1. TOP
  2. ホテルで人気のベッドメーカーやベッドメイクの方法、サイズについて

ホテルで人気のベッドメーカーやベッドメイクの方法、サイズについて

一日のうちで一番長い時間を過ごすのはベッドと言っても過言ではありませんが、そんなベッドの上では清潔に過ごしたいですよね?

最近は、アレルギーにより体がかゆくて悩まされている人が多く、その理由はベッドが不潔だからとも言われています。

また、腰痛や肩こり、不眠症などの原因はもしかするとマットレスがご自身に合っていないからかもしれません。

一方、一流ホテルに宿泊すると、ベッドシーツはパリッとして綺麗にアイロンがけされていますし、マットレスはふかふかで気持ちが良いです。

そこでこの記事では、

  • ホテルのベッドでは何処のメーカー品を使用しているのか
  • シーツ交換はどうしているのか
  • 布団は洗濯しているのか
  • 「シングル」「ダブル」「ツイン」の違いは
  • ホテルの布団の上にある帯は何

と言った事ついてご説明したいと思います。

ホテル仕様のマットレスやシーツにする事で、家でも快適に過ごす事が出来るかもしれませんよ。

ホテルのベッドで使われている人気メーカー

一流ホテル

最近では一流ホテルだけでなく、カプセルホテルなどでもマットレスだけは高級なものを使用しているところもあります。

私が東京で宿泊したカプセルホテルでもシモンズのマットレスを使用していましたが、高いだけで質の悪いマットレスを使用している2流ホテルに泊まるよりも余程寝心地は快適でした。

私に限らず多くの日本人にとって、睡眠をどうするかと言うのは大きな課題になっている気がします。

そんなホテルで使用されている人気のベッド(マットレス)としては、

  • SIMMONS(シモンズ)
  • Sealy(シーリー)
  • Serta(サータ)
  • フランスベッド
  • 日本ベッド

の5種類があるので、それぞれをご紹介したいと思います。

インターネット通販もしているので、気になるマットレスやベッドがあれば購入して見るのも良いですよね。

SIMMONS(シモンズ)

シモンズ(Simmons Bedding Company)は1870年アメリカで誕生したベッドメーカーです。

シモンズは、最先端の睡眠科学をベッドやマットレスの研究開発に取り入れてきました。

ノンレム睡眠とレム睡眠はどのようなメカニズムになっているのか、ベッドの素材や機能がどのように睡眠の質を左右するか、などを科学的に解き明かしながらよりすぐれたベッド作りを進めています。

Sealy(シーリー)

シーリーは米国テキサス州シーリータウンで創業以来、約130年の歴史がある老舗ベッドメーカーです。

シーリーは、業界に先駆けて整形外科医の協力をあおぎながら、心地よい眠りをつねに科学的な視点から見つめてきました。

手で触ってみて寝心地が良さそうだという曖昧な感覚ではなく、実際に体を横たえたときの本物の快適さを追求して誕生したのが「ポスチャーテックコイル(米国特許取得)」です。

ポスチャーテックコイルはどんな体型や体重の方にも、つねに理想の寝姿勢をサポートしてくれる特徴を持っています。

さらにその技術をベースに、「タイタニウムコイル」や「センターサポート」なども新開発しながら、現在も研究を続けています。

Serta(サータ)

サータ社の歴史は1931年、より快適な眠りと、健康の追求というコンセプトとともに始まりました。

サータ社がこだわり続けるポケットコイルマットレスは、一般家庭はもちろん、一流ホテルをはじめ数多くのホテルに採用され、全米売上No.1の実績を誇っています。

フランスベッド

まだ戦後間もない1940年代の終わりに東京・三鷹市にフランスベッドの前身である「双葉製作所」が誕生しました。

1960年には折りたたみ式ソファベッドの製造を開始し、1961年に社名を「フランスベッド」に変更。

西洋風の生活にあこがれる当時の日本人にとって、憧れのベッドメーカーになりました。

日本ベッド

日本ベッドは1926年の創業以来の思いとして、「暮らしに寄り添いながらよい眠りのためにできるすべてを追求すること」をポリシーとしています。

青山、池上、名古屋、大阪、福岡、仙台にショールームを構えて、実際の寝心地を体験する事が出来ますよ。

ホテルのベッドは毎日シーツを交換する

ホテルのベッドの特徴はいくつかありますが、お客様が快適に睡眠を取れるように毎日シーツを交換しています。

もしもシーツを交換しないとほかのお客さんが寝た上に寝るので不衛生ですし、それだけで嫌な気分になりますよね?

昔は費用削減のために掃除やシーツ交換を毎日していないホテルもあったようですが、最近では口コミでばれてしまうのでそう言ったホテルはほとんどないようです。

ホテルのベッドは何処に足を入れれば良いの?

そんな衛生的なホテルのシーツですが、いざ寝ようとした時に「あれ?どこに足を入れれば良いの?」となった事はないでしょうか?

また、何故か身体の上にかけるシーツもマットレスの下に挟みこまれていて、「本当にこれは剥いで良いの?」となります。

 

なぜホテルのベッドでは、上にかけるシーツもマットレスの下に挟むのかと言うと、しわが寄りにくく見た目にパリッとしているので「クリーニングしましたよ」とアピールする効果があるそうです。

 

また、何処に足を入れれば良いのか迷うのは、シーツと羽毛布団との間にある「アッパーシーツ」があるのが理由です。

下に通常のシーツがあって、そして上にかける「アッパーシーツ」が羽毛布団の下にあるというのが一般的なのですが、アッパーシーツまでもマットレスの下に挟み込んでいるので、ややこしく感じるんですよね。

このアッパーシーツも清潔感を出すために、マットレスの下に挟み込んでいますが、基本的には布団が直接肌に触れないようにしているシーツになります。

と言うのも、シーツは毎日洗濯していますが、布団に関しては流石に毎日は洗っていないからです。

ホテルに誰かと宿泊した時は、アッパーシーツのうんちくを話すのも良いですよね。

家のベッドのシーツはどれくらいで選択する?

シーツは直接人間の肌に触れるものですので、毎日交換するのが理想的ですが、家のベッドシーツは流石に毎日は洗濯できないですよね?

単に面倒臭いからといった方もいれば、自分の使っているシーツだから多少汚れていても気にならないと言う方もいらっしゃるでしょう。

では、一般的にはみんなどれくらいの頻度でシーツを洗濯しているのでしょうか?

シーツ交換頻度のアンケート結果

アンケートによると、週に1回洗濯している人が一番多くて、次が月に2~3回になっています。

衛生的な観点からも、週に1回~2週間に1回程度が理想とされています。

夏場などは汗をたくさんかくので週に1回を目安に、冬場は汗をほとんどかかないですし洗濯物も乾きにくいので2週間に1回程度が目安となります。

但し、アレルギーを持っている方の場合には、「出来るだけ毎日洗濯する」事が大切です。

喘息などのアレルゲンとなる物質には、

  • ハウスダスト
  • ダニ
  • カビ
  • 花粉
  • ペットの毛
  • フケ

などがありますが、どれも清潔にする事である程度は解消出来るものばかりです。

シーツを小まめに洗濯すると同時に、部屋の掃除を徹底するなどとにかく綺麗で清潔なお部屋にする事が大切です。

結果的に咳やかゆみなどがなくなるだけでなく、洗いたてのシーツで寝る事は快眠にも繋がり毎日が生き生きとしますよ。

布団も定期的に洗うことが大事になる

シーツは毎日洗濯しているホテルですが、布団はどうでしょうか?

布団に関しては、ホテルによって差がかなりあるようですが、毎日クリーニングをする事は基本的にありません。

専用の業者に頼んでまとめてクリーニングに出しているのが現状のようです。

また、こういった専門業者では布団だけでなくマットレスもクリーニング出来るそうです。

家の布団はどうする?

ではご家庭で使用している布団はどうすれば良いのでしょうか?

布団を洗うかどうかは、人によって大きく分かれるところですが、干す事はしても布団を洗う人はそれほど多くいません。

そもそも、布団を洗う習慣がないからというのもその一つになりますが、毎日使っているのでそれなりに汚れているのは間違いないですよね?

 

ではいったいどのように洗濯をしたらよいかといえば、基本的に自宅の洗濯機で洗うことは難しいです。

なぜなら、大きさは限界を感じるからです。

 

そこで、二つの方法がありますが一つは自分で自動車に乗せてコインランドリーに行くことです。

コインランドリーには、自宅の洗濯機の2倍から3倍ぐらいある大きなものも存在しますのでそこにもっていき布団を洗うようにしましょう。

毎日洗う必要はありませんが、1ヶ月に一度程度洗うようにすればかなり清潔な状態で夜眠ることができます。

 

あるいは、業者に依頼する方法も考えられます。

業者に依頼する場合には、どれぐらいの料金がかかるかは業者によって異なりますが大体1枚当たり8000円~1万円程度になっているようです。

このように、布団そのものを定期的にきれいにすることでまるでホテルのようにきれいな状態で眠ることができますよ。

クリーナーを使えばマットレスも清潔に出来る

布団はまだ洗濯する方法がありますが、マットレスに関してはご自宅で洗濯する事は出来ません。

しかし綺麗にする方法はあります。

その方法とはマットレスの上に布団専用のクリーナーをかけることです。

布団専用のクリーナーは、ひじょうに細かいほこりを吸い取ってくれますし、最近のクリーナーにはUV照射する事で殺菌するものもあるので、そう言ったクリーナーを選ぶとより清潔にする事が出来ますよ。

特にダニアレルギーの症状がある人は、こういったクリーナーを活用するようにして下さいね。

ホテルのベッドサイズについて

ホテルの予約をする時に、「シングル」「ダブル」「ツイン」などを選ぶことがあるかと思いますが、違いについてご存知でしょうか?

ベッドを購入する時には「シングル」や「ダブル」はあっても「ツイン」はないので、分からない方も多いと思います。

シングルと言うのは、一人用のベッドで幅が100㎝程度になっています。

一方、ダブルは幅が140㎝程度で二人用で寝るためのベッドですね。

またツインは、シングルベッドが2台置いている部屋の事を指します。

一人で宿泊する時にはシングルで良いですし、カップルであればダブルにするのもおすすめです。

但し友達と宿泊する時に間違ってダブルを選んでしまうと、いくら仲が良くても気まずくなるのでツインを選んでくださいね。

ホテルの布団の上にある帯は何

フットスロー

ホテルの部屋に入ると目につくのが、布団の上にある「帯」ではないでしょうか?

柄が付いていて綺麗だけれど、何のためにあって、どうすれば良いのか困ってしまいますよね?

この帯は、フットスローやベッドライナー、ベッドスロー、ベッドスカーフと言った呼ばれ方をしているもので、靴を履いたままベッドに横たわった時にベッドが汚れないようにするためについています。

元々欧米から入ってきたベッド文化なので、靴を履いたまま室内を動き回る前提でベッドメイクもされています。

とは言え、日本では靴を履いたまま寝る人はほとんどいないので、どちらかと言うと飾りの役割の方が強くなっているようです。

この帯ですが、必要ない人は柄を表側にして折りたたんでおけば大丈夫ですよ。

>>フットスローに関する記事はこちら!

ホテルのベッドまとめ

一流ホテルで使用されているベッドメーカーには、シモンズやシーリー、フランスベッド、日本ベッドなどがあります。

毎日シーツはクリーニングに出していて、見た目に綺麗なようにシーツ類はマットレスの下に挟み込んでいますが、アッパーシーツは掛け布団の下で使います。

ベッドサイズはシングルが幅100㎝程度の一人用、ダブルが幅140㎝程度で二人用、ツインはシングルベッドが2台あります。

ホテルのベッドの上に置かれている帯は「フットスロー」などと呼ばれていて、靴を履いたまま横になるために敷かれています。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドとマットレスの選び方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドとマットレスの選び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

だんな

だんな

始めまして、だんなです。
ベッド通販セラピスの店長で、睡眠アドバイザーをしています。
このブログはセラピスの公式ブログで、ベッドに関する豆知識やお役立ち情報をご提供しています。
質の高い睡眠と、お部屋のインテリア性を兼ね備えたベッドを選ぶために是非活用してくださいね!
だんなのプロフィール詳細はこちら!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収納ベッドセミダブルおすすめ10選!跳ね上げ式ベッドなど人気商品をご紹介

  • 小さめベッド特集!シングルより小さい180㎝ベッドや収納付きもご紹介

  • フロアベッドセミダブルおすすめ10選!ローベッドとの違い・デメリットも紹介

  • ベッドフレームクイーンおしゃれ10選!すのこ・収納・ローベッドetc.を紹介

関連記事

  • 幼児・子供のマットレスは成長ホルモンに影響が。硬さと寝姿勢を大切に

  • ベッドの湿気対策を万全にする9の方法と、湿気に強いおすすめベッド3選!

  • 二人用に最適なベッド選び。恋人や夫婦におすすめのベッドサイズは?

  • レザーベッドのメリット・デメリット・選び方のポイントを徹底解説!

  • マットレスの正しい選び方。硬めか柔らかめかは体重でも異なる。

  • 跳ね上げ式ベッド9つのメリットと6つのデメリット&おすすめ3選を紹介