収納ベッドは圧迫感がある?チェストベッド・跳ね上げ式ベッドは注意!

圧迫感がある収納ベッド

大容量の荷物を収納出来る「収納ベッド」ですが、いざ商品が届いてみると思いのほか圧迫感を感じる事があります。

中でも、チェストベッドと跳ね上げ式ベッドは、高さがあるので身長が低い方は注意が必要です。

そこでこの記事では、

  • 圧迫感がある収納ベッドの特徴
  • 圧迫感が少ない収納ベッドの選び方

について詳しくご説明したいと思います。

圧迫感がある収納ベッドの特徴

収納ベッドには、

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド
  • 跳ね上げ式ベッド

の3種類がありますが、全て圧迫感を感じるわけではありません。

この中で高さがあるのは、「チェストベッド」と「跳ね上げ式ベッド」の2種類で、引き出し式収納ベッドは圧迫感が少ないベッドになっています。

引き出し式収納ベッドの高さ

引き出し式収納ベッドのサイズ

具体的な高さを見てみると、引き出し式収納ベッドの場合フレームの高さが24㎝程度となっています。

これに、厚みが16㎝程度のマットレスを敷くので、ベッドの高さは床から40㎝になります。

一般的に寝起きがしやすいベッドの高さの目安は、「身長×0.25」なので、160㎝の身長の方が使いやすい高さです。

低すぎず、かと言って圧迫感も出ないちょうど良い高さと言えます。

チェストベッドの高さ

チェストベッドのサイズ

次にチェストベッドですが、主流は2段の引き出しが付いているタイプになります。

その場合、フレームの高さが41㎝程度になっています。

マットレスは薄型になっていますが、それでも最低10㎝の厚みがあります。

トータルでベッドの高さは50㎝程度になりますが、これは200㎝程度の身長の方が起き上がりやすい高さなので、かなり圧迫感があります。

跳ね上げ式ベッドの高さ

跳ね上げ式ベッドのサイズ

最後に跳ね上げ式ベッドですが、こちらは収納庫の深さによってフレームの高さが異なり、

  • レギュラー:34㎝
  • ラージ:41㎝
  • グランド:48㎝

となっています。

レギュラーの高さと圧迫感

一番浅い「レギュラー」であれば、34㎝の高さに厚み10㎝の薄型マットレスを使用する事で44㎝の高さになります。

この高さだと、176㎝の方が使いやすくなるので、男性は特に圧迫感を感じる事はありません。

グランドの高さと圧迫感

しかし、グランドになると48㎝の高さに10㎝の薄型マットレスが加わるので、58㎝の高さになります。

これは230㎝の人が使いやすい高さなので、圧迫感が非常に強いだけでなく、寝起きする時も足が床につかない事があります。

高身長の男性や、荷物がどうしても多くなる場合には仕方ないですが、そうでなければ「ラージ」までに抑えた方が良いでしょう。

圧迫感が少ない収納ベッドの選び方

引き出し式収納ベッドは、通常引き出しが1段なので圧迫感を感じる事はありません。

しかし、チェストベッドや跳ね上げ式ベッドを選ぶ時には、

  • 1段のチェストベッドにする
  • レギュラーサイズの跳ね上げ式ベッドにする
  • マットレスを薄型にする

事で、圧迫感を減らす事が出来ます。

1段のチェストベッドにする

引き出しが1段のチェストベッド

チェストベッドの主流は2段の引き出しになっています。

しかし、身長が低い女性や子供用のベッドであれば、1段タイプがおすすめです。

>>チェストベッドはこちら!

レギュラーサイズの跳ね上げ式ベッドにする

跳ね上げ式ベッドの深さ

跳ね上げ式ベッドの場合、ラージとグランドは圧迫感が強くなっています。

しかし、一番収納庫が浅い「レギュラー」であれば、圧迫感を感じずに済みます。

跳ね上げ式ベッドを選ぶときには、荷物の量や大きさはもちろんですが、ご自身の身長も考慮する事が大切です。

身長が低い方がグランドの跳ね上げ式ベッドを選ぶと、圧迫感が強いだけでなく、寝起きするのも大変になります。

>>跳ね上げ式ベッドはこちら!

マットレスを薄型にする

薄型マットレス

チェストベッドや跳ね上げ式ベッドでは、圧迫感を出さないように「薄型マットレス」を使っています。

しかし、薄型マットレスの中には、厚みが10㎝程度のものもあれば、17㎝の厚みのマットレスもあります。

体重が軽い細身の女性や子供の場合、マットレスが薄くても寝心地が変わる事はありません。

そのため、圧迫感が気になるのであれば、出来るだけ薄いマットレスを選ぶようにしましょう。

マットレスの厚みの目安

但し、体重が重い男性の場合には、ある程度厚みがないと底付き感が出てしまいます。

寝心地が良いマットレスの厚みの目安としては、

  • 体重40㎏未満:10㎝以上
  • 体重40㎏~70㎏:12㎝以上
  • 体重70㎏以上:15㎝以上

となっているので、極端に薄いマットレスにならないように注意してください。

収納ベッドの圧迫感まとめ

収納ベッドでは想像以上に圧迫感を感じる事があります。

特に、引き出しが2段ある「チェストベッド」や、ラージ・グランドと言った深さの「跳ね上げ式ベッド」では圧迫感が強くなっています。

収納力が高いと利便性は向上しますが、圧迫感だけでなく寝起きするのも大変になるので、必要最低限の収納力のベッドを選ぶようにしましょう。

>>収納ベッドはこちら!