1. TOP
  2. セミシングルベッドのサイズや寝心地は?ショート丈のセミシングルでスッキリ!

セミシングルベッドのサイズや寝心地は?ショート丈のセミシングルでスッキリ!

 2018/05/28 セミシングルベッド ショート丈ベッド
この記事は約 9 分で読めます。 109 Views
シングルベッド

ベッドのサイズを選ぶ上では、部屋の広さや寝心地の事も考えながら選ばなくてはなりません。

大きい方が寝やすいからと言って、無理に大きなサイズを選んでしまうと、部屋の中が狭くなってしまいます。

部屋が狭くならない為には適切なサイズを選ばなくてはなりませんが、セミシングルベッドというサイズもありますので、自分に合うかを検討してみて下さい。

セミシングルベッドのサイズ

ベッドサイズ 長さ
セミシングル 80~85cm 195㎝
シングル 90~100cm 195㎝
セミダブル 120cm 195㎝
ショート 180㎝

セミシングルベッドのサイズは横幅がシングルサイズが90~100㎝に対して、80~85㎝程度と10㎝程度狭くなっています。

ベッドのサイズはメーカーによって異なるので、インターネット通販の場合には購入前に必ずサイズを確認するようにしましょう。

セミシングルベッド特有の長さ「ショート丈」

また、セミシングルベッドの長さはシングルサイズと変わらないもの以外にも、「ショート丈」と言うものもあります。

体の小さな女性や子供などは、横幅も狭くて済みますが、長さもショート丈にする事でより部屋を広く使う事が出来ます。

長さは通常のセミシングルベッドに比べて、約15㎝程度短い180㎝の長さになっています。

ショート丈のセミシングルベッドを使う人の伸長の目安としては、大きくても155cm程度の方が良いでしょう。

それ以上身長がある人の場合、足をゆったりと延ばす事が出来ずに窮屈な姿勢のまま睡眠をとる事になります。

睡眠は日々の疲れを取るだけでなく、日中のパフォーマンスを上げるためにも、健康でいるためにも必要不可欠なものです。

少し小さいベッドで寝るだけと高を括っていると、後で後悔してしまうので注意してくださいね。

セミシングルベッドは体が小さい人には最適

体が大きな人は狭いベッドであれば寝心地が悪くなってしまいますので、通常のシングルサイズが必要になりますが、体が小さい人はその必要がありません。

せっかく大きなベッドを用意したとしても使わない部分が多くなりますので大きさの無駄遣いになってしまいます。

セミシングル・ショート丈の目安と寝心地

ベッドのサイズには快適な寝心地を得るための目安があるのですが、長さで言うと「身長+15㎝」、幅は「肩幅+40㎝」となっています。

女性の肩幅の平均は40㎝なので、セミシングルサイズでも問題ありませんし、身長も平均的な女性であればショートベッドで十分です。

子供であればいずれは大きくなるので大きいサイズを選んでおいてもいいですが、大人の場合はそれ以上身長が伸びる事もないでしょう。

小柄な人か、子供用でも「中学校を卒業するまで」と言ったように、一時的に使用する場合などはセミシングルベッドがおすすめです。

また、身体が小さくても寝相が悪い人の場合はセミシングルベッドの場合、寝心地が悪くなる可能性もあります。

以前は寝返りをするのは熟睡していないと考えられていましたが、現在では睡眠中に適度に寝返りをする方が睡眠の質が高い事がわかっています。

セミシングルベッドでもある程度寝返りをするスペースを確保できるくらい小柄な人でなあれば、購入しても問題ありませんよ。

ショートベッドは可愛いデザインが多い

また、ショートベッドは通常女性が使用する事が多いので、デザインもカントリー調や北欧風など可愛らしいものが多くなっています。

通常のシングルサイズでは男性が使用する事も多いので、男女どちらがが使用しても大丈夫なようにユニセックス的なデザインが多いので、少し女の子らしい部屋にしたい方におすすめですよ。

部屋の間取りが狭いのであればセミシングルベッドを考える

学生の一人暮らしなど狭い部屋の中であらゆる家具を置こうと思っても部屋が狭くなるだけですので、本当に必要な家具を選んで決めなくてはなりません。

厳選した中でどうしてもベッドが欲しいのであれば本当に置くことが出来るかを考えてみましょう。

普通サイズのベッドを置くとなれば部屋が狭くなるのは間違いありませんが、布団で寝るのは嫌だと思うのであれば、ベッドのサイズを確認して部屋に置いた時にどれくらいのスペースがなくなるかを確認しましょう。

セミシングルベッドのメリットとしては、ベッドを置いても部屋に圧迫感を与えず、広々と使える事です。

一般的なシングルサイズのベッドは横幅が100cm程度のものが多いですが、セミシングルベッドの場合はそれよりも小さなサイズになっています。

主なサイズとしては80cm~85cmが多いですので、普通サイズと比べても15~20cmくらいは小さくなります。

寝るスペースは狭くなりますが、その分だけ部屋にゆとりが出来るのも確かです。

女性であれば、洋服や化粧品なども男性と比べて多くなりがちですので、セミシングルベッドにして余ったスペースを収納に使うのも良いでしょう。

二つを組み合わせて使いたい場合

新婚家庭の場合は、一緒のベッドで寝たいと思うかもしれませんが、神経質な人の場合は相手の寝返りでも目が覚めてしまう事がありますよね?

寝返りを打つ時にはベッドに振動が伝わる事になるので、一緒のベッドで寝ていると目が覚めやすくなってしまうからです。

だからと言って別々のベッドで寝るのが寂しいのであれば、セミシングルベッドを二つくっつけて利用する方法もあります。

セミシングルベッドを二つ組み合わせるという事は、クイーンサイズくらいの大きさにすることが出来ますので、かなりの大きさになります。

それだけ広ければお互いゆっくり眠ることが出来ますし、それぞれのベッドで寝る事になるので、寝返りをしても振動が伝わりません。

もちろん初めからクイーンベッドを1台購入しても良いのですが、建物や間取りによっては搬入する事が出来ない場合もあるので、そう言ったケースではセミシングルベッドを2台並べる事をおすすめします。

セミシングルベッドを二つくっつけて使用することによって、近くで眠る事も出来て、安眠も出来るのであればメリットが広がります。

何年かたった時に、少し距離を置いて眠りたいと考えるようになった時でも、セミシングルベッドを離して使用する事も出来るので、使い勝手が良くなります。

2人で寝るのであれば大きなタイプを購入すると考えるようになりますが、無理に大きなサイズを購入する必要はありません。

自分達の使い勝手がいい選び方をした方がいいですので、セミシングルベッドを候補に挙げて考えてみるといいでしょう。

セミシングルベッドのおすすめ

それではセミシングルベッドの中でも人気が高い商品を幾つかご紹介いたします。

大容量ベッド下収納 『Ecru』 エクル

『Ecru』 エクル ショートベッド

価格円~

まずは『Ecru』 エクルですが、こちらのベッドは、

  • セミシングル&ショート丈のベッド
  • シングルサイズのベッド
  • セミダブルサイズのベッド

の3種類から選べるようになっています。

デザインはカントリー調でパイン材の天然木を使用している女性に大人気のベッドです。

ベッド下には大容量の収納が可能で、マットレスでも布団でも使用出来るようになっています。

また、床板はすのこ仕様なので、通気性が良く湿気やカビに強いのも魅力です。

脚付きマットレス「ボトムベッド」

脚付きマットレスボトムベッド

価格円~

続いてのセミシングルベッドは、脚付きマットレス「ボトムベッド」と言う商品です。

セミシングルベッドの魅力の一つにコンパクトになっていると言うのがありますが、脚付きマットレスは余分な機能を一切取り除いているシンプル設計になっています。

価格も安く部屋を広く使う事が出来るのですが、通常の脚付きマットレスはマットレスに直接脚を付けるので、マットレスを裏返す事も出来ませんし、mattressだけの交換も出来ないので、すぐに寿命が来てしまうと言うデメリットがありました。

こちらの脚付きマットレス「ボトムベッド」は、本体とマットレスを分ける事で価格は安いままで、メンテナンス性を高めた商品になっています。

サイズはセミシングル~キングサイズまで幅広くラインナップしているので、お部屋の大きさに合わせてお好きなものを選ぶことが出来ますよ。

ガス圧式跳ね上げ収納ベッド Lunalight ルナライト

ガス圧式跳ね上げ収納ベッド Lunalight ルナライト

価格円~

収納するスペースは魅力的ですが、引き出しタイプの場合にはベッドの横に50㎝程度のスペースを空けておかないと引き出す事が出来ないですよね?

そんな時には跳ね上げタイプの収納ベッドがおすすめです。

ベッド下が丸々収納庫になっているので、とにかく圧倒的な収納力が魅力なのですが、マットレス毎跳ね上げるので引き出しのスペースが不要になっています。

特に布団やカーペットなど長物の収納には困る事がありますが、 Lunalight ルナライトなら布団でもスーツケースでもすっきりと片づける事が出来ますよ。

一人暮らしの方はもちろんですが、2台並べてご夫婦で使用するのにもおすすめのベッドです。

セミシングルベッドまとめ

セミシングルベッドのサイズは横幅がシングルの場合が90~100㎝に対して、80~85㎝程度になります。

また、セミシングルベッド特有のサイズとして「ショート丈」と言うベッドもあるので、小柄な女性や子供さんにとっては候補の一つとして考えても良いでしょう。

睡眠中はある程度寝返りをする方が睡眠の質が高いと言われているので、セミシングルベッドでもスムーズに寝返りが出来る人にとっては、部屋を広々として使えるのでおすすめですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドとマットレスの選び方の注目記事を受け取ろう

シングルベッド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドとマットレスの選び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

だんな

だんな

始めまして、だんなです。
ベッド通販セラピスの店長で、睡眠アドバイザーをしています。
このブログはセラピスの公式ブログで、ベッドに関する豆知識やお役立ち情報をご提供しています。
質の高い睡眠と、お部屋のインテリア性を兼ね備えたベッドを選ぶために是非活用してくださいね!
だんなのプロフィール詳細はこちら!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収納ベッドセミダブルおすすめ10選!跳ね上げ式ベッドなど人気商品をご紹介

  • 小さめベッド特集!シングルより小さい180㎝ベッドや収納付きもご紹介

  • フロアベッドセミダブルおすすめ10選!ローベッドとの違い・デメリットも紹介

  • ベッドフレームクイーンおしゃれ10選!すのこ・収納・ローベッドetc.を紹介

関連記事

  • 一人暮らしの女性に人気のベッドサイズは?7割の女性がシングルベッドを選ぶ理由

  • すのこベッドセミシングルおすすめ10選!ショート丈・収納etcを紹介

  • 子供部屋に置くベッドのおすすめ8選!成長に合わせた選び方をご紹介

  • ショートベッドのサイズ&セミダブルなどショート丈おすすめ5選

  • 後悔しない一人暮らしのベッドの選び方とおすすめ9選!

  • 敷布団があればマットレスはいらない?布団も使えるベッドはメリットがたくさん