1. TOP
  2. 体重が重い人でも大丈夫!丈夫で頑丈なベッド(ベッドフレーム・マットレス)の選び方

体重が重い人でも大丈夫!丈夫で頑丈なベッド(ベッドフレーム・マットレス)の選び方

耐荷重600㎏のベッド

ベッドは一度購入するとなかなか交換する機会が少ない家具になりますよね?

そのため、購入時には失敗しないようにベッド選びを行うことが何よりですが、その選択肢の中には丈夫さをチェックすることも大切でしょう。

耐荷重に優れているものを選ぶことで丈夫な家具として長く愛用する事が出来ますし、体重が重たい人が寝てもひび割れや破損の心配をする必要もありませんよ。

丈夫なベッドフレームの選び方

ベッドを選ぶときには、丈夫さを売りにしているものをチェックしてみることも一つの方法です。

利用される方の体重が軽い人(70㎏未満)の場合では大きな問題になることが少ないものですが、体重がある程度大きな方のケースでは、ベッドフレームが体重をしっかりと支える事が出来るのか心配ですよね?

丈夫なベッドを見分けるポイントには、

  • 耐荷重
  • JIS規格

の2つのポイントがあります。

耐荷重の計算方法と目安

耐荷重とはベッドがどの程度の重さまで耐えられるかと言う強度の目安として使われています。

勘違いしてほしくない事として、耐荷重=寝る人の体重ではないと言う事です。

耐荷重はあくまでベッドフレームにかかる荷重の目安になるので、例えば体重80㎏の人であれば、そこにマットレスの重量約20㎏、布団や毛布などの寝具の重さ約5㎏になります。

単純計算では80kg+20kg+5kg=105kgとなるのですが、耐荷重の数値はベッドに乗っている人が動かない状態の「静荷重」が基本になっています。

そのため実際には寝返りをした時や起き上がる時には瞬間的に荷重が加わるので、150㎏くらいの耐荷重がないと安心して使用する事は出来ません。

体重が100㎏を超えるような重たい人のケースでも、200キロ程度の耐荷重があれば問題にならないでしょう。

一方でダブルベッドやクイーンベッドなど二人で使うことを検討しているケースでは、二人分の体重と寝具を合わせた重さで検討することになります。

耐荷重は「安全マージン」と言ってメーカーがある程度余裕を持って算出しているので、耐荷重を超えたからすぐに破損するというものではありませんが、弱いベッドを購入してしまうと、ドスンと腰を下ろした時に破損してしまう可能性も否定できないので、購入時には利用者の体型等に合わせてできるだけ耐荷重が大きい丈夫で頑丈なものを選び出すことが必要です。

JIS規格による床板の検査

また耐荷重とは別にJIS(日本工業規格)でもベッドに関する規格が定められており、マットレス、脚部、サイドフレーム、床板に決められた荷重をかけて加圧後、材料に割れや亀裂がないかと言った事を確認する試験が各メーカーで実施されています。

例えば床板の検査方法では、

-床板の強度試験-床板の強度試験は,床板をもつ形式のベッドについて,床板単体で行う。

床板の両端 20 mm を支持した状態で,300 mm×500 mm の加圧板を 500 mm 辺をベッド長さ方向に床板中央部に当てて 2 000 N まで加圧し,1 分間,加圧したまま保持する。

加圧するとき,荷重が均一にかかるよう配慮する。

加圧を除去した後に,材料の割れ,き裂などの有無を調べる。

JIS S 1102:2004 住宅用普通ベッド – 日本工業規格の簡易閲覧より引用
となっています。

JIS規格に準じた検査を行っているかどうかも、カタログなどに記載されていますので、チェックするようにしましょう。

丈夫なベッドの種類と特徴

丈夫なベッド選びを行うには、その種類や特徴を把握することが肝心です。

柱となる脚の状態をチェックしてみて、太めの素材を使っているのであれば耐荷重が十分に高い可能性があります。

フロアベッド・ローベッドは丈夫

一般的なベッドの場合では、重心を低く設定することで丈夫さを保つことができるので、フロアベッドやローベッドなどロータイプの種類に分類されているものが非常に頑丈な傾向にあります。

サイドフレームが頑丈

サイドフレームにも注目してみることも欠かせませんよね。

普通のタイプでは木材を使ってサイドフレームにしているものが非常に多いのですが、このフレームが十分な幅や厚みを持っているタイプも丈夫なベッドの特徴になります。

また、サイドフレームに収納が備わっているベッド(引き出しタイプ・チェストタイプ・跳ね上げベッド)では骨組みが多くなっているので頑丈なベッドが多くなっています。

ベッド自体の構造が頑丈

一方でロータイプではなく普通の高さのものであっても表示されている耐荷重が非常に大きなものも存在しています。

このタイプの場合でも、ヘッド部分やフット部分、サイドフレーム部分や床板を合わせて、全てのパーツ類が丈夫な木材を使って作られていることが基本になるので、素材を見極めることも大切なことです。

合板でも十分な耐久性を持たせているものがありますが、無垢材であっても一枚板を使っていて、かなりの丈夫さを披露しているものもあるので、素材についてこだわってみることも良い方法でしょう。

まずは、できるだけ重厚感の感じられるタイプが種類としては基本になるので、見た目でチェックした上で素材や耐荷重を調べてみることがおすすめではないでしょうか。

耐荷重が低いベッドの種類と特徴

逆に耐荷重が低いベッドとしては、

  • ロフトベッド
  • 二段ベッド
  • パイプベッド

があります。

ロフトベッドと二段ベッドは高さがあるために、構造上どうしても耐荷重は低くなりがちですし、パイプベッドの中には細いパイプでくみ上げているものが多く、少しの重みできしみ音がするなど、重たい人が寝るベッドとしては不適切なベッドが多くあります。

耐荷重600㎏のすのこベッドが凄い!

【SFORZA】スフォルツァのすのこベッド

「とにかく頑丈なベッドが欲しい!」と言う方におすすめのベッドが「【SFORZA】スフォルツァ」のすのこベッドになります。

見た感じでも丈夫さが伝わってくるベッドですが、耐荷重はなんと600㎏もあります。

マットレスの寿命は長くて10年ですが、このベッドフレームは何十年と買い替える必要がないかもしれません。

使い勝手にも優れていて、ベッド下には衣装ケースを入れておくには便利なスペースがありますし、床板は20㎝もある頑丈なすのこ仕様なので、梅雨時や夏場など温度や湿度が高い時期でも快適に寝る事が出来ます。

シンプルな棚にはコンセントも付いているので、スマホの充電などにも困りません。

ベッドの上で飛び跳ねたりすると、マットレスが痛むことはありますが、ベッドフレームが壊れたりひび割れる心配は皆無と言えます。

体重が重い人のベッドの選び方

普通の方のケースでは体重は40キロ台から70キロ台の方が多い傾向にありますよね。

しかし、体重が重い人のケースでは、80キロや100キロを超えた体重の方がいますし、このような方が寝室にベッドを置く際には注意が必要です。

体重が重い人が一人で就寝する際には耐荷重が200キロ超えのもの、二人で就寝する際には400キロ以上のものを選ぶことで問題なく利用することができるでしょう。

ロフトベッドや二段ベッドなど寝る位置が高い種類の場合では、余計に負荷が掛かってしまう恐れがあるので、できるだけフロアベッドやローベッドなど低いタイプのものを選択してみることも一つの方法です。

床板の厚みをチェック

フレームや脚の部分が頑丈で、壊れることなく利用することができても、実際には床板が破損してしまうという事例も少なくありません。

そのため、体重が重いと感じている人のケースでは、床板を十分にチェックしてみる必要があります。

一般的にすのこベッドの場合では、床板の厚みは10㎝程度が主流ですが、体重が重たい人は15㎝以上厚みがあった方が良いでしょう。

実店舗では実際に寝る体験を行うことができる展示品を見つけることができますし、インターネット上の通販ショップでも耐荷重やJIS規格の表記が用意されているものも多いので、体重が重くても相応しいベッドを見つけることは出来ますよ。

体重が重たい人のマットレス選び

体重が重たい人のマットレスは

  • 高反発マットレスで硬めのマットレス
  • 厚みがある

の2つが基本になります。

高反発マットレスで硬めのマットレス

昔流行った柔らかい低反発マットレスで寝ると、腰やお尻など体の重たい部分が沈み込みすぎてしまい、しかも反発力がないのでスムーズに寝返りをすることが出来ずに翌日まで疲れを引きずってしまいます。

そのため、硬めの高反発マットレスで寝返りをしっかりサポートしてくれるものがおすすめです。

マットレスの硬さ

具体的には、ボンネルコイルマットレスやマルチラススーパースプリングマットレスなどが該当します。

厚みがある

また、体重が重たい人が10㎝程度の薄いマットレスで寝ると、背中や腰が床板に当たってしまうために、寝心地が悪く起きた時に体の節々が痛くなってしまいます。

そのため、薄型マットレスではなく、通常のスプリングマットレスかそれ以上厚みのあるものを選ぶようにしましょう。

丈夫なベッドまとめ

頑丈なベッド(ベッドフレーム)であれば耐久性があるので長く愛用する事が出来ますし、体重が重い人でも安心して寝る事が出来ます。

丈夫さを求めるならば「耐荷重」や「JIS規格」をチェックしてご自身の体重にマットレスなどの寝具を足した数値が耐荷重を超えないようにする事が大切です。

また、ロフトベッドや二段ベッドなど高さがあるベッドではなく、フロアベッドやローベッドなどロータイプのベッドの方が安定性に優れていますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドとマットレスの選び方の注目記事を受け取ろう

耐荷重600㎏のベッド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドとマットレスの選び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドおすすめメーカー10選!ベッドフレームとマットレス一覧をご紹介

  • セミダブルベッドのおすすめ10選!ちょっと贅沢な1人用ベッドの人気ランキング

  • 階段付きロフトベッドの選び方と人気ランキングBEST8!木製やセミダブルも!

  • 収納すのこベッドのおすすめ7選!引き出し式や折りたたみタイプもご紹介!

関連記事

  • レザーベッドは白のフレームとマットレスでおしゃれにコーディネート

  • すのこベッドに敷布団とマットレスでは寝心地が良いのはどっち?

  • マットレスのカビ取りをする方法とカビが繁殖しないようにする予防法

  • 学生の一人暮らしにおすすめ「おしゃれベッド5選」が激安価格!

  • メリット・デメリットを考えると分割可能でロータイプの二段ベッドがおすすめ

  • 地震や転落事故などから子供を守れる二段ベッド必読マニュアル