セミダブルベッドは独身の一人暮らしを優雅にしてくれる!

独身のビジネスマン

セミダブルベッドは社会人で独身の一人暮らしの方に、是非おすすめしたい商品です。

と言うのも、セミダブルベッドは睡眠の質を高めてくれるだけでなく、彼氏や彼女とのひと時を優雅にしてくれるからです。

そこでこの記事では、

  • 独身にセミダブルベッドがおすすめの理由
  • 後悔しないセミダブルベッドの選び方
  • マットレスの選び方
  • 独身におすすめのセミダブルベッド

について詳しくご説明したいと思います。

独身にセミダブルベッドがおすすめの理由

社会人の独身の方にセミダブルベッドがおすすめの理由としては、

  • 睡眠の質を高めてくれる
  • 彼氏・彼女との時間が優雅になる
  • 経済的に余裕がある
  • 一人でベッドにいる時間が長い

と言った事があります。

睡眠の質を高めてくれる

快適な寝心地

社会人にとって、健康管理は仕事の一つと言えます。

風邪を引かないように注意をして、遅刻や欠勤をなくすことは、会社での評価アップにも繋がります。

特に独身の方は既婚者と比べて、食生活が乱れたり、夜更かしをする事も多い傾向があります。

そのため、短くても質の高い睡眠を取る事で、健康管理をする事が大切です。

セミダブルベッドは快適な寝心地

人は寝ている間に20~30回程度寝返りをしますが、狭いベッドでは無意識のうちに寝返りを抑制してしまいます。

その点セミダブルベッドのように広々として空間で寝ると、寝返りを思い切りうつ事が出来ます。

自由に寝返りをうつ事で、血流やリンパの流れが促進して、短い睡眠でもしっかりと疲れを取り除くことが出来ます。

彼氏・彼女との時間が優雅になる

彼氏・彼女がいる独身の方は、恋人が泊りに来ることも多くあります。

シングルベッドでは2人が寝るには、あまりにも狭すぎます。

しかしセミダブルベッドであれば、一泊程度ならそれほど窮屈な思いをする事もありません。

経済的に余裕がある

大金を持っている

セミダブルベッドはシングルベッドと比べると、一万円程度相場が高くなっています。

既婚者であれば二の足を踏む方も多いですが、独身であれば多少高めのベッドでも気に入ったものを購入する事が出来ます。

一人でベッドにいる時間が長い

時間

既婚者であれば家に奥さんや旦那さん、もしくは子供がいるので、一人の時間はあまりありません。

しかし独身の場合には、基本的に家に帰ると一人の生活が待っています。

部屋では恋人とLINEでやり取りをしたり、寝ながらテレビを見る時間も多くなります。

ベッドにいる時間が既婚者に比べると圧倒的に長いので、ゆったりと休める大きめのセミダブルベッドがおすすめです。

後悔しないセミダブルベッドの選び方

「セミダブルベッドで後悔した!」と言う方も、中にはいらっしゃいます。

その主な原因としては、

  • 狭い間取りに無理やり設置した
  • 大学生の一人暮らしでセミダブルベッドを選んだ
  • 荷物が多いのに、収納付きにしなかった

と言ったケースが多くなっています。

狭い間取りに無理やり設置した

セミダブルベッドの大きさは、長さ195㎝×幅120㎝となっています。

シングルベッドと比べると、幅が20㎝広くなっているのですが、基本的に6畳の間取りであれば問題ありません。

しかし、四畳半に設置すると、他の家具が置けなくなる事があります。

狭い間取りの方は、無理にセミダブルベッドにせずに、シングルベッドやセミシングルベッドを購入した方が良いでしょう。

大学生の一人暮らしでセミダブルベッドを選んだ

社会人であれば、ある程度金銭的に余裕があります。

しかし大学生はアルバイトをしても、それほどお金に余裕があるわけではありません。

限られた仕送りで生活をしているのであれば、高いセミダブルベッドを購入すると引け目を感じる原因となります。

荷物が多いのに、収納付きにしなかった

独身者の中には、スポーツや旅行などを趣味にしている方も多くいらっしゃいます。

そう言った方は必然的に荷物が多くなるのですが、ワンルームマンションに収納機能がないセミダブルベッドを置くと、荷物が散乱してしまいがちです。

セミダブルベッドの中には、引き出し式やチェストベッド、跳ね上げ式ベッドなど収納機能があるものも数多くあります。

ご自身の荷物の量に応じて、セミダブルベッドを選ぶようにしましょう。

マットレスの選び方

マットレスを選ぶポイント

幾ら大きなセミダブルベッドを購入しても、肝心のマットレスが体に合っていないと、睡眠の質は低下してしまいます。

マットレスを選ぶときには、

  • 体重に合った硬さにする
  • 腰痛や喘息がある方は、専用のマットレスにする

の2つを抑える事が大切です。

体重に合った硬さにする

体重計

マットレスを選ぶときに一番大切な事は、体重に合った硬さ(反発力)にする事です。

  • 体重40㎏未満:ソフト
  • 体重40㎏~70㎏:普通
  • 体重70㎏以上:硬め

が目安となっています。

独身女性のマットレス

細身の女性

男性よりも体重が軽い独身女性の場合、マットレスの硬さは「ソフト」か「普通」が適しています。

おすすめは、ポケットコイルマットレスで、寝心地が柔らかく耐圧分散性に優れています。

身体にフィットする感覚で、快適に睡眠を取れるマットレスとなっています。

特に、国産ポケットコイルマットレスやプレミアムポケットコイルマットレスと言った商品は、抗菌・防臭・防ダニ加工などが施されているので、衛生的にご使用する事が出来ます。

独身男性のマットレス

平均的な体格の男性

一方、独身男性の場合には、ある程度しっかりとした寝心地になっているマットレスを選ぶようにしましょう。

おすすめはボンネルコイルマットレスで、硬めの寝心地で通気性・耐久性に優れています。

体重が70㎏を超える独身男性の方は、硬めの海外製ボンネルコイルマットレスが、70㎏未満の方は国産ボンネルコイルマットレスがおすすめとなっています。

腰痛や喘息がある方は、専用のマットレスにする

腰痛や喘息がある独身の方は、他の人よりもマットレスを慎重に選ぶことが大切です。

腰痛のマットレス

腰痛

腰痛の方の場合、マットレスは「耐圧分散性」に優れているものを選びましょう。

体重が軽い女性の方は、ポケットコイルマットレスで良いですが、男性はフランスベッド社製の「デュラテクノマットレス」がおすすめです。

硬めの寝心地で耐圧分散に特化しているので、荷重をしっかりと分散して腰や肩に負担をかけずに済みます。

喘息のマットレス

喘息の女性

喘息持ちの独身の方は、主なアレルゲンとなるダニ対策が必須となります。

マットレスは「防ダニ」加工が施されているものが最適で、女性であればプレミアムポケットコイルマットレスが、男性はマルチラススーパースプリングマットレスが良いでしょう。

独身におすすめのセミダブルベッド

独身の方におすすめのセミダブルベッドとしては、収納ベッドとフロアベッドがあります。

ベッドに収納機能を持たせたい独身者は、荷物の量と値段に応じて、収納ベッドを選ぶようにしましょう。

収納ベッドの種類と特徴は、

  • 引き出し式収納ベッド:収納力は少ない、値段は安い
  • チェストベッド:収納力は高い、整理整頓しやすい
  • 跳ね上げ式ベッド:収納力は高い、大型の荷物が収納できる

となっています。

また、荷物が少ない独身者は、開放感があって値段も安いフロアベッドがおすすめです。

引き出し式収納セミダブルベッドのおすすめ

収納付きベッド 引き出し付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き

価格円~

セミダブルの引き出し式収納ベッドおすすめ商品は、こちらになります。

モダンデザインがおしゃれなセミダブルベッドで、宮棚と2杯の引き出しが付いています。

「メラミン樹脂加工板」を使用しているので、水・傷・汚れに強く、メンテナンスが簡単になっています。

引き出しはキャスターが付いているので、開閉が楽ですし、ベッド下の掃除も簡単に行えます。

>>引き出し式収納ベッドはこちら!

チェストセミダブルベッドのおすすめ

薄型宮付き 頑丈ボックス収納 ベッド 引き出し5杯

価格円~

チェストタイプのセミダブルベッドでおすすめなのが、こちらの商品です。

4杯の浅型引き出し、1杯の深型引き出し、長物収納エリアと、収納力が高くなっています。

ヘッドボードは薄さ9㎝のスリムタイプなので、狭い部屋でもコンパクトに設置する事が出来ます。

低ホルムアルデヒド製品なので、喘息などアレルギーがある独身者でも安心です。

組立設置サービスを付けられるので、一人で設置をしなければいけない方でも大丈夫です。

>>チェストベッドはこちら!

跳ね上げ式セミダブルベッドのおすすめ

フラットヘッド大容量収納跳ね上げベッド Salomon サロモン

価格円~

跳ね上げ式セミダブルベッドのおすすめが、こちらの Salomon サロモンです。

フラットパネルになっていますが、スマホの充電をするためのコンセントはしっかり付いています。

深さは3段階から選ぶことが出来るので、大容量の荷物を収納したい方でも大丈夫です。

フレームカラーは、ブラウンとホワイトの2種類があるので、お部屋のインテリアに合わして選びましょう。

>>跳ね上げ式ベッドはこちら!

フロアセミダブルベッドのおすすめ

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン

価格円~

フロアタイプのセミダブルベッドでおすすめなのが、こちらの商品です。

ロースタイルなので、見た目に開放感があり、おしゃれな雰囲気にする事が出来ます。

フレームは「メラミン樹脂加工板」なので、傷や汚れに強くなっていますし、棚には2口コンセントも付いています。

床板はカビにくい「すのこ」仕様で、裏面には傷防止の「EVAパッド」も付いています。

フレームカラーは、ブラウンとナチュラルの2色からお選びいただけます。

>>フロアベッドはこちら!

セミダブルベッド独身まとめ

独身の一人暮らしでは、セミダブルベッドで睡眠の質を向上するようにしましょう。

独身者がセミダブルベッドを使うメリットとしては、彼女・彼氏がお泊りに来ても大丈夫な事や、一人で過ごす時間を有意義に出来る事が挙げられます。

マットレスは女性はポケットコイルが、男性はボンネルコイルがおすすめです。

>>セミダブルベッドはこちら!