ワンルームベッドおすすめ15選&6畳~10畳ワンルームレイアウト特集!

ワンルームマンションにソファーを置いている 収納ベッド・チェストベッド

賃貸でワンルームマンションを借りると、「寝室=生活空間」になってしまうので、大型家具であるベッド選びは慎重になりますよね?

そこでこの記事では、

  • ワンルームベッドおすすめ15選!
  • ワンルームベッドのレイアウト
  • ワンルームベッドの選び方

について詳しくご説明致します。

  1. ワンルームベッドおすすめ15選!
    1. 1位.脚付きマットレス 選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド
    2. 2位.収納付きベッド 引き出し付き 棚付き 宮付き コンセント付き
    3. 3位.フラップテーブル付き 照明付き 収納ベッド『AJITO』アジット
    4. 4位.薄型宮付き 頑丈ボックス収納 ベッド 引き出し5杯
    5. 5位.ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き
    6. 6位.すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』
    7. 7位.カントリー調 天然木 すのこベッド シングル『Mina』ミーナ
    8. 8位.おしゃれな部屋実現 シンプルロフトベッド
    9. 9位.通気性抜群 棚コンセント付 跳ね上げベッド Prostor プロストル
    10. 10位.照明付き 宮付き 国産 収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ
    11. 11位.収納ベッド『NEXSTORAGE』ネクストレージ
    12. 12位.大容量すのこチェストベッド Salvato サルバト
    13. 13位.高さが選べる天然木ロフトベッド pajarito パハリート
    14. 14位.デザインソファベッド【Ceuta】セウタ
    15. 15位.折りたたみベッド 高反発マットレス使用 『Cortesia』
  2. ワンルームベッドのサイズとレイアウト
    1. ベッドサイズ
    2. 6畳レイアウト
    3. 8畳レイアウト
    4. 10畳レイアウト
  3. ワンルームベッドの選び方
    1. 収納付きのベッドを選ぶ
    2. ベッドは大きすぎない方がよい
    3. マットレスは少し高級な物を選ぶ
  4. ワンルームのベッドの選び方まとめ

ワンルームベッドおすすめ15選!

ワンルームに置くベッドの中でも、2019年に人気が急上昇しているおすすめ商品を15個ご紹介したいと思います。

1位.脚付きマットレス 選べる7つの寝心地!すのこ構造 ボトムベッド

脚付きマットレスボトムベッド

脚付きマットレス「ボトムベッド」

価格円~

限られたスペース置くベッドしておすすめなのが、ヘッドボードがない脚付きマットレスです。

特に脚付きマットレス「ボトムベッド」は、ベッド本体とマットレスが分離しているので、マットレスの両面を使用出来るので寿命が長いメリットがあります。

組み立ては僅か10分で完成出来て、移動も楽なのでお部屋の模様替えをするのも簡単です。

マットレスの種類も高品質な7種類から選べるので、寝心地重視の方に特におすすめです。

2位.収納付きベッド 引き出し付き 棚付き 宮付き コンセント付き

収納付きベッド 引き出し付き 木製 棚付き 宮付き コンセント付き

収納付きベッド 引き出し付き 棚付き 宮付き コンセント付き

価格円~

引き出しが付いているベッドで、おすすめなのがこちらの商品です。

2杯の引き出しはキャスター付きなので、出し入れがスムーズでベッド下の掃除も簡単。

高級感のある「メラミン樹脂加工板」を採用していて、傷や汚れにも強くなっています。

床板と引き出しには化粧を施しているので、湿気やカビにも強くなっています。

3位.フラップテーブル付き 照明付き 収納ベッド『AJITO』アジット

国産 フラップテーブル付き 照明付き 収納ベッド『AJITO』アジット

フラップテーブル付き 照明付き 収納ベッド『AJITO』アジット

価格円~

女性に人気が高い引き出し式収納ベッドとしては、『AJITO』アジットがあります。

ヘッドボード両サイドに扉付きの収納スペースがあり、開けるとサイドテーブルとしても使えます。

引き出しには仕切りが付けられるので、小物を収納するのに適しています。

メッシュメタルから零れ落ちる照明が、大人の雰囲気たっぷりのベッドとなっています。

4位.薄型宮付き 頑丈ボックス収納 ベッド 引き出し5杯

薄型宮付き 頑丈ボックス収納 ベッド 引き出し5杯

薄型宮付き 頑丈ボックス収納 ベッド 引き出し5杯

価格円~

大容量の荷物を収納したい方は、こちらのチェストベッドがおすすめです。

4杯の浅型引き出し、1杯の深型引き出し、長物収納エリアが備わっているので、狭いワンルームを効率的に使用出来ます。

耐荷重が500㎏と頑丈設計の日本製ベッドフレームなので、長く愛用したい方におすすめです。

5位.ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き シンプル モダン

ロータイプベッド すのこ 棚付き 宮付き コンセント付き

価格円~

低価格でおしゃれなワンルームにしたい方は、こちらのフロアベッドがおすすめです。

高さを抑えたロータイプのベッドは、開放感に満ちていてワンルームを広く見せる効果があります。

床板はすのこ仕様で湿気やカビに強く、すのこの裏面には床の傷を防止するEVAパッド付きなので、賃貸マンションでも安心です。

使用している部材が少ないので、値段が安くコスパに優れいている商品です。

6位.すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』

『ブリーズ』のすのこフロアベッド

すのこ仕様 コンセント付き フロアベッド『ブリーズ』

価格円~

機能性・価格・寝心地のバランスが取れているのが、フロアベッド『ブリーズ』です。

ヘッドボードには奥行き12.5㎝の棚と、2口コンセントが付いています。

床板は強度と通気性に優れている「LVLすのこ」を採用。

フレームの歪み防止ワイヤーやヘッドボード下の補強など、耐久性にも優れている商品です。

7位.カントリー調 天然木 すのこベッド シングル『Mina』ミーナ

『Mina』ミーナすのこベッド

カントリー調 天然木 すのこベッド シングル『Mina』ミーナ

価格円~

カントリーデザインでおしゃれな雰囲気を出したい女性におすすめなのが、『Mina』ミーナのすのこベッドです。

板壁風ヘッドボードに、天然木のパイン材を使用したフレームは、肌触りが優しく見た目に可愛らしいデザインとなっています。

床板は通気性の良いすのこで、コスパに優れた「通常タイプ」と、布団が使える「頑丈タイプ」から選ぶ事が出来ます。

8位.おしゃれな部屋実現 シンプルロフトベッド

棚・コンセント付シンプルロフトベッド

おしゃれな部屋実現 シンプルロフトベッド

価格円~

ワンルームを立体的に使えるのが、こちらのロフトベッドです。

高さが「ミドル」「ハイ」「スーパーハイ」の3種類から選ぶ事が出来るので、ロフトの下にハンガーポールやデスクを置く事も可能。

ヘッドボードは、宮棚・コンセントに加えて「枕ガード」も付いているので、枕元を充実した空間にする事が出来ます。

9位.通気性抜群 棚コンセント付 跳ね上げベッド Prostor プロストル

Prostor プロストルの跳ね上げベッド

通気性抜群 棚コンセント付 跳ね上げベッド Prostor プロストル

価格円~

大型の荷物をスッキリ片づけたい方には、Prostor プロストルの跳ね上げ式ベッドがおすすめです。

最大830リットルの荷物を収納可能で、レイアウトに合わせて縦開きと横開きを選択出来ます。

床板がすのこ仕様なので、湿気やすい収納庫の中を湿気やカビから守ってくれます。

奥行き10㎝のスリムな棚には、2口コンセントが付いているので、スマホやタブレットの充電に便利です。

10位.照明付き 宮付き 国産 収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ

収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ

収納ベッド ブラック 『STELA』ステラ

価格円~

シンプルでオーソドックスなデザインですが、ワンルームで使うのに非常に人気が高いのが『STELA』ステラです。

棚にはコンセントとライトが付いていて、収納も引き出しが2杯付いています。

使い勝手が良く、サイズもシングル・セミダブル・ダブルとあるので男性に人気が高い商品になっています。

11位.収納ベッド『NEXSTORAGE』ネクストレージ

収納ベッド『NEXSTORAGE』ネクストレージ

価格円~

『NEXSTORAGE』ネクストレージは、2杯の引き出しとコンセント付きの棚がある収納ベッドになります。

引き出しはキャスターが付いているので、出し入れもスムーズに行う事が出来て、衣類などを収納するのに便利になっています。

カラーバリエーションは、木目が綺麗なホワイトと、シックなブラックの2色。

直線的なラインが大人のかっこよさを演出してくれるので、男性でも女性でも満足できるベッドですよ。

12位.大容量すのこチェストベッド Salvato サルバト

Salvato サルバトのチェストベッド

すのこチェストベッド Salvato サルバト

価格円~

荷物が多い人にとっては、収納力を一番に考えたいですよね?

そこでおすすめなのが、Salvato サルバトのチェストベッドです。

浅型の引き出しが4杯、深型の引き出しが1杯、それにベッド下には布団などの大型の荷物も収納できる優れものです。

価格は若干高めですが、引き出し部分がボックス構造になっているのでほこりや虫の心配をしなくて良いですし、床板もすのこなので湿気にも強くなっています。

たくさん荷物があって、長く愛用出来るベッドを探している方におすすめのベッドです。

13位.高さが選べる天然木ロフトベッド pajarito パハリート

pajarito パハリートのロフトベッド

ロフトベッドpajarito パハリート

価格円~

ロフトベッドの場合、部屋を立体的に使えるので、デッドスペースを徹底的になくすことが出来ます。

pajarito パハリートは高さをハイ・ミドル・ローの3種類からチョイス出来るので、部屋の間取りやベッド下に置きたい家具の大きさに合わせるようにしましょう。

また、pajarito パハリートは木製なのできしみ音がしにくいのも特徴の一つです。

学生などの一人暮らしをされる方で、ロフトが好きな人にはおすすめの商品です。

14位.デザインソファベッド【Ceuta】セウタ

デザインソファベッド【Ceuta】セウタ

ソファーベッド【Ceuta】セウタ

価格円~

ソファーベッドの場合一番の問題点は、寝心地にあります。

どこでも熟睡できる人は通常のソファーベッドでも良いですが、睡眠の質にもこだわりたいのであれば【Ceuta】セウタのソファーベッドがおすすめです。

一般的なソファーベッドの場合クッションにはウレタン素材を使用しているのですが、これは寝るためと言うよりも座るためのクッションになっています。

しかし、【Ceuta】セウタではポケットコイルマットレスを使用しているので、快適に睡眠を取る事が出来ますよ。

15位.折りたたみベッド 高反発マットレス使用 『Cortesia』

『Cortesia』の折りたたみベッド

折りたたみベッド 高反発マットレス使用 『Cortesia』

価格

『Cortesia』は一般的な安っぽい折りたたみベッドとは違い、厚みが10㎝あるしっかりとした寝心地が特徴の折りたたみベッドです。

大きさも折りたたむことでベッドの時と比べて6分の1以下になるので、どこに置くにもスペースを取りません。

背もたれは14段階のリクライニング機能がついているので、折りたたみベッドと言っても快適に過ごす事が出来ますよ。

ワンルームベッドのサイズとレイアウト

ワンルームマンションでは、6畳・8畳・10畳の間取りが多いですが、気になるのがベッドサイズやレイアウトではないでしょうか?

ワンルームで人気のベッドサイズとしては、シングルベッド・セミダブルベッド・ダブルベッドの3種類があるので、それぞれのサイズとレイアウトをご紹介致します。

ベッドサイズ

ベッドサイズ長さ
シングルベッド195㎝90~100㎝
セミダブルベッド195㎝120㎝
ダブルベッド195㎝140㎝

ベッドの長さは基本的に195㎝で統一されていますが、ベッドの幅はサイズによって異なります。

シングルは100㎝で、セミダブルが120㎝、ダブルが140㎝幅が一般的です。

またシングルとセミダブルは一人用ですが、ダブルは二人用となっています。

6畳レイアウト

6畳は、縦261㎝×横352㎝の長方形の間取りが多くなっています。

6畳レイアウト

6畳にシングルベッドを置いたレイアウト

6畳の間取りにシングルベッドを置くのであれば、生活空間もある程度確保できるので問題ありません。

ベッド以外にもタンスを置く事も出来ます。

6畳にセミダブルベッドを置いたレイアウト

セミダブルベッドを置くと、生活空間が少し狭くなりますが、睡眠を重視いている方であればシングルベッドよりも良いでしょう。

タンスを置いても特に不自由なく生活を送る事が出来ます。

6畳にダブルベッドを置いたレイアウト

しかし、ワンルームマンションにダブルベッドを置くと、かなり狭くなってしまいます。

タンスも置けなくはないですが、それ以外の荷物を考えるとあまりおすすめ出来るレイアウトとは言えません。

8畳レイアウト

8畳は、縦・横とも352㎝の正方形の間取りが多くなっています。

8畳レイアウト

8畳にシングルベッドを置いたレイアウト

8畳にシングルベッドを置くと、ベッド以外にタンスやテレビボードを置く事が出来ます。

生活空間もかなり余裕があるので、ソファーなどを置くのも良いでしょう。

8畳にセミダブルベッドを置いたレイアウト

8畳あればセミダブルベッドを置いても、まだまだレイアウト的には余裕があります。

タンスやテレビボードを置けますし、それ以外にもハンガーポールなどを置いても大丈夫です。

8畳にダブルベッドを置いたレイアウト

ダブルベッドを8畳の間取りに置くのが、一番無駄がないレイアウトと言えます。

二人が一緒に睡眠を取ったり、テレビを見るのに適したサイズとなっています。

10畳レイアウト

10畳は縦352㎝×横440㎝のサイズが一般的です。

10畳レイアウト

10畳にシングルベッドを置いたレイアウト

10畳の広さがあれば、シングルベッド以外にも棚やテレビボード、ダイニングセットを置けるので、かなり贅沢なレイアウトとなります。

10畳にセミダブルベッドを置いたレイアウト

10畳にはセミダブルベッドを置いても、十分すぎる広さがあります。

シングルベッド同様に、棚やテレビボード、ダイニングセットを置いても生活空間を広く使う事が出来ます。

10畳にダブルベッドを置いたレイアウト

10畳のワンルームにダブルベッドを置くのは、おすすめのレイアウトです。

2人で生活をするために必要となるベッドサイズがあり、食器棚やダイニングセット、テレビボードを置けるので、ワンルームでも問題なく生活を送る事が出来ます。

ワンルームベッドの選び方

ワンルームのベッドを選ぶ時には、

  • 収納付きのベッドを選ぶ(宮付きタイプがおすすめ)
  • ベッドは大きすぎない方が良い
  • マットレスは少し高級な物を選ぶ

が重要になってくるので、順番にご説明したいと思います。

収納付きのベッドを選ぶ

収納ベッド

ワンルームマンションに住んだことがある人ならわかりますが、それほど物が多くない人でも収納がなくて困るパターンがほとんどです。

ほとんどのマンションではクローゼットが付いていますが、たいていは衣類を入れただけですぐにいっぱいになってしまい他の荷物は外に置きっぱなしなどといった状態になります。

そのため余程荷物が少ない場合は別にして、基本的には収納ベッドを購入する事をおすすめします。

収納ベッドには、「引き出し式収納ベッド」や「チェストベッド」、「跳ね上げ式ベッド」の3種類があります。

補助的な収納機能で良いのであれば、引き出し式収納ベッドが値段が安いのでおすすめです。

一方、大容量の荷物を収納するのであれば、チェストベッドや跳ね上げ式ベッドが必要となります。

宮付きタイプのベッドがおすすめ

宮付きとは、頭の部分に棚やコンセント、ライトなどが付いているタイプで、睡眠前のひと時にスマホを見たり本を読んだり、充電するのに適しています。

家族がいる場合には話し相手がいるので、特別必要ないかもしれませんが、ワンルームで一人暮らしをしていると、ベッドに横になりながらスマホを触っている機会が多くなります。

宮付きタイプのベッドであれば、散らかりがちな小物を置くことが出来るので、朝の忙しい通学前や出勤前に財布やスマホ、鍵などを探す手間が省けるので便利ですよ。

ベッドは大きすぎない方がよい

ワンルームに置くベッドは、大きすぎないことが重要になります。

ワンルームマンションの場合、平均的な部屋の広さが六畳になりますので、そこで生活をする場合大きなベッドを利用してしまうと生活空間の大半がベッドに占められてしまいます。

寝具は睡眠の質に大きく関わりますが、大きすぎるベッドはワンルームでは存在感があるので、ある程度コンパクトなベッドを選ぶのが正しい選び方といえるでしょう。

適切なベッドのサイズ

ベッドの大きさは寝る人の体格に合わせて購入するのが一番適切な方法と言えます。

適切なサイズと言うのは、

  • 長さは「身長+15㎝」
  • 幅は「肩幅+40㎝」

です。

ちなみに男性の肩幅の平均が45㎝、女性の場合には41㎝になっているので、普通の体格の人であれば男性はシングルベッド、女性ではセミシングルベッドかシングルベッドで十分快適に睡眠を取る事が出来ます。

マットレスは少し高級な物を選ぶ

スプリングマットレス

ベッドに使用されるスプリングマットレスの種類には、

などがあります。

ワンルームマンションに住む人でも学生など若い人であれば、価格が安いボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスでも十分です。

しかし、社会人であれば少し質の高いマットレスを選ぶようにしましょう。

社会人は睡眠の質を高める事が重要

ビジネスマン

特に新社会の場合には慣れない仕事で心身ともに疲れ切っている状態でワンルームマンションに帰宅する事が多くなります。

そんな時にでもしっかりと疲れを取り除いて、明日への活力を養なうためにはマットレスは良いものを選ぶことが大切です。

スプリングマットレスは一度買うと5年~10年くらいは使い続ける事になるのですが、ベッドフレームと違い寝心地に直接影響を与えます。

女性は国産ポケットコイルマットレスがおすすめ

平均的な体格の女性

キャリアウーマンでバリバリ仕事をこなしている女性であれば、国産ポケットコイルマットレスがおすすめです。

耐圧分散性に優れていて、身体にフィットする優しい寝心地になっていて、抗菌・防臭加工も施されています。

仕事で忙しいと、掃除や洗濯などが疎かになりがちですが、国産ポケットコイルマットレスなら衛生的な環境を維持する事が出来ます。

男性はデュラテクノマットレスがおすすめ

平均的な体格の男性

出世街道をひた走っている男性の社会人であれば、フランスベッド社製のマットレスがおすすめです。

特にデュラテクノマットレスは、新Z型スプリングが通常の2倍の力でしっかりと体を支えてくれて、部分的な落ち込みがありません。

耐久性や通気性、耐圧分散性に優れているので、長く愛用する事が出来るコスパに優れているマットレスです。

ワンルームのベッドの選び方まとめ

ワンルームにベッドを置く場合には、シングルベッドやセミダブルベッドであれば6畳、ダブルベッドなら8畳もしくは10畳のレイアウトが理想です。

ワンルームマンションでは一般的に収納スペースが少ないので、引き出しや跳ね上げ式ベッドがおすすめです。

安いマットレスには、ボンネルコイルやポケットコイルがありますが、社会人の一人暮らしであれば国産やフランスベッド社製マットレスがおすすめです。

関連記事