1. TOP
  2. ベッドのサイズ・寸法一覧表。1人・2人・3人に適したベッドの幅は?

ベッドのサイズ・寸法一覧表。1人・2人・3人に適したベッドの幅は?

ベッドのサイズ一覧

ベッドを購入しようと思ったときに、サイズ名は分かっていても実際の寸法が分からない人が一般的です。

自分の大きさに合ったものはどれか、部屋に置いたとき場合にどれくらいのスペースを占有するかなど、迷ってしまいがちです。

ここではベッドのサイズと寸法についてまとめてみましたので、選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

ベッドのサイズと寸法について

製造会社によってサイズの名称や実際の寸法に違いはありますが、基本的には小さいものから

  • セミシングル:80~90cm
  • シングル:100㎝前後
  • ワイドシングル:110㎝

となり、中型として

  • セミダブル:120㎝
  • ダブル:140㎝
  • ワイドダブル:150~155㎝

大型になると

  • クイーン:160~170㎝
  • キング:180~200㎝
  • ワイドキング:200㎝以上

などの種類があり、大きさに関わらずマットレスの長さは195センチ程度が一般的です。

更に製造会社によっては高身長用として「ロング」と呼ばれるサイズが用意されていることもあり、一般的なものより10センチ程度長い205センチ前後の長さとなっています。

セミシングルは別名SSベッドとも呼ばれることもあり横幅は80~90センチ、Sベッドと表示されることもあるシングルは100センチ前後、ワイドシングルは110センチ前後が基本です。

セミダブルはほぼ全ての製造会社で共通の120センチ、ダブルになるとぐっと大きくなり140センチですが、ワイドダブルは幅があり150~155センチとなっています。

大型でQベッドと表示されることもあるクイーンは160~170センチ、キングは180~200センチ、ワイドキングはそれ以上の幅と製造会社によって差が大きくなっていることが特徴です。

ベッドにはマットレスが必要ですが、シングルとセミダブル、ダブルまではほぼ全ての製造会社で共通ですが、それ以外の大きさになると幅に違いがあるので、購入するときは注意が必要です。

1人用に最適なベッドサイズとは

1人用ならばセミシングルかシングル、ワイドシングル、セミダブルの何れかを使用するのが一般的です。

成人男性の場合、体の幅の平均はおよそ60センチ前後と言われており、寝返りを打つのに必要な幅が30センチが基本とされているため、合計で90センチ前後がベストな幅です。

したがってセミシングルは成人男性には明らかに狭さを感じてしまうことになりますので、ベッドを置く予定の部屋が狭い場合や、小柄な女性に適している大きさと言えるでしょう。

シングルは1人で寝るための大きさとしては基本的なタイプで、特に広くも狭くもない無難な大きさですが、背が高い人の場合はロングサイズを選ぶことをおすすめします。

ワイドシングルはメーカーによっては設定されていないこともあるので、数や種類が極端に少なくなります。

幅があるので体格の大きい人には最適ですが、シングルよりも10センチ大きいだけで部屋での存在感はぐっと大きく感じてしまうので、大きめの部屋ではない場合は生活空間が少なくなってしまうので注意が必要です。

男性でも大柄な人や、寝室に重点を置いている方にはセミダブルもおすすめです。

寝返りをいくらしても1人でゆったりとくつろげるので、仕事で疲れた体と脳をしっかりと休める事が出来ます。

なお、数が少ないためベッドとマットレスを別店舗で購入しようとするとマットレスを入手できないことがあります。

ワイドシングルを扱う店舗ならばマットレスも販売しているので、購入を検討している場合はマットレスも同じインターネット通販で購入することをおすすめします。

2人以上で使うならダブル以上がおすすめ

日常的に2人で使用するなら少なくてもダブル以上がおすすめです。

セミダブルでも2人で寝ることはできますが、全メーカー共通の120センチなので1人当たり60センチとかなり狭さを感じることになります。

1人暮らしで、たまに彼氏や彼女が泊まったときに一緒に寝るような場合ならいいですが、毎日では良い睡眠がとれなくなるのであまりおすすめできません。

標準的な大きさがダブルですが、1人当たりの幅が70センチと考えると、それほどゆったりとしている訳ではありません。

1人当たり5~8センチ大きくなるだけでも寝心地には格段の差がありますので、寝室の広さに余裕がある場合はワイドダブルがおすすめです。

クイーンになると大人2人がゆったりと寝られる幅がある上、マットレスも2分割されていることが多いので相手の寝返りなどによる振動が伝わりにくいというメリットがあります。

3人以上はキング、ワイドキングサイズがおすすめ

キングになると大人2人なら余裕を感じる幅があり、夫婦の場合なら子供と一緒に寝られるだけの広さがあります。

ご夫婦と子供が2人が一緒に寝るのであれば、ワイドキングサイズにする事をおすすめします。

ただし、シングルを2つ並べた大きさで、ほぼ正方形に近いため寝室の場所をかなり占有します。

またカバーなどの種類が少ない上、洗濯を干すもの大変という難点があります。

クイーンやキングを購入予定の場合は、搬入時に寝室のドアを通すことができるかも確認しておくことが大切です。

一般的にキングサイズやワイドキングサイズに関しては、ベッドとマットレスを分割するタイプが主流になっているので、マットレスとマットレスの隙間がしっかりと連結出来るタイプのベッドを選ぶようにしましょう。

ベッドのサイズ・寸法まとめ

ベッドには用途や部屋の大きさによって「セミシングル:80~90cm」「シングル:100㎝前後」「ワイドシングル:110㎝」となり、中型として「セミダブル:120㎝」「ダブル:140㎝」「ワイドダブル:150~155㎝」。大型になると「クイーン:160~170㎝」「キング:180~200㎝」「ワイドキング:200㎝以上」となっています。

ベッドにはさまざまなサイズがありますが、メーカーによって実際の寸法に違いがあるので、購入するときは寝室のドアを全開にしたときの広さや、置く位置をメジャーなどで採寸しておくことをおすすめします。

ベッドは健康な日常を過ごすために重要な睡眠を取るための大切な家具であり、寝室の印象を左右するインテリアでもあります。

寝室が狭い場合でも収納がついているものや多機能のベッドもありますので、予算に合わせて最適なベッドを選びましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

ベッドのサイズ一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • 13種類のベッドと6種類のマットレスのおすすめ&サイズの選び方をご紹介

  • 敷布団があればマットレスはいらない?マットレスと敷布団の違い

  • すのこベッドに敷布団とマットレスでは寝心地が良いのはどっち?

  • マットレスの種類と相場について。コスパが良く長寿命なのは?

  • マットレスの厚み(高さ)は目的と体重で選ぶ!

  • マットレスの長さが180cmのショート丈ベッドは身長何センチまで大丈夫?