメリット・デメリット

チェストベッドのメリットには、

  • 引き出しなどにほこりが入りにくい
  • 収納力が高い
  • 整理整頓しやすい

と言った事があります。

引き出しなどにほこりが入りにくい

チェストベッドの場合には引き出しに蓋や囲いがあるので、ほこりが入る事はほとんどありません。 荷物を清潔な状態で収納出来るので、ほこりが付いたり、虫にくわれたりして困るものでも安心して収納する事が出来ます。

収納力が高い

跳ね上げベッド程ではないですが、ベッド下全てが収納スペースになっているので、収納力はかなり高くなっています。 引き出しも深さがあるタイプが多いですし、長物収納エリアがあるので、布団やラグなの荷物も十分収納する事が出来ます。

整理整頓しやすい

チェストベッドで多いパターンとしては、浅型引き出しが2個、深型引き出しが1個、長物収納エリアとなっているケースです。 収納タイプが幾つもあり、大きさや高さがそれぞれ異なるので、荷物の大きさによって綺麗に整理整頓する事が出来ます。   一方、チェストベッドのデメリットは値段が高い事です。 とは言っても、チェストベッドの収納力はタンス1個分に相当するので、タンスとベッドを分けて購入する事を考えるとかなり割安にはなっています。

跳ね上げベッドのメリット・デメリット

跳ね上げベッドのメリットとしては、

  • 一番収納力が高い
  • サイドにスペースがいらない

事があります。

一番収納力が高い

3つある収納ベッドの中でも跳ね上げベッドが一番収納力が高くなっています。 特にスーツケースやゴルフバッグと言った大型の荷物がある方は、跳ね上げベッドの収納庫が一番収納するのに適しています。

サイドにスペースがいらない

引き出し式収納ベッドやチェストベッドの場合には、引き出しを出すために50㎝程度間隔を空けておく必要がありますが、跳ね上げベッドでは壁にべったりくっつけていても収納庫の開閉が出来ます。   一方、デメリットとしては、

  • 仕切りがない
  • 荷物の出し入れが面倒
  • 値段が高い

と言った事があります。

仕切りがない

跳ね上げベッドの収納庫には仕切りが全くありません。 そのおかげで大きな荷物を収納できるのですが、細かく整理整頓をするためには、別に収納ケース準備すると良いですよ。

荷物の出し入れが面倒

基本的に跳ね上げベッドの開閉時には布団などをどけなければいけません。 引き出しと違って、欲しい時にすぐに取り出す事が出来ないのは、若干不便になります。

値段が高い

チェストベッド同様に、跳ね上げベッドの値段も高くなっています。 シリンダーなど特殊な材料を使用している事により、どうしても引き出し式収納ベッドと比べると割高になってしまいます。