寝心地の良いベッドランキング&最高の寝心地!ホテルダブルクッション

寝返りベッドの選び方
  • 腰痛・肩こりに悩まされている…
  • 安くて寝心地の良いベッドが欲しい!
  • 最高の寝心地のベッドで寝たい!

日本人は平均睡眠時間が先進国の中でも特に短く、更に腰痛や肩こりは国民病とも称される程たくさんの方が悩んでいます。

私はベッドショップオーナーで、睡眠・寝具指導士の資格も持っていますが、寝起きに腰や背中が痛い方はベッドやマットレスが合っていない可能性が高いと言えます。

そこでこの記事では、寝心地が良いと言われているメーカーの主要商品に加えて、ネット購入できるおすすめマットレスをご紹介します。

この記事を読めば、快適な睡眠を手に入れる事が出来ますよ。

寝心地の良いベッドメーカー6選+ニトリ・IKEA

快適な寝心地のベッド

国内で販売されているベッドメーカーは国内、海外共に数多くありますが、その中でも寝心地が良く品質の高さが評価されているベッドメーカーは、

  1. シモンズ
  2. シーリー
  3. サータ
  4. 日本ベッド
  5. フランスベッド
  6. テンピュール

が人気ランキングでも挙げられている高級ベッドです。

中でも日本ベッドとフランスベッドは日本メーカーと言う事もあり、日本の風土や日本人の体形に特化しているので寝心地が良いので有名です。

また、ニトリIKEAも根強い人気があるので、それぞれの特徴をご紹介いたします。

1.シモンズ

シモンズのベッド

シモンズは、アメリカで1870年に創業した100年以上の歴史を持つ老舗メーカーです。

シモンズ製のベッドは高品質なポケットコイルが使用されており、高い衝撃吸収効果がある事から驚異的なクッション性や高い耐久度が魅力です。

シモンズは、より寝心地の良いベッドを作るために、時代の最先端をいく睡眠科学を商品の研究開発に取り入れています。

ノンレム睡眠とレム睡眠はどのようなメカニズムになっているのか、ベッドの素材や機能がどのように睡眠の質を左右するか、などを科学的に解き明かしながらより優れたベッド作りを進めています。

また、日本シモンズでは数値化できない人間の感覚までも反映させるために、感性工学の観点を商品作りに取り入れ、産学提携等の試みを始めています。

シモンズのおすすめマットレス


シモンズ永遠のスタンダード『ゴールデンバリュー』は、高品質なスプリングのサポート力をしっかりと感じる、ほどよい硬さで多くの方に選ばれています。

少し硬めの寝心地は、体重が重たい方でもしっかりとサポートして快適な睡眠を取る事が出来ます。

2.シーリー

シーリーのベッド

シーリーは、全米シェアNO.1と売り上げランキングでも上位に来る定番メーカーです。

マットレスの特徴として独自のポスチャーテックコイルを採用して、身体を横にした時に感じる寝心地の良さを優先出来ます。

身体にかかる体圧を分散させる能力に優れているなど、整形外科医と連携して商品開発をしているだけの事はあります。

シーリーは、心地よい眠りを常に科学的な視点から考えていて、手で触ってみて「寝心地が良さそうだ」という曖昧な感覚ではなく、実際に体を横たえたときの本物の快適さを追求してきました。

そして誕生したのが、どんな体型や体重の方にも、つねに理想の寝姿勢をサポート「ポスチャーテックコイル(米国特許取得)」です。

シーリーのおすすめマットレス

シーリーベッド ロンド3 マットレス単体のみ シングル チタンコレクション

シーリーベッド ロンド3 マットレス シングル チタンコレクション

237,600円

シーリーの「ロンド3 マットレス」は、体の部位によって異なる素材を使用しているのが最大の特徴です。

背中や腰の部分はラテックス素材でサポート力を強化。

肩とふくらはぎには低反発素材を、そして頭とつま先にはウレタン素材で適度な反発力を与えています。

3.サータ

サータのベッド

サータは人体に適したソフトタッチの硬いマットレスが売りで、火災に対する安全性基準をクリアしているなど安全性の高さも人気の理由です。

サータのポケットコイルマットレスは、マットレスへの荷重のかかる度合いに応じて1.9ミリと2.0ミリの2つの異なる太さ(線径)のポケットコイルを使用しています。

人の体は頭部、胸部、腰・臀部、脚部の5つで構成されており、一般的に頭部8%、背部33%、臀部44%、脚部15%の割合で荷重がかかるといわれています。

一番荷重のかかる腰・臀部に少し太めの線径2.0ミリのポケットコイルを配置し補強する事で、バランスの良い荷重分散と高い耐久性を実現しているのがサータのマットレスの特徴です。

サータのおすすめマットレス

マットレス サータ(serta) アニバーサリー36 シングル ポケットコイルマットレス

サータ(serta) アニバーサリー36 シングル ポケットコイルマットレス

80,000円

サータの「アニバーサリー36 シングル ポケットコイルマットレス」は、アメリカの一流ホテルに選ばれている人気マットレスです。

ポケットコイルには最高水準のカーボンやマンガンを使用していて、優れた耐圧分散性を誇っています。

4.日本ベッド

日本ベッド

日本ベッドは国内マットレスのパイオニアメーカーで、芸術品のような細かい手間と職人たちの思いがこもった国産ベッドとしてランキングでも上位に来ています。

日本ベッドのマットレスは長期の耐久性を考えて作られているのが特徴です。

商品化の際には、JIS規格のクリアは当然として、それ以上の検査を行っています。

垂直荷重は100kgで必ず8万回。他にもローリング試験機というローラーをゴロゴロさせる機械で、150kgの負荷をかけて試験します。

片道転がすと寝返り5回分ぐらいの負荷、往復では10回分の負荷になりますが、通常ならこれを5千回やればいいところ、日本ベッドでは1万回行います。

日本ベッドのマットレスは全てポケットコイルマットレスですが、コイル数はシモンズと比べても2倍の1200 個(シングルサイズ)を組み込んだ超高密度構造になっています。

日本人の体格に合わせた高級マットレスで、最高の寝心地を得たい方におすすめのメーカーです。

日本ベッドのおすすめマットレス


日本ベッドのマットレスは、きめ細かく身体を支える優しい寝心地の「シルキー」と、大きめのコイルがしっかりと支える「ビーズ」の2種類に分ける事が出来ます。

おすすめは、「シルキーポケット(ウール入)」で、硬さもハード・レギュラー・ソフトの3種類があります。

体重が軽い女性や子供であれば「ソフト」を、体重が重たい男性は「ハード」を選ぶと部分的な落ち込みもなく適度な弾力で支えてくれますよ。

5.フランスベッド

フランスベッド

フランスベッドは国内メーカーということもあり、日本人の骨格や身体を研究しながら、高温多湿な住環境に適して日本人に相応しいベッドを作り続けています。

フランスベッドの特徴である「高密度連続スプリングマットレス」は、「スプリング」と言うマットレス内部のバネを、たった1本の銅線から編み上げたことにあります。

相互につながったスプリングが体圧を均等に受け止めるため、一部分の落ち込みがなく、耐久性にも優れています。

また、高温多湿という日本の風土気候を考え、個々のスプリングには布でつつむなどの加工を避け、通気性を確保。快適な眠りを提供しています。

フランスベッドのおすすめマットレス

マルチラススーパースプリングマットレス

フランスベッド製マットレス【マルチラススーパースプリングマットレス】

51,219円~

フランスベッドで人気が高いマットレスとして、

  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • ゼルトスプリングマットレス
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス

があります。

いずれも、高密度連続スプリングを採用して、耐久性・通気性・耐圧分散性に優れています。

中でもマルチラススーパースプリングマットレスは、衛生マットレスとして全日本ベッド工業会の認定を受けていて、カビやダニなど睡眠を邪魔する要素を排除しています。

寝心地が良いマットレスの中では、比較的値段も安く、コスパに優れているおすすめ商品です。

6.テンピュール

テンピュールのマットレス

テンピュールのマットレスは、もともとNASAがロケット発射時に宇宙飛行士にかかる重力を緩和するために開発した事から始まっています。

柔らかく包み込むような寝心地の低反発マットレスとして人気が高く、最高の品質を維持するために製品の試験を継続的に実施しています。

テンピュールはNASAによって「認定技術」ロゴの使用を認可された、唯一のマットレス・ピローブランドで、世界98か国で販売されている人気ブランドです。

テンピュールのおすすめマットレス


TEMPUR 三つ折りマットレスは、厚みが6cmでシングルサイズに特化したマットレスです。

3分割に折りたたむ事が出来るので、転勤が多いサラリーマンや、遠征が多いアスリートに人気が高くなっています。

 

寝具の買い換えの際にフトンシンプルを選びました。使い始めの頃は少し硬いかなと感じたものの、日が経つにつれて体に馴染んでくる感覚があり、非常にグッスリと眠れる様になりました。

当初は子供には子供用のベッドで寝せるつもりで居たのが、一度テンピュールのマットレスで寝たあとは自分用のベッドでは寝たがらなくなってしまい、新たにもう一つ買い足すという想定外な事態になってしまいましたが、家族みんな寝心地の良さを気に入っています。

 

7.ニトリ

ニトリのベッド

「お値段以上ニトリ」のフレーズで有名な、日本国内で最も身近な家具販売店の一つがニトリと言われています。

ニトリは海外メーカー、国内メーカーのマットレスやベッドフレームを取り扱う他に、自社工場でオリジナルの家具を製作していて、メーカーとしても販売店としても日本有数の家具屋として人気です。

ニトリで取り扱われているベッドの特徴として、利用者のニーズや用途に合わせて幅広い選択肢が用意されていることが挙げられます。

新社会人や大学生など、一人暮らしに合わせたリーズナブルで設置しやすいベッドは、数千円から購入出来ますし、寝心地を追求した高品質ベッドは10万円を超えるなど高価な製品も取り扱っています。

オリジナルブランドの寝具はもちろん、大手メーカーであるシーリーやフランスベッドも取り扱いをしています。

8.IKEA

IKEAのベッド

IKEAは、北欧雑貨をメインに扱っている海外屈指の家具専門店です。

ベッドに限らず様々なインテリア家具を取り扱っているため、店舗全体の規模が大きく豊富な品揃えが人気です。

マットレスも豊富で、数千円で購入できるフレームや、10万円以内でフレームとマットレスが購入出来るなど、一般的なメーカーよりも安く購入出来る特徴があります。

海外の家具販売店を利用する上で多くの方が不安に感じる事は、万が一体に合わなかった時のサポート保証と言われます。

IKEAはマットレスは購入後90日以内であれば、他のマットレスに交換できる制度が設けられています。

マットレスの種類によっては25年保証といった長期間の保証サポートが受けられるので、長年愛用するマットレスも安心して購入出来ます。

史上最高の寝心地!「ホテルダブルクッション」脚付きマットレス

寝心地が良いベッドを選ぶときに、有名ブランドを選ぶと失敗する事はありません。

ただし、出来れば低予算で最高の寝心地を得たいですよね?

私が「史上最高の寝心地のベッドだ!」と感じているおすすめベッドとしては、「ホテルダブルクッション」脚付きマットレスボトムベッドがあります。

「ホテルダブルクッション」脚付きマットレスボトムベッド

ホテルダブルクッション-脚付きマットレスボトムベッド

ホテルダブルクッション 脚付きマットレスボトムベッド

サイズクッション価格
セミシングル~キング高密度ボンネルコイル26,795円~

こちらは「ホテルダブルクッション」と呼ばれている脚付きマットレスですが、高級ベッドのウッドスプリング同様にベッド本体にもスプリングが内蔵されているのが特徴です。

床板部分に当たる「ベッド本体」に高密度ボンネルコイルを使用する事で、耐圧分散性・耐久性が抜群に優れています。

余分な機能を一切省く事でコストカットを実現しながらも、寝心地はどんな一流ブランドにも負けていません。

男性におすすめのマットレス

プレミアムボンネルコイルマットレス

「ホテルダブルクッション」脚付きマットレスボトムベッドは、7種類のマットレスから選べます。

中でも男性におすすめなのが、「プレミアムボンネルマットレス」です!

寝心地は硬めで、重たい男性の体重をしっかりとした反発力で受け止めてくれます。

コイル数は高密度ボンネルコイルを400個配置していて、細かな体の動きにも対応します。

通気性に優れていて、防臭・防ダニ加工が施されているので衛生的な環境で睡眠を取れます。

女性・子供におすすめのマットレス

プレミアム2層ポケットコイルマットレス

一方、女性や子供のマットレスであれば、「プレミアム2層ポケットコイルマットレス」がおすすめです。

こちらは、高密度ポケットコイルマットレスを2層に重ねてあり、高い耐圧分散性を誇っています。

抗菌・防臭・防ダニ加工が施されていて、衛生面でも優れています。

マットレスは「ソフト」で、シルクを配合する事で、表面が柔らかく肌触りが優しい寝心地になっています。

また、高弾力ウレタンを入れる事で、柔らかい寝心地でありながらも、適度な反発力があるので寝返りもうちやすくなっています。

寝心地の良さはマットレスで決まる

マットレスに横たわっている

ベッドの寝心地を決めるのは、マットレスの良し悪しにかかっています。

ベッドフレームも床板をすのこにする事で通気性が良くなり、多少はさらさらとした快適な寝心地になりますが、一番重要なのはどんなマットレスを使用するかです。

とは言っても、マットレスの種類は多いのでどれにすれば良いのか分からないというのが本音ではないでしょうか?

そこでここでは、ベッドを購入した時に選べるマットレスの種類と特徴についてご紹介します。

もちろん、ベッドフレームだけを購入して、マットレスを自分好みのものにするのも一つの方法ではあるのですが、セットで購入した方が安くて品質が高いものを選ぶことが出来るのでおすすめです。

一般的に、ベッド購入時に選べるマットレスは、スプリングマットレスに限られています。

スプリングマットレス主な種類

スプリングマットレス

スプリングマットレスを価格の安い順番に並べると、

ですが、「高い=寝心地が良い」というわけではありません。

マットレスは体格に合わせて硬さを決める

大切なのは、自分の体格や体質に合わせた硬さのマットレスを選ぶことです。

マットレスの硬さは大きく分けて、

  • ソフト(ポケットコイル各種)
  • 普通(ボンネルコイル、ポケットコイル)
  • 硬め(ボンネルコイル、マルチラススーパースプリング、ゼルトスプリング各種)

の3種類ですが、ご使用する方の体重を目安にするのが最も確かです。

ソフト(~体重40㎏)

仲の良い姉妹

硬さが「ソフト」のマットレスは、主に体重が40㎏未満の子供や細身の女性におすすめとなっています。

体重が軽い方が硬めのマットレスで寝ると反発力に体重が負けてしまい、腰や背中が浮いた状態で寝る事になります。

体重に比べて硬すぎるマットレスは疲労が抜けにくいだけでなく、筋肉が圧迫されるので痛みの原因になる事があるので注意しましょう。

普通(体重40㎏~70㎏)

女性

体重が40㎏~70㎏の平均的な体格の成人男女は、普通の硬さが一番しっくりきます。

背骨のラインが綺麗なS字を描いて、重たい臀部や足が適度に沈み込むので体全体をマットレスが支えてくれます。

硬め(体重70㎏~)

体重が重い男性

体重が70㎏を超えるガッシリ体系の方は、硬めのマットレスで体重をしっかり支えるようにしましょう。

体重が重たい方が柔らかすぎるマットレスで寝ると、腰が「く」の字に折れ曲がってしまい圧迫するので腰痛の原因となるので注意して下さい。

ベッドマットレスの選び方より引用

腰痛や肩こりがあるかどうか

腰痛

それ以外に重要視したいのが、腰痛や肩こりがあるかどうかです。

腰痛や肩こりが酷ければ、「耐圧分散」と記載されているマットレスを選ぶことで、沈みがちな腰や肩をマットレスがサポートしてくれます。

マットレスのその他の機能にも注目

防ダニ・抗菌加工のマットレス

また、マットレスのその他の機能についても注目して見ましょう。

通気性・抗菌・防臭、防ダニと言った機能が備わっていると、カビやダニからマットレスを守れて快適に使用出来ます。

またマットレスの湿気を逃がすアイレット(空気孔)が付いていると、梅雨の時期も蒸れずにさらさらとした寝心地を得られます。

寝心地の良いマットレスのおすすめ

シモンズなど最高級のベッドマットレスを購入するのも良いですが、ブランド品は値段が高いのがネックですよね?

そこで、お手ごろ価格でありながらも口コミで人気が高いベッドマットレスのおすすめ商品を3つご紹介します。

MLILY エムリリー 優反発シリーズ

エムリリー優反発マットレス

【エムリリー 優反発シリーズ】

サイズ厚み価格
セミシングル~ダブル5cm(トッパー)、8cm、11cm18,980円~

MLILY エムリリー 優反発シリーズは、マンチェスターユナイテッドと提携しているマットレスです。

優反発フォームと高反発オープンセルを合わせているのが特徴で、優反発フォームが優しい寝心地に、高反発オープンセルが体をしっかりとサポートしてくれます。

但し、5cmはトッパーなので一枚だけの使用は控えてください。

雲の安らぎマットレス極

雲の安らぎマットレス極

雲の安らぎマットレス極

サイズ厚み価格
シングル~ダブル27cm98000円~

テレビや雑誌で取り上げられている有名マットレスで、楽天ランキングやYahoo!ショッピングでも1位を獲得しています。

  • 27㎝の極厚マットレス
  • 3Dスプリング高反発構造
  • 6.5インチのス極上コイル
  • 理想の反発力
  • 抜群の通気性
  • 抜群の保温性
  • 防ダニ・抗菌・防臭
  • 完全日本製

とこだわり抜いているだけあり、優れた耐圧分散性で腰痛や肩こり、疲れが取れないなどの症状がある方におすすめです。

金額は高いですが、60日間返金保証がついているので腰痛の方は試してみましょう。

但し、27cmと分厚いのでベッドが高くなり過ぎないかチェックしましょう。

高反発マットレスモットン

モットンのマットレス

腰痛対策マットレス【モットン】

サイズ厚み価格
シングル~ダブル10cm39800円~

腰痛対策マットレス【モットン】は知っている方も多いと思いますが、一番の特徴はマットレスの硬さを選べる事です。

硬さの目安は体重により異なり、モットンでは、

  • 140N(体重:~45㎏)
  • 170N(体重:45㎏~80㎏)
  • 280N(体重:80㎏~)

の3つから自分の体格に合わせて選ぶように推奨しています。

90日間の返金保証付きなので、万が一気に入らなかったとしても損をしないのは嬉しいですね。

マットレスの寝心地が悪くなったら・・・

マットレストッパー

マットレスの寿命は長くても10年と言われますが、ベッドの上で飛び跳ねたり、ローテーションなどのメンテナンスをしていないと早く寿命が来ます。

マットレス中央部分が凹んで寝心地が悪くなったマットレスの対策方法は、上に「マットレストッパー」を敷く事です。

マットレストッパーとは、3cm~5cm程度の薄手マットレスで、硬くなったり反発力が足りなくなったマットレスの機能を補ってくれます。

マットレストッパーを敷いても中央部分が凹んでいれば、薄手のタオルを敷いて凹みを修正してからその上にマットレストッパーを敷きましょう。

おすすめのマットレストッパー

数あるマットレストッパーの中でも、コスパに優れている人気商品をご紹介します。

エアキューブマットレス

エアキューブマットレス

エアキューブマットレス

サイズ厚み価格
セミシングル~ダブル5cm(トッパー)、10cm12980円~

エアキューブマットレスは約1830個以上※1の点が身体をバランス良く支え、体圧を均等に分散するので、身体が沈みすぎに理想的な寝姿勢へと導きます。

特徴的な事としては、独自の凹凸が特徴のキューブカットが点で支えて血行を促し、どんな体勢で寝ても耐圧分散しながら身体にフィットし自然な寝姿勢を維持する事です。

まとめ

国内で販売されているベッドメーカーはシモンズ、シーリー、サータ、フランスベッド、日本ベッド、テンピュールが寝心地が良いので有名ですが、それ以外にもニトリやイケアといったメーカーがあります。

但し安い値段で最高の寝心地を得たいなら「ホテルダブルクッション脚付きマットレス」がおすすめです。

マットレスの寝心地が悪くなったら、トッパーを敷きましょう。

関連記事