キングベッドとツインベッドの違い。ホテルで3人が宿泊する場合はどっち?

広い寝室 ベッドの豆知識

キングベッドは、「大型のベッド」と漠然とした認識を持っている方が多いかと思います。

一方ホテルに宿泊する時に、部屋のグレードの中に「ツインルーム」や「ツインベッド」と言うのがありますよね?

どちらも広いベッドのイメージですが、違いがイマイチ分からないと言う方は多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、「キングベッド」と「ツインベッド」の違いについて詳しくご説明したいと思います。

キングベッドは大きさを意味している

キングサイズベッド

サイズ長さ
キングサイズ195㎝180~200㎝

「キングベッド」は、あくまでベッドのサイズを意味しているにすぎません。

キングサッドの大きさは、メーカーによって若干の違いはありますが、一般的には長さが195㎝で幅が180~200㎝となっています。

大きさで言うと、シングルベッドが長さ195㎝で幅90~100㎝なので、ちょうど2倍になります。

ツインはベッド2台の事

ツインルーム

一方、ツインベッドはベッドが2つという意味です。

一般的には、シングルベッドを2つ配しているものを指しますが、シングルではなくシングル以上のサイズのベッドを利用しても「ツイン」と呼ばれます。

ベッドが一つの場合には「シングル」、3つであれば「トリプル」になります。

最大の違いは連結しているかどうか!

2台のベッドを連結している

サイズ的には、キングベッドもツインベッドもシングルベッド2台分となります。

ただしツインベッドはシングルベッドを2つ並べただけのもので、連結はされていません。

一方、キングベッドもシングルベッド2台を使用しています。

しかし、ベッドフレームは連結させてあり、マットレス同士も隙間が出来ないようにしっかりとくっつけてあるのが特徴です。

キングとツインは使い方が違う!

キングサイズベッドとツインベッド、サイズの違いは数字上で見れば大きな違いはありません。

しかし、使い方で見れば大きな違いがあります。

二人別々に寝るのならツインがおすすめ

友達二人

友達同士で旅行に行くときには、別々のベッドの方が落ち着いて眠れますよね?

このように、1人ずつがゆっくり寝たいと思っている方にとっては、断然ツインベッドがおすすめです。

ツインルームであれば、布団の取り合いや寝相の悪さなどあまり気にせずゆったりとした睡眠ライフを送ることができます。

隙間を少しだけ開けて並べれば、話もしもしやすく離れている感じはしません。

恋人や夫婦、家族ならキングベッドがおすすめ

家族3人

一方、恋人同士や新婚夫婦など、密着しながら同じベッドを使いたいと思っている方はキングサイズベッドがおすすめです。

それ以外にも、親子3人で寝る場合にはキングベッドでないと片方のベッドで2人が寝る事になるので、窮屈な思いをする事になります。

しかしキングベッドであれば、親子3人川の字になってのんびり寝ることができます。

キングとツインの違いまとめ

キングとツインの違いは、連結してあるかどうかです。

キングベッドはあくまでサイズを意味していて「長さ195㎝×幅180~200㎝」となっていて、シングルベッド2台を連結してあります。

一方、ベッドが2台あればツインと呼びますが、ベッドはそれぞれ独立してあります。

どちらも基本的にはシングルベッド2台分の大きさになりますが、連結されていればキングで、連結していなければツインになります。

い。

関連記事