ベッドサイズの種類と選び方

一般的に知られているベッドサイズと言えば、シングルやダブルですが、実際にはもっとたくさんの種類があります。

そこで、一人用・二人用・三人以上とそれぞれに適したベッドサイズと選び方のポイントをご説明したいと思います。

一人用ベッドサイズ

一人用ベッド

ベッドの幅 ベッドの長さ
セミシングル 80㎝~85㎝ 195㎝
シングル 90㎝~100㎝ 195㎝
セミダブル 120㎝ 195㎝

一人用のベッドサイズとしては、「セミシングル」「シングル」「セミダブル」の3種類があります。

ベッド(マットレス)の長さは、基本的に195㎝で統一されているので、変わってくるのはベッドの幅になってきます。

ベッドの幅を決める目安

全て一人用のベッドサイズなので、どれを選べば良いか迷ってしまうかもしれませんが、実はベッドの幅を決める目安と言うものが存在します。

一般的に「肩幅+両サイド20㎝ずつ」と言うのが問題なく睡眠を取れるベッド幅と言われています。

男性の肩幅の平均が45㎝、女性の肩幅の平均が40㎝なので、女性やお子様でしたらセミシングルサイズでも大丈夫ですが、男性の場合にはシングルサイズ以上が必要となります。

セミシングルサイズがおすすめの人

セミシングルサイズは幅が通常のシングルサイズと比べて10㎝~20㎝程度狭くなっています。

そのため、細身の女性やお子様におすすめのサイズとなります。

また、男の子の場合成長期を境に一気に肩幅も含めて体格が大きくなる事があるので、目安としては中学校1年生くらいまでを想定するようにして下さい。

>>セミシングルベッドはこちら!

シングルサイズがおすすめの人

シングルサイズは一人用ベッドの定番サイズとなっています。

女性でしたら少し余裕を持って寝る事が出来ますし、男性でも問題なく睡眠を取れるだけの幅です。

一人で寝るのにどのサイズにするか迷うようであれば、シングルサイズがおすすめとなってきます。

>>シングルベッドはこちら!

セミダブルサイズがおすすめの人

より快適に睡眠を取れるベッド幅は「肩幅+両サイド30㎝ずつ」と言われているので、睡眠の質を向上したい男性はセミダブルサイズを選ぶのも良い選択肢と言えます。

また、女性でも彼氏が頻繁にお家に泊まりに来るようであれば、セミダブルサイズが良いかもしれません。

>>セミダブルベッドはこちら!

二人用ベッドサイズ

二人用ベッド

ベッドの幅 ベッドの長さ
ダブル 140㎝ 195㎝
クイーン 160㎝ 195㎝

二人用のベッドサイズには「ダブル」と「クイーン」の2種類があります。

ベッドの幅を決める目安

二人が問題なく睡眠を取るためのベッド幅の目安としては、「男性の肩幅+女性の肩幅+60㎝」となっています。

そのため、夫婦やカップルなど男女二人が寝るために最適なベッド幅は145㎝となり、ダブルサイズだと少し狭く、クイーンサイズだとゆったりとした寝心地になります。

ダブルサイズがおすすめの人

若い恋人同士であれば、まだまだ細身のカップルも多いでしょうし、お互いが密着している方が安心出来るのでダブルサイズがおすすめです。

新婚夫婦のカップルでも、比較的細身で5年程度の使用を前提としている場合には、ダブルサイズが良いでしょう。

>>ダブルベッドはこちら!

夫婦はクイーンサイズ以上がおすすめ

しかし、一般的な夫婦になるとダブルサイズでは少し狭く感じるかもしれません。

毎日仕事や家事で一生懸命働いた体をしっかり休めるためには、二人が寝返りをしっかりうてるだけのスペースを確保してあげないと熟睡する事が出来ません。

また、ベッドを購入した当初は細身のカップルでも、年齢を重ねてくると多少なりとも体重が増えてくるのが普通です。

そのため、5年、10年、15年と同じベッドで寝る事を考えているのであれば、クイーンサイズ以上のベッドがおすすめです。

>>クイーンサイズベッドはこちら!

三人以上のベッドサイズ

ファミリーベッド

ベッドの幅 ベッドの長さ
キング 180㎝~200㎝ 195㎝
ワイドキング 200㎝~280㎝ 195㎝

ご夫婦とお子様など三人以上で寝る場合のベッドには、キングサイズとワイドキングサイズがあります。

キングサイズは通常シングルベッドを2台連結させていますし、ワイドキングサイズはシングル・セミダブル・ダブルの3種類を組み合わせて最大280㎝までのベッド幅を作れるようになっています。

ベッドの幅を決める目安

お子様と添い寝をする場合には、ベッド幅は大きい方が好ましいと言えます。

体格だけ考えると、クイーンサイズでもご両親と赤ちゃんの三人で寝る事が可能なのですが、子供は寝返りを始めると寝ている間にベッドの端から端まで転がっている事が良くあります。

ベッドを壁際に寄せたり、ベッドガードを取り付けていても、ちょっと目を離したすきにベッドから転落してしまう危険性がありますし、お母さん・お父さんも子供を避けながら寝ないといけないので、少し余裕を持ったベッド幅にする事をおすすめします。

子供が成長していく事を加味すると、親子三人のベッドとしては幅200㎝のキングサイズが、親子四人の場合にはワイドキングサイズ(出来れば280㎝幅)がおすすめとなってきます。

>>ファミリーベッドはこちら!

ベッドの長さ

これまではベッドの幅についてご説明をしてきましたが、長さ方向についてもベッドのサイズがあります。

一般的に快適に眠る事が出来るベッドの長さは、「身長+15㎝以上」と言われています。

通常のベッドサイズは長さが195㎝で統一されていますが、お子様や平均的な身長の女性の場合もう少し短いベッドでも問題ありません。

長さが短いショートベッド

ショート丈北欧デザインベッド Pieni ピエニ

通常よりも15㎝短い180㎝の長さのベッドを「ショートベッド」と呼んでいます。

ショートベッドは基本的に一人用のベッドで、ベッドの種類としてはセミシングル・シングル・セミダブルの3種類があります。(通常はセミシングルとシングルのみ)

ショートベッドがおすすめの人

ショートベッドは、身長が165㎝までの女性におすすめのベッドとなっています。

サイズ的には小学生の男の子でもご使用頂けるのですが、デザインが女性や女の子向けの可愛いベッドになっているので、思春期の男の子には抵抗があるようです。

男の子の場合には5年もすると成長期を迎えて身長が一気に伸びる事が想定されるので、通常のシングルサイズを購入してあげる方が良いでしょう。

>>ショートベッドはこちら!

長いロングベッド

【Roi-long】ロイ・ロングのロングベッド

ショートベッドとは逆に高身長のための「ロングベッド」もあります。

通常よりも11㎝長い206㎝となっているので、身長180㎝~191㎝程度の方が快適に眠れるサイズになっています。

>>ロングベッドはこちら!

ベッドサイズの種類と選び方まとめ

ベッドサイズには一人用として、

  • セミシングル
  • シングル
  • セミダブル

の3種類が、二人用として

  • ダブル
  • クイーン

の2種類が、三人用・四人用ベッドとしては、

  • キング
  • ワイドキング

の2種類があります。

それ以外に、身長が165㎝未満の女性にはショートベッドが、身長180㎝以上男性にはロングベッドがございます。