高さが低い収納ベッド|女性や子供に人気の高さ42㎝の低い収納ベッド

高さが低い収納ベッド

収納ベッドの購入を考えている方の中には、「高さが低い収納ベッドが欲しい」とお考えの方も多いと思います。

実際に収納ベッドを購入した人の中には、想像以上に高さがあって圧迫感を感じている人もいらっしゃいます。

特に身長が低い女性や子供の場合、高さがあると使い勝手も悪くなってしまいます。

そこでこの記事では、

  • 起き上がりやすいベッドの高さ
  • 収納ベッドの高さ一覧
  • 低い収納ベッドのメリット
  • 高さが低いおすすめ収納ベッド

について詳しくご説明したいと思います。

起き上がりやすいベッドの高さ

起き上がりやすいベッドの高さ

一般的に起き上がりやすいベッドの高さは、「身長×0.25」と言われています。

そのため、マットレスを含めたベッドの高さが40㎝前後になっているのが理想的なベッドの高さとなります。

収納ベッドの高さ一覧

では、収納ベッドの高さがどれくらいになっているかと言うと、収納ベッドの種類によって異なります。

収納ベッドには、

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド
  • 跳ね上げ式ベッド

の3種類があるので、標準的なベッドの高さをご紹介致します。

引き出し式収納ベッドの高さ

引き出し式収納ベッドの高さ

標準的な引き出し式収納ベッドでは、1段の引き出しが付いています。

フレームの高さは24㎝程度で、マットレスの高さが17㎝程度です。

ベッドの高さは床から41㎝になるので、標準的な体格の人が一番起き上がりやすい高さとなっています。

2段タイプの引き出し式収納ベッドの高さ

引き出し式収納ベッド(2段)

但し、引き出し式収納ベッドの中には、2段の引き出しが付いているタイプもあります。

この場合、フレームの高さが46㎝で、マットレスが薄型で8㎝程度になります。

トータルでは54㎝となるので、身長が低い方は止めておいた方が良いでしょう。

チェストベッドの高さ

チェストベッドの高さ

チェストベッドは、通常2段の引き出しが付いているため、高くなっています。

具体的にはフレームの高さが41㎝で、12㎝の薄型マットレスが加わるので、ベッドの高さとしては53㎝になります。

跳ね上げ式ベッドの高さ

跳ね上げ式ベッドの高さ

跳ね上げ式ベッドの高さは、収納庫の深さによって異なってきます。

フレームの高さはレギュラーで34㎝、ラージで41㎝、グランドで48㎝程度になっています。

これに薄型マットレスが加わるので、

  • レギュラーの高さ:46㎝
  • ラージの高さ:53㎝
  • グランドの高さ:60㎝

となっています。

低い収納ベッドのメリット

メリット

収納ベッドの中でも、引き出し式収納ベッドや1段のチェストベッド、跳ね上げ式ベッドのレギュラーは低めの部類に入ります。

高さが低い収納ベッドのメリットとしては、

  • 圧迫感がない
  • 起き上がりやすい
  • 分厚いマットレスを使える
  • 値段が安い

と言う事があります。

圧迫感がない

ロフトベッドや二段ベッド程ではありませんが、20㎝高くなると見た目にも圧迫感が生まれます。

低い収納ベッドにする事で、部屋を広々とした開放的な空間に演出する事が出来ます

起き上がりやすい

180㎝を超える身長の方でも、高さ60㎝となると起き上がる時に足に力が入りません。

特に身長が低い女性や子供では、足が床につかないので寝転がったり起き上がったりするのが大変です。

しかし低い収納ベッドなら、収納を確保しながらも使い勝手の良い高さとなります。

分厚いマットレスを使える

分厚いマットレス

チェストベッドや跳ね上げ式ベッドでは「薄型マットレス」が主流になっています。

体重が軽い方は問題ありませんが、80㎏を超える重い方の場合、薄型マットレスだと底付き感が出る恐れがあります。

板の感触が背中や腰に伝わるので、寝ずらいだけでなく、腰痛や肩こりの原因にもなります。

しかし、低い収納ベッドなら分厚いスプリングマットレスを使えるので、体重が重い方でも睡眠の質を向上させる事が出来ます。

値段が安い

節約

また低い収納ベッドでは、使用している部材が少なくなる分、コストも割安になっています。

一人暮らしの方などは、出費が嵩みますが、低い収納ベッドで少しでも節約して下さい。

低い収納ベッドのおすすめ商品

高さを低くする事で、収納力はどうしても落ちてしまいます。

低い収納ベッドでも、出来るだけ収納力が高い商品をお探しの場合には、

  • 1段のチェストベッド
  • 跳ね上げ式ベッドのレギュラー

を選ぶようにしましょう。

引き出し式収納ベッドでも、1段のチェストベッドでも高さは同じなのですが、サイドフレームがない分チェストベッドの方が収納力が高くなっています。

また、チェストベッドでは、長物収納エリアがあるので、1段でも十分な収納力があります。

低いチェストベッドのおすすめ

薄型宮付き 頑丈ボックス収納 ベッド 引き出し2杯

薄型宮付き 頑丈ボックス収納 ベッド 引き出し2杯

価格円~

こちらのチェストベッドは、フレームの高さが30㎝で、マットレスが12㎝の厚みになっています。

ベッドの高さは42㎝になっているので、ちょうど起き上がりやすく、圧迫感もありません。

また宮付きですが、薄型なので長さ方向もコンパクトにまとまっています。

>>チェストベッドはこちら!

低い跳ね上げ式ベッドのおすすめ

跳ね上げベッド NEO-Gransta ネオ・グランスタ

棚コンセント付 跳ね上げベッド NEO-Gransta ネオ・グランスタ

価格円~

 NEO-Gransta ネオ・グランスタは、レギュラーの高さが30㎝になっている跳ね上げ式ベッドです。

マットレスの厚みが12㎝・16㎝・17㎝の3種類あるので、身長に合わせてお選びいただけます。

ヘッドボードも薄型ですが、2口コンセントが付いているので、利便性にも優れています。

>>跳ね上げ式ベッドはこちら!

高さが低い収納ベッドまとめ

高さが低い収納ベッドには、

  • 引き出し式収納ベッド
  • 1段のチェストベッド
  • 跳ね上げ式ベッドのレギュラー

の3種類があります。

いずれもマットレスを合わせたベッドの高さは、42㎝程度になっていて起き上がりやすくなっています。

中でも、1段のチェストベッドと跳ね上げ式ベッドのレギュラーは収納力も十分備えているのでおすすめです。

>>収納ベッドはこちら!