ダブルベッドは何畳必要?4畳半・6畳・8畳のレイアウトでご説明!

高級ダブルローベッド

ダブルベッドを部屋に置くのに、何畳必要かはチェックしておきたいですよね?

基本的には4畳半の寝室でも設置する事は可能ですが、他の家具を置くのであれば、6畳は欲しいところです。

そこでこの記事では、

  • ダブルベッドのサイズと寝心地
  • ダブルベッドを4畳半に置いたレイアウト
  • ダブルベッドを6畳に置いたレイアウト
  • ダブルベッドを8畳に置いたレイアウト

について詳しくご説明したいと思います

ダブルベッドのサイズと寝心地

サイズ 長さ 人数
シングル 195㎝ 90~100㎝ 一人用
セミダブル 195㎝ 120㎝ 一人用
ダブル 195㎝ 140㎝ 二人用
クイーン 195㎝ 160㎝ 二人用

ダブルベッドのサイズは、長さ195㎝×幅140㎝となっています。

シングルベッドの2倍くらいの広さがあると思っている方も多いのですが、実際には1.4倍程度しかありません。

また、二人用ベッドとしてはダブルベッド以外に、クイーンサイズベッドもあり、こちらは幅が160㎝となっています。

ダブルベッドの寝心地

二人が快適に眠れるベッド幅

ダブルベッドは二人用ベッドですが、クイーンサイズベッドと比べると20㎝幅が狭くなっています。

一般的に熟睡出来るベッドの幅の目安は「男性の肩幅+女性の肩幅+60㎝(両サイド20㎝ずつ)」となっています。

男性の肩幅の平均が45㎝、女性の肩幅の平均が41㎝なので、146㎝の幅が本来必要なので、ダブルベッドの寝心地は少し狭くなります。

ダブルベッドを4畳半に置いたレイアウト

ダブルベッド4畳半のレイアウト

4畳半の間取りは、マンションによって異なりますが、正方形であれば縦255㎝×横255cmが一般的です。

レイアウトをご覧いただくと分かりますが、4畳半でもダブルベッドを設置する事は可能です。

但し、部屋の大半をダブルベッドが占領してしまうために、他の家具を置く余裕はありません。

4畳半は組み立てが困難

また、ダブルベッドを組み立てる時には、部材を部屋に広げて組み立てていく必要があります。

しかし、4畳半ではそのスペースを確保するのが難しくなります。

どうしても4畳半にダブルベッドを設置したい場合には、荷物を部屋に入れる前に組み立てを行うようにして下さい。

ダブルベッドを6畳に置いたレイアウト

ダブルベッド6畳のレイアウト

6畳の一般的な間取りは、縦255㎝×横340㎝となっています。

6畳あればダブルベッドを組み立てるスペースも確保出来ますし、ダブルベッドを設置した後にタンスなどの家具を置くことも可能です。

6畳におすすめのダブルベッド

タンスを1個別に購入したとしても、6畳の間取りに2人分の洋服を入れるのは難しくなります。

そのため、ダブルベッドにも収納機能を持たせた方が良いでしょう。

おすすめとしては、

  • 引き出し式収納ベッド
  • チェストベッド

の2種類になります。

引き出し式収納ベッドのおすすめ

収納付きベッド 引き出し付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き

ベッド詳細はこちら!

価格円~

こちらの商品は、シンプルモダンがおしゃれな引き出し式収納ベッドです。

フレームには「メラミン樹脂加工板」を採用しているので、木目が美しくメンテナンス性にも優れています。

2杯の引き出しにはキャスターが付いているので、開閉やベッド下の掃除に便利になっています。

耐荷重も200㎏ある頑丈設計で、床板の裏には緩衝材もあるので、お二人で寝てもきしみにくくなっています。

>>引き出し式収納ベッドはこちら!

 チェストベッドのおすすめ「Amario アーマリオ」

棚・コンセント付き 大容量チェストベッド Amario アーマリオ

ベッド詳細はこちら!

価格円~

Amario アーマリオは、最大800リットル収納できるチェストベッドです。

4杯の浅型引き出し、1杯の深型引き出し、長物収納エリアが備わっているので、ダブルベッドの広いベッド下を最大限ご使用する事が出来ます。

組み立てに必要なネジは8本だけで、設置は僅か10分で完成させる事が出来ます。

ヘッドボードには棚と2口コンセントが付いているので、二人分のスマホを充電可能です。

>>チェストベッドはこちら!

ダブルベッドを8畳に置いたレイアウト

ダブルベッド8畳のレイアウト

8畳の間取りは、縦340㎝×横340㎝の正方形が一般的となります。

ダブルベッドを設置しても、タンスやドレッサーを置く余裕があります。

また、ベッドの足元にもスペースを十分とる事が出来るので、ダブルベッドを置いても、部屋全体の動線を邪魔する事もありません。

8畳におすすめのダブルベッド

8畳の広い寝室にダブルベッドを置くのであれば、

  • 足元に引き出しがあるチェストベッド
  • 高級感のあるローベッド

がおすすめとなります。

足元に引き出しがあるチェストベッド「Fu-ton ふーとん」

チェストベッド Fu-ton ふーとん

ベッド詳細はこちら!

価格円~

 Fu-ton ふーとんは、サイドに3杯の引き出しが、足元に1杯の大型引き出しが付いているチェストベッドです。

8畳のように、足元に余裕がある間取りの場合、引き出しがフット側にある方が、取り出しやすくなります。

新婚夫婦のご家庭には、お友達やご家族の方も遊びにいらっしゃる事が多いですが、Fu-ton ふーとんなら布団一式をすぐに取り出す事が出来ます。

高級感のあるローベッド「Merkur メルクーア」

デザインローベッド Merkur メルクーア

ベッド詳細はこちら!

価格円~

Merkur メルクーアは、異素材が織りなすハーモニーが高級感溢れるローベッドです。

艶感ある上質なレザーに、木目が綺麗で、脚は「U」の字に曲がったスチールを使用しています。

ヘッドボードは7段階でリクライニングが可能なので、就寝前の二人の時間をよりロマンティックにしてくれます。

高さを抑えたロースタイルのダブルベッドにする事で、8畳の広い部屋の開放感を存分に味わう事が出来ます。

>>ローベッドはこちら!

ダブルベッド何畳まとめ

ダブルベッドは何畳必要かと言うと、設置するだけであれば4畳半でも大丈夫です。

但し組み立てや他の家具を置く事を考えると、6畳あった方良いでしょう。

8畳の間取りがあれば、足元にも余裕が出来るので、フット側に引き出しがあるチェストベッドや、高級感のあるローベッドがおすすめです。

>>ダブルベッドはこちら!