割れやすいベッドの板の特徴と床板が割れた時の修理・交換方法

すのこマットレス ベッドフレーム

せっかく購入した念願のベッドであっても、床板が直ぐに破損してしまっては、台無しですよね?

ある程度のお金を掛けて良いベッドを購入する必要もありますが、最初から壊れにくいベッドを購入することにより、後から後悔してしまうことが無くなるでしょう。

もしも床板が壊れてしまっても対策方法はあるので、是非参照してみてください。

ベッドの床板に使用されている材質と特徴

すのこ床板

木製ベッドの場合では、その多くの商品に布団やマットを敷く面に床板が設置されていることになります。

体重を乗せる非常に大切な場所でもあり、少しでも良品を選び出すことも良い方法ではないでしょうか。

無垢材の特徴

無垢材

実際に使用されている材質については、無垢材に分類できるものがメインです。

【無垢材とは】
一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したものの事で、木本来の質感、風合いという面で魅力があり、化学物質を含まない自然素材としても注目されています。一番の特長として調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、『縮む』『膨らむ』という性質があります。また、コンクリートの約2倍とも言われる優れた断熱性があり、周囲の温度に影響されにくいため夏は涼しく、冬は暖かい環境を生み出してくれます。

コトバンクより引用)

品質の高いベッドの殆どに採用されていて、無垢材の中でも硬めの素材、さらに水に強い性質を持っているものが多く使われています。

カビに対しても強い傾向にあるので、ベッドの湿気を逃がしやすいと言った特徴や、長期間にわたって安全に使える特徴などがメインでしょう。

次に合板を使っている床も存在しています。

合板の特徴

【合板とは】
奇数枚の薄い単板(ベニヤ板)を、繊維方向が互いに直交するように接着剤で貼り合わせて一枚の板としたもの。プライウッド。俗にベニヤ板と言います。
コトバンクより引用)

合板の場合は強化された木材に仕上がっていることが多く、その殆どがベッドに対応しているものなので、十分な耐用性を持っています。

この合板タイプの特徴は、複層状に接着されていて、異なる種類の木材を使っていることになるので、側面をチェックすると直ぐに判断することが出来ます。

合板を使用しているベッドでは、無垢材と比較した場合では耐久性が劣ってしまう可能性もあります。

しかし複層タイプであっても強度をしっかりと持たせているものも流通しているので、購入を検討する際には床部分にも注目してみるようにしましょう。

割れやすい床板の特徴

ひび割れしている板

ベッドの床板の場合、殆どのタイプでかなりの強度を発揮しているものですが、種類によっては割れやすい状態のものも見つけることができます。

割れやすいと判断できる素材については、まずは厚さをチェックすることが良い方法です。

合板であっても見た目が薄い状態の木材の場合では、短期間にて破損してしまうリスクが高まるので該当するベッドの購入は避けることが賢明でしょう。

目安として床板の厚みが2㎝あれば耐久性に問題はないと判断する事が出来ます。

配置による構造もチェックしてみることがおすすめになります。

例えば広い面積を数枚に分けてベニヤに近い木材を使っているベッドも存在しています。

非常に軽量で移動が簡単なベッドになりますが、ベニヤ板を使っているタイプでは、直ぐに湾曲してしまったり、割れてしまったり、カビが多く繁殖してしまう可能性もあるのでこの点にも注意が必要です。

無垢材を使っていても、その厚みにチェックをすることもでき、強度が弱いと見た目で判断できるものに関しては、購入を控えるか、販売店やメーカーが公表している耐荷重などをチェックしてみることも必要でしょう。

割れやすい床板の場合では、素人でも見た目で判断することは十分に可能なので、もしもマット付きで売られているベッドであっても、その下の床の状態をチェックしてみることも欠かせません。

ネット通販で販売されているベッドでも判断することが簡単な写真が掲載されていることも多い傾向にあるので、購入する際には材質や厚みを点検することが良い方法でしょう。

厚み以外でチェック出来る項目

寝具店で現物を見る場合には床板の厚みを確認する事が出来ますが、インターネット通販ではなかなかカタログに記載されていないようです。

その場合には、

  • 耐荷重
  • 耐久性

のいずれか一つをチェックするようにして下さい。

耐荷重

ベッドの耐荷重

耐荷重の数値はベッド全体に均等に荷重がかかったときに耐えられる荷重のことですが、購入するベッドのサイズによっても必要な耐荷重は変わってきます。

例えばシングルベッドであれば1人が寝るだけなので、耐荷重は120㎏程度あれば大丈夫ですが、クイーンベッドの場合には2人が寝る事が想定すると倍の耐荷重があった方が良いでしょう。

この時注意しなければならない事として、単純に寝る人の体重だけを考えるのではなく、マットレスの重さや布団などの寝具の重さもプラスして耐荷重を計算する事です。

>>素材や種類でも異なるベッドの耐荷重とは?500㎏、600㎏の頑丈ベッドもご紹介

耐久性

ベッドの耐久性

メーカーによっては、耐久性のテストを行っているところもあります。

一般的には通常かかる荷重を繰り返しかける事で、床板などに破損がないかをチェックするための試験を行っています。

耐荷重よりも実質的な頑丈さを考慮しているので、耐久性の記載があるベッドは板が破損する可能性は極めて低いと言えます。

ベッドの板が割れる原因

ベッドの床板が割れる原因には、

  • 耐荷重を大幅に超えた
  • ベッドの上で飛び跳ねた
  • カビや腐食
  • 経年劣化

と言ったものがあります。

耐荷重を大幅に超えた

ベッドの耐荷重は少し余裕を見て決めている場合がほとんどなので、耐荷重以上のものや人が乗ったからと言ってすぐに割れるものではありませんが、大幅に超えてしまうと、床板が耐え切れずに割れる事があります。

特に注意する点としては、布団が使えるベッドでないタイプで敷き布団を敷いて寝ると、一か所に荷重がかかってしまうために、ひび割れを起こす事があります。

>>素材や種類でも異なるベッドの耐荷重とは?はこちら!

ベッドの上で飛び跳ねた

耐荷重以内の体重の人でも、ベッドの上で飛び跳ねると結構簡単に床板は割れる事があります。

大人がピョンピョン飛び跳ねる事はないかと思いますが、子供ははしゃいでしまう事があるので注意しましょう。

カビや腐食

ベッドの湿気対策が十分でない場合には、床板にカビが繁殖したり腐食したりすることで強度が弱まる事があります。

除湿シートをマットレスの下に敷いたり、定期的にマットレスを立てかけるなどして、ベッドに溜まっている湿気を逃がすようにしましょう。

>>効果的にベッド周りの除湿をしてカビ対策はこちら!

経年劣化

どんなベッドでも経年劣化はするものです。

一般的なベッドであれば10年以上持つことが多いですが、ロフトベッドや二段ベッドなど高さがあるベッドは構造上耐荷重も低く、板も割れやすいと言えます。

また、ベッドを固定しているボルトが緩んでいると、少しの衝撃でも割れる事があるので、半年に一回はボルトの緩みがないか確認をするようにして下さい。

>>マットレスとベッドフレームの寿命を判断する12の目安と長持ちさせる方法はこちら!

ベッドの板が割れた時の対処法

何年も使用していると、使っていたベッドの床板が割れてしまう可能性も十分にあります。

比較的小柄で体重の軽い方であれば、何ら問題なく使い続けることができますが、ある程度の体重と身長のある方のケースでは、決して珍しい現象とは言えないのではないでしょうか。

実際に割れてしまった場合では対処方法というものがあり、まずは床の状態をチェックしてみることが肝心です。

DIYで対処する

何本もの木材が梁のように左右に設置されている木材が割れてしまった場合では、その断面のサイズ、幅のサイズを計測してホームセンターで好都合な木材を購入した上で、新規に付け替える方法が効果があります。

また、梁の上に接合されている部分が割れてしまっている状態でも、張り替えを検討することも一つの方法でしょう。

厚みをチェックして、心配ならば以前よりも厚みを持たせた板をホームセンターで購入して、ネジや釘で打ち付ける方法もあります。

大きなホームセンターを利用した場合では、有料にてお好みのサイズにカッティングしてくれるサービスを行う店舗も存在しているので、素人の方でも比較的簡単に施工することはできますよね。

補強だけで済ませられる現象もあります。

例えば木材にヒビが入ってしまっている簡単な事例の場合では、金属で作られている補強用の金具をネジで固定する方法で簡単に対処を行うことはできるでしょう。

床板だけを買い替える

もっと簡単な対策方法としては、床板だけを購入するというのがあります。

Amazonや楽天以外にも、ニトリやフランスベッドなど一部のベッドメーカーでも床板だけの販売を行っています。

購入の際には必ず必要な床板の寸法を測定するようにして下さい。

例えばフランスベッドで販売している床板の寸法は、

  • シングル 長さ930×幅904mm(2枚)
  • セミシングル 長さ930×幅1154mm(2枚)
  • ダブル 長さ930×幅1334mm(2枚)
  • ワイドダブル 長さ930×幅1474mm(2枚)
  • クイーン 長さ930×幅904mm(4枚)

となっています。

ベッドの寸法はメーカーによって若干の違いがあるので、ご自身で使用されているベッドに合ったサイズの床板を購入するようにしましょう。

ベッドの板まとめ

木製ベッドの場合では、床板が設置されていることが多いですが、使っているうちに自然と割れてしまうこともあり、その場合では買い替えを検討する前に、補強や木材の張り替え、床板だけの交換をする事によって修理を行うことも不可能ではありません。

関連記事

コメント

  1. […] […]

  2. […] 割れやすいベッドの板の特徴と床板が割れた時の修理・交換方法 […]

  3. […] >>割れやすいベッドの板の特徴と床板が割れた時の修理・交換方法 […]

  4. […] >>割れやすいベッドの板の特徴と床板が割れた時の修理・交換方法 […]

  5. […] >>割れやすいベッドの板の特徴と床板が割れた時の修理・交換方法 […]