ダブルベッドは狭い?赤ちゃん・カップルにおすすめのダブルベッド

カップルがセミダブルベッドで寝ている ダブルベッド

新婚夫婦や同棲中のカップルの多くは、ダブルベッドで一緒に寝たいと考えます。

しかし、実際に寝てみると想像とは違い、意外に狭く感じるケースがあります。

そこでこの記事では、

  • ダブルベッドにサイズと寝心地
  • ダブルベッドがおすすめのカップル

について詳しくご説明したいと思います。

ダブルベッドにサイズと寝心地

サイズ長さ
シングル195㎝90~100㎝
セミダブル195㎝120㎝
ダブル195cm140㎝
クイーン195㎝160㎝

ベッドの長さはサイズに関わらず、基本的には195㎝で統一されています。

異なるのは、ベッドの幅ですが、「ダブルベッドのサイズは、シングルベッドの2倍」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし実際にはダブルベッドは、シングルベッドの1.4倍程度しかありません。

シングルベッドの2倍の大きさは、キングサイズベッドとなっています。

ダブルベッドの寝心地

二人で寝た時のベッドの幅の目安

では、ダブルベッドに2人で寝た時の寝心地について考えてみましょう。

熟睡するために必要なベッド幅の目安は、「2人の肩幅+60㎝」となっています。

男性の肩幅の平均が45㎝で、女性の肩幅の平均が41㎝程度なので、男女のカップルであれば146㎝必要です。

しかし、ダブルベッドの幅は146㎝なので、6㎝程度狭い事になります。

平均的な体格であれば、多少寝心地が悪い程度で済みますが、体格ががっしりしているカップルでは、熟睡出来ないで後悔する事になります。

2人でゆったり寝るにはクイーンサイズがおすすめ

男女のカップルがある程度余裕を持って寝るのであれば、クイーンサイズベッドがおすすめです。

クイーンサイズベッドであれば、両サイドに25cmずつのスペースがあるので、寝返りをうつゆとりがあります。

特に仕事や育児が忙しいカップルの場合には、ベッドが狭いと日中のパフォーマンスが低下してしまいます。

そのため、睡眠の質を向上させるためにも、ワンサイズ広いベッドの方が良いでしょう。

>>クイーンサイズベッドはこちら!

ダブルベッドがおすすめのカップル

とは言え、ダブルベッドに2人で寝てもさほど狭く感じないケースもあります。

狭く感じないケースには、

  • 赤ちゃん・子供と添い寝をする
  • 細身のカップル

の2つのケースがあります。

赤ちゃん・子供と添い寝をする

赤ちゃん

入学前の子供の肩幅は30㎝程度となっています。

そのため、赤ちゃんや子供と一緒に寝るのであれば、ダブルベッドでも十分快適に寝る事が出来ます。

添い寝をするのは、お母さんでもお父さんでも大丈夫ですし、もちろん子供2人が寝る事も出来ます。

赤ちゃんにおすすめのダブルベッド『hohoemi』

照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』

照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』

価格円~

赤ちゃんと2人で寝る場合には、高さを抑えたフロアタイプのダブルベッドがおすすめです。

高さがあると怪我をするリスクが高まるので、フロアベッドの中でも特に高さを抑えたダブルベッドを選ぶようにしましょう。

おすすめは『hohoemi』で、床面からの高さが20㎝と低くなっていますし、低ホルムアルデヒドなので赤ちゃんでも安心してご使用する事が出来ます。

照明やコンセント、棚も付いているので、夜間の授乳をしたり、加湿器や空気清浄機を使うのも便利です。

>>添い寝ベッドはこちら!

子供におすすめのダブルベッド『ファミリーベッド』

宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』

宮付き 連結式 すのこベッド『ファミリーベッド』

価格円~

幼稚園児や小学校低学年の子供と添い寝をする場合も、低めのフロアベッドで落下による事故を防ぐようにしましょう。

おすすめは『ファミリーベッド』で、床面とフレームの高さが同じ「フラット構造」になっています。

遊び盛りの子供が走り回っても、脚をフレームに挟まないので安全ですし、シーツ交換も簡単に行えます。

床板もすのこ仕様で、汗っかきの子供でも快適に寝る事が出来ますよ。

>>ファミリーベッドはこちら!

細身のカップル

細身のカップル

肩幅が狭い細身のカップルが寝る場合にも、ダブルベッドで大丈夫です。

特に若いカップルの場合には、中年カップルと違いぜい肉も少ないので、平均よりも肩幅が狭い傾向にあります。

また、20代のカップルであれば、金銭的にも余裕が少なく、間取りも狭いので、無理にクイーンサイズベッドにする必要もありません。

細身のカップルにおすすめのダブルベッド

収納付きベッド 引き出し付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き

収納付きベッド 引き出し付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き

価格円~

カップルには、収納機能が付いているダブルベッドがおすすめです。

チェストベッドや跳ね上げ式ベッドは、値段も高くなってしまいますが、こちらの引き出し式収納ベッドは、低価格で購入する事が出来ます。

「メラミン樹脂加工板」を採用しているので、見た目に高級感もあり、傷や汚れにも強いので安心です。

ダブルサイズでは2口コンセントが2か所についているので、カップルでスマホやタブレットを思う存分使えるのもおすすめポイントです。

>>ダブルベッドはこちら!

ダブルベッド狭いまとめ

ダブルベッドで2人が寝るのは意外狭いケースがあるので、注意しましょう。

肩幅が広いカップルや、睡眠の質を高めたい夫婦はワンランク上のクイーンサイズベッドがおすすmです。

赤ちゃんや子供と添い寝をする場合には、フロアタイプなど高さを抑えたダブルベッドで落下による事故を防ぎましょう。

新婚夫婦などカップルでご使用するのであれば、収納機能付きのダブルベッドがおすすめです。

関連記事