二段ベッドは何歳から何歳まで使える?1歳半の赤ちゃんから大人まで

二段ベッド

「二段ベッドは、何歳から何歳まで使えるのかな?」と言う疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

一般的には、小学生くらいから高校生くらいまで使えると思われていますよね?

しかし、実際にはもっと早い年齢から、遅い年齢までご使用する事が出来ます。

そこでこの記事では、

  • 二段ベッド3つの使い方
  • 二段ベッドは何歳から使える?
  • 二段ベッドは何歳まで使える?
  • 二段ベッドの寿命

について詳しくご説明したいと思います。

二段ベッド3つの使い方

二段ベッド3つの使い方

二段ベッドが何歳から何歳まで使えるのかを考える時に、大切になってくるのが「二段ベッドの使い方」です。

実は二段ベッドは、

  • キングサイズベッド
  • 二段ベッド
  • シングルベッド2台

の3つの使い方が出来ます。

この3つの使い方が出来る事によって、二段ベッドを幼少から大人まで使う事が出来るようになります。

キングサイズベッド

キングサイズベッドにした二段ベッド

二段ベッドを分割して横並びにする事で、シングルベッド2台分の大きさである「キングサイズベッド」にする事が出来ます。

長さが195㎝、横幅が180㎝~200㎝のキングサイズベッドでは、お父さん・お母さん・お子様一人が一緒に寝る事が出来ます。

二段ベッド

二段ベッド

二段ベッドの一番オーソドックスな使い方が、二台のベッドを上下に連結して使う方法です。

上段と下段それぞれに子供を寝かせる事が出来ます。

シングルベッド2台

シングルベッド2台に分割した二段ベッド

また、二台のベッドをそれぞれ分割した状態で使用する事も可能です。

それぞれのシングルベッドを、子供たちが自分の部屋で使う事が出来ます。

二段ベッドは何歳から使える?

添い寝出来る赤ちゃん

では、二段ベッドは何歳から使えるかと言うと、子供が大人用ベッドで添い寝できる年齢からご使用する事が出来ます。

生まれたての赤ちゃんが添い寝をするには、転落の危険性がないフロアベッドや布団で寝る必要があります。

と言うのも、赤ちゃんが転落しないようにする「ベッドガード」の年齢制限が、生後18か月以降となっているからです。

体の小さな赤ちゃんが大人用ベッドで、「ベッドガード」を使用すると、マットレスとベッドガードの間や、壁とベッドガードの隙間に挟まれてしまう危険性がります。

二段ベッドを1台のキングサイズベッドにする事で、生後18か月の幼児と添い寝をするのに使う事が出来ます。

二段ベッドは何歳まで使える?

大人の女性

通常の二段ベッドの形で使用出来るのは、小学校低学年から高校生くらいが限界と言えます。

ベッド自体の強度の問題ではなく、中学生や高校生くらいになると一人部屋を持つケースが増えてくるからです。

また思春期に突入する事から、兄弟姉妹と一緒のベッドで寝るのを嫌がる子供もたくさんいます。

シングルベッド2台に分割する事で大人でも使える

しかし、シングルベッド2台に分割してあげれば、それぞれ自分の部屋で使う事が出来ます。

大学生になって一人暮らしの時に持っていくことも出来ますし、親と同居するのであれば、二段ベッドの寿命が来るまで使い続ける事も可能です。

二段ベッドの寿命

長寿命な二段ベッドの床板

このように、二段ベッドは1歳半から、大人まで長く使用する事が出来る、コスパに優れているベッドです。

しかし、長く使用するためには、

  • ベッドフレームの寿命
  • マットレスの寿命

の2点には気を付けるようにして下さい。

ベッドフレームの寿命

二段ベッドのフレーム自体に寿命が来ると、それ以上使用し続ける事は出来ません。

一般的に二段ベッドは10年以上に渡って使用する事が出来ます。

しかし、ベッドの上で飛び跳ねたり、耐荷重が子供の体重を超えてしまうと、フレームにひび割れを起こす事があります。

二段ベッドの耐荷重

二段ベッドの耐荷重

二段ベッドの耐荷重は低いもので、100㎏程度、高いものでは150㎏以上あります。

通常、体重×1.5倍の耐荷重があれば、問題ないと言われています。

そのため耐荷重100㎏の二段ベッドを購入した場合、子供の体重が70kgを超えたら、使用するのを中止しましょう。

逆に、150㎏以上の耐荷重の二段ベッドであれば、メンテナンスをしっかり行う事で、子供が巣立った後ご夫婦で使用する事も可能です。

ボルトの増し締めを行う

ボルト

また、二段ベッドを長く安全に使用するためには、ボルトやネジの増し締めを定期的に行う事が大切です。

ボルトは使っている間に少しずつ緩んでくるので、半年に1回のペースで緩みがないか確認するようにしましょう。

マットレスの寿命

子供用マットレス

ベッドフレームに比べると、マットレスの寿命は早く訪れます。

スプリングマットレスは長くても10年が寿命と言われています。

そのため、幼少期から使っている場合には、子供が中学生になったタイミングでマットレスの交換をする事が大切です。

特に男の子は中学生になった途端、身長も体重も一気に成長してきます。

小学生の頃は薄手のマットレスでも底付き感なく使えていても、中学生になると体重も重くなり、マットレスもへたってくるので、背中や腰を痛める原因になります。

そのため、中学生になったら厚みが最低でも10㎝以上あるスプリングマットレスに交換するようにして下さい。

二段ベッド何歳から何歳までまとめ

二段ベッドが何歳から使えるかと言うと、生後18か月を過ぎてベッドガードが使用出来るようになってからです。

また、二段ベッドを何歳まで使えるかと言うと、耐荷重が十分にありメンテナンスをしっかり行っていれば、大人になるまで使い続ける事が出来ます。

但しマットレスの寿命は長くても10年なので、子供が中学生になるタイミングで厚みが十分あるスプリングマットレスに買い替えるようにしましょう。

>>二段ベッドはこちら!