フロアベッドおすすめ特集!ベッドフレームとマットレスのおすすめ16選

おしゃれなフロアベッド おすすめのベッド

おしゃれなデザインで年々人気が急上昇しているベッドに、「フロアベッド」があります。

ロースタイルで開放感に満ちていて、かっこいいのが魅力のベッドになっています。

また、床に近いフロアベッドは赤ちゃんと添い寝をしたり、子供と一緒に寝るのにもベッドからの転落事故の危険性が少ないのも特徴です。

そこでこの記事では、

  • フロアベッドおすすめ16選&購入者の口コミ
  • マットレスの選び方
  • フロアベッドの3つメリット・デメリット
  • フロアベッドがおすすめの人

についてご紹介したいと思います。

  1. フロアベッドおすすめ16選&購入者の口コミ
    1. 1位.宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』
    2. 2位.すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』
    3. 3位.ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き
    4. 4位.照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』
    5. 5位.棚・コンセント付きフロアベッド W.coRe ダブルコア
    6. 6位.親子で寝られる棚・照明付き連結ベッド【JointJoy】ジョイント・ジョイ
    7. 7位.大型モダンフロアベッド ENTRE アントレ
    8. 8位.棚・コンセント付きフロアベッド Verhill ヴェーヒル
    9. 9位.棚・コンセント付きフロアベッド IDEAL アイディール
    10. 10位.棚・コンセント付きフロアベッド Geluk ヘルック
    11. 11位.シンプルデザイン/ヘッドボードレスフロアベッド Rainette レネット
    12. 12位.照明&隠し収納付き/モダンデザインフロアベッド Fragor フラゴル
    13. 13位.シンプルヘッドボード・フロアベッド llano ジャーノ
    14. 14位.モダンライト・コンセント付きフロアベッド Irmli イルメリ
    15. 15位.照明&隠し収納付き!モダンデザインフロアベッド dignitas ディニタス
    16. 16位.モダンデザインステージタイプフロアベッド J-Zee ジェイ・ジー
  2. マットレスの選び方
    1. 細身の女性や子供のマットレス(体重40㎏未満)
    2. 平均的な体格の方のマットレス(体重40㎏~70㎏)
    3. 体格ががっしりした男性のマットレス(体重70㎏以上)
    4. 腰痛持ちの方のマットレス
    5. 赤ちゃんのマットレス
  3. フロアベッドの3つメリット・デメリット
    1. フロアベッド3つのメリット
    2. フロアベッド3つのデメリット
  4. フロアベッドがおすすめの人
    1. 若い一人暮らしの男性
    2. おしゃれで安いベッドを探している人
    3. 赤ちゃんや子供がいるご家庭
  5. フロアベッドおすすめまとめ

フロアベッドおすすめ16選&購入者の口コミ

それでは、人気が高いフロアベッドをランキング順でご紹介したいと思います。

購入者の口コミもご紹介していますので、是非参考にして下さいね。

1位.宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』

宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』

宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』

価格円~

セミシングルシングルセミダブルダブルクイーンキングワイドキング

『ファミリーベッド』は、セミシングル~ワイドキングまで幅広いサイズ展開をしているフロアベッドです。

一番の特徴は、フレームと床板の高さを同じにしている「フラット構造」にしている事。

フラット構造にする事で、子供が足を挟まれることなく、シーツ交換もスムーズに行えます。

また、床板は強度と通気性を兼ね備えた「LVLすのこ」を採用しているので、湿気に強く耐久性もアップしています。

子供たちと一緒のベッドで寝たいお父さん・お母さんにおすすめとなっています。

『ファミリーベッド』の口コミ:うさまる (20代 女性)様

夫婦2人で使用する安い連結ベットを探していたところ、こちらを見つけシングルとセミダブルを購入しました。組み立ては2台で1時間くらい。連結はベルトで締めるタイプだったので簡単にできました。今後、家族が増えても広々と寝られそうです。フレームは多少チープ感はありますが値段が値段なので、十分満足してます。コスパは最高だと思います。

2位.すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』

ブリーズのすのこフロアベッド

フロアベッド『ブリーズ』

価格円~

セミシングルシングルセミダブルダブルクイーン

『ブリーズ』は、価格の安さと機能面の充実さを併せ持っているすのこフロアベッドです。

特徴としては、「LVLすのこ」と言って繊維方向を揃えて板を重ねて接着した木質材料で作られたすのこを使用していて、通気性に加えて強度も高くなっています。

ヘッドボードには小物や本を置ける奥行き12.5㎝の棚と、ほこりガード付き2口コンセントが付いています。

また、フロアベッドのサイドフレームは「く」の字に曲がる事がありますが、『ブリーズ』では補強ワイヤーを貼る事で曲がりを抑えています。

組立設置も簡単なので、男女問わず人気が高いフロアベッドですよ。

『ブリーズ』の口コミ:きてつ (40代 男性) 様

ネットで色んなサイトでローベットを探してましたが、正に理想の商品で価格も予算内であったので購入しました。

組立も簡単で出来上がりも高級感もあり、寝心地も快適です。

この商品に出会えて本当に良かったと思います。

3位.ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き

価格円~

シングルセミダブルダブル

こちらは2019年に新発売となった、シンプルモダンがおしゃれな、ロータイプのフロアベッドです。

一番の特徴は、高級感とメンテナンス性を兼ね備えた「メラミン樹脂加工板」のフレームです。

天然木の風合いが、開放感あふれるロースタイルと非常にマッチしている商品です。

また床板は強度と通気性に優れている、「すのこ」仕様となっています。

ヘッドボードには、ティッシュが置ける棚と、2口コンセントも付いています。

ロータイプベッドの口コミ:たっくん LOVE(20代 女性)様

しっかりしたつくりで気に入っています!
組み立ても女1人でも簡単に出来ました。
すのこが快適で、気持ち良いです。

4位.照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』

照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』

照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』

価格円~

シングルセミダブルダブルワイドキング

『hohoemi』は、赤ちゃんと添い寝をするのに最適なフロアベッドです。

ベッドの高さが床面からの高さが20㎝と、フロアベッドの中でも特に低く安全性が高くなっています。

また、連結した時にサイドフレームを2重に出来るので、マットレスの隙間が出来にくいので、赤ちゃんが挟まる心配もありません。

F4スターの低ホルムアルデヒド製品となっているので、アレルギーがある赤ちゃんでも大丈夫ですよ。

『hohoemi』の口コミ:ぴっち (20代 男性)様

なんと言ってもこの大きさ笑
伸び伸びとできるし、寝心地抜群!
会社に行きたくなくなるっていうのが唯一の難点かな。笑

5位.棚・コンセント付きフロアベッド W.coRe ダブルコア

棚・コンセント付きフロアベッド W.coRe ダブルコア

棚・コンセント付きフロアベッド W.coRe ダブルコア

価格円~

シングルセミダブルダブル

W.coRe ダブルコアは、累計15万セット販売しているベストセラーのフロアベッドです。

奥行き14㎝の棚には、前板が付いているので目覚まし時計などが滑り落ちる事もありません。

また、木目が美しいフレームは、汚れに強い仕様となっています。

マットレスもボンネルコイルやポケットコイルと言った人気商品に加えて、フランスベッド社製マットレスもラインナップしています。

W.coRe ダブルコアの口コミ:ささろん (30代 女性) 様

口コミを参考に購入しました。
組立ては一人で行いましたが、しっかり説明書を確認しながらであればわりと簡単でした。重さがあるので、小柄な女性一人は大変かもしれません。
できあがりも満足しています。

6位.親子で寝られる棚・照明付き連結ベッド【JointJoy】ジョイント・ジョイ

連結ベッド【JointJoy】ジョイント・ジョイ

フロア連結ベッド【JointJoy】ジョイント・ジョイ

価格円~

セミシングルシングルセミダブルダブルワイドキング

【JointJoy】ジョイント・ジョイは、棚と照明がついている連結フロアベッドです。

ワイドサイズもあるので、家族揃って寝る事が出来る人気商品です。

また、フレームは革張りになっているので、子供がはしゃぎまわってぶつかっても安心。

将来的には分割してシングルベッド2台としても使用可能なので、長く愛用出来るフロアベッドです。

【JointJoy】ジョイント・ジョイの口コミ:ノットマン (30代 男性) 様

4人家族川の字で、余裕の広さです。
日本製マットレスを妥協して、中国製にしたのですが、特に問題もなく寝心地もいいです。
しいて言えば、フットボードとサイドボードがつながる部分の角が鋭く、子供に危険な為、別でコーナークッション材を付けました。
それと、
(合皮張りフレームだからお子様にも安心)
との割には、合皮部分はとても薄く、クッションのような役割は果たせないと思います。
サイドボード、フットボード 共に、もうちょっと肉厚にして欲しかったです。
それ以外は大変満足です。
ありがとうございます。

7位.大型モダンフロアベッド ENTRE アントレ

大型モダンフロアベッド ENTRE アントレ

大型モダンフロアベッド ENTRE アントレ

価格円~

セミシングルシングルセミダブルダブルクイーンキングワイドキング

ENTRE アントレは、サイズ展開が豊富なフロアベッドです。

ヘッドボードには前板付きの棚と、コンセント、照明があるので、枕元の機能性も高くなっています。

2台連結する際も、固定金具でしっかり留める事が出来るのでベッド同士が離れていくこともありません。

セミシングルから280㎝幅のワイドキングまで、一通りラインナップしてあるので、4人・5人家族で使用される方に最適ですよ。

ENTRE アントレの口コミ:たくち (30代 男性) 様

子供と一緒に広々と寝たい!
色々探していたけど、なかなか思うのがなく、行き着いたのがこのベッドでした。

将来、セパレートして使えるし、コスパも寝心地も大満足!

8位.棚・コンセント付きフロアベッド Verhill ヴェーヒル

フロアベッド Verhill ヴェーヒル

フロアベッド Verhill ヴェーヒル

価格円~

シングルセミダブルダブルクイーンキング

Verhill ヴェーヒルは累計15万セット販売されている、ロングセラーのフロアベッドです。

フレームカラーとマットレスカラーのそれぞれで「ホワイト」と「ブラック」の2種類から選ぶことが出来るので、モノトーンで都会的なインテリアにしたい方におすすめです。

シックな印象のブラックと、上品な印象のホワイトは、ロースタイルのベッドと相まって高級感に満ち溢れています。

目覚まし時計や本などを置ける棚は奥行き14㎝で、コンセントも付いています。

9位.棚・コンセント付きフロアベッド IDEAL アイディール

IDEAL アイディールのフロアベッド

フロアベッド IDEAL アイディール

価格円~

シングルセミダブルダブル

「限りなく清潔に近い」と言うコンセプトのもと作られたのが、IDEAL アイディールのフロアベッドです。

爽やかで清潔感溢れる IDEAL アイディールはホワイトを基調としていて高さも低いので、数あるベッドの中で最もお部屋を広く感じさせてくれるベッドです。

小物類を置ける奥行き14㎝の棚と、スマホの充電にも便利なコンセントが付いていて、この価格はかなり安いと言えます。

寝室をとにかく清潔感ある開放的な空間にしたい方におすすめのフロアベッドですよ。

10位.棚・コンセント付きフロアベッド Geluk ヘルック

棚・コンセント付きフロアベッド Geluk ヘルック

棚・コンセント付きフロアベッド Geluk ヘルック

価格円~

シングルセミダブルダブル

Geluk ヘルックは累計15万セット販売しているベストセラーのフロアベッドです。

カラーバリエーションは「ウォールナットブラウン」と「ブラック」の2種類があり、マットレスの種類によってはマットレスカラーも選ぶことが出来ます。

暖かみのある寝室にしたいのならウォールナットブラウンを、クールでカッコいい寝室にしたいならブラックがおすすめです。

ヘッドボードは棚とコンセントがあり、敢えて角を残している「スクウェアデザイン」でシャープに仕上げています。

若い男性が好むデザインと色合いになっていますよ。

Geluk ヘルックの口コミ:名無しさん (20代 男性)様

組み立ては1時間くらいかかりましたが、凄く納得のいく商品でした。

11位.シンプルデザイン/ヘッドボードレスフロアベッド Rainette レネット

ヘッドボードレスフロアベッド Rainette レネット

ヘッドボードレスフロアベッド Rainette レネット

価格円~

シングルセミダブルダブル

Rainette レネットはヘッドボードがない、フロアベッドになっています。

マットレスをフローリングに直置きすると、ほこりなどがマットレスに付着しますし、湿気が溜まってカビが生える原因にもなります。

そんな方はRainette レネットのフロアベッドを使う事で、マットレスとフローリングの間に隙間が出来てカビ防止にも役立ちます。

また、見た目もスッキリとした清潔感のある印象にする事が出来ます。

ベッドフレームは耐久性に優れた強化樹脂仕上げになっているので、傷防止にも最適ですよ。

12位.照明&隠し収納付き/モダンデザインフロアベッド Fragor フラゴル

モダンデザインフロアベッド Fragor フラゴル

モダンデザインフロアベッド Fragor フラゴル

価格円~

シングルセミダブルダブル

Fragor フラゴルはモダンデザインがおしゃれなフロアベッドです。

フロアベッドは値段が安いので、少し贅沢をしてみたい人も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのがFragor フラゴルで、スクウェアデザインのヘッドボードには、間接照明、隠し収納付きの棚、コンセントが装備されています。

ベッドフレームは本物の質感溢れるウォールナットブラウンと、シックでクールなブラックの2種類があります。

Fragor フラゴルの口コミ:やま (20代 男性) 様

明かりもついて収納のあるので充分ですね。

13位.シンプルヘッドボード・フロアベッド llano ジャーノ

フロアベッド llano ジャーノ

シンプルヘッドボード・フロアベッド llano ジャーノ

価格円~

シングルセミダブルダブル

llano ジャーノはシンプルなヘッドボードが特徴のフロアベッドになります。

累計15万セット販売している大ヒット商品で、ヘッドボードは棚などの機能が付いていないフラットパネル仕様になっています。

ヘッドボード裏面もしっかり化粧仕上げになっているので、ベッドをお部屋の中央に配置するのにも適しています。

無駄な機能を省いたスマートでスタイリッシュなデザインと、シャープなフォルムが人気となっています。

一般的なプリント紙と違い、傷や汚れに強いのでメンテナンス性も優れていますよ。

llano ジャーノの口コミ:要 (20代 男性) 様

黒い色が欲しくて、実際届いたものを見てとても満足しています!
マットレスも硬すぎる事無く満足してます。

14位.モダンライト・コンセント付きフロアベッド Irmli イルメリ

フロアベッド Irmli イルメリ

モダンライト・コンセント付きフロアベッド

価格円~

シングルセミダブルダブル

Irmli イルメリはモダンライトが綺麗なフロアベッドになります。

開放感と寛ぎを演出するライフデザインベッドで、ヘッドボードには棚とコンセント、そして中央にはモダンライトが装備されています。

暖かみのある照明が寝る前の寛ぎタイムに、手元をほのかに明るく照らしてくれます。

フレームカラーは木目と褐色の深い色合いが特徴のウォールナットブラウンで、高級感を出してくれます。

Irmli イルメリは雰囲気のあるライトが特徴なので、恋人と一緒に寝る事がある方におすすめのフロアベッドですよ。

15位.照明&隠し収納付き!モダンデザインフロアベッド dignitas ディニタス

モダンデザインフロアベッド dignitas ディニタス

モダンデザインフロアベッド dignitas ディニタス

価格円~

シングルシングルセミダブルダブル

dignitas ディニタス、はモダンデザインが魅力のフロアベッドです。

dignitas ディニタスのヘッドボードなら隠し収納があるので、生活感の出るティッシュなどの小物を綺麗に片づける事が出来ます。

また、隠し収納の隣には雑誌を立てかける棚も装備。

更にスイッチ一体となっているコンセント、両サイドにはモダンライトも付いています。

デザインと使い勝手に優れているdignitas ディニタスは、インテリアにこだわりを持っている方におすすめのフロアベッドですよ。

16位.モダンデザインステージタイプフロアベッド J-Zee ジェイ・ジー

ステージタイプフロアベッド J-Zee ジェイ・ジー

ステージタイプフロアベッド J-Zee ジェイ・ジー

価格円~

シングルセミダブルダブルクイーン

J-Zee ジェイ・ジーはステージタイプが特徴のフロアベッドになります。

マットレスの周囲にフレームを付ける事で高級をアップしています。

直線のみで構成されているシンプルなフォルムと、鮮明で美しい縞模様をしたゼブラウッドを再現した木目はインテリア性の高さが際立っています。

僅かに傾斜しているヘッドボードは、都会的で洗練されたルックスで、軽くもたれかかるのに最適な角度に仕上がっています。

床板にはすのこを使用しているので、通気性も安心のフロアベッドですよ。

>>フロアベッドはこちら!

マットレスの選び方

マットレス

フロアベッドは、高さが低いので厚みのあるマットレスを敷けるのもメリットの一つです。

フロアベッドについているマットレスの種類には、

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス(フランスベッド社製)
  • デュラテクノマットレス(フランスベッド社製)
  • ゼルトスプリングマットレス(フランスベッド社製)

と言ったものがありますが、選ぶときにはご使用する方の体格や環境に合わせるようにしましょう。

細身の女性や子供のマットレス(体重40㎏未満)

女性

体重が比較的軽い女性や子供のマットレスは、硬さを「ソフト」にするのがポイントです。

ある程度柔らかめのマットレスにする事で、適度に腰や肩が沈み込んで理想的な寝姿勢を維持する事が出来ます。

逆に硬さを「普通」くらいにする分には問題ありませんが、「硬め」を選ぶとマットレスの反発力が強すぎて体が反り返った状態で寝る事になるので注意しましょう。

おすすめはポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの構造

おすすめのマットレスは「ポケットコイルマットレス」で、特に国産ポケットコイルマットレスは抗菌・防ダニ仕様となっているので、清潔な環境で睡眠を取る事が出来ます。

平均的な体格の方のマットレス(体重40㎏~70㎏)

平均的な体格の男性

平均的な体格の方の場合、マットレスの硬さは「普通」が一番適しています。

ただ、多少硬めでも柔らかめでも、身体を傷めるような事はありません。

硬めの寝心地が好みであればボンネルコイルマットレスがおすすめですし、ソフトな寝心地が好みならポケットコイルマットレスにしましょう。

体格ががっしりした男性のマットレス(体重70㎏以上)

体格のがっしりした男性

逆に体格ががっしりしている男性のマットレスは、「硬め」が基本となります。

体重が重たいので柔らかいマットレスで寝ると、身体が「く」の字に曲がってしまうので注意しましょう。

おすすめはボンネルコイルマットレス

マルチラススーパースプリングマットレスの構造

価格を抑えたいのであれば「ボンネルコイルマットレス」がおすすめです。

硬めの寝心地になっていて、重い体重でもしっかり支えてくれます。

また、通気性や耐久性に優れているコスパに優れているマットレスです。

腰痛持ちの方のマットレス

腰痛の男性

腰痛の方は、マットレスの選び方を粗末にすると悪化する危険性があるので、注意しましょう。

基本的には「耐圧分散性」に優れているマットレスを選ぶ事が大切です。

体重が軽い方はポケットコイルマットレス

女性など比較的体重が軽い方は、ポケットコイルマットレスでも十分対応する事が出来ます。

体重が重い方はデュラテクノマットレス

連続スプリング構造のデュラテクノマットレス

一方、体重が重い方はポケットコイルマットレスの寝心地は柔らかすぎるので良くありません。

フランスベッド社製のデュラテクノマットレスが一番おすすめで、新Z型スプリングが通常の2倍以上の力でしっかりとサポートしてくれます。

赤ちゃんのマットレス

赤ちゃん

新生児や乳幼児に使うマットレスの硬さは「硬め」にしましょう。

寝姿勢だけで考えると「ソフト」が良いのですが、寝返りを始めると「うつぶせ寝」をする赤ちゃんが多いので、柔らかすぎるマットレスの場合窒息する危険性があります。

また、抵抗力が低い赤ちゃんの場合には、抗菌や防ダニなど衛生面に優れいているマットレスにする事が大切です。

おすすめはマルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレスの構造

赤ちゃんのマットレスでおすすめなのは、「マルチラススーパースプリングマットレス」です。

硬めの寝心地ですが、表面は柔らかいフェルトやウレタンが入っているので、赤ちゃんの敏感な肌でも安心できます。

また、「衛生マットレス」として全日本ベッド工業会の認定を受けていて、抗菌・防ダニ・防臭加工が施されています。

>>添い寝ベッドはこちら!

フロアベッドの3つメリット・デメリット

フロアベッドは、床面に接しているタイプのベッドなので、一般的なベッドとは異なる特徴があります。

そのため予めメリット・デメリットを把握しておく事で、後悔する事がありません。

フロアベッド3つのメリット

メリット

フロアベッドが持っている主なメリットとしては、

  • おしゃれで開放感がある
  • 値段が安い
  • ベッドから落ちても怪我をしにくい

の3つがあります。

高さが低いために視界を遮る事がなく、開放感は抜群にあります。

使用している部材も少ないので、おしゃれなデザインが多い割に値段が安いのも魅力です。

また赤ちゃんや小さな子供と添い寝をする場合には、ベッドから落ちても怪我をしにくいのも親御さんにとっては安心材料となります。

>>フロアベッド9のメリット・デメリット。一人暮らしや赤ちゃんがいる方におすすめ!

フロアベッド3つのデメリット

デメリット

フロアベッドは良い点ばかりに目が行きがちですが、後悔しないために抑えておきたいデメリットとしては、

  • 湿気・カビに弱い
  • 掃除がしにくい
  • ほこりを吸い込みやすい

があります。

フロアベッドで一番気を付けなければいけないのが、カビです。

床と床板の間に隙間がないので、空気が滞留しやすいですし、フレーム枠で囲まれているので風が入り込みにくい構造なので、湿気やすく放置しているとすぐにカビが生えます。

>>フロアベッドのカビ・湿気対策&カビにくいすのこフロアベッド3選!

またベッド下を掃除するためには、マットレスと床板を持ち上げる必要があるので、カビの餌となるほこりを取り除くのも大変。

ほこりは床から30㎝以内が最も浮遊していると言われていますが、フロアベッドの高さは20㎝~25㎝程度なので、ほこりを吸い込みやすくなります。

そのため、喘息などのアレルギーがあるお子様には、フロアベッドよりもローベッドやすのこベッドの方がおすすめとなります。

>>喘息ベッド特集!アレルゲンから子供を守る喘息ベッド5選&衛生マットレス

フロアベッドがおすすめの人

チェックポイント

これらの事を踏まえて、フロアベッドがおすすめとなる人と言うと、

  • 若い一人暮らしの男性
  • おしゃれで安いベッドを探している人
  • 赤ちゃんや子供がいるご家庭

と言えるでしょう。

若い一人暮らしの男性

若い男性

お年寄りがフロアベッドを使うと起き上がるのに一苦労ですが、若い人であれば全く問題ありません。

また、一人暮らしで何かと出費が多い人は少しでも節約したいですし、結婚していない人であれば恋人と過ごすベッドはおしゃれな方が良いに決まっています。

掃除やマットレスのメンテナンスに若干手間がかかりますが、それを苦に感じない人であれば、フロアベッドは最適と言えます。

女性の場合には洋服やバッグなど荷物が多くなりがちですが、男性で収納を特に必要としない方にはおすすめです。

>>一人暮らしベッドはこちら!

おしゃれで安いベッドを探している人

節約出来る

フロアベッドの魅力は何といっても、おしゃれなデザインと価格の安さです。

そのため、節約志向の方におすめのベッドとなっています。

赤ちゃんや子供がいるご家庭

赤ちゃん

そして、赤ちゃんや子供と一緒に添い寝をしたい方は、ベッドからの転落事故を一番気を付けなければいけません。

そんなご家族には、フロアベッドにする事で家族が安心して一緒に寝る事が出来ますよ。

>>ファミリーベッドはこちら!

フロアベッドおすすめまとめ

フロアベッドはロースタイルなので開放感があり、しかも価格が安いので若い方を中心に人気が高いベッドになります。

また赤ちゃんや小さな子供と一緒に寝る時も、高さが低いので転落事故のリスクが少ないのでおすすめです。

フロアベッドのおすすめメーカーランキングには、『ファミリーベッド』や『ブリーズ』などがあります。

関連記事