セミダブルベッド

セミダブルベッドの寝心地|新婚夫婦や赤ちゃんと2人で寝るには狭い?

セミダブルベッドはシングルベッドと比べて、広い空間で寝る事が出来るので、快適な寝心地になっています。

しかし、実際のサイズやどの程度ベッドにゆとりがあるのかを、把握している人は少ないのではないでしょうか?

また、セミダブルベッドを検討している方の中には、恋人や家族と2人で寝る事を想定している方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、

  • セミダブルベッドのサイズ
  • 1人でセミダブルベッドに寝た時の寝心地
  • 2人でセミダブルベッドに寝た時の寝心地
  • セミダブルベッドがおすすめの人

を詳しくご説明したいと思います。

セミダブルベッドのサイズ

ベッドサイズ

サイズ 長さ
シングル 195㎝ 90~100㎝
セミダブル 195㎝ 120㎝
ダブル 195㎝ 140㎝

基本的にベッドの長さは195㎝で統一されていますが、サイズによってベッドの幅が異なってきます。

一般的にシングルベッドの幅は100㎝ですが、セミダブルベッドでは120㎝幅になっています。

多くの方は「シングルベッドの2倍の大きさが、ダブルベッド」と思っています。

しかし、実際にはダブルベッドはシングルベッドの1.4倍しかありません。

セミダブルベッドはシングルベッドの1.2倍で、丁度シングルベッドとダブルベッドの中間のサイズになっています。

1人でセミダブルベッドに寝た時の寝心地

快適な寝心地

一人用ベッドには、

  • セミシングル(幅80㎝~85㎝)
  • シングル(幅90㎝~100㎝)
  • セミダブル(幅120㎝)

の3種類がありますが、セミダブルベッドはその中でも一番大きなサイズです。

熟睡出来るベッド幅

一般的に熟睡出来るベッド幅と言うのは、「肩幅+40㎝(両サイド20㎝ずつ)」となっています。

男性の肩幅の平均が45㎝で、女性の肩幅の平均は41㎝です。

そのため、男性では幅85㎝のベッドが、女性では幅81㎝のベッドであれば、熟睡出来る事になります。

男性ではセミシングルベッドは流石に狭いですが、シングルベッドであれば問題なく寝る事が出来ます。

女性であれば、セミシングルベッドでも問題なく睡眠を取る事が出来ます。

セミダブルベッドで寝た時の両サイドの「ゆとり」

セミダブルベッドに男性が寝た時には、両サイドに37.5㎝ずつのゆとりがある事になります。

シングルベッドでは27.5㎝ずつのゆとりとなっているので、1.3~1.4倍程度寝心地が良くなると言えます。

更に女性では、セミダブルベッドで寝ると、両サイドに40㎝ずつゆとりがある事になります。

自分の肩幅と同じ広さが両サイドにあるので、どんなに寝相が悪い方でも心置きなく寝返りをうつ事が出来る快適な寝心地となっています。

2人でセミダブルベッドに寝た時の寝心地

新婚夫婦

セミダブルベッドに一人で寝た時には、かなり余裕がある事がお分かりだと思いますが、二人で寝た時はどうでしょうか?

  • 新婚夫婦
  • 親子(母と赤ちゃん)

に分けて考えていきましょう。

新婚夫婦がセミダブルベッドに寝た時の寝心地

2人で寝るベッド幅の目安

夫婦二人が同じベッドで寝た時に、熟睡出来るベッド幅は、「男性の肩幅+女性の肩幅+60㎝(両サイド20㎝ずつ)」となっています。

本来であれば145㎝のベッド幅が必要になってくるのですが、実はダブルベッドでも5㎝足りない計算になっています。

セミダブルベッドでは25㎝足りなくなり、両サイドに11㎝程度のゆとりしかありません。

どんなに仲が良い新婚夫婦であっても、かなり窮屈なサイズ感となります。

睡眠不足は、日中のパフォーマンスを下げるだけでなく、肥満や生活習慣病の原因にもなります。

そのため、夫婦が同じベッドで毎日寝る場合には、最低でもダブルベッドに、出来ればクイーンサイズベッドにする事をおすすめします。

>>新婚ベッドはこちら!

親子(母と赤ちゃん)でセミダブルベッドに寝た時の寝心地

寝返りを始めた赤ちゃん

赤ちゃんとセミダブルベッドで、添い寝を考えている方も多いと思います。

親子が熟睡出来るベッド幅は、「女性の肩幅+赤ちゃんの肩幅+60㎝(両サイド20㎝ずつ)」になります。

赤ちゃんであれば生後12ヶ月で、肩幅が25㎝程度になっているので、125㎝のベッド幅があれば良い計算になります。

僅か5㎝足りないだけなので、何とか眠れそうに思うのですが、実際にはそう簡単ではありません。

赤ちゃんは寝返りが多い!

赤ちゃんの寝返り

確かに赤ちゃんが寝返りを始めるまでであれば、セミダブルベッドで添い寝をする事は可能です。

ベッドガードを使用出来るのは生後18か月以降ですが、フロアタイプのセミダブルベッドであれば大丈夫です。

しかし、生後6ヶ月程度経過すると、赤ちゃんも寝返りを始めます。

一度寝返りを覚えた赤ちゃんは、身体も軽い事もあり、ベッドの端から端まで縦横無尽に寝返りをするケースが少なくありません。

そのため、赤ちゃんと添い寝をする場合でも、最低ダブルベッドをご用意した方が、後悔せずに済みます。

>>ダブルベッドはこちら!

セミダブルベッドがおすすめの人

セミダブルベッドは基本的に一人用ベッドとなっていて、二人で寝るには狭くなっています。

そのため、セミダブルベッドがおすすめとなるのは、

  • 睡眠の質を高めたいビジネスマン
  • 恋人がいる一人暮らしの方

と言った方たちです。

睡眠の質を高めたいビジネスマン

忙しいビジネスマン

社会人になると、健康管理も仕事にうちです。

新卒では給料も安く、マンションも狭いので、場所を取らないシングルベッドが良いでしょう。

しかし、30歳を超えて会社での役職が付くようになったら、自己投資のためにセミダブルベッドにする事をおすすめします。

快適に寝返りをうてるセミダブルベッドで疲れを残さない

人は寝ている間に20~30回程度寝返りをしますが、十分なベッドサイズがないと、無意識のうちに寝返りを抑制します。

ストレスが多くなる年齢に差し掛かるので、翌日に疲れを残さないためにも、広々としたセミダブルベッドで熟睡するようにして下さい。

恋人がたまにお泊りするには最適

カップル

またセミダブルベッドは、たまに恋人と一緒に寝るのにも最適なサイズと言えます。

何もしなくても肌が密着する事が出来ますし、たまのお泊りであれば、慢性的な睡眠不足になる事もありません。

そのためセミダブルベッドは、恋人がいる一人暮らしの方におすすめのサイズとなっています。

セミダブルベッドの寝心地まとめ

セミダブルベッドは、一人で寝ると両サイドに40㎝近く余裕があるので、快適な寝心地となっています。

しかし新婚夫婦やカップル2人で寝ると、11㎝程度のゆとりしかないので、セミダブルベッドではかなり狭い寝心地になります。

また赤ちゃんと添い寝をする場合も、寝返りが始まると窮屈に感じるので、セミダブルベッドは避けた方が良いでしょう。

セミダブルベッドは睡眠の質を高めたいビジネスマンや、たまに恋人がお泊りする一人暮らしの方におすすめとなっています。

>>セミダブルベッドはこちら!