1. TOP
  2. ベッドの掃除方法を一挙公開!これでマットレスのカビ・ダニ予防は完璧!

ベッドの掃除方法を一挙公開!これでマットレスのカビ・ダニ予防は完璧!

ベッドを買ったものの、これまで何年もまともに掃除をしたことがないという人は結構多いのではないでしょうか?

布団であれば毎日片づけて、天気が良い日には天日干しをするのに、ベッドはたまにシーツを変えるだけと言うのはカビやダニの繁殖に繋がるので危険です。

マットレスの良し悪しが睡眠の質を変えると言っても過言ではなく、快適な眠りのためには最適な状態でマットレスを保つことが重要です。

カビやダニの生態を理解して、正しい掃除方法でカビ・ダニ予防をしましょう。

マットレスにカビ・ダニが繁殖する原因とは?

カビが繁殖する原因 ダニが繁殖する原因
皮脂、食べかすなど 人間のフケや垢、食べかす
湿気 65%以上の湿度 65%以上の湿度
温度 25度前後の高い温度 25度前後の高い温度

ベッドの中でもマットレスにカビやダニが繁殖するのはよくある事です。

カビは胞子をまき散らしたりマットレスを黒く変色させますし、ダニが繁殖しているベッドで寝ると痒くてまともに寝る事は困難です。

しかも表にあるようにどちらも同じように高温・高湿度に加えて人間のフケや皮脂などを餌とするので、寝具であるマットレスはカビやダニにとっては格好の住処になってしまうのです。

カビとダニは全く異なる生物ですが、どちらも喘息やアレルギーを引き起こすので丁寧なメンテナンスと掃除が大切になってきます。

とは言っても、カビとダニは似たような環境下において大量発生するので、ベッドの掃除さえしっかりしていればどちらも繁殖する事はありません。

ベッドのカビ・ダニ予防のポイントとなるのは、

  • 餌をなくす
  • 湿度を下げる
  • 温度を下げる

の3つです。

餌をなくす

人間の皮脂や汗、フケなどが付着しているマットレスやシーツ・カバー類を清潔にする事が何よりのカビ・ダニ予防に繋がります。

また、ダニの種類の中にはカビを餌にするものもあり、カビが生えるだけでダニ繁殖のリスクが高まる事もあります。

シーツ・カバーを掛けて洗濯する

マットレスはそのままで使用すると寝ている時に皮脂や汗、フケが付着するので必ずシーツをかけるようにします。

枕や布団も同様にシーツやカバーをかけて、1週間~2週間に1回は洗濯するようにしましょう。

マットレスに掃除機をかける

また、マットレスも定期的に掃除機でホコリや食べかす、ダニの死骸などを掃除する事が大切です。

最近では、ダニを吸い取れると謳っている「サイクロン式掃除機」や、「UV照射」でダニを殺して吸い取るという布団クリーナーなどがあるので、ダニの被害が甚大な場合には購入するのもおすすめです。

この時、マットレスの片面だけ掃除機をかけても、ダニは裏側に逃げるので不十分です。

面倒でも必ずマットレスの両面を掃除するようにしましょう。

また、かける方向も縦方向と横方向の両方からすると効果もアップします。

ベッドの下のホコリも掃除する

収納付きベッドなどで良くあるのが、ベッドの下を全く掃除していないケースです。

引き出しなどが付いているので、ベッド下に掃除機が入らないのでそのまま放置する人が多いのですが、ホコリの中にはダニの餌となる髪の毛や食べこぼしなどがたくさん含まれているので、ベッド下の掃除も行うようにして下さい。

湿度を下げる

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
63 65 73 75 69 73 65 58

マットレスでカビ発生やダニ繁殖というトラブルが発生してしまう第二の元凶は湿気です。

日本の平均湿度は、5月から10月にかけて65%を上回るので、この季節にしっかりとベッドの湿気を下げる必要があります。

人は一晩でコップ1杯から2杯分の汗をかくと言われていますが、その汗はマットレスと床板の間に溜まってきます。

特にフロアベッドといった床面との隙間がないようなベッドでは湿気の逃げ場がなく、マットレスの下にカビが生えやすくなります。

除湿シート・ベッドパッドを敷く

ベッドの湿度を下げるのに効果があるのがマットレスの下に敷く「除湿シート」とマットレスの上に敷く「ベッドパッド」です。

除湿シートはマットレスから伝ってきた湿気を取り除く事が出来て、ベッドパッドは寝ている時にかいた汗を吸い取る役割があります。

この2つを使う事でベッドの湿気はかなり減らす事が出来ますよ。

マットレスを立てかける

マットレスは敷きっぱなしにしないで、部屋の中で良いので時々立てかけるようにしましょう。

空気に触れる事で余分な湿気を外に追い出す事が出来るので、掃除機をかける時に半日ほど立てかけると良いでしょう。

また、梅雨時など湿度が特に高い季節は窓を開けてもマットレスの中の湿気を十分に除湿する事が出来ません。

そのため、立てかけている時に扇風機で風を送ったり、エアコンの除湿(ドライ)を付けてしっかり乾燥させてください。

布団乾燥機を使う

かなり除湿効果が高い方法として、布団乾燥機があります。

マットレスと掛け布団の間に布団乾燥機を入れて、乾燥させることでカビを防止して、ダニもかなり減らす事が出来ます。

注意点としては、ダニはダニの糞や死骸も餌とするので、布団乾燥機を付けた後でもしっかりと掃除機で吸い取るようにしましょう。

ベッドは日当たりの良い場所に置く

ベッド自体を日の当たる場所に移動するのもおすすめの方法です。

逆に、全く日の当たらない部屋で窓もカーテンも閉め切っているようであれば、カビが大繁殖するので注意しましょう。

温度を下げる

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
14.7度 20度 22度 27.3度 26.4度 22.8度 16.8度

日本の平均気温がカビやダニの好む20度を超えるのは、5月から9月までです。

この時期は湿度も上昇するので相乗効果でカビとダニが大発生しやすくなります。

温度をコントロールできるのは、エアコンの冷房が一番ですが、湿気をなくすことも大切なので、出来れば除湿(ドライ)を使った方がカビ・ダニ予防には効果的です。

マットレスはシーツ・カバー類が大切

マットレスを適切な方法でメンテナンスを行うことは、快適な眠りを得るために大切であると共に、製品としての寿命を延ばす事にも繋がってきます。

どんなに高級なマットレスでもカビやダニが大繁殖してしまっては、買い替えを検討するしかありませんよね?

そうならないためにも、マットレスを使う時にはその上に直接寝るのではなく、

  • ベッドシーツ
  • ベッドパッド

を敷いて寝るようにしましょう。

シーツとベッドパッドは自宅でこまめに洗濯できる素材の製品を購入し、洗い替え用に2枚か3枚持っておくと安心ですよ。

ベッドパッドではなく敷布団をマットレスの上に置く人もいますが、湿気がさらにこもってしまう原因となるため避けておく方が無難です(毎日片づけるのであれば問題ありませんが)。

掃除しやすいベッドを選ぶ

これからベッドを買おうとしている人は、カビやダニが繁殖しにくく、掃除がしやすいベッドを選ぶのも大切です。

特徴としては、

  • 床板がすのこになっている
  • ベッド下に空間がある
  • マットレスは通気性が良く、抗菌仕様のものを選ぶ

の3点です。

床板がすのこになっている

最近人気が高い「すのこベッド」は床板がすのこ状になっている事で、下からの空気が通りやすく湿気を抑える事が出来ます。

ベッド下に空間がある

フロアベッドや収納ベッドの場合、どうしても掃除機をかけにくいので、ベッド下に10㎝以上隙間があるベッドを選ぶようにしましょう。

掃除機を小まめにかけているだけでも、カビやダニの繁殖は抑える事が出来ますよ。

マットレスは通気性が良く、防ダニ・抗菌仕様のものを選ぶ

マットレスにはポケットコイルマットレスのコイルが一つ一つ袋に入っていて独立しているために通気性が悪いものと、ボンネルコイルマットレスのようにコイルが連結していて通気性に優れているものがあります。

また、マットレスの生地に防ダニ・抗菌加工を施した不織布を縫い込んでいるものもあります。

おすすめのマットレスとしては、

  • ボンネルコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • ゼルトスプリングマットレス
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス

の4種類ですが、中でも羊毛入りゼルトスプリングマットレスは「アイレット」と言うマットレスの中の湿度や温度を一定に保つ空気孔が付いているのでカビ・ダニ予防には最適なマットレスです。

掃除がしやすいおすすめのベッド

Bona ボーナのローベッド

「Bona ボーナ」のローベッドは、ロータイプですが、ベッド下には12㎝の隙間があるのでお掃除ロボットなども使えるベッドです。

床板はすのこになっているので通気性に優れていて、シンプルなデザインなのでマットレスの立てかけや、ベッドフレームの拭き掃除も簡単にする事が出来ますよ。

Bona ボーナのマットレス一覧

また、マットレスの中では、通気性・防ダニ・抗菌加工に優れている「プレミアムボンネルコイルマットレス」か、「マルチラススーパースプリングマットレス」を選ぶとメンテナンスがしやすいですね。

ベッドの掃除まとめ

敷布団を敷いて毎日上げ下ろしをするよりもはるかに便利なベッドとマットレスですが、敷きっぱなしの状態は高温多湿の日本ではカビやダニなどの発生リスクをどうしても高めてしまいます。

ベッドでの心地良い睡眠をキープするためには適切な掃除とメンテナンスは欠かせなません。

夏場は特に除湿シートやエアコンの除湿機能なども活用して、裏面の湿気対策も怠らないように気を付けることが大事です。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • 赤ちゃんが産まれたらベビーベッドを買う?それとも1つのベッドで3人寝る?

  • マットレスの正しいダニ退治方法。布団乾燥機や掃除機でしっかり防止!

  • ウォールナット柄ベッドのおしゃれなポイント

  • 一人でも出来るベッドの移動方法。段ボール・毛布・軍手で簡単模様替え

  • 社会人男性の大人の雰囲気を漂わせるベッドの選び方とおすすめ3選!

  • 赤ちゃんと添い寝がしやすいベッドの選び方。寝返りによる転落・落下事故に注意!