ベッドに小さい虫が!!マットレスに生息する虫の種類と対策・駆除方法

チャタテムシ ベッドの豆知識

身体と心の疲れを日々癒してくれるベッドですが、自分でも気付かないうちに小さな虫のすみかになっているかもしれません。

毎日使うものにたくさん虫が付いているなんて、とても耐えられないないですよね?

こちらではどうして虫がつくのか、またどうやって駆除するのかなどの対策をご紹介します。

正しい駆除方法でベッドを綺麗にし、より良い睡眠を手に入れましょう。

虫が生息する原因は湿気!

チャタテムシ

そもそもいったいなぜベッドに虫が付いてしまうのでしょうか。

「ベッドの上で食べ物を食べたり、お風呂に入らずに寝てしまうこともないのに」と思う方も多いかと思います。

しかし多くの虫は食べ物や汚れが原因で発生するわけではありません。

ではいったい何が原因なのか、実はマットレスにこもった湿気なんです。

マットレスは通気性を良くする構造にされてはいますが、完全に湿気を逃せていません。

寝ている間、人はコップ1杯分つまり250mlほどの汗をかくといわれています。

小さな子どもはもっと汗をかきますし、年齢に関わらず夏の間はさらに多くの汗をかきます。

この汗はマットレスの裏側に蓄積しカビを発生させてしまいます。

虫は湿気で増えたカビを食べる

マットレスは大きくて重いものが多いため、定期的に天日干しをしたり風通しの良い場所に動かしてたてかけるということが難しく、さまざまな寝具の中でも手入れがしにくいものです。

またマットレスを床に直接置いていたり、ベッドの下の収納やベッドと床の間に物を詰め込みすぎていると、その分湿気が逃げづらくなりよりカビが発生しやすくなってしまいます。

虫の多くはこのカビを食べていきているので、たくさん繁殖してしまうということになります。

自分では清潔だと思っていたマットレスが実はちいさな虫たちにとっての最高のすみかとなってしまっているのです。

ベッドに生息する虫の種類

カビを餌にしている虫には主に

  • チャタテムシ
  • ヒメマルカツオブシムシ

の2つの種類がいます。

大きさや見た目に特徴があるので、もしベッドやマットレスにいるのを見つけたら次のことからどちらの種類なのかを特定できます。

チャタテムシ

まず、大きさが1mmから3ミリほどで触角が生えており、色が薄透明な茶色や黒色などの場合、それは「チャタテムシ」といわれるものです。

チャタテムシ

チャタテムシ

あまり聞かない名前でしょうが、

日本家屋にはまず間違いなく生息しているといわれています。

たまに「トコジラミ」というものと間違えられますが、トコジラミはチャタテムシよりも大きい5mmから7mmほどの大きさで、カビではなく血を吸って餌にしているため全く違うものです。

またトコジラミは現在日本ではほとんど見られなくなっています。

チャタテムシはあまりにも小さいため目をこらさなければ見えず、見つけてもぴょんぴょんと跳び回っているためつぶしたり捕まえたりしにくいです。

梅雨時から10月にかけて活発に活動しており、1匹見つかれば何匹もいると思ってよいでしょう。

チャタテムシが与える2つの害

チャタテムシ自体に刺咬の恐れは無いので、実害は少ないのですが、放置しておくと

  • ツメダニの繁殖につながる
  • アレルギー反応を引き起こす

と言った悪影響が出てきます。

ツメダニの繁殖につながる

チャタテムシの引き起こす悪影響で一番問題になるのが、「ツメダニの繁殖につながる」という事です。

チャタテムシはツメダニ(人を刺す)の餌になるので、チャタテムシの存在がツメダニの繁殖につながるのです。

チャタテムシを放っておくとツメダニが増え、いずれ刺咬被害に遭ってしまう可能性があります。

アレルギー反応を引き起こす

チャタテムシの死がいを吸ってしまう事で、喘息などのアレルギーを引き起こしてしまうことがあります。

チャタテムシがいるという事は、「カビ」や「ツメダニ」もセットでいると考えた方が良いので、マットレスの湿気を改善しないといずれ病気になってしまうかもしれません。

特に赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭では、チャタテムシはすぐに駆除はするようにしましょう。

>>喘息の方のベッド選び8つのポイント&おすすめすのこベッド5選

チャタテムシの駆除方法

チャタテムシの有効な駆除方法としては、

  1. 除湿
  2. カビ取り
  3. バルサン
  4. ハーブタイプのスプレー

の4つの方法があります。

1.除湿

チャタテムシは、気温が25度以下、湿度が55%以下では成長しないといわれています。

活動が活発になる梅雨時期から夏の終わりくらいの間は、マットレスの除湿をすることで繁殖を予防することが出来ます。

そのため、マットレスの下に除湿シートを敷いたり、エアコンの除湿(ドライ)を付けるなどしましょう。

2.カビ取り

マットレスのカビ

チャタテムシは、主にカビを餌にしているので、駆除方法としてはカビを取り除くのが一番大切です。

マットレスの裏側を見て、カビが繁殖しているようであれば、それがチャタテムシの繁殖の原因なので、しっかりとカビ取りを行いましょう。

消毒用エタノールでカビ取り

マットレスのカビ取りには消毒用エタノールで消毒するのも効果的です。

エタノールをカビにスプレーして、1時間ほどおいて浸透するのを待ちます。

その後、ぬるま湯で湿らせた雑巾で、カビを拭き取ります。

ポイントは、こすらずにつまみ取るように拭くことです。

一回ではカビが落ちない事があるので、数回繰り返し行うようにして下さい。

あまり強くないチャタテムシは、アルコール消毒スプレーでカビを消毒すると、チャタテムシの餌となるカビやホコリ、フケなどの人の皮脂などの酵母が除菌されるため、エサが無くなって次第に減っていきます。

>>マットレスのカビ取りをする方法とカビが繁殖しないようにする予防法

3.バルサン

バルサンを焚くと部屋中のチャタテムシを駆除できるのでおすすめです。

但しマットレスを敷いたままだと、チャタテムシやカビが繁殖しやすいマットレスの裏側の駆除が不十分になる可能性があるので、マットレスを立てかけた状態でバルサンを使うようにしましょう。

4.ハーブタイプのスプレー

バルサンは強力にチャタテムシを駆除できますが、寝具に使うのに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

そういう場合は、薬局やドラッグストアなどに置いてある殺虫成分が入っていないハーブタイプのスプレーをマットレスに吹き付ける事をおすすめします。

高い防虫力があり、効果が1カ月ほど持続します。

ただし原料がハーブであるため、どうしてもハーブ特有のにおいがあります。

ハーブが苦手な人は店員の方に確認してにおいがあまり強くないものを選ぶのが良いでしょう。

ヒメマルカツオブシムシ

そしてもう1つの虫ですが、ゴマつぶより少し大きいくらいで、ふさふさした毛のようなものが生えた茶色の虫の場合は「ヒメマルカツオブシムシ」というものの幼虫です。

ヒメマルカツオブシムシ

ヒメマルカツオブシムシ

カビだけでなく人間の皮脂や角質などの汚れも餌にするため、ベッドだけでなく衣類にも就いていることがあります。

餌がほとんどなく絶食状態が続いても半年以上生き延びるというすさまじい生命力がありとても厄介です。

ヒメマルカツオブシムシの害

ヒメカツオブシムシが発生する大きな原因は、洋服を干している時に衣類に付着して家の中に侵入して、そこで卵を産み繁殖してしまうのです。

成虫は幼虫と違い寿命は約1ヵ月ほどですが、その間に20~100個の卵を産み、数粒~10個くらいを衣類に産み付けるようです。

その卵がすべて孵化し、幼虫に成長すると考えると恐ろしいですよね・・・

ヒメマルカツオブシムシは衣類の虫食いの原因となる虫です。

ほこりやカビ、シーツやマットレスの繊維を食べる事で繁殖します。

衣類を食べるのはヒメマルカツオブシムシの幼虫で、成虫になると野外に飛んでいき花の蜜や花粉を食べます。

虫食い以外の実害はないのですが、大量に発生しているとなると気持ちの良いものではないですよね?

ヒメマルカツオブシムシの駆除方法

殺虫剤を撒いている

チャタテムシとヒメカツオブシムシ、どちらも殺虫剤には弱いので、根本的に駆除するならバルサンなどの燻煙剤が良く効きます。

また、ヒメマルカツオブシムシにもハーブタイプのスプレーでマットレスに寄せ付けさせない事も出来ます。

しかし、それ以外にも

  1. シーツ類を洗濯する
  2. 虫干しをする
  3. 部屋を掃除する

と言った対策が大切です。

1.シーツ類を洗濯する

カビや人間の皮脂などを餌にしているヒメカツオブシムシの駆除にはベッドシーツや枕カバー、ベッドパッドを洗濯する事が効果的です。

夏場は1週間に1回、冬場でも2週間に1回はシーツ類をまとめて洗うようにしましょう。

2.虫干しをする

ヒメマルカツオブシムシは、湿度の高いところを好みます。

窓をあけた状態でマットレスを立てかける事で、湿気を追い出す事が出来ます。

もしも梅雨など外気の湿度が高い場合には、エアコンのドライをつけた状態でマットレスを半日ほど立てかけておきましょう。

3.部屋を掃除する

ヒメマルカツオブシムシは、床に落ちたホコリや人間・ペットの毛なども餌にします。

マットレスだけでなく、ベッドの下などホコリが溜まりやすい場所も徹底して掃除をするようにして下さい。

買い替えも検討する

一般的にマットレスの寿命は3年から5年、どんなに長くても10年は持たないと言われています。

しかしマットレスは1度購入したら買い替えずそのままなんてこともありますよね?

もしチャタテムシやヒメカツオブシムシを発見し、同じマットレスを10年以上使い続けているという場合は、これを機に新しいマットレスに交換することを検討してみるのも良いかもしれません。

ベッドの虫まとめ

ちいさな虫が何匹も自分のベッドに潜んでいるなんて、想像しただけでも気分が悪くなりますよね。

ベッドに生息する主な虫には「チャタテムシ」と「ヒメマルカツオブシムシ」の2種類がいますが、正しい対策や駆除方法をしていれば被害を最低限で抑えることができます。

また発生する原因を理解しそれを取り除くことで、虫がわかないようにすることも出来ますし、アレルギーの解消にも役立ちますよ。

関連記事