1. TOP
  2. 寝室別【4畳半・6畳・8畳】ベッドサイズの目安とおすすめベッド

寝室別【4畳半・6畳・8畳】ベッドサイズの目安とおすすめベッド

布団で寝ている

寝室にベッドを導入する時に、大切なのは部屋に合わせた大きさを選ぶことになります。

寝室としてだけなら4畳半、一人暮らしに多いワンルームや1Kや1DKといった時には6畳や8畳が一般的ですよね?

このサイズ感を意識してベッドを購入すると失敗することがありませんので、バランスを考えて選ぶようにしてください。

ベッドの基本的なサイズを知ろう

ベッドにはシングルやダブルといった種類があり、それぞれサイズが決まっています。

デザインが異なっていても寸法はほぼ一緒なので、知っておくことによって自分が必要な品を見つけやすくなるはずです。

最適なベッドというのは目的である寝心地が良いといった部分が重要ですが、家具の中でも大きなもので場所をとってしまうので、部屋の広さを意識することも購入する時には必要になってきます。

そのためサイズを確認しておくと、部屋に置いた時のイメージがしやすくなるので事前にチェックしてください。

セミシングル 幅80~85cm
シングル 幅90~100cm
セミダブル 幅120cm
ダブル 幅140cm
クイーン 幅160~180cm
キング 幅180~200cm

ベッドのサイズを考える時に、ヘッドボードなど飾りが付くと大きくなってしまうので、必需品であるマットレスと考えると分かりやすくなります。

まず一番小さなセミシングルですが、約80㎝×長さ195㎝です。

ベッドはショート丈やロングサイズ以外は長さは寸法に違いがなく、シングルは約90㎝、セミダブルは約120㎝、ダブルが約140㎝、クイーンが約160㎝、キングが約180㎝になります。

ここで気を付けたい点としては、ベッドによってマットレスをフレームに入れる、または乗せるタイプがあることです。

少しの違いだと思われますが、これが実際に室内に置くと差が大きくなります。

高さが出ると圧迫感にも繋がってくるので、細かな部分になりますが、サイズだけではなくタイプも一緒に考えると良いものが見つけられます。

畳のサイズ

一方、畳のサイズですが、

  • 4畳半では273㎝×273㎝
  • 6畳では273㎝×364㎝
  • 8畳では364㎝×364㎝

が一般的な間取りになります。

4畳半に置くベッドの選び方

4畳半と言うと非常に狭いイメージがあるので、「ベッドを置けるのか?」、「置けるベッドに制限はあるのか?」など気になるかと思いますが、正方形の間取りであれば、

  • セミシングル
  • シングル
  • セミダブル

のいずれかのサイズであれば問題なく置くことが出来ます。

サイズだけでいうとダブルベッドやクイーンベッド、あるいはシングルベッド2台でも入るのですが、部屋の大半が埋まってしまうためにベッド以外のタンスやテレビ、机などを置くスペースがなくなってしまいます。

また、間取りによってはドアやクローゼットの開閉の邪魔をしたり、窓へのアクセスがしにくくなることも考えられます。

4畳半と言う限られたスペースにベッドを置くには、ベッドの全長と配置、それ以外の家具の配置をあらかじめ決めておかないと、後で生活しにくい環境になるので注意しましょう。

「4畳半にベッドだけを置く」と言う事であれば、

  • ロフトベッド
  • 収納ベッド
  • フロアベッド
  • ローベッド
  • 脚付きマットレス

など色々な種類のベッドから選ぶことが出来ます。

ロングサイズやヘッドボードも大丈夫

身長が高い男性であればロングサイズのベッドが欲しいでしょうし、棚やコンセント、ライトが付いている宮付きのベッドも便利なので良いですよね?

4畳半に入るのか心配する方もいるかと思いますが、正方形の4畳半であれば宮付きでロングサイズのベッドであっても余裕をもって搬入する事が出来るのでご安心ください。

4畳半で一人暮らしをするためのベッド

ベッドと部屋のサイズだけを考えると、どのようなタイプのベッドでも比較的大丈夫なのですが、ワンルームマンションに一人暮らしをされる方は収納スペースを確保しなければいけないので注意が必要です。

4畳半にベッドを置くことで部屋の半分近くがデッドスペースになるので、タンスやテレビ台などを置くのが難しくなってしまいます。

そのため、ワンルームの4畳半の場合は、

  • 引き出し式収納ベッド
  • ガス圧式跳ね上げベッド
  • ロフトベッド
  • 折りたたみベッド
  • 収納付きのソファーベッド

の中から選ぶことをおすすめします。

引き出し式収納ベッドには1段から3段の引き出しがついていますが、比較的狭い引き出しが多いので、3段あった方が良いでしょう。

ガス圧式跳ね上げベッドは、ベッド下すべてが収納庫になっているので、スーツケースなどの大きな荷物を入れる事も可能です。

部屋を思いっきり有効活用したいのであれば、ロフトベッドが一番おすすめで、上段に寝る事になりますが、下段にはテレビ台や机、タンスなどを置くことが出来るので、4畳半でも快適に生活する事が出来ますよ。

あるいは、折りたたみベッドにすれば、昼間はベッドを折りたたむことで部屋を広く使う事が出来ます。

ソファーベッドは寝心地が通常のベッドと比べると良くないと言うデメリットがありますが、ソファーとしてもベッドとしても使える上に収納付きにする事で部屋をきれいに片付ける事も出来るのでおすすめです。

4畳半におすすめしないベッド

逆にフロアベッドやローベッドにしてしまうと、見た目の開放感はあるのですが、収納出来ないために部屋が散らかってしまう可能性が高いのでお勧めできません。

6畳に置くベッドの選び方

部屋の間取りが6畳あれば比較的自由にベッドを選ぶことが出来ます。

シングルベッドやセミダブルベッドだけでなく、ダブルベッドを入れても部屋の半分以上は空きスペースとして使用出来ます。

クイーンベッドでも入りますが、その場合にはドアやクローゼットの開閉がスムーズにできるか、窓へのアクセスは可能かなどをチェックするようにしましょう。

6畳に置くおすすめのベッド

6畳に置くベッドに関しても4畳半同様収納スペースを重視した方が良いでしょう。

特にワンルームで一人暮らしをする女性の場合には、洋服や化粧品など男性よりも荷物が多くなりがちなので、収納ベッドは重宝されています。

おすすめのベッドとしては、

  • 引き出し式収納ベッド
  • ガス圧式跳ね上げベッド
  • ロフトベッド
  • 脚付きマットレス
  • ローベッド

があります。

6畳あれば部屋にタンスなどの家具も置くことが出来るので、荷物が少ない方であればローベッドや脚付きマットレスでも対応可能です。

8畳に置くベッドの選び方

部屋の間取りが8畳あれば、シングルベッドからキングベッドまで幅広い選択が可能になります。

ベッドの配置を特に考える事も必要ないですし、ドアや窓へのアクセスをするのも問題ありません。

またキングベッドを置いても空きスペースが半分程度あるので、タンスや机、テレビ台などを部屋に置くことも可能です。

8畳に置くおすすめのベッド

8畳を寝室に使用する場合には、多くの場合2人か3人で使用するのではないでしょうか?

複数人で寝る場合には、せっかく8畳と言う広い間取りがあるので、クイーンベッドやキングベッドを選択すると良いでしょう。

また、部屋の開放感を重視してフロアベッドやローベッドにすると、見た目にも気持ち良い空間が広がるのでお勧めですよ。

特に赤ちゃんや小さなお子様と一緒に寝るのであれば、フロアベッドにすることで落下による事故を防ぐことが出来ます。

一人暮らしの場合はライフスタイルも考えること

ある程度広い家に住んでいて、寝室を作っている時には6畳でもクイーンベッドやキングベッドを入れて問題はありません。

その他の用途に使うことがありませんので、自分の寝心地の良さをとことん追求すればよく、今は組み立て式のベッドも増えているので搬入するのも難しくないです。

寝相が悪い人なら大きなサイズの方が心身に負担がなくなりますし、夫婦や赤ちゃんを加えて3人で眠る場合にも、クイーンやキングサイズがゆったりと眠れます。

ただ眠りを重視したくとも、4畳半や6畳一間で生活環境も兼ねている時には、シングルの方が良いでしょう。

食事や趣味を楽しむ場所として、ある程度のスペースが必要になってきます。

特に一人暮らしの場合はワンルームや1Kといった狭い室内が多く、家具や持ち物はベッドだけではないので、生活するスペースを考えて選ばなければいけません。

部屋の広さだけではなく、どのように使用するのか目的に合わせてサイズを決めていくことが必要です。

この時にライフスタイルも関係してきて、仕事が忙しく寝に帰るだけ、休日はアクティブに出かけるタイプで外食が多くなると、生活するスペースの必要性がなくなるので寝やすさを考えてベッドを選ぶことができます。

大切なのは自分にとって最適な空間を作りだしていく、この点になり、見た目だけではなくサイズも重要になります。

4畳半・6畳・8畳のベッドまとめ

部屋にベッドを導入する時は、スペースや目的を考えて最適なサイズを選ぶことが必要になります。

間取りも4畳半・6畳・8畳までさまざまなものがありますが、4畳半や6畳で一人暮らしをしながら生活環境も兼ねている場合には収納が大切になってきます。

また、4畳半の間取りはかなり狭いイメージがありますが、寝室としてだけで使用するのであれば、シングルベッドやセミダブルベッドはもちろん、クイーンベッドやシングルベッド2台を置くことも出来ます。

逆に8畳あればクイーンベッドやキングベッドでも余裕をもって入れる事が出来ますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

布団で寝ている

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • すのこベッドのギシギシとしたきしみ音の対策方法&きしまないすのこベッド

  • 新婚のためのベッドの選び方。ダブルベッドとクイーンベッドはどちらがおすすめ?

  • 一人暮らしにおすすめのベッド8種類をランキングにしてみた

  • 一人でも出来るベッドの移動方法。段ボール・毛布・軍手で簡単模様替え

  • 二人用に最適なベッド選びのポイント。恋人と夫婦で違うおすすめのベッド