二人用に最適なベッド選び。恋人や夫婦におすすめのベッドサイズは?

新婚夫婦 ベッドの選び方

ベッドは生活上欠かせないものですが、二人用ベッドとなるとどのサイズにすれば良いのか迷ってしまいますよね?

一般的に二人用ベッドは、

  • ダブルベッド
  • クイーンベッド(セミシングルベッド2台)

の2種類となっています。

しかし、「セミダブルベッドでも大丈夫じゃない?」「いやシングルベッド2台もありかも」と考える人もいると思うので、

  • ベッドサイズ
  • 二人が快適に眠れるベッドの幅
  • 二人で寝た時の寝心地
  • 赤ちゃんと二人で寝るベッド
  • 二人用のマットレスの選び方

についてご説明いたします。

ベッドサイズ表

ベッドのサイズ一覧

ベッドにはたくさんのサイズがありますし、メーカーによっても若干異なる事もありますが、一般的なサイズは、

ベッドサイズ長さ人数
セミシングル80~85cm195㎝一人用
シングル90~100cm195㎝一人用
セミダブル120cm195㎝一人用
ダブル140cm195㎝二人用
クイーン160cm195㎝二人用
キング180~200cm195㎝三人用
ワイドキング200㎝~195㎝三人~

となっています。

御覧の通り長さは195㎝で統一されていますが、幅はサイズによって異なっています。

ダブルベッドでは幅が140㎝に対して、クイーンサイズベッドでは160㎝と20㎝幅広になっています。

ここで良く勘違いされている例としては、「シングルベッドの2倍の大きさ=ダブルベッド」ではないと言う事です。

シングルベッドの2倍の大きさは、キングベッドのサイズになっているので注意しましょう。

二人が快適に眠れるベッドの幅

二人で寝るベッドの幅の目安

では、二人が快適に眠れる幅がどれくらいかと言うと、「男性の肩幅(45㎝)+女性の肩幅(41㎝)+お互いの両サイド20㎝ずつ(60㎝)=146㎝」になります。

もちろん細身のカップルであれば、これよりも狭くても大丈夫ですし、逆に体格が良いカップルであればより広い幅が必要になってきます。

二人で寝た時の寝心地

シングルベッド1台で二人寝るのは「つんく♂」ぐらいでしょうから、

  • セミダブルベッド
  • ダブルベッド
  • クイーンベッド(セミシングルベッド2台)
  • シングルベッド2台

のそれぞれのサイズで寝た時の寝心地をご紹介したいと思います。

セミダブルベッドの寝心地

セミダブルベッド

セミダブルベッドでカップル二人が寝た時には、両サイドに12㎝ずつ程度しか余裕がありません。

もちろん動かずに仰向けでずっと二人が寝るのであれば問題ないのですが、実際は横向きになったり寝返りをしますよね?

そうすると、片方がベッドから追いやられてしまい、下手をすると転落する事さえ考えられます。

私がもしもセミダブルベッドで寝るのであれば、むしろ床で寝る事を選ぶでしょう。

それくらい窮屈な寝心地になってしまいます。

セミダブルベッドがおすすめのケース

とは言っても、セミダブルがおすすめなケースもあります。

例えば、一人暮らしをしていてベッドを新しく購入する場合などです。

恋人はいるけれども普段は一人で寝て、週末に彼女がお泊りに来るようなケースではセミダブルベッドが一番適しているサイズと言えます。

普段はセミダブルベッドで広々と寝る事が出来ますし、彼女(彼氏)が遊びに来た時には思いっきり密着して寝る事が出来ます。

おすすめのセミダブルベッド

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン

価格円~

セミダブルベッドにカップル二人が寝る場合には、フロアタイプがおすすめです。

布団と変わらない高さなので、片方の寝相が悪ければ、ベッドから足や手をはみ出して寝る事が出来ます。

こちらのフロアベッドは、高さが床面から20㎝程度と低く、床板もすのこ仕様なので通気性にも優れています。

>>セミダブルベッドはこちら!

ダブルベッドの寝心地

ダブルベッド

ダブルベッドになると両サイドに18㎝程度ずるあるので、多少狭く感じる人もいるかもしれませんが、概ね寝心地は快適と言えます。

お互いの距離が短いので、恋人同士や新婚夫婦であれば丁度良いサイズ感と言えます。

パートナーと好きなだけ密着出来るダブルベッドは、愛し合う二人のためのベッドと言えます。

おすすめのダブルベッド

収納付きベッド 引き出し付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き

収納付きベッド 引き出し付き 棚付き 宮付き コンセント付き

価格円~

恋人や夫婦で使用するダブルベッドでおすすめなのは、引き出し式収納ベッドです。

引き出しが2杯付いているので、お互いのシャツを仲良く収納する事が出来ます。

こちらの引き出し式収納ベッドのダブルサイズは、2口コンセントが両サイドについているので、カップルで電源を取り合う事もありません。

強度にも優れていて、耐荷重が200㎏と高いので、体重が重たい方でも安心です。

>>ダブルベッドはこちら!

クイーンベッド(セミシングルベッド2台)の寝心地

クイーンベッド

クイーンベッドになると、両サイドに30㎝程度余裕があるので、かなり広々と寝る事が出来ます。

同棲しているカップルやまだ結婚を考えていない恋人同士には大きすぎると思いますが、普通の夫婦が使用するのに最適なサイズ感となっています。

一緒に寝たいけれど、新婚時代のようにべちゃべちゃするのではなく、お互い適度な距離感を感じながら睡眠をしっかりとる事が出来ます。

クイーンベッドは余程大きな部屋でないと入らないと思っている方もいるかもしれませんが、実際には6畳の間取りでも十分入れる事が出来ます。

クイーンベッドを購入する時の注意点

クイーンベッドは二人用ベッドとしても三人用ベッド(夫婦+赤ちゃん)としても利用できるメリットがありますが、搬入経路だけは確保できるか確認してくださいね。

分割タイプであればセミシングルベッド2台なので問題ありませんが、一体ものの場合には搬入経路の確認は必須です。

実際にエレベーターにベッドフレームやマットレスが入らなかったり、部屋の扉が小さくて搬入出来ないケースもあります。

おすすめのクイーンベッドMasterpiece マスターピース

モダンデザインローベッド-Masterpiece-マスターピース

モダンデザインローベッド Masterpiece マスターピース

価格円~

Masterpiece マスターピースは、低さを抑えたシンプルなデザインのローベッドになります。

シンプルな中にもデザインの良さが目立ち、高級感も十分あるので、ベッドでのひと時を楽しく過ごす事が出来ます。

特にレイアウトを「ステージタイプ」にする事で、マットレスよりもベッドフレームの幅を広くなり、より大人の雰囲気が漂うベッドにする事が出来ますよ。

収納ベッドなども便利ですが、ローベッドで寝室をおしゃれにコーディネートしてみるのも、良いものですよ。

>>クイーンサイズベッドはこちら!

>>セミシングルベッドはこちら!

シングルベッド2台の寝心地

シングルベッド2台を連結している

シングル2台と言えば、キングベッドのサイズになるので、贅沢すぎるくらいの広さがあります。

ホテルのスイートルームに宿泊しているような開放感があり、毎日を贅沢な気分で過ごす事が出来ます。

おすすめのシングルベッド

搬入・組立・簡単!選べる7つの寝心地!すのこ構造-ボトムベッド

脚付きマットレス 選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド

価格円~

シングルベッド2台はスペースを広く使う事になるので、シンプルなデザインの脚付きマットレスがおすすめです。

こちらの「ボトムベッド」と言う商品は、ベッド本体とマットレスが分離しているので、寿命が長いのがメリット。

マットレスも高品質な7種類からピックアップ出来るので、寝心地重視のカップルにおすすめです。

>>シングルベッドはこちら!

赤ちゃんと二人で寝るベッド

親が赤ちゃんや小さなお子さんと一緒に寝るために、二人用ベッドを希望している方も多いのではないでしょうか?

しかし通常のシングルベッドやセミダブルベッドでは、赤ちゃんが寝返りをした時に、落下の危険性が高くなるのでお勧めできません。

赤ちゃんは小さいので広いスペースは必要ないと思われるかもしれませんが、実際には体が軽いので信じられない程の寝返りをします。

そのため通常の二人用のサイズである、ダブルベッドかクイーンベッドを選ぶ事をお勧めします。

赤ちゃんと添い寝をするのはダブル以上

ダブルベッド以上のサイズにすると、赤ちゃんが幼稚園・小学校にはいっても引き続き使用する事が出来るので、結構便利なサイズ感になっています。

逆に初めの時点でセミダブルを購入してしまうと、すぐに二人では眠れなくなってしまうので、お金を無駄遣いする事になりかねません。

>>ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時は寝返りによる転落防止を!

赤ちゃんにはフロアベッドが最適!

ロースタイルのフロアベッド

赤ちゃんや小さお子さんと一緒に寝るベッドで大切な事は、サイズよりも高さにあります。

通常のベッドの高さ床から約40㎝程度あるので、落下すると大怪我に繋がってしまいます。

また、ベッドガードなどを取り付けたり、片側を壁にくっつける事で赤ちゃんの転落事故を防ぐ方法もありますが、生後18カ月未満の乳幼児の場合にはマットレスとベッドガードの間や、マットレスと壁の間に赤ちゃんが挟まって窒息死する危険性があるので絶対にしないでください。

大人用ベッドに取り付ける幼児用ベッドガードは、生後18か月未満の乳幼児には絶対に使用しないでください。子どもが隙間に挟まり、自力で抜け出せずに窒息するリスクがあります。製品購入前に子どもがその製品の対象月齢か確認し、購入後は使用前に、製品の取扱説明書や注意表示をよく確認しましょう。

消費者庁のホームページより引用)

では赤ちゃんと一緒に寝るベッドはどんなタイプが良いかと言うと、高さが15㎝~25㎝程度と低いフロアベッドになります。

赤ちゃんと二人で寝るおすすめのベッド

照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』

照明付き 宮付き 国産フロアベッド『hohoemi』

価格円~

『hohoemi』はフロアベッドの中でも低さを抑えてあるので、万が一赤ちゃんがベッドから落ちても怪我の心配がほとんどありません。

また、ベッドフレームはFフォースターの低ホルムアルデヒド製品なので「ツン」とした嫌な臭いもなく、アレルギーがある赤ちゃんでも安心です。

枕元にはライトも装備されているので、夜間の授乳やオムツを変えるのも便利ですよ。

>>添い寝ベッドはこちら!

フローリングにはコルクマットを敷く

また、フロアベッドと言っても高さがあるのでベッドから落ちると赤ちゃんが痛い思いをするのには変わりありません。

絨毯やラグマットでは厚みがないので、おすすめなのがコルクマットを床に敷くことです。

通常のコルクマットではクッション性も不十分ですし、すぐにボロボロになるので、「やさしいコルクマット」と言うEVA樹脂を配合したものがおすすめです。

やさしいコルクマット

やさしいコルクマット

価格円~

二人用のマットレスの選び方

カップル

二人で仲良くなる時に欠かせないのが、マットレスの選び方です。

限られたスペースの中で二人が寝るのですから、お互いの振動が伝わらないものや、ギシギシと音がするようなものは避ける事が大切です。

具体的には「ボンネルコイルマットレス」は止めた方が良いでしょう。

ボンネルコイルマットレスは安くて寿命も長いので人気が高いマットレスですが、コイルが繋がっているので寝返りをしたり起き上がったりしたときにパートナーに振動が伝わり夜中に起こしてしまう可能性が高くなります。

また、ベッドの上で激しく動くと「ギシギシ」と音がするので、二人用のマットレスとしてはおすすめできません。

おすすめはポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの構造

ポケットコイルマットレスであれば、コイル一つ一つが独立しているので、体重がかかった場所だけ沈み込み、パートナーには振動が伝わりにくくなっているのでおすすめです。

また、海外製と国産であれば国産の方が、抗菌・防臭などの機能が備わっているので良いでしょう。

どうしても恋人同士や新婚夫婦が一緒に寝ると、シーツやマットレスは汚れてしまいますが、抗菌・防臭機能が付いている事で、衛生的な状態を保つことが出来ます。

二人用ベッドまとめ

二人用のベッドとしてはダブルベッドとクイーンベッドの2種類があります。

セミダブルベッドはかなり狭いので、恋人同士が時々一緒に寝るのであれば良いですが、新婚夫婦など毎日二人が一緒に寝るベッドとしてはおすすめできません。

寝心地はダブルベッドだと少し狭く感じて、クイーンベッド(セミシングルベッド2台)では広々と寝る事が出来ます。

また、マットレスを選ぶときには振動が伝わりにくいポケットコイルマットレスが二人用としてはおすすめです。

関連記事