ダブルベッドとツインベッドの違い|ホテルの料金はツインの方が高い?

ホテルのベッドルームベッドの豆知識
  • ホテルの宿泊でツインとダブルは違う?
  • 彼女と泊まるならツインとダブルどっちが良い?
  • ツインとダブルはとっちが高い?

ホテルに宿泊する時に、ダブルベッドにするかツインベッドにするかを選ぶ時があります。

どちらも英語で「2」を意味しているので混同しがちですが、二つには明確な違いがあります。

そこでこの記事では、ダブルベッドとツインベッドの意味や値段の違い、カップルで宿泊する時に選ぶベッドについてご紹介します。

ダブルベッドとツインベッドの違い

サイズ長さ台数
シングルベッド195cm90~100cm1台
ダブルベッド195cm140cm1台
ツインベッド195cm90~100cm2台

ダブルベッドとツインベッドの違いは、サイズと台数です。

ダブルベッドは、長さ195cm×幅140cmのベッドが1台あります。

一方、ツインベッドは、長さ195cm×幅100cmのシングルベッドが2台置かれています。

ベッドの広さだけで考えると、ツインベッドの方が一般的には広くなっています。

但し、これはあくまでシティホテルのベッドサイズで、リゾートホテルや高級ホテルでは、それぞれのベッドサイズはワンランクもツーランクも大きくなっています。

ちなみに、シングルベッドが3台置かれている部屋の場合には、「トリプルルーム」となります。

ダブルベッドルームは両サイドにサイドテーブル

ダブルベッドルーム

ホテルのダブルベッドルームには、大型ベッドが一台部屋の中央に配置されているのが一般的です。

両サイドにはサイドテーブルがあり、枕元を照らすための照明が置かれいるケースが多くなっています。

ツインベッドルームはベッドの間にサイドテーブル

ツインベッドルーム

一方、ツインベッドルームにはシングルベッド2台が離れて配置されているのが一般的です。

中央にサイドテーブルが置かれていて、部屋の照明をコントロールするボタンなどが置かれています。

ツインベッドをくっつける

ツインベッドをくっつける

恋人同士や家族でツインベッドルームを使用する時には、2台のシングルベッドをくっつけるのもおすすめです。

サイズとしては、長さ195cm×幅200cmのキングサイズベッドにする事が出来ます。

但しぴったりくっつけられるかどうかは、ベッドの仕様によって異なってきます。

マットレスをフレームに落とし込むタイプの場合には、隙間にフレームが来るので完全にくっつける事は出来ません。

また宿泊中にツインベッドをくっつけるのは問題ないですが、チェックアウト時には元の状態に戻すようにしましょう。

セミダブルベッドルームは一人用

セミダブルベッドルーム

ホテルの宿泊プランには、ダブルとツインの他にセミダブルベッドルームもあります。

値段が安いので、「セミダブルベッドルームに2人は泊まれる?」と考える方もいらっしゃると思います。

しかしセミダブルベッドルームは、長さ195cm×幅120cmのベッドが1台置かれているだけで、基本的には一人用ベッドサイズです。

学生のカップルであれば、セミダブルベッドルームにして節約するのもアリですが、社会人のカップルにはあまりおすすめ出来ません。

ダブルベッドとツインベッドの値段の違い

では、実際にホテルに宿泊する時に、どの程度値段が異なるのかと言うと、実はダブルベッドルームもツインベッドルームもそれ程宿泊料金は変わりません。

ホテルオークラ神戸はどちらも同じ値段

ホテルオークラ神戸の宿泊プラン

例えばホテルオークラ神戸の宿泊プランでは、

  • ダブルベッドルーム:1泊8796円
  • ツインベッドルーム:1泊8796円

と同じ宿泊料金になっています。

ホテルオークラ福岡はツインベッドの方が高い

ホテルオークラ福岡の宿泊プラン

同じホテルオークラ系列でも、ホテルオークラ福岡の場合には、

  • ダブルベッドルーム:1泊12351円
  • ツインベッドルーム:1泊13203円

とツインベッドルームの方が少し高い値段設定になっています。

宿泊料金は部屋の広さで決まる

ホテルの宿泊費用

ダブルベッドルームとツインベッドルームの値段を決めているのは、ベッドサイズと言うよりも、部屋の広さによって変わってくると考えて問題ありません。

ホテルによっては、ダブルベッドルームの方が高い場合もあるので、

  • ベッドサイズ
  • 部屋の広さ
  • 宿泊料金

の3つをフロントに聞いてから、どちらを選択するか決めるのがおすすめです。

カップルでホテルに宿泊する時に選ぶベッドは?

カップルでダブルベッドに寝ている

カップルでホテルに宿泊する時には、「ダブルベッドルームの方がイチャイチャ出来るかな?」「でもツインベッドルームの方が広々と寝れそう」と悩んでしまいますよね?

密着したいカップルはダブルベッドルーム

付き合い初めて間もない熱々のカップルであれば、ダブルベッドルームがおすすめです。

お互いの体温を感じる事が出来ますし、寝る時には腕枕をしてもらうのも良いでしょう。

熟睡したいならツインベッドルーム

一方、リゾートホテルなどで翌日のスケジュールが盛りだくさんであれば、ツインベッドルームがおすすめです。

お互いが自分のベッドを確保出来るので、熟睡しやすく翌日の英気を養うのに最適です。

ツインベッドを2台並べる事で、お互いのベッドに行き来が出来るので、イチャイチャしながらも寝る時は広々して快適です。

ダブルベッド・ツインベッドまとめ

ホテルの宿泊プランにある「ダブルベッド」と「ツインベッド」の違いは、サイズと台数です。

ダブルベッドは長さ195cm×幅140cmのベッドが1台に対して、ツインベッドは長さ195cm×幅100cmのシングルベッドが2台あります。

料金はダブルでもツインでもほとんど同じで、ベッドサイズよりも部屋の広さで値段が変わってきます。

>>ダブルベッドはこちら!

関連記事
著者情報
だんな

ベッドショップのオーナー
睡眠・寝具インストラクターの有資格者
質の高い睡眠と、インテリア性を兼ね備えたベッドの情報を発信中。
5年前に自身も頸椎を痛めてから、本気で寝心地の良い枕やマットレス選びを考える。
兵庫県生まれ、大阪育ちの根っからの関西人。
>>だんなのプロフィールはこちら!

だんなをフォローする
ベッド通販セラピス
300種類以上の高品質なベッドを送料無料の格安で販売!
流通コストを排除した、卸直送価格で驚きのコスパ!
口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店です。 ベッド通販セラピス
ベッド通販セラピス
300種類以上の高品質なベッドを送料無料の格安で販売!
流通コストを排除した、卸直送価格で驚きのコスパ!
口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店です。 ベッド通販セラピス
ベッドの豆知識ダブルベッド
三十路男のベッドブログ