二段ベッドはいつからいつまで使える?1歳半から大人まで大丈夫です!

仲の良い姉妹 二段ベッド

二段ベッドはいつからいつまで使えるのでしょうか?

多くの方は、二段ベッドは子供が一人で寝るようになってから使い始めると考えています。

しかし実際には、高さのあるベッドで添い寝が出来る年齢から、大人になるまで長く使う事が出来るのです。

二段ベッドは「分割式」がスタンダード

何故二段ベッドが小さな子供の時から使えるかと言うと、「分割式二段ベッド」が現在のスタンダードになっているからです。

分割式二段ベッドでは、

  1. 子供が小さい時は2台連結してキングベッド
  2. 一人で寝られるようになってからは二段ベッド
  3. 成長したらシングルベッド2台

の3つのパターンで使用する事が出来ます。

子供が小さい時は2台連結してキングベッド

キングサイズになっている二段ベッド

二段ベッドの上段と下段を横に並べる事で、一つのキングサイズベッドにする事が出来ます。

両サイドにはベッドガードが付いているので、転落事故を防ぎながら子供たちと添い寝する事が出来ます。

一人で寝られるようになってからは二段ベッド

二段ベッド

子供たちが小学校に入学するくらいになると一人で寝る事が出来るので、通常の二段ベッドの形で使う事が出来ます。

兄弟姉妹がいても、子供部屋は一つで済みますし、狭いスペースを有効活用出来るので便利ですよね。

成長したらシングルベッド2台

二段ベッドをシングルベッド2台に分割している

子供たちが成長して、それぞれの子供部屋を使うようになったら、シングルベッド2台に分割する事も出来ます。

サイズは通常のシングルサイズですし、耐荷重も100㎏や150㎏あるので、高校生や大人になってからでも使い続ける事が出来ますよ。

>>「分割可能な二段ベッド」の選び方4つのポイント&おすすめ分割ベッド5選!

生後18か月までの赤ちゃんはベビーベッドが基本

このように、二段ベッドは幼少の頃から使い始める事が出来ますが、生後18か月までの赤ちゃんには使用する事が出来ません。

基本的に、生まれてから1歳半まではベビーベッドを使ったり、添い寝をするのであれば高さが低い布団やフロアベッドで寝かせるようにします。

と言うのも、高さがあるベッドで添い寝をする場合には、転落事故を防ぐために「ベッドガード」を取り付けたり、片側を壁に付けて寝かせる必要があります。

大人用ベッドに取り付ける幼児用ベッドガードは、一般財団法人製品安全協会が定めた安全基準(SG基準)では、生後18か月未満の子どもには使用しないよう定めているので、注意してください。

消費者庁のホームページより引用)

しかしベッドガードの使用は、消費者庁が注意喚起しているように、生後18カ月未満の乳幼児に使用する事は出来ません。

身体が小さい子供では、ベッドガードとマットレスの間や、壁とマットレスの間に挟まれて窒息する事故が起きているからです。

>>ベッドガードで事故が多発!消費者庁推奨「ベッドガードの正しい使い方」

二段ベッドは事故に注意!

一つのベッドで3パターンの使い分けが出来ますが、通常の二段ベッドの形として使用する時には、

  • ベッドからの転落事故
  • 梯子からの落下事故

には注意が必要です。

ベッドからの転落事故

子供がベッドから転落している

小さな子供程上段で寝たがるものですが、事故を防ぐためにはお兄ちゃん・お姉ちゃんを上に寝かせる方が安全です。

小さな子供は体が軽い事もあり、寝返りを頻繁にしています。

ベッドガードが付いているので、基本的にはベッドから転落する事はないですが、厚手のマットレスや布団を敷いていると、ベッドガードを飛び越える危険性もあるので注意しましょう。

梯子からの落下事故

子供が二段ベッドの梯子を上っている

また、夜中にトイレに起きる事もありますが、寝ぼけて梯子から足を踏み外す事故は十分に想定出来ます。

年齢が高いほど歩幅も大きく、しっかりしているので足を踏み外す危険性が少なくて済みます。

「この子は寝相が悪いな~」と感じたら、必ず下のベッドで寝かせるようにしましょう。

>>二段ベッドの事故「上段からの転落」「梯子からの落下」「地震」に注意

夫婦で二段ベッドを使うケースも

夫婦

子供から大人まで使い続けられる二段ベッドですが、最近では夫婦で使うケースも増えてきています。

と言うのも、転勤族など引っ越しが多い夫婦の場合、間取りが広ければキングベッドとして使えますし、狭い部屋では二段ベッドにする事で部屋を有効活用する事が出来るからです。

また、子供が出来てからも添い寝をするのに便利なので、頑丈な二段ベッドであれば20年を超えて使い続けるケースもあります。

そう考えると二段ベッドは、子供が生まれる前から大人になるまで、使い続けられると言えるかもしれませんね。

今回ご紹介した二段ベッド【Whentoss】ウェントス

2段ベッド【Whentoss】ウェントス

2段ベッドにもなるワイドキングサイズベッド 【Whentoss】ウェントス

価格円~

【Whentoss】ウェントスは、子供がいる親御さんたちが開発や設計に携わって作られた二段ベッドです。

使い勝手だけでなく、耐震性や安全性も考慮して作られているので、二段ベッドの中でも特に人気が高い商品となっています。

耐荷重も上下とも150㎏あるので、成長期を迎える男の子でも使い続ける事が出来ますよ。

>>二段ベッドはこちら!

「二段ベッドはいつからいつまで使える?」まとめ

最近の二段ベッドは「分割式」になっているので、

  1. 子供が小さい時は2台連結してキングベッド
  2. 一人で寝られるようになってからは二段ベッド
  3. 成長したらシングルベッド2台

として使う事が出来ます。

二段ベッドをいつから使えるかと言うと、子供が1歳半になって、大人用ベッドで添い寝が出来るようになってからです。

また、いつまで使えるかと言うと、耐荷重が高い二段ベッドであれば大人になるまで使い続ける事が出来ますよ。

関連記事
著者情報
だんな

睡眠・寝具インストラクター
質の高い睡眠と、インテリア性を兼ね備えたベッドの情報を発信中。
5年前に自身も頸椎を痛めてから、本気で寝心地の良い枕やマットレス選びを考える。
兵庫県生まれ、大阪育ちの根っからの関西人。
>>だんなのプロフィールはこちら!

だんなをフォローする
ベッド通販セラピス
サマーキャンペーン開催中!
250種類以上の高品質なベッドを送料無料の格安で販売!
流通コストを排除した、卸直送価格で驚きのコスパ!
口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店です。 ベッド通販セラピス
ベッド通販セラピスサマーキャンペーン開催中!
250種類以上の高品質なベッドを送料無料の格安で販売!
流通コストを排除した、卸直送価格で驚きのコスパ!
口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店です。 ベッド通販セラピス
二段ベッド
三十路男が本気でベッドを選んだ!
タイトルとURLをコピーしました