1. TOP
  2. 湿気にくくカビに強いローベッドの選び方とおすすめ商品

湿気にくくカビに強いローベッドの選び方とおすすめ商品

ローベッド
この記事は約 6 分で読めます。 31 Views
通気性に優れているベッドフレーム

これからベッドを購入しようと思っている方の中には、おしゃれなデザインで衛生的に優れているものを探している人も多いのではないでしょうか?

デザイン性に優れていて人気が高いベッドは「ローベッド」ですが、気になるのは湿気やカビと言った衛生面ですよね。

特に日本では梅雨と言う季節があるので、カビにくいベッド選びは欠かせません。

そこで、

  • ローベッドの特徴
  • 湿気やカビに強いローベッドの選び方
  • ローベッドの湿気・カビ予防方法

について詳しくご説明いたします。

ローベッドの特徴

ローベッドはその名前の通り、フローリングの少し高い位置にベッドフレームがある低めのタイプなので部屋全体の空間を広く見せることができたり、厚みのある機能性マットレスも問題なく使用することができるメリットがあります。

見た目も通常の脚付きベッドフレームに比べてスタイリッシュな印象があるので、部屋全体のレイアウトにはこだわりたいと思っている方を中心に利用する方が増えてきている特徴があります。

ローベッドの最大の特徴の一つがカビに強いという部分です。

フロアベッドの場合床にべったりベッドフレームが触れている状態なので、汗や湿気が逃げる場所がなくなりやすいのでベッドフレームとマットレス共にカビが生えてしまう可能性が高くなります。

また収納ベッドは便利ですが、ベッド下が閉め切っている状態なので、湿気がこもりやすくカビが生えやすいというデメリットがあります。

しかしローベッドの場合、下には10㎝~20㎝の隙間があるため、そこから空気が入りやすくマットレスが乾燥しやすいのでカビには強いベッドなのです。

湿気やカビに強いローベッドの選び方

元々カビに強いローベッドですが、更にカビ対策を万全にするのであれば、床板とマットレスの種類に注目して選ぶようにしましょう。

床板はすのこ

床板の種類は「すのこ」と「張り板」の2種類がありますが、カビにくいのは断然すのこになります。

板と板の間に隙間があるすのこの上にマットレスを置くことで、ベッド下から入ってきた空気がすのこの隙間を通って、マットレスの余分な湿気を取り除いてくれるのです。

マットレスの通気性をチェック

また、マットレスを選ぶときには、通気性に優れているタイプにすると良いでしょう。

人気が高いマットレスにはボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスがありますが、通気性に優れているのは「ボンネルコイルマットレス」になります。

ポケットコイルマットレスは耐圧分散が出来て、身体のラインに沿ってマットレスが支えてくれるので腰痛の方などにはおすすめなのですが、コイルが一つ一つ袋に入っているので、どうしても通気性は悪くなります。

それ以外にも、

  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • ゼルトスプリングマットレス
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス

と言ったマットレスも通気性に優れています。

抗菌・防ダニ仕様のマットレス

また、少し値段は高くなりますが、抗菌・防ダニ加工がされているマットレスの方が、カビは繁殖しにくくなります。

マットレスの内部に使われている不織布に抗菌・防ダニ加工した繊維を縫い込む事で、カビやダニからマットレスを守ってくれます。

ローベッドのカビ予防方法

ローベッドはカビの心配をそれほどする必要はありませんが、それでもメンテナンスを全くしないとカビが生えてくることもあります。

特に5月から9月の間は、湿気だけでなく気温も上がるので、カビやダニが繁殖しやすい季節になります。

また、寝ている間にたくさんの汗をかく季節でもあるために、しっかりとカビ予防をするようにしましょう。

ポイントとしては、

  • マットレスを時々立てかける
  • エアコンは除湿(ドライ)を使う
  • シーツ・カバー類を清潔にする
  • ベッドパッドを使う
  • 除湿シートを敷く

の5点です。

マットレスを時々立てかける

マットレスを敷きっぱなしにしていると、汗を吸いとったマットレスの底面は湿気やすくなります。

そのため、1週間に1回程度はマットレスを立てかけて、扇風機をかけてマットレスの除湿をしましょう。

エアコンは除湿(ドライ)を使う

夏場はエアコンを使う事も多いと思いますが、冷房よりも除湿(ドライ)を使った方がカビ対策には有効です。

カビは高温多湿を好みますが、特に湿気は大好きなので、部屋の湿度をコントロールする事が大切です。

シーツ・カバー類を清潔にする

ベッドを使う時にはシーツやカバー類は必ず掛けるようにして下さい。

人間の皮脂や汗などはカビの餌になるので、マットレスや枕、掛布団にはシーツやカバーをかけて1週間~2週間に1回は洗濯をするようにする事でカビの繁殖を抑える事が出来ます。

ベッドパッドを使う

冬場はそれほど汗をかかないですが、夏場は想像以上に汗をかいています。

ベッドパッドをマットレスの上に敷くことで、汗がマットレスに染み込むのを防いでくれます。

除湿シートを敷く

家庭環境によっては、日当たりが悪く部屋の中が常に湿気ている場合もありますよね?

そんな時には、マットレスの下に除湿シートを敷くようにしましょう。

寝ている間にかいた汗はマットレスと床板の間に溜まりますが、その余分な湿気を除湿シートが吸い取ってくれますよ。

除湿シートは汗などの余分な湿気をしっかり吸水してくれるシリカゲルなどの素材を利用しています。

給水量に応じてサイドに付いている吸水マークの色が変化するので、色味をこまめにチェックして赤く変わっていたら、除湿マットを乾かすだけで何度でも繰り返し利用することができます。

ベッドの湿気・カビ対策をすることは、ダニや虫の繁殖を抑える事でもありますし、いつでもサラサラで快適なベッドの上で眠る事が出来るので、快眠にも繋がりますよ。

おしゃれでカビに強いおすすめローベッド

Bona ボーナのローベッド

Bona ボーナのローベッドは床板がすのこになっているだけでなく、棚や収納など余分な機能は一切ありません。

シンプルなベッドフレームは、マットレスの幅よりも広くなっているステージタイプにする事も出来るおしゃれなローベッドです。

ベッド下はロボット掃除機がスムーズに入れる12㎝の高さになっていて、いつでも清潔な寝室にする事が可能。

ユニセックスなデザインはアーバンスタイルにもカジュアルスタイルにもフィットする優れものです。

マットレスの種類はたくさんありますが、中でも

  • プレミアムボンネルコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス

の2つは通気性・防ダニ・抗菌仕様なのでおすすめです。

ローベッドのカビまとめ

ローベッドは基本的にベッド下に隙間があるので通気性に優れていますが、床板をすのこ仕様にする事で、更に湿気に強くカビの生えにくいベッドにする事が出来ます。

但し、湿度と温度の高い5月から9月にかけては、マットレスを立てかけたり、カバー・シーツ類を小まめに洗濯するなどしてカビの繁殖を抑えるようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドとマットレスの選び方の注目記事を受け取ろう

通気性に優れているベッドフレーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドとマットレスの選び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

だんな

だんな

始めまして、だんなです。
ベッド通販セラピスの店長で、睡眠アドバイザーをしています。
このブログはセラピスの公式ブログで、ベッドに関する豆知識やお役立ち情報をご提供しています。
質の高い睡眠と、お部屋のインテリア性を兼ね備えたベッドを選ぶために是非活用してくださいね!
だんなのプロフィール詳細はこちら!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収納ベッドセミダブルおすすめ10選!跳ね上げ式ベッドなど人気商品をご紹介

  • 小さめベッド特集!シングルより小さい180㎝ベッドや収納付きもご紹介

  • フロアベッドセミダブルおすすめ10選!ローベッドとの違い・デメリットも紹介

  • ベッドフレームクイーンおしゃれ10選!すのこ・収納・ローベッドetc.を紹介

関連記事

  • 子供部屋に置くベッドのおすすめ8選!成長に合わせた選び方をご紹介

  • ベッドフレームの床板にカビが繁殖したときの除去方法&カビないベッド選び

  • 一人暮らし・新婚夫婦におすすめのベッドの相場とサイズは?

  • ベッドの掃除方法を一挙公開!これでマットレスのカビ・ダニ予防は完璧!

  • 敷布団があればマットレスはいらない?布団も使えるベッドはメリットがたくさん

  • 男の一人暮らしはロースタイルのダブルベッドがかっこいい!