おしゃれな和室ベッドの選び方!賃貸は畳のカビやへこみに注意!

和室ベッドすのこベッド

日本でも徐々に生活スタイルが西洋化してきたとは言え、まだまだ和室を寝室にしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、ベッドの方が寝起きがしやすいので、和室にベッドを設置したいご家庭も多いと思います。

そこでこの記事では、

  • 和室のテイストを活かしたベッドの選び方
  • 和室にベッドを置くときはカビに注意!
  • 賃貸は畳のへこみに注意

について詳しくご説明致します。

和室のテイストを活かしたベッドの選び方

和室ベッドの選び方

和室にベッドを設置する際には、和のインテリアに合う商品を選ぶ必要があります。

せっかくの和室に洋の物を置く訳ですので、ミスマッチになってしまわないようにベッド選びは慎重に行いましょう。

和室に合うベッドを選ぶポイントには、

  • 木製
  • 床板がすのこ仕様のベッドにする
  • コンパクトサイズ
  • 高さがあるベッドは避ける
  • 収納ベッドは避ける
  • 畳ベッドも考慮する
  • すのこベッドも考慮する

があります。

木製ベッド

木製ベッド

ベッドの素材は、大きく分けて木製とスチール製の2種類があります。

スチール製のパイプベッドは安く購入する事が出来ますが、和室の雰囲気に合うのは木製ベッドです。

無機質なスチール製ベッドを和室に置くと、和室の重厚な雰囲気を壊す恐れがあります。

特にシルバーやブラックと言った色合いのベッドは、和室と相性が悪いので注意しましょう。

ナチュラル系ベッドがおすすめ

木製ベッドであれば、イ草と同じ天然素材なので外観を損なう事がなく、暖かみのある和室にマッチしやすくなっています。

カラーはナチュラル系やブラウンなど、落ち着いた色が和室との相性が良いです。

中でもシンプルなナチュラルベッドは、和室と絶妙なコンビネーションを醸し出してくれるのでおすすめです。

>>ナチュラルベッドはこちら!

床板がすのこ仕様のベッドにする

ひのきすのこベッド『香凛 かりん』

ひのき すのこベッド 高さ調節可能『香凛 かりん』

価格円~

また、床板がすのこになっているベッドであれば、マットレスの間から空気が入ってくるので畳のカビ予防に適しています。

特に、桐や檜、杉と言った素材を使用している無垢材のすのこベッドは、寝具の余分な湿気を効果的に吸収してくれます。

>>すのこベッドはこちら!

コンパクトサイズ

コンパクトサイズ

洋室であれば、部屋いっぱいにベッドを置いてもインテリアとして成り立ちます。

しかし、和室とベッドを合わせる時には、少し部屋に余裕を持たせた方が見た目に圧迫感がないのでおすすめです。

ベッドサイズは寝心地にも影響を及ぼすので、極端に狭いベッドはおすすめできませんが、サイズに迷った時には、小さめのベッドサイズを選ぶようにして下さい。

>>コンパクトベッドはこちら!

ロータイプのベッド

E-go イーゴのセミダブルベッド

モダンデザインローベッド E-go イーゴ

価格円~

和室は畳の上で生活するために作られているので、高さがあるベッドとの相性は良くありません。

ロフトベッドのように高さがあるベッドよりも、ロータイプのベッドの方が和のテイストとマッチしやすい傾向があります。

但し、フロアベッドまで低くしてしまうと、膝や腰に負担がかかって起き上がりにくくなるので、ローベッドくらいの高さが丁度良いでしょう。

>>ローベッドはこちら!

収納ベッドは避ける

床下に隙間がない収納ベッド

ベッドの中で人気が高い種類として、「収納ベッド」がありますが、和室には置かない方が良いでしょう。

と言うのも収納ベッドは、ベッド下が引き出しなどで埋まっているため、湿気がこもり易い構造になっています。

畳は吸放湿性に優れている素材なので、湿度が高い時には部屋の余分な湿気を吸い取ってくれるので、いつでも快適に過ごす事が出来ます。

しかし、収納ベッドを置くと、空気の循環が悪くなり、湿気が外に出ていかないために、カビが繁殖する原因となります。

脚があるベッドがおすすめ

そのため、和室には脚が付いていて、ベッド下に隙間があるベッドがおすすめです。

ベッド下にスペースがある事で、畳が乾燥しやすいだけでなく、掃除を簡単に行う事が出来ます。

畳ベッドも考慮する

国産-宮付き-ひのき-畳ベッド

国産 宮付き ひのき 畳ベッド(ベッドフレームのみ)無塗装

価格円~

これまで畳の上に布団を敷いていた人の場合、マットレスに変える事で寝心地が悪くなることがあります。

通常であればマットレスの方が睡眠の質を高めてくれるものですが、適度に硬い畳の上の方が快適に眠れる人もいるでしょう。

そう言った場合には、畳ベッドを選択する事もおすすめです。

マットレス部分がい草で出来ているので、和室との相性が抜群ですし、寝心地も布団と変わりません。

>>畳ベッドはこちら!

和室にベッドを置くときはカビに注意!

カビ

和室にベッドを置くと、気になるのがカビの繁殖です。

カビの胞子が空気中から舞い込んで畳表に付着し、カビの発生条件を満たすことで畳に繁殖します。

初めは青カビが発生するのですが、酷くなると赤カビや黒カビが生える事もあります。

カビの発生条件は、

  1. 温度
  2. 湿度
  3. 空気(酸素)
  4. 養分

の4つです。

特に湿度が重要で、75%以上の環境が継続的に続いた場合、畳表面にカビが繁殖してきます。

そのため、和室のカビを予防するために、

  • 除湿剤・除湿シートを活用する
  • 畳の下に除湿シートを敷く(可能であれば)
  • エアコンの除湿を使う
  • ベッド下を小まめに掃除する

と言った対策を行いましょう。

除湿剤・除湿シートを活用する

日本製 湿気吸収マット(除湿マット)

日本製 湿気吸収マット(除湿マット)

価格円~

収納ベッドであれば、必ず引き出しや収納庫に除湿剤を入れるようにしましょう。

また、マットレスの下に除湿シートを敷くこともカビ防止には効果があります。

畳の下に除湿シートを敷く(可能であれば)

畳自体のカビを根本的に防止する一番の方法は、畳の下に除湿シートを敷くことです。

畳を持ち上げなければいけないので、可能であればやるようにして下さい。

エアコンの除湿を使う

エアコンの除湿を付けている

部屋の湿度を下げるために、定期的に窓を開けて換気をしたり、エアコンであれば「除湿(ドライ)」を使うのが良いでしょう。

ベッド下を小まめに掃除する

また、養分もカビの餌になるので、ベッド下を小まめに掃除機をかける事も効果があります。

賃貸は畳のへこみに注意

畳のへこみ

自分の家ではなく、賃貸の住宅でベッドを置く場合は、畳のへこみにも気を付けなければなりません。

もちろん自宅でも畳の凹みは出来ないようにしなければなりませんが、賃貸の場合は退去する際に修繕費用を請求される可能性があります。

畳を入れ替えるとなると費用もかかりますので、出来るだけダメージを与えないように、ベッドの下にはクッション材を敷くようにしましょう。

脚が4本のベッドの場合


大島屋 イ草 座卓敷き 4枚入 (1枚あたり 約16×16cm)

畳には面で支えるタイプの方が痛みも少ないですが、4本脚のベッドが気に入った場合には下に敷物を敷くことで出来るだけ畳を傷つけないようにしましょう。

最近ではAmazonや楽天で畳の形をした敷物があるので、和室の雰囲気を壊さずに畳の傷を防止する事が出来ます。

フレーム枠で支えるベッドの場合

やさしいコルクマット

やさしいコルクマット

価格円~

フロアベッドのようにフレーム枠で支えている構造のベッドでは、フェルトやコルクマットなどを枠に沿って敷くと、部分的なへこみがなくなります。

特にEVA樹脂が配合されているコルクマットは、厚みが十分あり、弾力性・耐久性に優れています。

また、湿気を吸い取る効果も高いので、へこみとカビの両方を防止する効果があります。

和室ベッドまとめ

和室にベッド置くときは、ナチュラル系の木製ベッドにする事で、和のインテリアと相性が良くなります。

和室は畳のカビに注意が必要なので、すのこ仕様のベッドにするか、除湿シートなどを敷いて湿気対策をしましょう。

畳のへこみは、市販のクッション材を使えば防止する事が出来ます。

関連記事
タイトルとURLをコピーしました