1. TOP
  2. ロフトベッドの選び方。低めや階段付き、マットレスについてご説明

ロフトベッドの選び方。低めや階段付き、マットレスについてご説明

未分類
この記事は約 6 分で読めます。 19 Views

ロフトベッドはベッドを置くスペースを天井に近い部分まで有効活用できるので、狭い部屋でも広く有効活用できるというメリットがあります。

しかし、どんなタイプが自分に合っているのか選び方で迷っていたり、どこで購入したら良いかで悩んでいる方も多いと思いますが、いくつかのポイントを押さえておけばスムーズに選べますよ。

ロフトベッドの種類にはどんなものがある?

ロフトベッドには大きく分けて

  • ハイタイプ
  • ロータイプ

2種類の高さのものがあります。

ハイタイプのロフトベッド

ハイタイプのロフトベッド

一つは下にデスクを入れることができる高さがあるもので、ロフトベッドの中には初めからベッドの下にデスクが付いているタイプもあります。

このタイプはベッド下を部屋の一部のように使うことができます。

デスク以外にもチェストなどを置くことが可能なので、狭い部屋でもかなり広く使えるというのがメリットと言えるでしょう。

ただし、ベッド部分が天井にかなり近くなるため、寝たり起きたりする際に天井に頭をぶつけたりする心配がありますし、置き場所によっては照明器具に布団が接触したり、部屋が暗くなることがあります。

ミドルタイプのロフトベッド

ミドルタイプのロフトベッド

もう一つは高さが低く、主にベッド下にチェストなどの収納家具を設置するミドルタイプのロフトベッドです。

このタイプは低いので圧迫感がありませんし、安定感もあるというのが特徴です。

使うのが子供の場合は高いロフトベッドは心配という方が多いかもしれませんが、低いタイプなら子供でも安心して使えるのではないでしょうか。

また、ベッド下を完全に収納スペースにできるので、荷物が多い方にも向いています。

しかし、ベッド下を生活スペースとはできないため、デスクも一緒に使用する場合は、ロフトベッドの他に置かなければならないため、部屋が狭い場合にはあまり向いていないかもしれません。

高さ調整が出来るロフトベッド

また、ハイタイプにもミドルタイプにも高さ調整が出来るロフトベッドもあります。

子供が小さい間は高さを低くして安全性を重視しながら、成長してからは下に勉強机を置いてあげる事も出来るので便利ですよ。

ロフトベッドをデザインで選ぶには?

ロフトベッドにはさまざまなデザインのものがありますが、選び方のポイントとしてまず挙げられるのがベッドに上がるためのはしごです。

ロフトベッドによってははしごの位置が変えられるものもありますが、1カ所に固定というタイプの場合は、部屋に置いた時に動線の邪魔にならないかや、他の家具の使い勝手に影響を与えないかをチェックする必要があります。

はしごの形状によっては足をかけにくかったりする場合もあるので注意が必要です。

階段タイプのロフトベッド

階段付きロフトベッド

ちょっと変わったところではベッドに上がるのに階段を使うタイプもあり、安定感があって安全性も高くなっています。

中には階段下の部分を収納として使えるタイプもあるので、子供が使う場合や、楽に上り下りしたい方におすすめです。

また、ベッド部分のデザインも忘れずにチェックしたいポイントです。

宮付きロフトベッド

デスク・宮付きロフトベッド

宮付きのロフトベッドもあり、照明やコンセントが付いているタイプも多いので、ベッドに入ってから読書をすることもできます。

もし、兄弟姉妹などで使う場合の選び方としておすすめなのが、2段ベッドや3段ベッドタイプのロフトベッドです。

こうしたタイプのロフトベッドは、子供が個室を持つようになった時にばらしてシングルベッドとして使えるものが多いので、子供が大きくなってからも無駄にすることなく使える点がメリットと言えます。

ロフトベッドのマットレスはどうすれば良い?

薄型マットレス

空間を立体的に使えるロフトベッドは、ワンルームマンションに一人暮らしをする方や、子供部屋に置くのに人気がある商品ですが、マットレスには注意が必要です。

睡眠の質を向上させるためには、寝返りをスムーズに打てる適度に硬めのマットレスが理想的です。

ロフトベッドには、専用のマットレスが付いているものと、フレームだけの商品の2種類があるのですが、どちらのロフトベッドを購入するにしても、マットレスは薄型にしなければいけません。

と言うのも、ロフトベッドは高さがあるため、安定性に若干かけるので強度はそこまでなく、分厚く重たいマットレスを敷くと耐荷重をオーバーしてしまう事があるからです。

また、ロフトベッドには落下防止のための柵が取り付けられていますが、柵の高さは高くても30㎝程しかありません。

そのため、分厚いマットレスを敷いてしまうと、寝ている間にベッドから転落する危険性があるので、厚みは10㎝以下のものを選ぶようにしましょう。

薄型マットレスは子供や女性向け

薄型マットレスが適しているのは、体重の軽い子供や女性、細身の男性に限られてきます。

体重が80キロを超えるようであれば、マットレスが薄いとクッションが足りなくて腰や肩など体が痛くなるリスクがあります。

ロフトベッドはどこで買う?

選び方のポイントをもとにして買いたいロフトベッドが決まったら、次に重要なのがロフトベッドを買う店の選び方です。

ロフトベッドの買い方には大きく分けて2つの方法があります。

まず挙げられるのが、家具店に足を運んで買う方法です。

家具店で買うメリットとして、実物を見て買えるという点が挙げられます。

サイズだけだとどのくらいの大きさか分かりづらい場合がありますが、実際に見ることで大きさを実感できますよね。

また、ぐらついたりしないかや、頭や足などをぶつける心配がないかを確認することも可能です。

もう一つの買い方がベッド専門の通販を利用する方法です。

ベッド通販のメリットは比較がしやすいという点で、クリックひとつで他の店のロフトベッドをチェックできるようになっています。

また、ベッド通販では店舗に比べて大量のロフトベッドから選択できるメリットや、価格も実店舗を持たない分抑えられるメリットがあります。

注文した商品は自宅まで配達してもらえるので、持ち帰りの手間がかからず便利ですよね。

ロフトベッドの選び方まとめ

部屋を有効活用できるロフトベッドの選び方には、ベッドの高さやベッドに上がるためのはしごや階段の形状、ベッド部分のデザイン、そしてマットレスがあるので、部屋の広さや誰が使うのかによって最適なタイプを選ぶようにすると良いでしょう。

また、ロフトベッドをどこで買うかも重要なポイントです。

実店舗の家具店とベッド専門の通販には、それぞれメリットがあるので、品揃えや予算によってどこで買うかを決めてみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • 一緒に寝たいけど・・気になるダブルベッドのメリットとデメリット

  • 寝室別【4畳半・6畳・8畳】ベッドサイズの目安とおすすめベッド

  • 朝、腰が痛い・・腰痛持ちベッド選びの疑問を解決!