ベッドサイズ

ダブルベッドとセミダブルベッドの違い。2人で寝るならどっちが正解?

ダブルベッドはセミダブルベッドよりも、一回り大きなサイズになっています。

しかし、細かいサイズの違いや、何人寝る事が出来るのかまでご存知の方は少ないのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

  • ダブルベッドとセミダブルベッドのサイズ
  • セミダブルベッドとダブルベッドは何人寝れる?
  • ダブルベッドがおすすめの人
  • セミダブルベッドがおすすめの人

について詳しくご説明したいと思います。

ダブルベッドとセミダブルベッドのサイズ

サイズ 長さ 人数
シングル 195㎝ 90~100㎝ 一人用
セミダブル 195㎝ 120㎝ 一人用
ダブル 195㎝ 140㎝ 二人用

人気が高いベッドサイズとしては、シングル・セミダブル・ダブルの3種類があります。

いずれも長さは195㎝で統一されていますが、幅がサイズによって異なってきます。

一般的にシングルベッドは100㎝幅で、セミダブルベッドは120㎝幅、ダブルベッドは140㎝幅となっています。

ダブルベッドはセミダブルベッドと比較すると、幅が20㎝広くなっています。

セミダブルベッドとダブルベッドは何人寝れる?

ダブルベッドとセミダブルベッドは名前が似ているので、「同じ人数くらい寝れるかな?」と考えている方も多くいらっしゃいます。

しかし、ダブルベッドは二人用ですが、セミダブルベッドは一人用となっています。

ダブルベッドの寝心地

2人で寝るベッド幅の目安

二人用ベッドには、ダブルベッド以外にクイーンサイズベッドがあり、160㎝幅となっています。

一方、恋人同士や新婚夫婦など男女二人が熟睡出来るベッド幅の目安は、「男性の肩幅+女性の肩幅+60㎝(両サイド20㎝ずつ)」となっています。

平均的な体格のカップルでは、146㎝のベッド幅が必要となるので、ダブルベッドは少し狭い寝心地になります。

肩幅が広いカップルはクイーンサイズベッドがおすすめ

そのため、肩幅が広いカップルの場合には、クイーンサイズベッドやシングルベッド2台がおすすめとなってきます。

若いカップルであれば、細身の方が多いですし、多少寝心地が狭いダブルベッドでも熟睡する事が出来ます。

しかしある程度年齢を重ねたカップルであれば、翌日に疲れを残さないためにも、ワンランク上のサイズを選ぶようにしましょう。

セミダブルベッドの寝心地

セミダブルベッドの快適な寝心地

セミダブルベッドは一人用ベッドとしては、一番大きなサイズになっています。

熟睡出来るベッドの幅の目安は、「肩幅+40㎝(両サイド20㎝ずつ)」となっています。

男性の肩幅の平均が45㎝、女性の肩幅の平均が41㎝です。

そのため、肩幅が50㎝ある体格のがっしりした男性でも、両サイドに35㎝ずつのゆとりがある事になります。

一人で寝るならダブルベッドは必要ない

出来るだけゆったりとした寝心地を得たい方の中には、ダブルベッドを選ぶお客様もいらっしゃいます。

間取りにも金銭的にも余裕があるならば、ダブルベッドでも良いですが、基本的にはセミダブルベッドで十分快適な寝心地を得る事が出来ます。

ダブルベッドがおすすめの人

ダブルベッドがおすすめの人としては、

  • 若い新婚夫婦
  • 同棲中のカップル
  • 赤ちゃんや子供と添い寝をする方
  • 子供二人で寝るご家庭

となっています。

若い新婚夫婦

恋人

若い新婚夫婦であれば、多少狭い寝心地でも、熟睡する事が出来ます。

また、経済的にも余裕がないケースが多いので、無理に値段が高いクイーンサイズベッドを購入するよりも、ダブルベッドの方が良いでしょう。

但し、不眠症などの症状がある方や、パートナーを気にせず熟睡したいカップルは、シングルベッド2台も視野に入れるようにして下さい。

>>新婚ベッドはこちら!

同棲中のカップル

同棲中のカップルであれば、ダブルベッドが最適なサイズとなります。

お互いが密着する事が出来ますし、適度に寝返りをうてるので、寝心地が大きく悪くなることもありません。

将来的に結婚するかどうかは未定なので、あまり大きなサイズのベッドを購入するのも避けた方が良いでしょう。

赤ちゃんや子供と添い寝をする方

寝返りを始めた赤ちゃん

赤ちゃんや子供と添い寝をするのに、ダブルベッドを選ばれるお客様もたくさんいらっしゃいます。

「子供は肩幅も狭いから、セミダブルベッドでも大丈夫かな?」と思いがちですが、セミダブルベッドは赤ちゃんが寝返りを始めるまでの半年間程度しか使用する事が出来ません。

確かに子供は体が小さいですが、その分体重も軽いので、寝相は悪いのが普通です。

また成長が早いので、セミダブルベッドではすぐに使えなくなってしまうので、始めからダブルベッドを選んだ方が良いでしょう。

>>添い寝ベッドはこちら!

子供二人で寝るご家庭

成長期の子供

兄弟姉妹など子供が二人で寝るベッドして、ダブルベッドを選ぶ方もいらっしゃいます。

一般的に子供二人を寝かす場合には、二段ベッドが人気ですが、寝相が悪い子供の場合、転落する危険性もあります。

また、夏場などは上段と下段の温度差が10度を超える事もあるので、温度調整は意外に難しくなっています。

二段ベッドと比べると、多少広い間取りは必要になりますが、6畳あればダブルベッドでも問題なく設置する事が出来ます。

>>ダブルベッドはこちら!

セミダブルベッドがおすすめの人

セミダブルベッドがおすすめの人としては、

  • 睡眠の質を高めたい方
  • 彼女・彼氏がお泊りに来る一人暮らしの方
  • ペットと一緒に寝たい方

がいらっしゃいます。

睡眠の質を高めたい方

忙しいビジネスマン

忙しいビジネスマンや、OLの方にとって、質の高い睡眠を確保するのは、食生活を整えるのと同じくらい大切な要素です。

質の高い睡眠は、日中の疲労を取り除くだけでなく、肥満や生活習慣病の予防にもつながります。

また、睡眠不足は美容の大敵にもなるので、いつまでも若々しい外見でいるためにも、セミダブルベッドの広い寝心地は最適と言えます。

彼女・彼氏がお泊りに来る一人暮らしの方

カップル

恋人がいる一人暮らしの方の場合、彼氏や彼女がお泊りしに来た時の事も考慮して、ベッドを選ぶことが大切です。

シングルベッドで恋人と一緒に寝ると、思うように寝返りをうてないので、翌日かなり疲れが残ってしまいます。

とは言え、ワンルームなど一人暮らしの一般的な間取りで、ダブルベッドを置くと、他の家具を置けなくなります。

しかしセミダブルベッドであれば、シングルベッドとほとんど変わらないスペースに置けますし、二人で一晩を過ごす程度であれば、快適に寝る事も出来ます。

ペットと一緒に寝たい方

愛犬

また、犬や猫と言ったペットと一緒に寝たい方にも、セミダブルベッドはおすすめです。

私も犬を飼っていますが、セミダブルベッドで愛犬と毎日のように一緒に寝ています。

シングルベッドでは、寝返りでペットを踏みつぶしてしまわないか心配ですが、セミダブルベッドであれば安心です。

>>セミダブルベッドはこちら!

ダブル・セミダブルまとめ

ダブルベッドとセミダブルベッドの違いは、マットレスの幅になります。

ダブルは140㎝幅ですが、セミダブルでは120㎝とワンサイズ狭い寝心地になっています。

またダブルベッドは2人用ベッドですが、セミダブルベッドは1人で寝るためのベッドです。

新婚夫婦や赤ちゃん・子供と添い寝をするならダブルベッドが、彼女や彼氏がいる一人暮らしの方はセミダブルベッドがおすすめです。