クイーンベッド・キングベッドの相場。ニトリ・楽天・Amazonよりも安いのは?

ダブルベッドに必要なお金 ベッドの選び方

新婚夫婦を中心に人気が高いベッドとして、クイーンサイズベッドがあります。

長さが195㎝で、幅が160㎝あるクイーンサイズベッドは、二人用ベッドとしては十分な広さを備えています。

 

また、家族3人で寝るのに最適なベッドとして、長さが195㎝、幅が180㎝~200㎝あるキングサイズベッドがあります。

 

しかしクイーンサイズベッドやキングサイズベッドは大型ベッドの部類に入るので、気になるのが相場ではないでしょうか?

高品質なベッドを低価格で購入出来るように、この記事では、

  • クイーンサイズベッド・キングサイズベッドの相場
  • ベッドの種類によっても相場は変わる

について詳しくご説明したいと思います。

クイーンサイズベッド・キングサイズベッドの相場

クイーンサイズベッドとキングサイズベッドの相場ですが、取り扱いをしている販売店によって値段は様々なので、主な販売店をピックアップしてみました。

家具屋さんでは8万~10万円が相場

ニトリ

10年前であれば、安くベッドを買うなら「ニトリ」などの家具屋さんに行く方が多かったと思います。

一般的に人気のある木製のクイーンサイズベッドやキングサイズベッドを家具屋さんで購入すると、80000円~110000円の価格帯が多いようです。

これでは高いと感じる人であれば、スチール製の大型ベッドも少ないですがあります。

いわゆる「パイプベッド」と呼ばれているものですが、軽量で値段が安いのが特徴です。

ただその場合でも、家具屋さんで購入すると70000円から80000円程度が平均的な値段になっています。

家具屋さんで大型ベッドを購入するメリット

家具屋さんで購入するメリットとしては、「実物を見れる・触れる」と言うのが一番ではないでしょうか?

多くの家具屋さんでは、実際の寝心地を確かめる事が出来るので、腰痛持ちの方は多少値段が高くても家具屋さんが安心できるかもしれません。

また、クイーンサイズベッドやキングサイズベッドは2人~3人で寝るので、一緒に横になって寝返りをうてるだけのスペースがあるかと言った実際の感覚を確認する事が出来ます。

ホームセンターでは取り扱いがほとんどない

コーナン

家具屋さん以外だと、コーナンのようなホームセンターでもベッドの販売をしているところがあります。

支払い方法も現金払いだけでなく、クレジットカードでの支払いやショッピングローンによる支払いにも対応しています。

ショッピングローンの場合だと分割払いにも対応しているので、支払いの面でも安心です。

しかし、取り扱いをしているのはシングルベッドやセミダブルベッドの折りたたみベッドが主流で、クイーンサイズやキングサイズベッドのような大型ベッドはほとんど取り扱いをしていません。

楽天やAmazonでは5万円~10万円が相場

楽天

楽天やAmazonと言ったネット通販でも、クイーンサイズベッドやキングサイズベッドを取り扱っています。

相場としては、4万円~11万円となっていて、家具屋さんよりも安く購入する事が出来ます。

楽天やAmazonで大型ベッドを購入するメリット

Amazonではクイーンサイズベッドやキングサイズベッドの取り扱いはそれほど多くないですが、楽天では多く取り扱っています。

値段が安いだけでなく種類も豊富にあるので、選び方さえ間違わなければ節約しながら、好みのクイーンサイズベッドやキングサイズベッドを購入できます。

支払い方法もクレジットカード決済が可能ですし、楽天ポイントをためる事が出来るのは嬉しいです。

ベッド通販は3万円~10万円が相場

ベッド通販セラピス

しかし楽天やAmazonと言った販売店よりも、更に安い価格帯でクイーンサイズベッドを購入できるところがあります。

それがインターネットのベッド通販専門店で、3万円~10万円が相場となっています。

ベッド通販で大型ベッドを購入するメリット

ベッド通販の特徴としては、メーカーが製造したベッドを卸直送価格で販売出来る事です。

ベッドメーカー各社と直接取引を行い、販売店を通さないので余分な手数料を省くことで、価格を極限まで下げる事が出来ます。

取り扱っているベッドの種類は、楽天やAmazonと比べると若干少ないですが、寝具店よりは遥かに多い品ぞろえとなっています。

また、ベッド専門店なのでマットレスが豊富に揃っているのもメリットとなっています。

楽天ポイントなどはつきませんが、カード決済も可能なので高品質なクイーンサイズベッド低価格で購入したい方におすすめです。

高級ベッドメーカーでは50万円~100万円

シモンズのベッド

世界が誇る三大ベッドブランド(通称3S)として名高いのが、「シモンズ」「シーリー」「サータ」です。

高級ベッドの最高峰に位置しているこれらのベッドメーカーでも、クイーンサイズベッドやキングサイズベッドを取り扱っていますが、相場は50万円~150万円となっています。

また、日本で有名なベッドメーカーとしては、「日本ベッド」と「フランスベッド」2社がありますが、日本ベッドでは20万円~30万円程度で、フランスベッドでは10万円~20万円程度が相場です。

高級ベッドメーカーで大型ベッドを購入するメリット

高級ベッドメーカーで、クイーンサイズベッドやキングサイズベッドを購入する一番のメリットは何があるでしょうか?

デザイン性や寝心地はもちろん優れているのですが、何よりも安心感が大きい事がユーザーとしては一番大きなメリットです。

一度購入すると最低でも10年は使い続けたい大型ベッドですが、高級ベッドメーカーではブランドイメージを守るために、製品の検品・検査を細かく行っています。

保証期間を設けているケースも多いので、長く愛用したい方におすすめとなっています。

また、寝心地を一番左右するのが「マットレス」ですが、日本ベッドやフランスベッドでは、高温多湿の気候や、日本人の体格に合わせたマットレスを作っています。

そのため、ベッドフレームは低価格のものにして、マットレスだけ高級ベッドメーカーにするのも良いでしょう。

>>高級ベッドはこちら!

ベッドの種類によっても相場は変わる

クイーンサイズベッドやキングサイズベッドは、取り扱っているメーカーによって大きく相場が異なります。

しかし、それ以外にもベッドフレームの機能によっても相場が変わってきます。

相場が高いベッドの種類

大金

一般的に相場が高いベッドの種類としては、

  • 跳ね上げ式ベッド
  • チェストベッド

の2種類があります。

いずれも大容量の荷物をベッド下に収納する事が出来るのが特徴で、新婚夫婦や子育て世代など荷物が多いご家庭に人気が高くなっています。

相場は確かに高いですが、収納力が抜群に高いので、コストパフォーマンスは優れています。

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッドは、ガス圧で床板を跳ね上げると、その下が収納庫になっているベッドです。

開閉するためのシリンダーは、車のトランクにも使用されているものを使っているので故障などのリスクは少ないですが、部品のコストがかかるために相場が高くなっています。

>>跳ね上げ式ベッドはこちら!

チェストベッド

チェストベッド

チェストベッドは、引き出しが1段~3段付いているだけでなく、ベッド下にも長物収納エリアが備わっています。

「ボックス構造」と呼ばれていて、組みあがったチェストをベッドに組み込むので、「ベッドの料金+チェストの料金」が必要となり、値段も高くなっています。

>>チェストベッドはこちら!

相場が安いベッドの種類

一方、相場が安いクイーンサイズベッドや、キングサイズベッドとしては、

  • フロアベッド
  • 脚付きマットレス

があります。

フロアベッド

赤ちゃんでも安全なフロアベッド

フロアベッドは、脚ではなくフレーム枠で支えているベッドになります。

高さが低いのでベッドからの転落事故の危険性が低く、赤ちゃんや小さな子供がいるご家庭に特に人気となっています。

使用している部材が少ないので、価格は安いですし、開放感があるのがメリットです。

>>フロアベッドはこちら!

脚付きマットレス

脚付きマットレス

マットレスに脚を取り付けてあるシンプルなベッドなので、コストを抑える事が出来ます。

従来の脚付きマットレスは、寿命が短いと言うデメリットがありましたが、最近人気が高まっている「ボトムベッド」は、寿命も長く口コミの評判も良いのでおすすめです。

>>脚付きマットレスはこちら!

クイーンサイズベッド・キングサイズベッドの相場まとめ

クイーンサイズベッドとキングサイズベッドの相場は、コーナンよりも、楽天やベッド通販の方が安くなっています。

また、ベッドの種類としては、「跳ね上げ式ベッド」や「チェストベッド」は高く、「フロアベッド」と「脚付きマットレス」の相場が安くなっています。

関連記事