1. TOP
  2. 赤ちゃんの転落・落下防止にベッドガードを使用するのは待って!!

赤ちゃんの転落・落下防止にベッドガードを使用するのは待って!!

フロアベッド
この記事は約 7 分で読めます。 409 Views
赤ちゃんがベッドから転落している

ちょっとしたお昼寝でも安心して赤ちゃんが眠れる環境を作ってあげる事は大切ですよね?

お昼寝をしている間に、ママは洗濯や食事の支度にと大忙しです。

ずっと側にいてあげる事ができない時間、ベッドからの転落や落下しないようにしなければなりません。

消費者庁の調査では平成22年12月から平成29年6月末までの間で大人用ベッドから転落・落下した事故が、合計564件もあったそうです。

そのうち、0歳児の8人が、1歳児の1人が死亡すると言う痛ましい結果になっているのです。

ベッドから転落したらどうなる?

0~1歳児の大人用ベッドからの転落による受傷内容

大人用ベッドから転落した時の怪我の内訳をみると、圧倒的に多いのが頭部・顔のすり傷や打撲です。

赤ちゃんは頭でっかちなので、落下したときにはかなりの確率で頭から落ちてしまいます。

大人にとっては数十センチの高さならば大丈夫と思うかもしれませんが、ちょっとした油断が取り返しのつかない事故につながってしまうのです。

家の中でも危険はいっぱい

家の中にいれば赤ちゃんがケガをする事なんてないのだろうと思ってしまいがちですが、危険がたくさん潜んでいるのです。

大人用のベッドで添い寝をしていて、うっかりウトウトしてしまう事もあるでしょう。

特に授乳をしていると、一緒になって寝てしまう事はよくあります。

寝ないようにしていても睡魔に負けてしまうのです。

寝返りをするようになった赤ちゃんは、ママの知らない間にゴロゴロと回転してなんて事もありヒヤッとする瞬間もあるでしょう。

ベッドの高さにもよりますが、赤ちゃんにとっては少しの高さも危険なのです。

頭を強く打って大きなケガでもしたら大変です。

痛い思いをさせてしまうのも辛く、未然に防ぐことができなかったかと後悔するはずです。

打ちどころが悪ければ、本当に悲しい事故になってしまいます。

赤ちゃんは日々成長しているので、昨日できなかった事が急にできるようになります。

「まだ寝返りをしないから大丈夫」なんて思っていると、ベッドからの転落事故が起こってしまうのです。

ベッドからの転落・落下事故を防ぐために出来る事

大人用ベッドからの転落・落下事故をなくすために親として出来る事は、

  • 出来る限りベビーベッドを使う
  • 添い寝する時は布団を使う
  • ベッドガードは生後18か月を過ぎてから

の3点です。

出来る限りベビーベッドを使う

満2歳までは出来る限りベビーベッドで赤ちゃんを寝かせるようにします。

ベビーベッドで寝かせる時の注意点としては、

  1. 柵は常に上げておく
  2. PSC マークが貼付されたベビーベッドを選ぶ
  3. つかまり立ちを始めたら、床板を最下段にして柵を高くする

となっています。

添い寝する時は布団を使う

赤ちゃんに母乳を飲ませる時や寝かしつける時などは「添い寝」をする事もあると思いますが、基本的には高さのあるベッドではなく、布団で寝かせるようにしましょう。

もしくは、高さの低い「フロアベッド」であれば安全性は高いと言えます。

ベッドガードは生後18か月を過ぎてから

ベッドからの転落事故を心配して、ベッドガードを取り付けているお母さんも多いと思いますが、実は大人用ベッドに取り付ける幼児用ベッドガードは、一般財団法人製品安全協会が定めた安全基準(SG基準)では、生後18か月未満の子どもには使用しないよう定めているので、注意してください。

と言うのも、ベッドガードとマットレスの間に挟まれて窒息する事故が年に一回程度の割合で発生しているからです。

安全にベッドガードを使う為には

大人用ベッドに取り付ける幼児用ベッドガードは、生後18か月未満の乳幼児には絶対に使用しないでください。子どもが隙間に挟まり、自力で抜け出せずに窒息するリスクがあります。製品購入前に子どもがその製品の対象月齢か確認し、購入後は使用前に、製品の取扱説明書や注意表示をよく確認しましょう。

  • 米国消費者製品安全委員会(CPSC)では、ベッドガードの使用を生後 18 か月から 60 か月(5歳)までと定めています。日本でも一般財団法人製品安全協会が定めた安全基準(SG 基準)では、生後 18 か月未満には使用しない旨の本体表示を義務付けています。
  • 平成 29 年度に0歳児が、大人用ベッドとベッドガードに挟まれて死亡する事故が2件発生しています。

>>0~1歳児の大人用ベッドからの転落事故に御注意ください(消費者庁ホームページより抜粋)

ベッドガードを選ぶときには、まずSG 基準を満たしているかを確認します。

使用する時期は生後18か月~満5歳までなので、特に新生児~生後18か月の赤ちゃんには絶対に使用しないようにしましょう。

また、ベッドガードを購入する時には、付けようとしているベッドのサイズに合っているかも大切なポイントです。

マットレスの厚みによっても選ぶベッドガードは違ってきますし、幅が狭いと隙間から赤ちゃんが転落する事も考えられます。

ベッドガード設置後は、しっかりと取り付いているかを入念にチェックしましょう。

また、ベッドからの転落事故で死亡した例を見ると、壁側との隙間に埋もれて窒息したケースもありました。

壁とベッドガードに挟まれているからと過信せずに、壁とベッドの隙間もないようにしましょう。

赤ちゃんと添い寝するメリット

新生児から生後18か月までは、大人用ベッドにベッドガードを付けて寝かせるのは危険と言う事は分かっていただけましたでしょうか?

ママと赤ちゃんはどのようにして寝ていたかのアンケート

とは言っても、赤ちゃんと添い寝をする人はかなり多くて、民間のアンケート調査では、「一緒の布団もしくはベッドで寝ている」と答えた人が59%もいました。

実際、添い寝をするメリットには、

  • 夜の授乳がスムーズ
  • 省スペースで済む
  • スキンシップが出来る

と言った事があります。

夜の授乳がスムーズ

一緒のベッドで寝ていると、夜中の授乳の際にもわざわざベビーベッドまでいかなくても済みます。

また、赤ちゃんに母乳を飲ませながら、お母さんも一緒に寝る「添い乳」も出来るので、お母さんにとっても赤ちゃんにとってもうれしい事です。

省スペースで済む

赤ちゃん用の部屋やベビーベッドを置くスペースを必要としないので、スペース的にも経済的にもメリットがあります。

スキンシップが出来る

添い寝は赤ちゃんとお母さんの大切なスキンシップの場でもあります。

特に産後は、肌と肌が触れ合うことで「オキシトシン」というホルモンが分泌され、幸せ感を感じやすく、産後うつの予防にもつながると言われています。

新生児から添い寝をするならフロアベッド

家に和室の部屋があれば、布団を敷いて赤ちゃんと添い寝をする事が出来ますが、最近のマンションでは洋室しかない家も結構あります。

フローリングは硬いので布団を敷いても、寝心地は決して良くありません。

赤ちゃんの場合には、体重も軽いですし関節も柔らかいので、フローリングの上に布団を敷いただけでも快適に寝る事が出来ますが、お母さんやお父さんはそうはいきませんよね?

そこでおすすめなのが「フロアベッド」を使う事です。

フロアベッドは床からの高さが10㎝ちょっとしかないので、転落・落下による事故の心配をする必要がありません。(念のために周囲には絨毯などは敷いておきましょう)

また、キングサイズにしておけば、お父さん、お母さん、赤ちゃんの3人が川の字になって寝る事も出来ます。

フロアベッドはおしゃれなデザインのものも多いわりに、使用している部材が少ないので比較的安く購入できるのもメリットの一つです。

私が赤ちゃんと添い寝をするのにおすすめしたいフロアベッドは、Geluk ヘルックのフロアベッドです。

Geluk ヘルックのフロアベッド

人気が高いフロアベッドの中でもベストセラーになっていて、累計150,000台売り上げている商品です。

棚にはコンセントが付いているので、スマホの充電なども出来ますし、マットレスの色もブラックとホワイトの2種類から選ぶことが出来ます。

赤ちゃんがいると汚れがちなマットレスですが、黒にすれば汚れが目立たないですし、白にすれば清潔感に溢れた部屋にする事が出来ます。

赤ちゃんのベッドからの転落・落下まとめ

赤ちゃんは寝返りをするようになると、いつの間にかベッドの端まで転がっているなんて事もありヒヤヒヤしますよね?

実際消費者庁の調査では、5年間で大人用ベッドからの転落・落下事故で9件の赤ちゃんが死亡していると発表されています。

また、ベッドガードを使えば安心と思うかもしれませんが、毎年のようにベッドガードとマットレスの隙間で窒息死してしまう赤ちゃんがいるので、生後18か月までは使用をしないように注意喚起されています。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドとマットレスの選び方の注目記事を受け取ろう

赤ちゃんがベッドから転落している

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドとマットレスの選び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

だんな

だんな

始めまして、だんなです。
ベッド通販セラピスの店長で、睡眠アドバイザーをしています。
このブログはセラピスの公式ブログで、ベッドに関する豆知識やお役立ち情報をご提供しています。
質の高い睡眠と、お部屋のインテリア性を兼ね備えたベッドを選ぶために是非活用してくださいね!
だんなのプロフィール詳細はこちら!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収納ベッドセミダブルおすすめ10選!跳ね上げ式ベッドなど人気商品をご紹介

  • 小さめベッド特集!シングルより小さい180㎝ベッドや収納付きもご紹介

  • フロアベッドセミダブルおすすめ10選!ローベッドとの違い・デメリットも紹介

  • ベッドフレームクイーンおしゃれ10選!すのこ・収納・ローベッドetc.を紹介

関連記事

  • 子供用ベッドの選び方を年代別に紹介!おすすめのベッドをピックアップ

  • 隙間に挟まって赤ちゃんが死亡する事故も…ベッドガードの正しい使い方

  • 一人暮らし・新婚夫婦におすすめのベッドの相場とサイズは?

  • フロアベッドセミダブルおすすめ10選!ローベッドとの違い・デメリットも紹介

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • 家族4人が一緒に寝れるベッド!人気の連結ワイドキングおすすめ5選!