「セミダブルベッド」一覧

ベッド通販セラピスでは、高品質なセミダブルベッドを格安で販売しています。

幅が120㎝のセミダブルベッドは、思い切り寝返りを出来るので睡眠の質を重視している方に人気が高いサイズです。

数あるセミダブルベッドの中でも特に人気が高いおすすめ商品のランキングも発表していますので、是非お買い物の参考にして下さいね。

セミダブルベッドおすすめ11選!

セミダブルベッドの中でも特におすすめ商品を11個厳選しました。

人気が高い収納付きやすのこ仕様のセミダブルベッドなど、様々な種類がランクインしています。

1位.すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』

『ブリーズ』のすのこフロアベッド

価格円~

 『ブリーズ』は、床板がすのこ仕様になっているフロアベッドになります。

床板には「LVLすのこ」と呼ばれている通気性と強度の両方に優れているすのこを使用しているのが特徴です。

高さを抑えたロースタイルはおしゃれなデザインになっていて、お部屋に開放感を与えてくれます。

ヘッドボードには本も置ける奥行き12.5㎝の棚と、ホコリ防止付きの2口コンセントが付いています。

フロアベッドの場合、フレーム枠が弱くサイドフレームが歪むことがありますが、『ブリーズ』はワイヤーを張る事で防止しています。

細やかな配慮をされている『ブリーズ』は、安い方セミダブルベッドをお探しの方におすすめの商品となっていますよ。

2位.照明付き 宮付き 国産 収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ 日本製ベッドフレーム

収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ

価格円~

『STELA』ステラは、照明・宮付きの引き出し式収納ベッドになります。

洗練されたヘッドボードには、スマホの充電に便利なコンセント、眼鏡や小物を置くのに便利な奥行き14㎝の棚、そして就寝時も手元を明るく照らしてくれる照明が付いています。

Tシャツやリネン類などを入れるのに便利な2杯の引き出しは、左右どちらにでも取り付け可能となっています。

細部の作り込みや補強がしっかり作られている『STELA』ステラは、高品質な日本製となっています。

『STELA』ステラは、比較的若い世代の男性におすすめのセミダブルベッドとなっていますよ。

3位.宮付き キャスター付き引き出し 収納ベッド『NEXSTORAGE』ネクストレージ

収納ベッド『NEXSTORAGE』ネクストレージ

価格円~

 『NEXSTORAGE』ネクストレージは、宮付きの引き出し式収納ベッドになります。

直線的なラインのベッドフレームは、高級感があり大人に人気のあるデザインとなっています。

ヘッドボードには本や小物を置くのに滴いている奥行き12.5㎝の棚と、2口コンセントが付いています。

2杯の引き出しはキャスター付きなので、出し入れをストレスなくスムーズに出来ますし、完全に引き出す事でベッド下の掃除も簡単に行えます。

フレームは強度を持たせている「クロス構造」や、きしみ音を防止するEVA樹脂パッドが付いている、細部にまでこだわっている設計をしています。

どのようなセミダブルベッドにするか決めかねている人は、コスパに優れている『NEXSTORAGE』ネクストレージがおすすめですよ。

4位.カントリー調 天然木 すのこベッド 布団対応 高さ調整可能 大容量ベッド下収納 『Ecru』 エクル

『Ecru』 エクル ショートベッド

価格円~

 『Ecru』 エクルは、カントリー調が魅力のすのこベッドになります。

すのこになっている床板を開けると、ベッド下に大容量の荷物を収納する事が出来るので、荷物の多い方でも安心してご使用頂けます。

また、ベッド下の高さも20㎝と32㎝の2段階切り替えが可能なので、ロースタイルにしたければ低く、ベッド下の収納力を上げたければ高く設定してください。

フレームには北欧家具にも使用されているパイン材を使っているので、見た目に優しく肌触りも柔らかいのが特徴です。

通気性の良いすのこは強度を持たせてあるので、マットレスだけでなく布団でもご使用する事が出来ます。

『Ecru』 エクルは、荷物の多い一人暮らしの女性におすすめのセミダブルベッドとなっていますよ。

5位.フット側引き出し付き 照明付き 収納ベッド『Famirest』ファミレスト

収納ベッド『Famirest』ファミレスト

価格円~

 『Famirest』ファミレストは、フット側に引き出しがあるチェストベッドになります。

通常のチェストベッドはサイドに引き出しが付いていますが、お部屋のレイアウトによっては足元にスペースを取れる場合も多くあります。

そんな方におすすめなのが 『Famirest』ファミレストで、足元にスライドレール付きの大きな引き出しが付いているので、洋服やバッグ類など大きめの荷物もすっきり片づける事が出来ます。

また、オプションでサイドにも引き出しを付ける事も出来るのも特徴です。

チェストベッドなのでベッド下にも大容量の荷物を収納する事が出来ますし、引き出しにはほこりが入りにくく、フレームも頑丈に出来ています。

『Famirest』ファミレストは、大容量の足元収納が出来るセミダブルベッドをお探しの方におすすめの商品となっていますよ。

6位.フラップ扉 引出し収納付きベッド『AMI』アミ ホワイト木目調

引出し収納付きベッド『AMI』

価格円~

『AMI』アミは、ヘッドボードが可愛い引き出し式収納ベッドになります。

ヘッドボード中央には小物や化粧品を置くのに便利な棚と、照明が付いていて、両サイドには「フラップ扉」付きの隠し収納があります。

また、コンセントや引き出しが2杯あるので、ベッド周りに必要な機能を全て満たしてくれます。

セミダブルサイズになると組み立てが気になる方も多いと思いますが、『AMI』アミは4ステップの簡単組み立てなので、女性でも20分程度で完成させられますよ。

7位.国産頑丈すのこ跳ね上げ式大容量収納ベッド Long force ロングフォルス

収納ベッド Long force ロングフォルス

価格円~

 Long force ロングフォルスは、布団で寝るために作られた跳ね上げ式ベッドです。

ベッド下には最大で800リットル入る収納庫があり、女性でも軽々と開閉する事が出来ます。

また床板はすのこになっていて、「く」の字に曲げるとそのまま布団を部屋干しする事も出来ます。

耐荷重は600㎏と頑丈設計で、低ホルムアルデヒド仕様なので、体重が重たい方やアレルギーがある方でも安心してお使いいただけます。

Long force ロングフォルスは、敷布団を使って寝たい方におすすめのセミダブルベッドとなっていますよ。

8位.モダンライト・コンセント付きスリムデザインすのこベッド Reizvoll ライツフォル

デザインすのこベッド Reizvoll ライツフォル

価格円~

 Reizvoll ライツフォルは、モダンライトがおしゃれなすのこベッドになります。

ヘッドボードには奥行き10㎝の棚と2口コンセントが付いていて、更に両サイドにはシャープな形状のモダンライトがあります。

細身の脚はインテリア性が高く、14㎝あるのでお掃除ロボットでもスイスイと入っていけます。

床板は通気性抜群のすのこ仕様で、フレーム表面は高級感のあるウレタン塗装仕上げになっています。

Reizvoll ライツフォルは、インテリア性が高いセミダブルベッドをお探しの方におすすめとなっていますよ。

9位.ホワイト フレンチカントリーデザインのコンセント付き収納ベッド Bonheur ボヌール

収納ベッド Bonheur ボヌール

価格円~

Bonheur ボヌールは、ホワイトを基調としたフレンチカントリーデザインの引き出し式収納ベッドになります。

天然木のホワイトパイン材を使用しているので、優しい風合いでガーリーな雰囲気たっぷりのベッドです。

ヘッドボードはコンセントが付いているフリースペースで、ジュエリーやお気に入りの小物、お花を飾るのに最適となっています。

床下をめいいっぱい活用した引き出し収納は、リネン類や洋服を収納するのに便利に出来ています。

Bonheur ボヌールは、お部屋を可愛くした女子におすすめのセミダブルベッドになっていますよ。

10位.モダンデザインステージタイプフロアベッド J-Zee ジェイ・ジー

ステージタイプフロアベッド J-Zee ジェイ・ジー

価格円~

 J-Zee ジェイ・ジーはステージタイプがかっこいいフロアベッドになります。

フレームはゼブラウッド柄を使用していて、荒々しくも高級感ある風合いが一味違った魅力となっています。

ヘッドボードはフラットパネルになっていて、僅かに傾斜を持たせることで背もたれとしても活用する事が出来ます。

床板には通気性と吸放質性に優れている天然木の「桐」を使用しているので、湿気やカビからベッドをしっかりと守ってくれます。

J-Zee ジェイ・ジーは、男の一人暮らしに是非取り入れて頂きたいセミダブルベッドとなっていますよ。

11位.棚コンセント付 跳ね上げベッド NEO-Gransta ネオ・グランスタ

跳ね上げベッド NEO-Gransta ネオ・グランスタ

価格円~

NEO-Gransta ネオ・グランスタは、大容量の収納が可能な跳ね上げ式ベッドになります。

収納庫の深さはレギュラー(30㎝)・ラージ(37㎝)・グランド(44cm)の3種類があり、、荷物の大きさや量によって使い分ける事が出来ます。

それ以外にもサイズやカラー、開閉タイプなどを自在に組み合わせられて、全部で324通りからお好みのベッドをセミオーダーする事が出来ます。

無駄を省いた奥行き10㎝の棚には、スマホやタブレットを充電するためのコンセントも装備されています。

1万回の開閉テストに合格した日本製ガス圧シリンダーを使用しているので、安心感も抜群です。

NEO-Gransta ネオ・グランスタは、とにかく荷物が多い方におすすめのセミダブルベッドとなっていますよ。

セミダブルベッドのサイズと寝心地

セミダブルベッドを購入する方の中には、正確にセミダブルのサイズを把握している人は案外少ないようです。

セミダブルベッドのサイズ

セミダブルベッドの具体的なサイズは、

シングルベッドのサイズ 幅90㎝~100㎝ 長さ195㎝ 一人用
セミダブルベッドのサイズ 幅120㎝ 長さ195㎝ 一人用
ダブルベッドのサイズ 幅140㎝ 長さ195㎝ 二人用

となっていて、基本的に一人用のベッドになります。

シングルベッドと比較すると分かりやすいのですが、幅が20㎝長くなっているので、一人だとかなり自由に寝返りをうつことが出来て睡眠の質も向上させる事が出来ます。

二人で寝るとどうなるか?

しかしセミダブルベッドを購入する方の中には、カップルや夫婦など二人で寝る事を目的としている人も多いようなので、どのような寝心地になるかをご説明したいと思います。

ベッドの幅の目安

一般的に快適に睡眠を取るために必要となるベッドの幅は、「二人の肩幅+60㎝」になっています。

男性の平均的な肩幅が45㎝、女性の場合には40㎝になっているので、二人で寝るには145㎝のベッド幅が必要になってきます。

あまり知られていませんが、実はダブルベッドでも二人で寝るには若干狭くなっているのです。

これがセミダブルベッドになると、通常両サイドに20㎝ずつ欲しいところが13㎝程度しかない事になります。

寝返りはもちろんですが、横向きに足を曲げて寝たりするのも窮屈な寝心地となります。

これだけ狭いと二人の睡眠の質は悪化してしまい、慢性的な寝不足状態になってしまいます。

寝不足は「美容の敵」と言われていますが、最近の研究では成人病や肥満の原因にもなる事が分かっているので、セミダブルベッドを夫婦が寝るベッドにするのは止めた方が良いでしょう。

 

但し、一人暮らしをされている方でたまに恋人が泊まりに来る程度でしたら、お互いが密着して眠れるのでセミダブルベッドは最適と言えるかもしれませんね。

収納付きセミダブルベッドについて

セミダブルベッドの中でも一番人気が高い種類として「収納付き」があります。

しかし収納付きセミダブルベッドと言っても種類としては、

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド
  • 跳ね上げ式ベッド

の3種類があるので、詳しくご説明したいと思います。

引き出し式収納ベッド

引き出し式収納ベッド

引き出し式収納ベッドとは、サイドに1段から3段(通常は1段)の引き出しが付いているベッドになります。

収納付きセミダブルベッドの中でも一番価格が安くなっているのですが、デメリットとしては、

  • 収納力があまりない
  • 引き出しの中にほこりが入りやすい

と言った事があります。

引き出し自体は2杯しかないタイプがほとんどですし、ベッド下を収納に使えるタイプもあまりないため、収納力はそれほどありません。

また、引き出し自体には囲いがされていないので隙間があり、ベッド下に溜まったほこりが入る事があります。

引き出し式収納ベッドを上手に活用する方法

おすすめは、「キャスター付き」の引き出し式収納ベッドになってきます。

引き出しを完全に出す事が出来るので、ベッド下の掃除がしやすいですす、ほこりなどが引き出しに入るのを防ぐことが出来ますよ。

チェストベッド

チェストベッド

チェストベッドもサイドに1段から3段の引き出しが付いているのですが、構造は引き出し式収納ベッドと大きく異なります。

チェストベッドでは、完成品のチェストをベッドに組み込むように出来ているので、引き出し自体が蓋などで囲われています。

ほこりなどが入りにくいだけでなく強度も増すために、ベッド下にも収納スペースを設ける事が出来るので、収納力が格段にアップしています。

収納場所としては、浅型引き出しが4杯、深型引き出しが1杯、長物収納エリアとたくさんあるので、荷物の大きさや用途によって整理整頓がしやすいベッドと言えます。

一方、デメリットとしては、

  • 値段が高め
  • 湿気やすい

の2点があります。

チェストとベッドを組み合わせているので、使用している部材が多く値段はどうしても高めになっています。

また、密閉性が高いので湿気やすいのもデメリットとなってきます。

チェストベッドを上手に活用する方法

チェストベッドは、引き出しの裏に桟が付いているタイプが多くあり、コミックやDVD、CDなど重たい荷物を収納するのにも適しています。

背表紙を上に向けて並べて引き出しに収納する事で、欲しい時にすぐに取り出す事が出来るので非常に便利ですよ。

但し、チェストベッドを購入される際には、引き出しや収納庫の中に除湿剤を入れたり、ベッドパッドや除湿シートを使うなどして湿気対策を行うようにして下さいね。

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げベッド

跳ね上げ式ベッドは、ベッド下全てが収納庫になっていて、床板をガス圧シリンダーなどを使用して跳ね上げて開閉する収納ベッドになります。

ガス圧シリンダーは車のボンネットにも使用されている高性能なパーツを使用しているので、故障などはほとんどないですし、力の弱い女性でも簡単に開閉する事が出来ます。

跳ね上げ式ベッドの場合、収納庫に仕切りがないので、スーツケースやゴルフバッグ、布団や家電製品など大型の荷物も収納する事が出来ます。

3つある収納ベッドの中でも一番収納力が高いタイプになります。

但しデメリットとしては、

  • 値段が高め
  • 湿気やすい
  • 整理整頓はしにくい

と言った事があります。

特殊なシリンダーを使用しているので値段は高めで、密閉性が高いので湿気に弱い特徴を持っています。

また、大型の荷物を収納するには適していますが、小物を整理整頓するのにはあまり向いていません。

跳ね上げ式ベッドを上手に活用する方法

跳ね上げ式ベッドを購入する際には収納庫の深さを決めなければいけません。

一般的には浅い方から、「レギュラー」「ラージ」「グランド」となっていますが、注意点としては不必要に高さのある収納ベッドにしない事です。

特に女性やお子様が使用される際には、「グランド」を選んでしまうと、ベッドが高くなりすぎてしまうので、起き上がったり寝ころぶときに少しジャンプをする感じになってしまいます。

跳ね上げ式ベッドは、予め収納する荷物の大きさを測ってから購入すると失敗する事がないですよ。

セミダブルベッドまとめ

セミダブルベッドは一人で寝るには広々と快適な寝心地ですし、たまに恋人と一緒に寝るのにも密着出来て良いかもしれません。

但し夫婦や同棲中のカップルが毎日2人で寝るにはサイズ(幅)が狭すぎるので、最低でもダブルベッドを選ぶようにしましょう。

セミダブルベッドの中でも特に人気が高い商品としては、「収納付きベッド」があり、

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド
  • 跳ね上げ式ベッド

の3種類となっています。

それぞれのメリット・デメリットを把握すると、ご希望のセミダブルベッドを選ぶことが出来ますよ。