すのこベッドで寝心地が良いのは布団とマットレスのどっち?

すのこベッドにマットレスを敷いている

最近では住宅事情もあって、布団よりもベッドで寝る人の方が多くいます。

しかし、布団の硬い寝心地の方が快適に眠れる人もいます。

そこで気になるのが、布団を敷いて眠れるすのこベッドの存在ですよね?

この記事では、「布団を敷いた時」と「マットレスを敷いた時」のすのこベッドの寝心地について詳しくご説明したいと思います。

すのこベッドとは?

すのこベッド

マットレスの柔らか過ぎる寝心地があまり好きではないといった人や、敷き布団の硬めの寝心地の方が好きだという人はたくさんいます。

そのような方たちの為に開発されたのがすのこ状のベッドの床板を採用した、すのこベッドになります。

すのことは、角材に薄い板を何枚も横に並べて一定の間隔を空けて打ち付けたもので、通気性に優れているのが特徴です。

すのこベッドは湿気が籠りにくいので、布団を敷いた時でもカビが生えにくい特性を持っています。

すのこベッドに布団を敷いた時の寝心地

敷き布団を敷いたすのこベッド

フローリングに布団を敷くと、硬過ぎて寝心地が良くないと感じる人も多いですよね?

それと同様に、直接すのこベッドに布団を敷くと、背中の部分に木が当たり底付き感を感じてしまう可能性があります。

本来、敷き布団は畳の上に敷いて寝るために作られていますが、畳はイ草がある程度クッションの役割をするので敷布団でも快適に寝る事が出来るようになっています。

しかし、すのこはあくまで木材なので、クッション性が低くその上に薄っぺらい敷き布団を敷いて寝ると背中が痛くなり寝つきも悪くなる可能性があります。

今使っている敷布団の寝心地を確認する

そこで、まずは今使っている敷き布団をすのこベッドの上に敷いた時に、快適に眠ることができるかどうかを確認する事が大切です。

家に手ごろなすのこが無い場合には、布団を直接フローリングの上に敷いておいて横になってみましょう。

その状態で背中に痛みを感じられることがない場合は、すのこベッドの上に敷き布団を敷いて眠っても問題ありません。

しかし寝ていると背中や腰に痛みを感じるようであれば、敷布団の厚みやクッションが足りない事を意味しています。

特に年配の方は、若いころに比べると関節や筋肉が硬くなっています。

硬い寝心地のまま寝続けると腰痛などの原因になるので、現在使用している敷き布団をそのまますのこベッドに使用するのは止めるようにして下さい。

身体が痛い時には厚手の敷布団に買い替える

羽根掛け布団

羽根掛け布団2色組10点セット シングルサイズ

価格円~

現在使用している敷布団の厚みやクッションが足りていない場合には、新たに布団を新たに購入しなおす必要があります。

おすすめなのが、「羽根掛け布団」のセットで、布団の厚みが分厚い「ボリュームタイプ」があるのが特徴です。

また、敷きパッドもセットになっているので、すのこベッドで布団寝をするのに最適ですよ。

敷布団を使えないすのこベッドもある

ただし注意点として、すのこベッドには敷布団で寝ても大丈夫なものと、そうでないものがあります。

すのこの上にスプリングマットレスを敷くと、荷重が分散するためにすのこ自体にそこまで強度がなくても大丈夫なのです。

しかし敷き布団を敷いた場合には、寝起きをしたり寝返りを打つ時に腰やお尻など体重が重たい箇所に集中的に荷重がかかってしまうので、床板がひび割れる事があります。

そのため、すのこベッドに布団を敷いて使用したいのであれば、専用のすのこベッドを購入するようにしましょう。

>>布団が使えるベッドはこちら!

すのこベッドにマットレスを敷いた時の寝心地

マットレス

マットレスは最新の睡眠科学を取り入れているので、快適な睡眠を取るのに最適な寝具です。

そのためマットレスの寝心地が苦手でないのであれば、初めからしっかりとしたスプリングマットレスをすのこベッドに敷いた方が快適な寝心地を得る事が出来ます。

すのこベッドに使われる主なスプリングマットレスとしては、

  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス(フランスベッド社製)
  • ゼルトスプリングマットレス(フランスベッド社製)
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス(フランスベッド社製)

の5種類があるので、それぞれの特徴と寝心地をご説明したいと思います。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスの構造

連続した張力のあるコイルが面で体を支えてくれます。

コイルが連結していて空気の通り道がたくさんあるので、通気性に優れていて寿命も長いのが特徴です。

しっかりした反発力があり、硬めの寝心地になっています。

値段が安い割にしっかりしている寝心地なので、一人暮らしの男性におすすめです。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスの構造

ポケットコイルとは、コイル一つ一つが袋に入っていて、身体のラインに沿って点で支えてくれるマットレスです。

袋に入っているため通気性は良くありませんが、耐圧分散が出来て「ソフト」な寝心地になっています。

体重が軽い方や腰痛の方などは、沈み込みがちな腰やお尻をしっかりサポートしてくれるのでおすすめです。

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレスの構造

フランスベッド社製のマルチラススーパースプリングマットレスは、連続したコイルが連結しているので通気性に優れています。

またフランスベッド独自の高密度連続スプリングが採用されていて、日本人の体格や骨格には最適と言われています。

コイル数が810とかなり多く使用されているので硬めの寝心地で、沈み込まず安定した寝姿勢を維持できます。

肉厚な張りのある生地を使用していて、防虫加工を施した不織布が縫い込まれているので、防ダニ・抗菌効果があります。

そのため喘息などのアレルギーがある方でも、快適に寝る事が出来ます。

ゼルトスプリングマットレス

ゼルトスプリングマットレスの構造

1本のコイルを連続して編み込んだ連続スプリングは体を面で支えて部分的な落ち込みがありません。

通気性・耐久性・防カビ・抗菌効果に優れていて、梅雨や夏場など寝苦しい夜も快適に睡眠を取る事が出来ます。

5種類の中で耐久性は一番優れていると言えます。

羊毛入りゼルトスプリングマットレス

羊毛入りゼルトスプリングマットレスの構造

1本のコイルを連続して編み込んだ連続スプリングは体を面で支えて部分的な落ち込みがありません。

夏は涼しく冬は暖かい羊毛繊維が入っているので、すのこベッドのデメリットでもある「冬は寒い」と言う事を感じさせない寝心地を実現出来ます。

肉厚な張りのある生地を使用していて、防虫不織布を施した不織布と一緒に天然繊維の羊毛を縫い込んであります。

すのこベッドに敷くマットレスの選び方

総桐すのこベッド-Kirimuku-キリムク

すのこベッドに使用するマットレスの種類はたくさんあるので、どれにすれば良いか迷ってしまいますよね?

実はマットレスを選ぶときには、あなたの体格(体重)から判断するのが一番確実です。

目安としては、

  • 体重が40㎏未満は「ソフト」
  • 体重が40㎏~70㎏「ふつう」
  • 体重が70㎏以上「かため」

を選ぶと間違いはありません。

但しフランスベッド社製の

  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • ゼルトスプリングマットレス
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス

の3つに関しては「かため」になっていますが、表面の生地が非常に柔らかいので体重が軽い方でも快適に寝る事が出来ます。

また、腰痛がある人は耐圧分散に優れているマットレスを選ぶことが大切なので、ボンネルコイルマットレスは避けるようにしましょう。

女性や子供におすすめのマットレス

女性

体重が軽い女性や子供のマットレスは、「ソフト」を選ぶようにして下さい。

おすすめは耐圧分散に優れている「ポケットコイルマットレス」です。

特に国産ポケットコイルマットレスは抗菌・防ダニ仕様となっているので、アレルギー症状のある方が取り入れるようにしましょう。

体重が重たい男性におすすめのマットレス

体格のがっしりした男性

体重が重たい男性の場合には、「硬め」のマットレスを選びます。

コスパに優れているのは「ボンネルコイルマットレス」ですが、睡眠の質を高めたい方は「マルチラススーパースプリングマットレス」がおすすめです。

どちらも「かため」の寝心地になっていますが、マルチラススーパースプリングマットレスの方は耐圧分散が出来て、寿命も長くなっています。

すのこベッド自体の寝心地

快適な睡眠

すのこベッドの寝心地は、敷き布団を敷くかマットレスを敷くかで大きく異なってきますが、すのこベッド自体が持っている特徴・寝心地としては、

  • 夏は涼しい
  • 冬は寒い
  • 湿気やカビに強い
  • ほこりを吸わないで済む
  • きしみ音がしやすい

と言った事があります。

夏は涼しい

涼しい

等間隔に隙間が空いているすのこベッドの床板は下から空気が通るので、夏は熱気が籠りにくく涼しく快適に寝る事が出来ます。

冬は寒い

寒い

夏は涼しい一方で、冬場は底冷えをするのがすのこベッドです。

そのため、マットレスの上にベッドパッドを敷くなどして寒さ対策をするようにしましょう。

湿気やカビに強い

すのこベッドは一定の間隔が空いていることによって空気が通る空間ができ、通気性が良く湿気やカビに強いのがすのこベッド一番のメリットです。

そのため、寝具の中はサラサラと快適な寝心地になっています。

ほこりを吸わないで済む

床から30㎝の高さはほこりがたくさん舞い散っていると言われていますが、ある程度高さのあるすのこベッドであれば、ほこりを吸う事もありません。

カビやほこりはアレルギーの原因にもなるので、喘息やアレルギーを持っている人は快適な寝心地を得る事が出来ますよ。

きしみ音がしやすい

しかし、すのこベットの構造の都合上、きしむ音が出やすいというデメリットがあります。

すのこベットは床板に隙間があるのできしみやすく音が気になり寝心地が悪くなってしまう可能性があります。

多少のきしみはどのすのこベッドでもありますが、大きいようであれば何処かに不具合がある可能性が高いので対策を取るようにして下さい。

すのこベッドの寝心地まとめ

すのこベッドの寝心地は布団を敷くかマットレスを使うかで大きく異なってきます。

薄手の敷き布団を使用すると背中がすのこに当たり、寝起きに体の節々が痛いと言った事があるので注意しましょう。

寝心地だけであれば、付属のスプリングマットレスを使用した方が良いと言えます。

すのこベッド