コンパクト二段ベッド|4畳半に置ける長さ180㎝のショート丈二段ベッド

コンパクト二段ベッド

一般的な二段ベッドは、長さが195㎝あるので、大人でも使用する事が出来ます。

しかし、身長が低い子供が使うベッドとしては、スペースが勿体ないですよね?

特に子供部屋は4畳半のご家庭がたくさんあるので、コンパクトサイズの二段ベッドの方が何かと便利です。

そこでこの記事では、

  • コンパクト二段ベッドのサイズ
  • コンパクト二段ベッドのメリット
  • コンパクト二段ベッドのデメリット
  • おすすめのコンパクト二段ベッド

をご紹介したいと思います。

コンパクト二段ベッドのサイズ

ショート丈の二段ベッド

一概に「コンパクト二段ベッド」と言っても、

  • 長さが180㎝のショート丈
  • 幅が80㎝のセミシングル
  • 高さが低いロータイプ

の3種類があります。

長さが180㎝のショート丈

サイズ 長さ
ショート丈 180㎝ 90~100㎝
シングル 195㎝ 90~100㎝

通常の二段ベッドは、長さが195㎝あります。

しかし、ショート丈の二段ベッドでは長さが180㎝となっていて、15㎝短くなります。

ショート丈二段ベッドの寝心地

快適に睡眠を取るためには、「身長+15㎝」の長さのベッドが必要と言われています。

そのため、ショート丈の二段ベッドの場合、身長165㎝までの子供や女性であれば問題なくご使用する事が出来ます。

幅が80㎝のセミシングル

サイズ 長さ
セミシングル 195㎝ 80~90㎝
シングル 195㎝ 90~100㎝

一方、幅が一般的な二段ベッドよりも狭い「セミシングル」もあります。

通常の二段ベッドでは、幅が90㎝~100㎝となっていますが、セミシングルでは80㎝~90㎝と10㎝程度狭くなります。

セミシングルの寝心地

快適に睡眠を取るためには、「肩幅+両サイド20㎝ずつ」のベッド幅が必要と言われています。

女性の平均的な肩幅が41㎝なので、平均的な体格の女の子であれば問題なく使用する事が出来ます。

一方、男の子の肩幅は、中学校2年生くらいで40㎝に到達します。

そのため、男の子でセミシングルサイズの二段ベッドを使用出来るのは、中学校1年生くらいまでになります。

高さが低いロータイプ

ロータイプの二段ベッド

最近の二段ベッドの主流の一つに、「ロータイプの二段ベッド」があります。

上段の高さを抑えている二段ベッドの事で、メリットとしては、

  • 上段の子供と目線が合いやすい
  • 布団・マットレスの上げ下ろしが楽
  • 子供を抱っこして寝かせる事が出来る
  • 天井が低い間取りでも大丈夫

と言った事があります。

普段布団の上げ下ろしをお母さんが行っている場合、背の高い二段ベッドだと力が入らないので、腰や背中を痛める事があります。

しかし、ロータイプの二段ベッドなら、安全にご使用する事が出来ます。

コンパクト二段ベッドのメリット

コンパクト二段ベッドを選ぶときには、メリット・デメリットを把握しておく事が大切です。

主なメリットとしては、

  • 4畳半など狭い間取りでも大丈夫
  • 姉妹なら大人になってからも使える
  • 頑丈設計のものが多い
  • 組み立てが簡単
  • 引っ越しも簡単に出来る

と言った事があります。

4畳半など狭い間取りでも大丈夫

4畳半にコンパクト二段ベッドを置いた

4畳半の間取りに通常サイズの二段ベッドを置くと、高さがあるので圧迫感が出てしまいます。

しかしコンパクト二段ベッドなら、見た目にすっきりとした印象にする事が出来ます。

姉妹なら大人になってからも使える

姉妹

男の兄弟の場合、成長期を境に一気に身長も体重も増えてしまいます。

しかし、女の姉妹なら少しくらい身長が高くなっても、コンパクト二段ベッドを使い続ける事が出来ます。

頑丈設計のものが多い

意外に思うかもしれませんが、コンパクト二段ベッドは頑丈に作られているものが多くあります。

と言うのも、梁の本数が同じであれば、コンパクトサイズの方が梁と梁の間が密接しているので、頑丈に作る事が出来るからです。

そのため、「身長が低いけれども、体重が重い・・・」と言った方でも安心してご使用頂けます。

組み立てが簡単

二段ベッドを組み立てるには、基本的に大人二人がかりで作る必要があります。

しかしコンパクト二段ベッドなら、柱一つ一つが軽くなっているので、お父さんと子供の二人でも作る事が可能です。

引っ越しに便利

2台に分割した二段ベッド

お父さんが転勤族の場合、引っ越すたびにベッドが設置できるか確認する必要があります。

しかし、コンパクト二段ベッドなら、狭い間取りの時には二段ベッドとして使い、広い間取りになったら2台に分割して使う事も出来ます。

コンパクト二段ベッドのデメリット

一方、コンパクトサイズのならではのデメリットもあるので、ご紹介したいと思います。

主なデメリットとしては、

  • 子供が成長すると使えない可能性がある
  • 寝心地が少し窮屈に感じる
  • マットレスやシーツなどが少ない

と言った事があります。

子供が成長すると使えない可能性がある

予想以上に子供が成長した場合、コンパクト二段ベッドが使えなくなる可能性があります。

身長はもちろんですが、体育会系の部活に入り、肩幅が広くなって使えなくなるケースもあります。

寝心地が少し窮屈に感じる

通常の二段ベッドと比べると、寝心地が少し窮屈に感じるかもしれません。

子供にとっては、コンパクトサイズでも十分な広さがあるのですが、高校生くらいになると「もう少し大きなベッドが欲しい」と思う可能性があります。

マットレスやシーツなどが少ない

子供用マットレス

ショート丈やセミシングルサイズの場合、マットレスやシーツの種類が少ないのもデメリットです。

好みの柄がなかったり、少し値段が高くなるケースもあります。

コンパクト二段ベッドまとめ

コンパクト二段ベッドには、

  • 長さが180㎝のショート丈
  • 幅が80㎝のセミシングル
  • 高さが低いロータイプ

の3種類があります。

4畳半など狭い子供部屋でもスッキリ設置する事が出来ますし、姉妹であれば、子供の時だけでなく大人になってからも使い続ける事が出来ます。

>>二段ベッドはこちら!