ダブルベッドとクイーンベッドの違いは?サイズやメリット・デメリットを考える

新婚夫婦ダブルベッド

夫婦やカップルの場合、ダブルベッドにするかクイーンベッドにするかで迷う方も多いのではないでしょうか?

「クイーンはサイズが分からないし、ダブルにしようかな~」と決めてしまうのはもったいないかもしれません。

私はベッドショップオーナーで、睡眠・寝具指導士、睡眠・寝具インストラクター、寝具ソムリエの資格を持っていますが、ダブルベッドとクイーンベッドの違いを知る事で最適なベッドを選べると考えています。

自分達に合ったものを探すためにも、それぞれのサイズやメリットとデメリットを理解しておきましょう。

ダブルベッドとクイーンベッドのサイズの違い

ダブルベッドかクイーンベッドかを決める前にそれぞれのサイズを知っておくことは大切です。

マットレスの幅マットレスの長さ人数
ダブル140cm195㎝2人用
クイーン160cm195㎝2人用

シングルベッドの横幅は90㎝~100㎝なので、ダブルベッドはシングルベッドの1.5倍程度の大きさです。

クイーンベッドはダブルベッドよりも20㎝程度幅が広くなっているのですが、ベッドで20㎝というとかなり広く感じる事が出来ます。

またクイーンベッドのサイズは、丁度セミシングルベッドが2台分となっています。

2人が快適に眠れるサイズ

2人で寝るベッド幅の目安

ダブルベッドもクイーンベッドも2人用ベッドになります。

では男女2人が快適に眠れるサイズがどうなっているかと言うと、「男性の肩幅+女性の肩幅+60㎝」です。

日本人男性の平均的な肩幅サイズは45㎝、女性では41㎝なので、快適に眠れるマットレスの幅は146㎝になります。

先ほどの表と照らし合わせてみると分かりますが、ダブルベッドでは6cm程度狭いので少し窮屈に感じます。

逆にクイーンベッドでは、ある程度余裕があるのが分かります。

恋人か夫婦かで変わってくる

カップル

ダブルベッドかクイーンベッドで悩んでいる人は2人の関係性で選ぶのがおすすめです。

例えば、

  • 恋人同士はダブルベッド
  • 夫婦はクイーンサイズベッド

と言った感じです。

また、最近はLGBTのカップルも増えているので、こちらもご紹介します。

恋人同士はダブルベッドがおすすめ

ダブルベッド

恋人同士のカップルが一緒に寝る場合は、ダブルベッドの方がお互い密着出来るので、無理にクイーンサイズを購入する必要はありません。

一般的に若い男女は筋肉や関節が柔らかいので、多少狭くてもしっかり熟睡出来ます。

また年配の方に比べると代謝が良く、細身の男女が多いのでそこまで狭く感じません。

>>販売数・満足度が高いおすすめダブルベッド10選|ベッドオーナーが大公開!

夫婦はクイーンサイズベッドがおすすめ

クイーンサイズベッド

しかし、夫婦が毎日1つのベッドで寝る場合には少し条件が変わってきます。

と言うのも、睡眠は日中溜まった疲れをしっかりとる役割があります。

疲れをあまり感じない若いカップルであれば多少狭くても問題ないですが、夫婦が毎日2人で寝るのであればお互いのスペースを確保できるクイーンサイズベッドの方が安心できます。

また同棲カップルについても、クイーンサイズベッドの方が良いでしょう。

週末だけお泊りに来るのと違い、毎日同じベッドで寝るのですからある程度のスペースを確保した方がお互いが心地よく睡眠を取る事が出来ます。

夫婦は睡眠の質が大切

新婚夫婦

新婚夫婦だからイチャイチャしたいと言う方も多いと思いますが、生活を共にすると言う事は、睡眠や仕事の事もしっかりと考える必要があります。

若い間は熟睡出来ていたとしても、今後10年以上使い続ける間に関節も硬くなり、体形もぽっちゃりしてくる可能性は十分あります。

狭いベッドではパートナーが少し寝返りをうつだけで起きてしまい、睡眠の質が低下する事で仕事のパフォーマンスも落ちてしまうかもしれません。

また、赤ちゃんが生まれてからも乳幼児の間は親子3人で寝る事も出来るので、長く愛用するクイーンベッドの方がおすすめです。

>>新婚ベッドはこちら!

LGBTのベッドは?

LGBT

また最近少しずつ社会的に認知されてきたLGBT(「Lesbian」(レズビアン、女性同性愛者)、「Gay」(ゲイ、男性同性愛者)、「Bisexual」(バイセクシュアル、両性愛者)、「Transgender」(トランスジェンダー、出生時に診断された性と自認する性の不一致))のベッドについてもご説明したいと思います。

レズビアンのベッド

レズビアン

レズビアンのカップルの場合、女性2人が寝る事になるので、必要となるベッドの幅は40㎝+40㎝+60㎝=140㎝になります。

つまりレズビアンには、ダブルベッドのサイズがぴったりです!

ゲイのベッド

ゲイ

一方、ゲイのカップルでは45㎝+45㎝+60㎝=150㎝なので、必ずクイーンサイズのベッドを選ぶようにしましょう。

もしくは、シングルベッドを2台くっつけて寝るのもおすすめの方法です。

>>シングルベッド2台くっつける時の隙間対策&おすすめの連結ベッド5選!

ちょっと一言

私の友達にもLGBTの方が何人かいて、特に幼少時代は生きにくさを感じていたようです。

「自分はおかしいのかな?」と本気で悩みますし、クラスメイトから差別を受ける事もあります。

精神的にダウンしてしまう人も多く、簡単な解決出来る問題ではありません。

友達が悩んでいるのを見ていると、こっちまで辛く感じますし、「こんな世の中はダメだろ!」とやっぱり思いますよね。

そんなLGBTの人たちが少しでも生きやすくなるために、応援出来る事はしてあげるつもりです。

2人の体型も重要

太っている男性

また、ベッドを使う人の体型を考える事も重要です。

カップルでダブルベッドを使う場合でも、片方もしくは両方が大きい場合には寝返りのスペースを考えた場合には狭く感じるかもしれません。

ダブルベッドで男性がシングルベッド分の広さを取ってしまうと、女性はシングルベッドの半分の大きさで寝なければいけないので・・・さすがに狭くて熟睡できないですよね?

その場合にはクイーンベッドのほうが広々と使う事が出来て、お互いにストレスを感じる事無く眠れるでしょう。

逆に男性も女性も細身であれば、ダブルベッドでも十分快適に眠る事が出来ます。

ダブルベッドのメリット

メリット

ダブルベッドの購入を考えている人は、まずはメリットとデメリットについて考えてみましょう。

ダブルベッドの主なメリットとしては、

  1. 省スペース
  2. 価格が安い
  3. シーツ・カバー類が豊富
  4. メンテナンスが楽
  5. 冬は人肌で温まれる
  6. 夫婦・カップルが仲良くなれる
  7. ベッドの種類が豊富

と言った事が挙げられます。

1.省スペース

まずメリットはクイーンサイズに比べて幅20㎝分のスペースが少なくて済みます。

部屋が狭い方はダブルベッドがおすすめです。

2.価格が安い

節約出来る

また通常ダブルベッドの方が、価格が1万円~3万円程度安くなっています。

ベッドにかける予算が少ない方にはダブルベッドの方がおすすめです。

3.シーツ・カバー類が豊富

綺麗なシーツ

ダブルベッドはカバー類の種類が豊富なので、自分の好きなデザインに彩れます。

最近ではAmazonや楽天でクイーンサイズのシーツ類も取り揃えてあるので、サイズが見つからないと言う事はありませんが、好みの色や柄にしたいのであればダブルベッドの方が良いでしょう。

4.メンテナンスが楽

立てかけて乾燥させているマットレス

ダブルベッドは、クイーンベッドに比べるとお手入れが楽です。

マットレスのカビを防止して寿命を長くするためには、マットレスを定期的に立てかけたり、裏表をひっくり返す必要があります。

クイーンサイズのマットレスは、大きく重たいのでメンテナンスが大変です。

しかしダブルベッドのマットレスであれば、女性でも簡単にお手入れすることが出来ますよ。

5.冬は人肌で温まれる

カップルでダブルベッドに寝ている

真冬の寒い季節は、寄り添いながら寝られるダブルベッドは最高です!

お互い肌が触れ合うので、寒い冬もアツアツで過ごす事が出来ますよ。

女性は冷え性の人が多いですが、一緒に寝ることで温まることができるのもメリットと捉える人はたくさんいます。

男性は体温が高めなので、湯たんぽいらずだと評価する女性もいるほどです。

6.夫婦・カップルが仲良くなれる

ダブルベッド一番の魅力は「夫婦・カップルが仲良くなれる」事ではないでしょうか?

どんなに喧嘩をしても一緒のベッドで寝なければいけないので、自然と仲が良くなるケースが多いようです。

就寝前のコミュニケーションは大切な時間になりますし、日々の積み重ねで心のすれ違いを避ける事が出来ます。

7.ベッドの種類が豊富

ダブルベッド一覧

クイーンやキングなど大型ベッドは、種類が限られているので好みのベッドを探しにくいデメリットがあります。

しかしシングルベッド、セミダブルベッド、ダブルベッドは需要が高いサイズなので、どこのショップでも品数豊富に取り揃えてあります。

デザイン的にもかわいいものが多く、お部屋をおしゃれに演出するのも簡単です。

ダブルベッドのデメリット

デメリット

反対にダブルベッドのデメリットは、

  1. 狭く感じやすい
  2. 寝返りの振動が相手に伝わりやすい
  3. 掛布団を2枚乗せるスペースがないかも
  4. 夏は暑苦しい

と言った事が挙げられます。

1.狭く感じやすい

ダブルベッドを購入した人の中には、思っていたよりも狭すぎて後悔した人も少なくありません。

特に男性の体格が良い場合には注意が必要です。

2.寝返りの振動が相手に伝わりやすい

ポケットコイルマットレスとボンネルコイルマットレスの違い

そして、寝返りを打った際の振動も相手に伝わりやすいので、寝ているときにストレスを感じやすいかもしれません。

特にボンネルコイルマットレスは横揺れしやすいので、夜トイレに起きた時などに相手を起こしてしまう事もあります。

そのためマットレスは耐圧分散が出来るポケットコイルマットレスやマルチラススーパースプリングマットレスなどがおすすめです。

>>ベッドマットレスの選び方

3.掛布団を2枚乗せるスペースがないかも

掛け布団

2人で1枚の掛布団を使用すると、冬場は布団の取り合いになりかねません。

逆に掛布団2枚置くと毛布などを置くスペースがなくなり、冬場はベッドの上がごちゃごちゃしてしまいます。

そのため、シングルサイズの掛布団ではなくセミシングルサイズの掛布団も考慮しましょう。

4.夏は暑苦しい

暑い

夏は2人の物理的な距離が近いので、熱気がこもり暑くなりがちです。

エアコンを付ければ解決すると思っていても、男女では快適に感じる温度に差があるので、温度設定一つで喧嘩になる事もあります。

布団がはだけた状態で寝たおかげで風邪をひいてしまったという経験は、たくさんのカップルがしています。

ダブルベッドに慣れていない時に暑さを防ごうとパートナーから離れ、ベッドから落ちてしまったという人もます。

おすすめのダブルベッド

Camilleカミーユ

棚・コンセント付きデザインすのこベッドCamilleカミーユ

ベッドの種類サイズ価格
すのこベッドシングル~ダブル27,925円~

ダブルベッドで一番人気が高いのが、Camilleカミーユです。

床板がすのこになっているので通気性も良く、おしゃれなデザインで価格も安いので、特に若いカップルにおすすめです。

無駄がなくシンプルなヘッドボードには、コンセントも2口ついているので、カップル2人が仲良く使う事が出来ますよ。

>>ダブルベッドはこちら!

クイーンベッドのメリット

メリット

クイーンベッドはダブルベッドとは違い、一体どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

まず、クイーンサイズのメリットですが

  1. 広々とストレスなく睡眠が取れる
  2. 寝返りを打っても振動が伝わりにくい
  3. 掛布団2枚使っても余裕がある

という事があります。

1.広々とストレスなく睡眠が取れる

熟睡

クイーンベッドはダブルサイズとは異なり広々としているので、お互いにストレスを感じる事無く眠ることが出来ます。

赤ちゃんと3人で寝る場合には少し狭く感じるかもしれませんが、夫婦が一緒のベッドで寝るには最適のサイズです。

2.寝返りを打っても振動が伝わりにくい

振動

また、寝返りを打っても振動が伝わりにくいので、物音に敏感な人でも安心して眠ることが出来ます。

特にマットレスが2つに分かれているタイプは、パートナーが動いても気にならないのでおすすめです。

3.掛布団2枚使っても余裕がある

クイーンサイズベッドならスペースに余裕があるので、掛布団2枚使う事が出来て、睡眠の質を向上する事も出来るでしょう。

クイーンベッドのデメリット

デメリット

一方でクイーンベッドのデメリットは、

  1. ある程度広い部屋が必要
  2. 搬入できるか確認が必要
  3. 価格は高くなる
  4. 専用のカバーの種類が少ない
  5. メンテナンスが面倒

となっています。

1.ある程度広い部屋が必要

広い寝室

クイーンベッドはスペースを沢山取るので、部屋の大きさを確認してから購入しましょう。

6畳でも入りますが、ベッドだけで部屋がいっぱいになってしますので、出来れば7畳か8畳以上は欲しいところです。

2.搬入できるか確認が必要

搬入時の注意点(エレベーター)

部屋のスペースが大丈夫でも、一体型クイーンベッドでは搬入経路を確認する必要があります。

エレベーターやドアの大きさなどを測って、予め搬入できるか確認をしておかないと、いざ設置する時になってダメでしたと言う事になりかねません。

もしもエレベーターやドアの大きさが小さくて設置出来ないようであれば、分割式のクイーンベッドと言う選択肢もあります。

3.価格は高くなる

お金

また、ダブルベッドに比べますと価格も高くなりますので、事前に予算も確認して下さい。

4.専用のカバーの種類が少ない

綺麗なシーツ

専用のカバーも種類が少ないため、シンプルなデザインになる可能性が高いので、妥協できない人はダブルサイズがおすすめです。

5.メンテナンスが面倒

最後は、ベッドのメンテナンスが面倒だという点が挙げられます。

マットレスを動かすのにかなり力がいるので、彼氏や旦那さんに頼むか、一緒に手伝ってあげるようにしましょう。

特に赤ちゃんがいるご家庭では、メンテナンスをしっかりしておかないとカビが生えた時に喘息やアレルギーを引き起こすので注意が必要です。

おすすめのクイーンベッドFRANCLIN フランクリン

モダンデザインローベッド FRANCLIN フランクリン

モダンデザインローベッド FRANCLIN フランクリン

ベッドの種類サイズ価格
ローベッドクイーン、キング68,486円~

クイーンベッドのおすすめは、モダンデザインが美しいフォルムのFRANCLIN フランクリンです。

高さを抑えたロースタイルのベッドは、寝室の雰囲気をおしゃれにしてくれるので新婚夫婦に特に人気があります。

ベッド下の高さは15㎝あるので、お掃除ロボットも入りやすく、いつでも清潔な空間に出来ますよ。

>>クイーンサイズベッドはこちら!

ダブルベッド・クイーンベッドまとめ

ダブルベッドとクイーンベッドの違いは、マットレスの幅になります。

ダブルベッドのサイズは幅が140㎝なので平均的な男女が寝るには少し狭くなりますが、密着したい恋人にはおすすめです。

一方クイーンベッドは幅が160~180㎝あるので夫婦でも快適に睡眠を取る事が出来ます。

関連記事