ローベッド掃除の仕方|ベッドフレームとマットレスのお手入れ方法

掃除

ローベッドは高級感があるベッドですが、実はお掃除やお手入れも簡単にする事が出来ます。

ローベッドは基本的に通気性に優れているベッドですが、掃除を怠るとカビやダニが繁殖する事もあります。

そこでこの記事では、

  • ベッドフレームのお掃除方法
  • マットレスのお手入れ方法
  • ベッド下はルンバで掃除が出来る

について詳しくご説明したいと思います。

ベッドフレームのお掃除方法

ローベッドのベッドフレーム

ローベッドのベッドフレームの掃除方法は、他のベッドと変わりません。

但し使用されている素材によって異なるので、

  • 木製ローベッド
  • スチール製ローベッド

の2種類についてご説明したいと思います。

また、木製・スチール製に関わらず、メンテナンスは必要となるので、合わせてご紹介致します。

木製ローベッドのお掃除方法

木製ローベッドの素材

一般的な木製ローベッドの掃除手順としては、

  1. 中性洗剤をぬるま湯で薄める
  2. 雑巾に染み込ませて、硬く絞る
  3. ベッドフレームを拭く
  4. 乾拭きをする

の4ステップになります。

この方法で、汚れを落とせますし、多少のカビであれば除菌する事も出来ます。

パイン材は乾拭きとワックス

パイン材

ローベッドの中には、北欧調のベッドが数多くあります。

北欧ベッドでは、主にパイン材を使用していますが、パイン材の掃除では乾拭きが基本となるので注意してください。

と言うのも、パイン材は塗膜を作らない塗装をしているので、水拭きは厳禁です。

また、蜜蝋系のワックスを2~3年に1回程度塗っておくと、艶感が出て長持ちさせることが出来ます。

パイン材を使用しているローベッドとしては、Kaleva カレヴァNoora ノーラがあります。

スチール製ローベッドのお掃除方法

スチール製ローベッド

一方、スチール製のローベッドでは、軽く水拭きをして汚れを落とした後に、乾拭きしましょう。

木製に比べるとカビが生えにくくなっていますが、湿気を放置する事で錆の原因になるので、メンテナンスは必要です。

ローベッドのメンテナンス方法

ボルト

ローベッドに限らず、全てのベッドは半年に一回程度、ネジの増し締めが必要です。

組み立てた時には、しっかりとネジを締めていても、時間の経過とともにネジは自然と緩んできます。

長年放置していると、フレームからきしみ音が聞こえてきたり、ひび割れや破損の原因にもなります。

安全性を確保するためにも、ネジの増し締めは必ず行うようにして下さい。

マットレスのお手入れ方法

マットレス

次にマットレスのお手入れですが、大切な事は湿気・ダニ対策になってきます。

掃除の手順としては、

  1. シーツ・カバー類を外して洗濯機で洗う
  2. マットレスを立てかけて乾燥させる
  3. 掃除機で表裏・側面を綺麗に吸い取る
  4. 新しいシーツ・カバーをかける

の4ステップになります。

マットレスの場合、湿気は底面に溜まる事が多いので、裏面を重点的に乾燥させる事が大切です。

布団乾燥機がおすすめ

布団乾燥機

お家に布団乾燥機がある場合は、シーツを外した後に布団乾燥機で乾かすのが一番おすすめです。

湿気を飛ばすと同時に、60度以上の温度に設定する事で、ダニを死滅させる事も出来ます。

ダニは駆除・除去が大切

チリダニ

喘息などのアレルギーの9割はダニが原因と言われています。

但し、マットレスに住み着くダニは、咬む事は基本的にありません。

それよりも、糞や死骸を吸い込む事で、アレルギーを誘発します。

そのため、布団乾燥機で駆除した後には、必ず掃除機で丁寧に死骸や糞を除去するようにして下さい。

ベッド下はルンバで掃除が出来る

お掃除ロボット「ルンバ」

ローベッドで良く質問を受ける事として、「ルンバは使用出来ますか?」と言う事があります。

お掃除ロボット「ルンバ」の高さは92㎜になっているのですが、一般的なローベッドのベッド下の隙間は15㎝あります。

そのため、カーペットなどを敷いていても、問題なくルンバで掃除する事は可能です。

ルンバが使えないローベッド

ルンバが使えないローベッド

但し、中には10㎝の隙間しかないローベッドもありますし、オプションで8㎝程度の短い脚を購入できるローベッドもあります。

ルンバが使えないローベッドとしては、Neptuno ネプトゥーノPlutone プルトーネMerkur メルクーアLegacy レガシーなどがあります。

ローベッド掃除まとめ

ローベッドの掃除・お手入れ方法としては、ベッドフレームは薄めた中性洗剤で拭いた後に、乾拭きをします。

但しパイン材に関しては、乾拭きとワックスを使用して、水拭きは控えるようにしましょう。

マットレスは定期的に立てかけるか、布団乾燥機で乾かした後に、掃除機でほこりやダニを吸い取ってください。

また、ローベッドの脚は15㎝程度あるので、一般的なタイプはお掃除ロボット「ルンバ」を使用する事が出来ます。

>>ローベッドはこちら!