二段ベッドの地震や転落事故から子供を守る!二段ベッド必読マニュアル

元気いっぱいの子供 ベッドの選び方

兄弟姉妹がいるご家庭の子供部屋には、二段ベッドが選ばれることが多いですよね?

二段ベッドを選ぶ際には、子供が気に入るデザインや使い勝手の良さを重視すると思います。

しかし、絶対に抑えて置きたいのが「二段ベッドに子供が寝ている時の地震・転落防止」です。

二段ベッドは子供が毎日使うものだからこそ、安全性を重視して選ぶとともに怪我をしないように補強をしっかり行いましょう。

 

二段ベッドで子供が寝ている時に地震が発生すると、

  • ベッドが分割される
  • ベッドが転倒する
  • 床板が抜ける
  • 子供が転落する

と言った事態が想定できます。

そこでこの記事では、それぞれのパターンで子供を守るための具体的な方法・対策をご説明したいと思います。

ベッドが分割される

地震

ほとんどの二段ベッドは多少の地震では壊れたり、上下が分割すると言った事はありません。

落下防止のため上段と下段を固定式にして、ダボを差し込む事で地震の横揺れに強くなるようにしています。

しかし地震大国の日本では、いつ震度6を超えるような大地震が発生するか分からないですよね?

そんな大地震においても子供を守るためには、耐震機能として、

  • ダボの上下をネジで固定している
  • ダボが2か所差し込んである

のどちらかが備わっている二段ベッドを選ぶことが大切です。

ダボの上下をネジで固定している

ダボを上下ネジで固定

一番おすすめの耐震機能として、二段ベッドを連結しているダボの上下をネジで固定しているタイプがあります。

ダボを入れる事で地震の横揺れに強くなりますが、ネジで固定する事によって縦揺れにも強くする事が出来ます。

ダボを固定している二段ベッドには、『Tasso』【Silvano】シルヴァーノRedondo レドンドmyspa マイスペなどがあります。

ダボが2か所差し込んである

ダボを2本使用している

もう一つの耐震機能としては、ダボが2本挿し込んであるタイプがあります。

地震によって二段ベッドが歪むのを防いでくれると共に、横揺れに対してかなり安全性が高い機能です。

ダボが2本入れてある二段ベッドとしては、【Whentoss】ウェントスWhenwill ウェンウィルがあります。

ベッドが転倒する

地震の揺れによっては、二段ベッドが転倒する事も十分想定されます。

ロフトベッドに比べると、下段にも寝床がある事で丈夫に出来てはいますが、高さがある事には間違いありません。

万が一二段ベッドが転倒すると、上段に寝ている子供が大怪我をする事になるので、市販の地震対策グッズを活用するようにしましょう。

脚を固定する

転倒防止に一番効果を発揮してくれるのが、床面に二段ベッドを固定する方法です。

例えば、

ふんばる君
ニトムズ 家具転倒防止安定板 ふんばる君 120 M6090

この商品であればベッドの脚と床を固定する事で地震が起こっても揺れを少なくしてくれますし、二段ベッドが動くのも防止してくれます。

また、揺れによって転倒するリスクも軽減出来るので、設置段階から取り付けるようにしましょう。

二段ベッドを補強する

家具転倒防止金具

家具転倒防止金具 自在タイプ M595

これ以外にも、L字型の金具を取り付けて二段ベッドを補強する方法もおすすめです。

二段ベッドの柱と壁を金具で固定する事で、横揺れの地震にも縦揺れの地震にも強くする事が出来ます。

特にダボを固定していないタイプの二段ベッドでは、このようなL字型金具を取り付ける事でベッドが分裂・転倒するのを防ぐことが出来ます。

賃貸などではネジで固定する事が難しいケースもありますが、持ち家の方は是非お子様のためにも取り入れるようにして下さい。

床板が抜ける

二段ベッドの床板

地震の中でも「縦揺れ」が酷いケースでは、上下に子供が跳ね上がる事になります。

この時、床板の強度が十分でないと、床板が抜けてしまい下段に寝ている子供が圧迫死する危険性があります。

DIYで床板を補強する人もいますが、素人が下手に補強をすると、かえって安全性が低下する可能性があるので、購入時に耐荷重が高いものを選ぶようにして下さい。

耐荷重の目安

耐荷重が150㎏の二段ベッド

二段ベッドは幼少の頃から、中高生になるまで長く使い続けるベッドです。

そのため、耐荷重は少し余裕を見て購入する事をおすすめします。

一般的には、子供の体重の1.5倍程度の耐荷重があれば安全に使用する事が出来ると言われています。

そのため通常であれば、耐荷重が100㎏のもので問題ありません。

しかし、大震災に備えると言う観点においては、耐荷重は150㎏あるものを選ぶ方が安心できます。

耐荷重が150㎏以上ある二段ベッドとしては、【Whentoss】ウェントス【Silvano】シルヴァーノRedondo レドンドWhenwill ウェンウィルmyspa マイスペ【kinion】キニオンがあります。

子供が転落する

子供がベッドから転落している

地震発生の際に心配な事の一つに、上段から子供が転落してしまう事故があります。

二段ベッドは子供が使用する前提で作られているので、ベッドガードはある程度高めに設計されています。

しかし大震災の時には、揺れによって子供が柵を飛び越えてしまう危険性があります。

先ほどご説明した「脚を固定する」「L字金具で固定する」と言った地震対策を行う事で揺れを少なくして転落する危険性を低く出来ます。

しかし、更に万全を期すためにはサイドガードのスペックを確認するようにして下さい。

地震に強いサイドガード

二段ベッドのサイドガード

地震発生時の横揺れが激しいと、二段ベッドがいくらしっかりと連結されていても、サイドガードを飛び越えて子供が転落する危険性があります。

そのため、サイドガードはマットレスを敷いた状態でも、しっかりと高さがあるものを選ぶようにしましょう。

特に上段に小さな弟や妹を寝かせる場合には、サイドガードでぐるっと一周取り囲んでいるタイプがおすすめです。

サイドガードの高さが十分あり、ぐるっと一周囲んでいる二段ベッドとしては、【Silvano】シルヴァーノがあります。

地震に強いおすすめ二段ベッド

客観的に見て「この二段ベッドは地震対策がしっかり出来ているな~」感心しているのは、

  • Whenwill ウェンウィル
  • 【Whentoss】ウェントス
  • 【Silvano】シルヴァーノ

の3つです。

スリム2段ベッド Whenwill ウェンウィル

Whenwill ウェンウィルの二段ベッド

スリム2段ベッド Whenwill ウェンウィル

価格円~

ベッドはシングルサイズではなく幅が狭いセミシングルになっているのですが、一番のおすすめポイントは上段と下段をつないであるダボが2か所ある事です。

耐荷重も150㎏あるので、子供が成長してからも使えますし、ロータイプで棚などの機能も備わっています。

また、3種類から選べるマットレスは大人でも使用出来るものとなっているので、子供の睡眠環境にも良い影響を与えると考えられます。

デザイン自体がシンプルなので、どんな子供部屋にも合うと思いますよ。

2段ベッドにもなるワイドキングサイズベッド 【Whentoss】ウェントス

2段ベッド【Whentoss】ウェントス

2段ベッドにもなるワイドキングサイズベッド 【Whentoss】ウェントス

価格円~

 【Whentoss】ウェントスは、設計・開発段階から子供を持っている親御さんが加わって作られました。

そのため、使い勝手と安全性は非常に優れている二段ベッドです。

サイドガードは上段だけでなく、下段に取り付ける事も可能ですし、耐荷重は150㎏と高い数値になっています。

はしごも強度検査を行っている頑丈設計なので、地震発生時だけでなく普段はしごを上り下りするのにも安全に出来ています。

モダンデザイン天然木2段ベッド【Silvano】シルヴァーノ

2段ベッド【Silvano】シルヴァーノ

天然木2段ベッド【Silvano】シルヴァーノ

価格

 【Silvano】シルヴァーノはシンプルなデザインですが、耐荷重は上下ともに180㎏とかなり頑丈に作られています。

ダボは上下をネジで固定しているので、横揺れだけでなく縦揺れにもしっかり対応出来ています。

床板の裏には「サポートバー」が入っているので、底抜けを防止できるようにも作られていますよ。

>>二段ベッドはこちら!

子供の二段ベッドまとめ

二段ベッドで子供が寝ている時に地震が発生すると、

  • ベッドが分割される
  • ベッドが転倒する
  • 床板が抜ける
  • 子供が転落する

と言った事態が想定できます。

そのため耐震機能、耐荷重、柵の高さをしっかりとチェックしておきましょう。

また市販の地震対策グッズを活用する事で、より安全に二段ベッドから子供が転落する事故を防ぐことが出来ますよ。

関連記事