フロアベッドの寝心地|夏場の蒸れや冬場の底冷えを快適にする方法

快適な寝心地

フロアベッドはロースタイルで開放感がありますが、一番大切なのは寝心地ですよね?

寝心地に一番深く関係するのはマットレスの種類ですが、それ以外にもフロアベッドには寝心地を左右する要素があります。

そこでこの記事では、

  • フロアベッドの寝心地
  • マットレスの寝心地

について詳しくご説明したいと思います。

フロアベッドの寝心地

フラット構造のフロアベッド

フロアベッドは、通常のベッドと比べると、

  • 夏は蒸れやすい
  • 冬は寒い

と言う特徴があるので、寝心地を良くするためにはちょっとした工夫が必要となります。

夏は蒸れやすい

暑い夏

フロアベッドはマットレスがフレーム枠で囲まれているために、通気性があまり良くありません。

そのため、寝ている間にかいた汗が、湿気となって寝具内に溜まりやすくなっています。

特に梅雨時などは、湿気が飽和状態になるため、布団の中が蒸れて寝苦しい事があります。

除湿シートでサラサラの寝心地に!

日本製 湿気吸収マット(除湿マット)

ベッド詳細はこちら!

価格円~

夏場に活用して頂きたいグッズとして、「除湿シート」があります。

マットレスの下に敷くことで、余分な湿気を吸い取ってくれるので、暑い季節でもシーツが体にまとわりつく事がありません。

サラサラと快適な寝心地を得る事が出来るだけでなく、湿気によるカビやダニの繁殖を抑える効果があります。

冬は寒い

寒い冬

夏場とは裏腹に、冬場のフロアベッドは寒くなります。

冷たい空気は下に溜まる性質があるので、床面に近いフロアベッドでは布団同様に底冷えをします。

アルミシートでポカポカ!

アルミシート

冬場に活用して欲しいアイテムとしては、市販の「アルミシート」があります。

こちらもマットレスの下に敷くのですが、断熱・保温効果が高いので、寝具の中をポカポカと暖かい寝心地にしてくれます。

但し夏場は湿気の原因となるので、必ず冬場だけの使用とするようにして下さい。

マットレスの寝心地

寝心地の良いマットレス

フロアベッドに限らず寝心地を一番左右するのは、マットレスの種類です。

フロアベッドで使用出来るスプリングマットレスとしては、

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • デュラテクノマットレス

と言った種類があるので、ご説明したいと思います。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスの寝心地

ボンネルコイルマットレスは、中のコイルが連結している構造になっています。

身体を面で支えるのが特徴で、硬めの寝心地になります。

そのため、体重が重い男性が使用するのに適しています。

また値段が安く、通気性・耐久性に優れているので、人気が高いマットレスです。

ただし、耐圧分散は出来ないので、腰痛や肩こりの症状がある方には、不向きとなっています。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの寝心地

ポケットコイルマットレスは、中のコイル一つ一つが全て袋に入っています。

点で体を支える構造になっていて、寝心地は柔らかいのが特徴です。

女性や子供など体重が比較的軽い方に向いていて、耐圧分散も出来るので、腰痛の方でもご使用する事が出来ます。

また荷重が加わった部分だけ凹むので、二人で寝る時もパートナーの眠りを妨げる事もありません。

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレスの構造

マルチラススーパースプリングマットレスは、フランスベッド社製の衛生マットレスです。

高密度連続スプリングを採用しているので、しっかりとした硬めの寝心地になっています。

通気性・耐久性・耐圧分散性に優れいていますが、特筆すべきは衛生面です。

抗菌・防臭・防ダニ加工が施されていて、「衛生マットレス」として全日本ベッド工業会の認定を受けています。

そのため、喘息などのアレルギーがある方でも、咳き込むことなく快適に睡眠を取る事が出来ます。

デュラテクノマットレス

デュラテクノマットレス

デュラテクノマットレスは、フランスベッド社製の高機能マットレスです。

新Z型スプリングが通常の2倍以上の力で体を支えるので、凹みが少なくしっかりとした寝心地になっています。

通気性・耐久性にも優れていますが、特に耐圧分散性に特に優れているのが特徴です。

寝ている時は腰に44%の荷重が加わるので、耐圧分散性が乏しいマットレスだと腰の負担が大きくなります。

デュラテクノマットレスは、負担がかかりやすい腰や肩の荷重を分散出来るので、腰痛や肩こりの症状がある方に特におすすめです。

フロアベッドの寝心地まとめ

フロアベッドの寝心地は、夏場は湿気で蒸れやすく、冬場は高さが低いので底冷えをします。

そのため、梅雨など湿度が高い季節は除湿シートを、寒さが厳しい時はアルミシートを敷くようにして下さい。

体重が重い方はボンネルコイルマットレスを、女性や子供はポケットコイルマットレスを、喘息などのアレルギーがある方はマルチラススーパースプリングマットレスを、腰痛の方はデュラテクノマットレスを使うと快適な寝心地にする事が出来ます。

>>フロアベッドはこちら!