フロアベッド9のメリット・デメリット。一人暮らしや赤ちゃんがいる方におすすめ!

フロアベッド

フロアベッドはその名前が示すとおり、フロアである床面に近い高さで寝るベッドです。

高さを抑えた「ロースタイル」のベッドは、開放的でおしゃれな外観から若い人を中心に人気が高くなっています。

 

ロースタイルのベッドには「フロアベッド」と「ローベッド」がありますが、一般的に脚がなくフレーム枠で支えているタイプがフロアベッドと呼ばれています。

これから一人暮らしを始める方や、赤ちゃんと添い寝をしたい人には特におすすめとなっているので、フロアベッドのメリット・デメリットについて詳しくご説明していきますね。

フロアベッド9つのメリットとは?

メリット

フロアベッドの主なメリットには、

  1. 部屋の空間を広く見せる事が出来る
  2. ベッドから落ちても安全
  3. 布団で寝る状態と変わらない
  4. 安い
  5. おしゃれなデザインをしている
  6. 高さが低いので安定する
  7. 分厚いマットレスでも大丈夫
  8. マットレスをはめ込むのでズレない
  9. 組み立てが簡単

と言ったメリットがあります。

①部屋の空間を広く見せる事が出来る

フロアベッドの魅力は、見た目としても床の延長として捉えることも可能なため、部屋の空間自体が広々になる効果をもたらすことが多いです。

高さが低いため、段差をそれほど意識する必要もなくなり、開放感にも優れているのが良かったりします。

家具などの設置を少なくすれば、フロアベッドだけでも十分存在感があります。

②ベッドから落ちても安全

赤ちゃんがベッドから転落している

2つ目のメリットには床からの高さをそれほど感じないこととなるため、寝返りなどを打った場合にベッドから万が一落ちても腰や頭を打つ心配が少ない点も存在します。

つまりフロアベッドでは、ベッドから落ちる心配もほとんどなく、安心感に優れた点も大きなメリットにも繋がります。

特に赤ちゃんがいるご家庭では、通常のベッドで寝かせていると赤ちゃんが寝返りをした瞬間に落下して大事故につながる事もありますが、フロアベッドであれば安心です。

>>赤ちゃんの転落・落下防止にベッドガードを使用するのは待って!!

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、日中は遊び場として活用する事も出来るので、ファミリーベッドとしては最適です。

③布団で寝る状態と変わらない

3つ目のメリットには日本人は昔より畳などに布団で寝ていましたが、そのフロアベッドでは布団寝とほとんど変わらない状態で寝ることができる点です。

日本人にとっても馴染みのある形で寝ることができるため、そういった布団寝感覚でも寝ることができる点でも優れています。

④安い

お金

またフロアベッドでは、床面に密着するように作られているので使用している部材が少なく、他のベッドと比べると割安になっています。

2万円~3万円を相場とすることも多く、それでいて高級感を感じさせるフロアベッドを手に入れる事が出来ます。

⑤おしゃれなデザインをしている

フロアベッドは多くの若い人からの支持を得ているので、デザインも最先端のスタイリッシュなものが多くあります。

どちらかと言うと女性よりも男性に好まれる傾向があるので、都会的でシンプルなものが人気があるようです。

⑥高さが低いので安定する

同じベッドでもロフトベッドのように高さがあるベッドは、不安定になりがちです。

例えば地震が発生した時に高いベッドでは、揺れが大きくなりますし、転倒するリスクもあります。

しかしフロアベッドのように高さが低いと、多少揺れても転倒する事はまずないので、安心して寝る事が出来ます。

⑦分厚いマットレスでも大丈夫

チェストベッドなどは、引き出しが2段あるのでどうしてもベッドに高さが出てしまいます。

そのため、起き上がりやすいようにマットレスの厚みを薄くする事もあるのですが、フロアベッドでは厚みのあるマットレスでも問題なくご使用する事が出来ます。

体重が軽い子供や女性の場合には、それほど分厚いマットレスは必要ありませんが、体重が重たい男性の場合には、分厚くないと底付き感が出てしまい、腰や背中が痛くなります。

腰痛や肩こりなどの症状がある人で体重が重たい人は、フロアベッドのように分厚いマットレスが使用出来る方がおすすめです。

⑧マットレスをはめ込むのでズレない

ローベッドでは、フラットな床板の上にマットレスを置く構造になっています。

確かに高級感が出るのは良いのですが、寝返りなどをするたびにマットレスがずれてしまうので、毎回のようにマットレスを元の位置に戻してやる必要が出てきます。

一方、フロアベッドの主流となっているのは「ドロップマット」と言って、フレーム枠に囲まれている中にマットレスを落とし込む構造です。

マットレスが絶対にずれないので、思う存分寝返りをする事が出来ますよ。

⑨組み立てが簡単

DIYに詳しい家族がいれば、多少ややこしいベッドでも組み立てる事が出来ますが、一人暮らしの方などは一人で全部組み立て作業を行わなければいけません。

フロアベッドは使用している部材が少ないうえに、ヘッドボード部分などは組み立て済みのものが多いので、組み立て・設置を一人でも短時間で行う事が出来ますよ。

フロアベッドの9つのデメリットとは?

デメリット

このようにフロアベッドは価格も安くおしゃれなデザインですが、デメリットも存在しているのでご紹介いたします。

主なデメリットには、

  1. 湿気に弱くカビが繁殖しやすい
  2. 起き上がりにくい
  3. 喘息の方は注意!
  4. 足をぶつけやすい
  5. ベッド下にほこりが蓄積しやすい
  6. 収納力がない
  7. フローリングを傷つけやすい
  8. 底冷えをする
  9. フレームが歪むことがある

と言った事があります。

①湿気に弱くカビが繁殖しやすい

マットレスのカビ

フロアベッドで一番心配なのはカビですよね?

フロアベッドは床面を覆う様に備え置かれるため、そのフレームが邪魔することで湿気が逃げにくい構造になっています。

またマットレスと床面の隙間もほとんどないので、マットレスの下から空気が入り込みにくくなっています。

北向きなど湿気が籠りやすい部屋に設置するのであれば、床板がすのこになっているフロアベッドを選ぶようにして下さい。

②起き上がりにくい

フロアベッドは布団と同じで起き上がるのに、少し力が必要なベッドです。

ベッドフレームなども周囲にはなく、しかもベッドの弾力性が広がっており、なかなか起きるのが難しい場合もあります。

膝や足などに痛みを抱えている人、お年寄りにとっては、無理をかけてしまうことになりやすいので、少し高さがあるベッドの方がおすすめです。

③喘息の方は注意!

ほこりなどのアレルギー物質は、床から高さ30㎝以内に多く浮遊していると言われています。

フロアベッドでは横になった時に顔の位置が床から30㎝以内になるので、浮遊しているほこりを吸い込みやすくなってしまいます。

喘息などのアレルギーがある方は、夜寝る時に咳き込んだりしてしまうかもしれませんので、ローベッドなど少し高さがある方が良いかもしれません。

④足をぶつけやすい

合皮張りフレームのフロアベッド

また通常のベッドよりも足をぶつけやすいと言うデメリットもあります。

床からが低いため、子供が歩いたりすると足を引っかけて転倒の危険性も生じます。

そのため子供や大人でも暗がりの移動では注意をする必要があります。

対策としては、ベッドフレームに革張りをしていてクッションがあるタイプを選ぶのが良いでしょう。

特に小さなお子様がいらっしゃる場合には、転んでフレームの角に頭や顔をぶつける事もあるので注意が必要です。

④ベッド下にほこりが蓄積しやすい

フロアベッドは布団に近いとはいっても、ベッドなので簡単に動かす事は出来ません。

また、床板とフローリングとの隙間もほとんどないので、ベッドの下にほこりが蓄積しやすいデメリット面もあり、そのメンテナンスが常に欠かすことができないベッドと言えます。

ベッド下を掃除するにはマットレスと床板を外すか、ベッドフレーム毎動かす必要がありますが、どちらも大変な作業になるのは変わりありません。

⑤収納力がない

フロアベッドに棚やコンセントが付いているタイプは多いですが、収納機能は当然ありません。

そのため、荷物が多い人はフロアベッドではなく、収納ベッドにした方が良いでしょう。

特にチェストベッドや跳ね上げ式ベッドでは、最大で800リットル以上とタンス1個分の荷物を収納可能な商品もあります。

⑥フローリングを傷つけやすい

フローリングの傷

脚が付いているベッドは、脚の裏にクッション材を貼り付けておけば床を大きく傷つける事はありません。

しかしフロアベッドではフレーム枠全体がフローリングなどの床と接触しているので、少し引きずっただけで簡単に傷をつけてしまいます。

賃貸マンションなどでは退去時に補修費用などとして請求される事があります。

そのため傷が付きやすい床の場合には、シートなどを敷くようにして傷防止をするようにしましょう。

⑧底冷えをする

寒い

空気の性質上、暖かい空気は上に行き、冷たい空気が下に溜まります。

夏場は少し冷房を付けただけでひんやりと気持ち良く眠る事が出来ますが、冬場は暖房をかなり効かせないとベッドの中まで温もりません。

特にマンションの1階は底冷えが酷いので、床に厚手のラグなどを敷いて寒さ対策をするようにしましょう。

⑨フレームが歪むことがある

たわみ防止ワイヤー

あまり知られていませんが、フロアベッドは「梁」や「桟」と言った補強材料を入れるスペースがほとんどありません。

そのため、フレーム枠が歪んでしまったりする事があります。

フロアベッド購入時には、歪み防止ワイヤーを使用してあるタイプや、ヘッドボードに補強をしているタイプを選んだ方が安心して使用する事が出来ます。

フロアベッドがおすすめなのは、こんな人!

通常のベッドではなく、フロアベッドを選択した方が良い家庭としては、

  • 広い寝室を設けることができる家庭
  • 子供の人数が多い家庭
  • 赤ちゃんと添い寝をしたい家庭
  • 一人暮らしの男性

です。

専用の広い寝室を設けることができる家庭

広い部屋なら十分にベッドを設置するスペースがありますし、収納場所を他に作る事が出来るのでフロアベッドは向いていると言えます。

また、広い部屋にフロアベッドを置くことでより開放感に満ちた部屋にする事が出来ますよ。

子供の人数が多い家庭

横になっている子供たち

そして子供の数が多い場合もフロアベッドがおすすめです。

子供を寝かしつける上では、フロアベッドなら雑魚寝感覚で寝かしつけることもでき重宝されます。

もちろん広々としたベッドの上は最適な子供の遊び場にも繋がっていきます。

赤ちゃんと添い寝をしたい家庭

新生児や乳幼児など赤ちゃんと添い寝をしたいお母さん・お父さんもフロアベッドがおすすめです。

高さが布団よりも少し高い程度なので、万が一ベッドから落ちても怪我をする心配がほとんどありません。

また、赤ちゃんの場合マットレスと壁との間や、マットレスとベッドガードの間に挟まれる事故にも気を付ける必要がありますが、フロアベッドを部屋の真ん中に持ってくれば、そんな心配をする必要もありません。

子供や赤ちゃんにおすすめのフロアベッド【JointJoy】ジョイント・ジョイ

連結ベッド【JointJoy】ジョイント・ジョイ

親子で寝られる【JointJoy】ジョイント・ジョイ

価格円~

赤ちゃんや小さなお子様がいるご家庭では、走り回ってフロアベッドにつまづく事が良くあります。

そのため、ベッドフレームは木材がそのままだと怪我をする危険性が高いのですが、 【JointJoy】ジョイント・ジョイは合皮張りフレームなので万が一ぶつかっても安心です。

また、夜中に赤ちゃんの授乳をする時や、子供がトイレに起きる時などに便利なのが枕元のライトです。

ベッドの幅も最大280㎝までのワイドキングがあるので、ご家族の人数に合わせてお選びください。

一人暮らしの男性

スタイリッシュなデザインは一人暮らしの男性にもおすすめです。

女性は洋服やジュエリー、小物類がどうしても多くなりがちなので、収納スペースがあるコンパクトサイズのベッドの方が人気がありますが、男性の一人暮らしでは女性程荷物がない人が多いので、フロアベッドと収納ケースを置いておけば十分生活する事が出来ます。

フロアベッドは価格も安いので、家賃や光熱費など出費が嵩む一人暮らしでも、十分に購入する事が出来ますよ。

一人暮らしの男性におすすめのフロアベッド『ブリーズ』

ブリーズのすのこフロアベッド

フロアベッド『ブリーズ』

価格円~

フロアベッドの中でも断トツで人気が高いのが 『ブリーズ』です。

ベッドフレームのカラーは、ブラックとウォールナットブラウンから選ぶことが出来ますが、どちらもおしゃれな部屋の雰囲気を演出するのに優れています。

価格も安く、床板はすのこになっているので、フロアベッドの中では通気性に優れているタイプになっています。

>>フロアベッドはこちら!

フロアベッドは止めておいた方が良い人

一方ではフロアベッドの選択をしない方が良い家庭も存在します。

例えばお年寄りや膝痛などの持病を持っている方です。

なかなかベッドフレームの横まで移動自体が難しく、しかも体の自由が利かないため転倒の危険性もあります。

 

また床面とフロアベッドに埃や湿気などが溜まりやすく、しかもカビが生えてしまうケースもあります。

簡単に移動ができないため、掃除がしにくいデメリットも存在します。

清掃や換気が出来ない部屋に置くことは避けた方が良いケースもあります。

どんなベッドでも定期的な手入れは必須となり、フロアベッドはその手入れがしにくいタイプのベッドだと意識することも大切です。

フロアベッドのメリット・デメリットまとめ

フロアベッドには、

  1. 部屋の空間を広く見せる事が出来る
  2. ベッドから落ちても安全
  3. 布団で寝る状態と変わらない
  4. 安い
  5. おしゃれなデザインをしている
  6. 高さが低いので安定する
  7. 分厚いマットレスでも大丈夫
  8. マットレスをはめ込むのでズレない
  9. 組み立てが簡単

というメリットある一方で、

  1. 湿気に弱くカビが繁殖しやすい
  2. 起き上がりにくい
  3. 喘息の方は注意!
  4. 足をぶつけやすい
  5. ベッド下にほこりが蓄積しやすい
  6. 収納力がない
  7. フローリングを傷つけやすい
  8. 底冷えをする
  9. フレームが歪むことがある

と言ったデメリットがあります。

関連記事

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]