邪魔にならないベッドおすすめ5選!狭い部屋に置く最適なベッド選び

6畳にベッドを置いた時 セミシングルベッド

はじめて一人暮らしをはじめるという方は少なくありませんが、大学生や新社会人の方が住むマンションは、ワンルームなど狭い部屋になりがちです。

ベッドは家具の中でも大きく、邪魔に感じる方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、狭い部屋にピッタリの「邪魔にならないベッド」をご紹介したいと思います。

邪魔にならないベッドおすすめ5選!

おすすめ5選

数あるベッドの中でも邪魔にならないベッドの特徴としては、

  • 収納スペースが大きい
  • コンパクト設計
  • 昼は折りたためる

の3点ではないでしょうか?

そこで、ワンルームマンションでも邪魔にならないおすすめのベッドとして、

  • ショートベッド・セミシングルベッド
  • ロフトベッド
  • 跳ね上げベッド
  • ソファーベッド
  • 折りたたみベッド

をご紹介致します。

ショートベッド・セミシングルベッドなら邪魔にならない

セミシングル・ショート丈

女性の一人暮らしの場合に考えてほしいのが、通常のシングルベッドのサイズが本当に必要かと言う事です。

シングルベッド幅90~100cm長さ195㎝
ショートベッド幅90~100cm長さ180㎝
セミシングルベッド幅80~85cm長さ195㎝

シングルベッドは、ある程度身長や肩幅がある男性でも眠れるサイズになっています。

しかし、少し小柄な女性の場合には余分な長さと幅を取られるために、かえって邪魔になる事になりますよね?

特に狭い部屋にベッドを置くと、ドアやクローゼットが開けられない事もあります。

そこでおすすめなのが、「ショートベッド」と「セミシングルベッド」の2種類です。

長さが短いショートベッド

収納ベッド Fleur フルール

棚・コンセント付き収納ベッド Fleur フルール

価格円~

一般的なベッドの長さが195㎝に対して、ショート丈ベッドの長さは180㎝と15㎝短くなっています。

身長の目安は165㎝までの女性が対象となっています。

もちろん背の低い男性でも使えるのですが、デザインが可愛いベッドになっているので、残念ながら男性にはお勧めできません。

>>ショートベッドはこちら!

幅が狭いセミシングルベッド

引き出し収納ベッド『ohana』

花柄照明 引き出し付きベッド『ohana』オハナ

価格円~

このベッドの場合、シングルサイズは幅が100㎝ですが、それ以外にもセミシングルサイズとして幅が80㎝があります。

一般的にベッドの幅を決める時には、肩幅+両サイドに20cmずつあれば快適に眠れると言われています。

経済産業省によると女性の肩幅の平均は

20代前半=40.8cm20代後半=40.7cm

30代前半=40.6cm

30代後半=40.7cm

40代前半=41.1cm

40代後半=40.6cm

となっています。

つまり40㎝+20㎝+20㎝=80㎝となり、少し小柄な女性であればセミシングルベッドでも十分快適に寝る事が出来ますよ。

>>セミシングルベッドはこちら!

ロフトベッドなら邪魔にならない

宮付きロフトベッド【Studio】ステューディオ

宮付きロフトベッド【Studio】ステューディオ

価格

部屋の空間を最大限に利用したいという方には、ロフトベッドがおすすめです。

ロフトベッドなら、空いてしまいがちな天井付近の空間を利用することが可能です。

高い位置にベッドがある事で、下の空間にデスクやソファーを置いたり、収納スペースを作るなどして、狭い部屋を上手く活用することが出来ます。

ロフトベッドには、値段が安く細身で、ワンルームに設置しても空間を圧迫することがないパイプ製や、安定感やシックな印象に仕上がる木製の2種類があります。

狭い部屋にはパイプ製のロフトベッドが便利

頑丈ロフトベッド シングル 極太パイプ

特にパイプ製のロフトベッドなら、サイド部分に網棚がついているのでフックをつけて観葉植物を設置してアレンジする事も出来ます。

また、ハンガーを取り付けて洋服を下げるなど、レイアウト次第で、快適なワンルームに仕上げる事が出来ます。

最近では眠る前にスマートフォンやタブレットの充電が出来るように、枕元にコンセントを設置しているロフトベッドも増えているなど、若い方に向けた心配りの設計となっています。

パイプ製は価格もリーズナブルですし、高さ調節もできるので自分の希望に合わせて調節することができる点も大きな魅力です。

>>ロフトベッドはこちら!

跳ね上げ式ベッドなら邪魔な荷物もスッキリ収納

Prostor プロストルの跳ね上げベッド

跳ね上げベッド Prostor プロストル

価格円~

ワンルームマンションで一人暮らしをすると、荷物の置き場所に困る事は多いですよね?

知らない間にチェストや衣装ケース、クローゼットは一杯になって、洗濯物がそこらへんに散らかる事も良くあります。

特に女性の場合、毎日同じ洋服を着るわけにもいかないですし、アクセサリーや化粧品、小物もたくさん欲しいですよね?

そんな嵩張りがちな荷物をベッドの下にすっぽり片づける事が出来るのが、「跳ね上げ式ベッド」です。

跳ね上げ式ベッドとは?

跳ね上げ式ベッドは、ベッド下の全てを収納庫として使用する事が出来る上、収納庫の深さも選べるので自分の荷物の量に合わせて購入する事が出来ます。

収納庫の開閉はボタン一つで出来て、車のトランクにも使用されているシリンダーを使用しているので女性でも簡単に開け閉めする事が出来ます。

スーツケースやゴルフバッグ、布団などは特に邪魔になりますが、跳ね上げ式ベッドなら丸ごと収納する事が出来ますよ。

>>跳ね上げ式ベッドはこちら!

ソファーベッドも考えてみる

背もたれWリクライニングソファーベッド

背もたれWリクライニングソファーベッド

価格円~

一人暮らしをはじめる上で多くの方が部屋に設置してみたい家具の一つが、ソファーだと言われています。

しかしワンルームの場合ベッドに加えて、更にソファーを置くと、部屋を大きく圧迫してしまうため、泣く泣く諦めたという方も少なくありません。

そんな悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、「ソファーベッド」を利用する方法です。

昼間はソファー・夜はベッド

ソファーベッドの特徴として、日中はソファーとして利用することが可能で夜眠る際には背もたれ部分を後ろに下ろすことで簡単にシングルベッドに変形する特徴があります。

一台で二役利用することができるので、ワンルームの狭い部屋でも邪魔になりません。

最近ではソファーベッドもオシャレな柄、素材、デザインの製品が増えてきており、部屋の印象に合わせて購入することが出来ます。

また価格もリーズナブルなので、学生さんでも気軽に購入することが出来ます。

>>ソファーベッドはこちら!

折りたたみベッドなら邪魔にならない

『Cortesia』の折りたたみベッド

折りたたみベッド 高反発マットレス使用 『Cortesia』

価格

一人暮らしでは、家具や電化製品など必要最低限の荷物を狭い部屋におかなければいけません。

そうすると、ベッドを置くスペースがなくなってしまうと言う方もいらっしゃると思います。

そんな時は、簡単に折りたたんで部屋の隅に置いておくことができる、「折りたたみベッド)を利用することをおすすめします。

使わない時は折りたたんで片づけられる

折りたたみベッドで布団を干している

折りたたみベッドの最大のメリットは、キャスター付きなので誰でも簡単に折りたたんだ後に、空いたスペースに収納することができる点にあります。

また折りたたみベッドの上に、布団や薄いマットレスを敷いて眠る場合、汗によってマットレスやベッドフレームにカビが発生してしまう事があります。

通常はマットレスを立てかけるなどして、乾燥させる必要があります。

しかし折りたたみベッドなら、風通しの良い場所に折りたたんで干す事ができるので、手軽に乾燥をさせることが出来ます。

価格もリーズナブルで、設置場所も自由に移動させることができるので、ワンルームを広く利用したいと思っている方におすすめです。

>>折りたたみベッドはこちら!

邪魔にならないベッドまとめ

ワンルームなど狭い部屋でも、邪魔にならないベッドとしては、コンパクトサイズの「ショートベッド」と「セミシングルベッド」があります。

また、部屋を有効活用したい方は、ロフトベッドや跳ね上げ式ベッド、折りたたみベッド、ソファーベッドなどが邪魔にならなくておすすめです。

関連記事