フロアベッドのカビ・湿気対策&湿気に強いおすすめの脚付きすのこフロアベッド

ベッドの選び方

フロアベッドはその低さゆえに布団のようにリラックス感を高める効果があり、室内を広々と見せることにも役立ちますが、湿気が溜まりやすくカビやダニの温床になる可能性がある事も知っておきましょう。

フロアベッドを快適に使い続けるためには、湿気を好むカビなどの発生を防ぐことが快適な睡眠を得るためにも大切ですよ。

フロアベッドに湿気が溜まる原因

湿気

フロアベッドに湿気が溜まってしまう原因は、

  • 床面に接するようにベッドの床板がある
  • マットレスがフレーム板でぴったりと囲まれている

の2点にあります。

床面に接するようにベッドの床板がある

通常のベッドであればマットレスを載せている床板に高さがあるので、下から空気が通る事でマットレスをある程度乾燥させることが出来ますが、フロアベッドのように床面と接するような構造では十分な湿気を飛ばすだけの十分な空気が通りません。

マットレスがフレーム板でぴったりと囲まれている

また、脚ではなく、フレーム枠で囲ってあるフロアベッドの場合、ベッドの下に溜まっている湿気がどこにも逃げ場所がなくなり、やがてカビが生える原因になるのです。

人間は就寝中にコップ1杯から2杯もの汗をかくと言われているだけに、何の対策も施さないままではそれだけの分量の汗が毎日フロアベッドのマットレスと床板の間に溜まり続けてしまうのです。

汗が原因の場合、水だけよりも体内からの老廃物が含まれていることもあって、カビの発生リスクは更に高まり、湿気とフケ等が好物のダニの繁殖も心配ですよね?

またフロアベッドの場合、ベッドの床板とその下の床面とがほぼ接している状態ということもあって、湿気を放置したままでは床面のフローリングにまでその害が及んで、床そのものの経年劣化を早めてしまう心配もあります。

カビやダニはアレルギー体質の人でなくても、長期にわたってカビの胞子やダニの排泄物などを呼吸によって体内に取り込んでしまうことで喘息など呼吸器系の病気を発症してしまう事もあります。

リラックス感を高めるフロアベッドならではのメリットを生かして健康的な睡眠を得るためにも、湿気・カビ対策は万全にするようにしましょう。

カビが繁殖する3つの原因

マットレスのカビ

マットレスを久しぶりに裏返したら、黒カビがびっしり・・・

フロアベッドに限らずそんな恐ろしい光景が湿気や温度が高いところでは、どこでも起こりえます。

カビが繁殖する要因は

  • 餌がある
  • 温度が高い(特に20度~30度)
  • 湿度が高い(特に65%以上)

の3つがあります。

餌がある

カビが好む餌は炭水化物なので、人間の皮脂や汗、フケなどがたくさんある寝具は絶好の住処になるのです。

温度が高い(特に20度~30度)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
14.7度 20度 22度 27.3度 26.4度 22.8度 16.8度

日本では5月から9月までの間が20度を超える気温になります。

夏場だけでなく春から秋にかけてカビ対策をする必要があります。

湿度が高い(特に65%以上)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
63% 65% 73% 75% 69% 73% 65% 58%

日本には四季以外にも梅雨や台風など、湿度が高い季節がありますが、平均的な湿度を確認すると5月から10月までは65%以上の湿度があります。

この時期は気温も高いので、相乗効果でカビが大繁殖する可能性があるので十分注意しましょう。

また、冬場は気温も低く乾燥しているのでカビが繁殖する可能性は低いですが、死滅するわけではないので、加湿器やエアコンを付ける場合には定期的に部屋の換気を行うようにしましょう。

マットレスの湿気とカビ対策

チェックポイント

フロアベッドのマットレスはベッドフレームにぴったりと囲まれている状態で、ベッドの床板はフローリングなどの床面とほぼ密着していることから、そのままでは湿気が溜まる一方となってしまいます。

湿気によるカビを防止するためには、

  • 除湿シートを使う
  • ベッドパッドを使う
  • シーツを掛ける
  • マットレスを定期的に立てかける
  • フロアベッドを日当たりの良い所に置く
  • 部屋の温度・湿度を下げる
  • 部屋の掃除をする

と言った事を実践すれば湿気やカビとは無縁の生活を送る事が出来ますよ。

除湿シートを使う


【送料無料】西川リビング 寝具用除湿シート ブルー 90×180cm 調湿シート

フロアベッドは根本的に湿気が溜まりやすいベッドなので、湿気対策に効果がある「除湿シート」をマットレスの下に敷くことは必須と言えます。

寝ている間にかいた汗はマットレスを通って、床板まで達しますが、除湿シートを敷くことでマットレスの汗やベッド下の湿気を除湿する事が出来ます。

除湿シートの中にはシリカゲルなどの乾燥材が入っているので、定期的に天日干しをするようにして下さいね。

ベッドパッドを使う

また、ベッドパッドはマットレスの上に敷いて使用するのですが、寝ている汗をダイレクトに吸収してくれます。

ベッドパッドは基本的に丸洗いが可能です。

敷きっぱなしにしていると、汗が染み込んでいるのでダニが繁殖してしまうので、しっかりと洗濯をするようにしましょう。

シーツを掛ける

ほとんどの人はマットレスにはシーツを掛けていると思いますが、中には面倒くさいと言った理由で付けていない人もいるでしょう。

カビは人間の皮脂や汗、フケなどを餌にしているので、マットレスや枕にシーツ・カバーをかけて、1週間~2週間に1回は洗濯をしましょうね。

マットレスを定期的に立てかける

布団であれば丸洗いをしたり、天日干しをするのも簡単ですが、マットレスは洗う事も出来ないですし、物干しざおにかけて天日干しをする事も難しいですよね。

しかし、普段敷いてあるマットレスを立てかけるだけで、空気が当たるので湿気対策にはかなりの効果があります。

立てかけた時に扇風機やエアコンの除湿を付けると一気に乾燥するのでおすすめですよ。

フロアベッドを日当たりの良い所に置く

太陽

フロアベッドを日当たりの良い窓辺に置くことも湿気対策には効果があり、可能であれば数日おきにマットレスに直射日光を数時間でも当てるだけでカビやダニ発生の対策にもなります。

昼間留守がちの人は掛布団など上の寝具を室内の別の場所に干しておき、マットレスには窓越しに日光が良く当たるよう片側に椅子などを置いて斜めにしておくと、除湿と共に日光消毒をすることもできます。

部屋の温度・湿度を下げる

エアコン

外気の温度と湿度はどうしようもないですが、部屋の中の温度と湿度はエアコンでコントロールする事が出来ます。

夏場は冷房を付けるのも良いですが、フロアベッドの場合はどちらかと言うと湿気が問題になってくるので、除湿(ドライ)を使ってしっかりと乾燥させるようにしましょう。

部屋の掃除をする

フロアベッドの場合、ベッド下を掃除するのが難しいために、カビやダニが好む汚れやほこりがびっしりと溜まってしまいます。

梅雨時は特に、マットレスを立てかけて、その下をしっかりと掃除するようにしましょう。

>>マットレスのカビ取りをする方法とカビが繁殖しないようにする予防法

湿気とカビに強いフロアベッド選びのポイント

根本から湿気とカビの対策を考えた場合、フロアベッド選びの段階が最も重要になってきます。

ベッドの床板がフレームいっぱいに隙間なくはめられているタイプでは、マットレスに床からの埃などが影響しないものの、湿気がまったく逃げるところがなく床板の材質によってはあっという間にカビが生えることにもなりかねません。

フロアベッドであってもフローリングなどの床から数センチでも隙間があり、床板がすのこになっているタイプが湿気の逃げ道にもなるため安心です。

ベッドと床のわずかな隙間に埃が入りやすくなるというデメリットはありますが、マットレスを立てかけた際にすのこの間から掃除機で埃を取ることでダニ対策にもなります。

フロアベッドのおすすめ

Shelly シェリーのフロアベッド

Shelly シェリーのフロアベッド

価格円~

フロアベッドの中でも脚があって、床板がすのこになっている人気商品としては、「Shelly シェリー」のフロアベッドがあります。

Shelly シェリーの床板と脚

フロアベッドの中では一番通気性に優れているタイプですし、コンセントや棚なども付いているので、睡眠前にスマホを充電するにも便利な商品ですよ。

また、すのこの裏にはプラスチック製の脚がついているので、フローリングを傷つける事もありません。

>>フロアベッドはこちら!

ローベッドも検討して見る

Noora ノーラのローベッド

たとえ床板がすのこタイプになっているフロアベッドであっても、構造上どうしてもマットレスの下に湿気がこもりがちになってしまいます。

カビやダニの発生リスクが高まることがどうしても不安な人は、同じロースタイルで脚が付いているローベッドを検討して見るのもおすすめですよ。

>>ローベッドはこちら!

フロアベッドのカビ・湿気まとめ

床面からの高さが低いフロアベッドは圧迫感がなく、リラックス感あふれるインテリアを演出することにも役立ちますが、湿気がこもりやすくカビが繁殖しやすいベッドでもあります。

湿気・カビ対策を万全にするとともに、フロアベッドを選ぶときには床板がすのこになっていて、短くても脚がついているものにする事が大切です。

関連記事

コメント

  1. […] […]