1. TOP
  2. 幼児・子供のマットレスは成長ホルモンに影響が。硬さと寝姿勢を大切に

幼児・子供のマットレスは成長ホルモンに影響が。硬さと寝姿勢を大切に

 2018/06/08 マットレス
この記事は約 11 分で読めます。 75 Views

幼児・子供用のベッドを購入する場合、マットレスのどの程度の硬さでどの種類を選べば良いのか悩んでしまいますよね?

幼児・子供はどの硬さだと寝やすいのか大人にはよくわからないかもしれません。

しかし、成長期にしっかり身長や体重を伸ばすためには睡眠の質を高めることは重要です。

大人とは睡眠リズムが異なっているため、高反発マットレスのようにしっかりとした硬さと通気性の良さがポイントです。

幼児・子供のマットレスの選び方

幼児・子供のマットレスを購入する場合、選び方のポイントとしては、

  • 適度に硬さがある
  • 通気性が良い
  • 抗菌・防カビ仕様

の3つが大切になってきます。

適度に硬さがあるマットレスは寝返りをしやすい

理想的な寝姿勢

子供用のマットレスと言っても、基本的な選び方は大人と同じで適切な寝姿勢を保てるものになります。

起きている時の姿勢をそのまま寝ている間も保てるように、背骨がS字ラインになるマットレスを選ぶことが大切です。

寝返りをしやすい硬さのマットレスを選ぶ

子供は大人と比較すると寝返りが多くするので、寝返りを妨げないマットレスを選ぶことがポイントです。

低反発ウレタンマットレスのように柔らかいものだと体が沈んでしまいますし、寝返りをしにくくなります。

また、極度に柔らかいマットレスになると子供がうつ伏せで寝てしまった時に、呼吸が出来ないで死亡すると言った最悪の事態も想定できます。

とは言え、子供の体重は軽いので硬すぎると体が全く沈み込まないで反り返った状態になり、背骨が歪んだり血行を悪くする恐れがあります。

スプリングマットレスであれば、「ソフト」か「普通」を、ウレタンマットレスの場合には100N~140Nくらいの高反発マットレスにしましょう。

通気性が良いマットレスで蒸れを防ぐ

また、大人と比べて子供は汗をよくかくので、マットレスの通気性が悪いと蒸れて寝心地が悪くなってしまいます。

特に梅雨時や夏場などはマットレスがジメジメしていると大人でも快適に寝る事が出来ませんよね?

通気性の良いマットレスを選ぶことは、余分な湿気をマットレスにためない事にもなるので、カビやダニ予防にも効果があります。

抗菌・防カビ仕様でアレルギー予防

マットレスには抗菌・防カビ仕様のものがあります。

カビが繁殖すると見た目に汚らしいだけでなく、胞子をまき散らすので体に悪影響を及ぼしかねません。

また、ダニなどを放置しておくと喘息やアレルギーなどの症状が出やすくなります。

幼児や子供の間は体も未発達でアレルギー症状を発症しやすいので、マットレスは衛生的に保ってあげる事が大切です。

また、幼稚園生くらいまではおもらしをしたり、風邪を引いた時などはベッドの上で嘔吐する事もあるでしょう。

そのためにも敷きパッドを敷いたり、抗菌仕様のマットレスを選ぶようにして下さい。

マットレスの硬さをきちんと確認する

幼児や子供用にマットレスを選ぶと言っても

  • 低反発ウレタンマットレス
  • ボンネルコイルマットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • デュラテクノマットレス
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス

などさまざまな種類がありますし、メーカーによっても特徴が異なってきます。

また、国産か海外製かによって、値段だけでなく硬さや機能が変わってくるので、それぞれの特徴を良く理解した上で購入する事が大切になってきます。

幼児や子供におすすめはボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスやボンネルコイルマットレスは大人にも人気が高く安価で購入する事が出来ますが、幼児や子供にとっても理想的な寝姿勢を維持できるというメリットが挙げられます。

一般的に国産(日本製)のボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスは適度な硬さで、抗菌・防カビ、通気性に優れているのでおすすめです。

逆にあまりに柔らかい低反発ウレタンマットレスは体が沈み、腰や肩に負担がかかってしまうことがあるので避けた方が良いでしょう。

子供は関節が柔らかいので腰痛や肩こりにはならないかもしれませんが、成長に悪影響を及ぼすことがあるので注意しましょう。

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは寝ている間に体にかかる圧力を分散できるため、血液やリンパの流れを良くしてくれます。

そのため酸素や栄養素が体にきちんと行き渡るでしょう。

さらに、吸湿発散性に優れているため、汗をたくさんかいても問題ありません。

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスはスプリングが連結されており、子供の体重を面で支えることができます。

そのため寝返りをうちやすいというメリットがあります。

耐久性が高く長期間使用できることや通気性が良いことなども魅力です。

 

寝具は長く使っていると凹みや傷がついてしまうことがあります。

凹みや傷がついているものは体重の重みがかかっているということですし、早めに買い替えた方が良いでしょう。

古くなったものでずっと寝ていると体が歪んでしまいますし、成長に悪影響を及ぼすと言われています。

また、長さが足りていないものの場合も体を伸ばして寝られなくなるので注意しましょう。

値段よりも寝心地を重視する

寝具を選ぶ際、子供にどちらが寝やすいかを聞く人もいるかもしれません。

もちろん小学校高学年や中学生くらいなら聞いても問題ありませんが、小さな幼児だとどれが体に合っているのか自分では判断することができません。

単純に色や柄などで決めてしまうこともありますし、寝た時の感触が良いのと睡眠の質が高いかどうかは同じではありません。

そこで幼児のためにマットレスを選ぶ場合、基本的には大人が選ぶことが必要になってきます。

ちなみに、マットレスは値段が高ければ良いというわけではなく、寝心地が重要なポイントとなります。

例えば、マルチラススーパースプリングマットレスやゼルトスプリングマットレスなどは比較的高価なマットレスで、幼児や子供が寝ても快適に睡眠をとる事が出来ますが、ボンネルコイルマットレスやポケットコイルマットレスでも十分良質な睡眠をとる事が出来ます。

また、大人が使用しているものが子供に合うとは限りませんし、体重や骨格、体型、体質などに合わせて選んでいくことが大切です。

年齢や体型によって寝心地が変わってきますし、マットレスも寿命があるので成長に合わせて買い替えるのが良いでしょう。

成長のためには深い睡眠が大切です

幼児・子供は深い眠りが多く、睡眠時間が長いとされています。

子供にとって理想的な睡眠時間は

  • 生後0~3ヶ月(14~17時間)
  • 生後4~11ヶ月(12~15時間
  • 1~2歳(11~14時間)
  • 3~5歳(10~13時間)
  • 6~13歳(9~11時間)

となっていて、大人の7時間~8時間と比べると圧倒的に寝ている時間が多い事が分かります。

また、赤ちゃんや幼児は一度寝たら深い眠りに入りますし、すぐには起きないことが特徴です。

国産のポケットコイルマットレスなら体重を分散するという効果があるため、血液やリンパの流れを妨げませんし、成長に必要な成長ホルモンも全身にしっかり行き渡るようになります。

また、子供は睡眠時に体温が高くなり、大量の汗をかくことも特徴です。

吸水性が低いマットレスで寝ている場合、深い睡眠が妨げられてしまいますし、睡眠の質が低下してしまうということです。

結果として成長ホルモンが十分に分泌されなくなりますし、成長を妨げてしまうとされています。

国産のポケットコイルマットレスやボンネルコイルマットレスはある程度の硬さがあるため、寝返りをしやすいこともポイントです。

硬さや反発力の高さは子供の成長に良い影響を与えると言われているのです。

子供の身長が伸びるのは成長期までと言われており、少なくともその間はきちんとした寝具を用意することが重要です。

体に合った寝具で寝ることにより、身長を大きくすることができますし、快眠しやすくなるので精神的なストレスの解消にも繋がります。

子供におすすめのマットレス

ベッドを購入する時には、メーカーが推奨しているスプリングマットレスから子供に合うものを選べばよいですが、現在ベッドフレームだけあってマットレスを新たに購入する場合のおすすめ商品をご紹介したいと思います。

両面仕様 『 フィットスリーパー -理想的な寝姿勢をサポート-』

価格円~

 フィットスリーパーはサイズがセミシングル~クイーンサイズまである両面使用のスプリングマットレスです。

ボンネルコイルマットレスは通気性に優れていて、寝具が蒸れるのを防いでくれるので汗っかきの子供におすすめです。

一方、ポケットコイルマットレスは体のラインにフィットするので、部活動などをしている中高生におすすめのマットレスになっています。

マットレスの寿命の目安は、ボンネルコイルマットレスが10年程度、ポケットコイルマットレスは5年~10年くらいになっているので、長く子供の成長をサポートしてくれますよ。

エアツリーマットレス

エアツリーマットレス

19800円~

エアツリーマットレスに採用されている新しい構造「エアツリーカッティング」が、流動的に身体の圧迫感を緩和します。

また全体の凹凸構造が身体に沿ってバランスの良い寝姿勢を保持してくれるので、曲がりやすい子供の背骨をしっかり修正してくれますよ。

MLILY エムリリー 優反発シリーズ

エムリリー優反発シリーズ

16980円~

MLILY エムリリーは、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟する【マンチェスター・ユナイテッド】の公式寝具パートナーにもなっている人気のマットレスメーカーです。

低反発マットレスは体が沈み込み過ぎるので腰に負担がかかり、高反発マットレスは腰や肩に圧力がかかるので慣れるまでに時間がかかります。

しかし、MLILY エムリリーの「優反発マットレス」は、エコヘルスフォーム(低反発)と高反発オープンセルフォーム(高反発)の特殊二層構造をしているので、子供から大人まで幅広い層の人にご使用する事が出来ます。

また3つ折りタイプなので、持ち運びにも便利ですよ。

エムリリーエコヘルスシリーズ

エムリリーエコヘルスシリーズ

9240円~

マットレストッパーのトップブランドの『エムリリーマットレス』「マンチェスターユナイテッド」の公式マットレス&ピロー・パートナーとしてヨーロッパ含め、世界16カ国で愛用されています。

マットレスの種類は3㎝・5㎝・9㎝と3種類ありますが、3㎝と5㎝はトッパーと言って布団やスプリングマットレスの上に敷くものになるので、単独で使用する際には9㎝厚をご使用してください。

次世代マットレス【ビブラート1】

ビブラート1

59800円~

ビブラート1は子供の寝落ちを再現すると言うコンセプトの元作られたマットレスです。

厚さは25cmとたっぷりあり、マットレス表面にある独特な波状「ビブラートスリープシステム」が腰痛や肩こりを緩和してくれます。

子供から大人まで幅広い層の方に支持されているマットレスですよ。

幼児・子供のマットレスまとめ

幼児や子供にとってマットレスは毎日長時間使うもので、寝ている間に成長ホルモンの分泌を促し、歪んだ背骨を修正する大切な役割を果たしています。

睡眠は幼児・子供の成長にとって最も重要ですし、ストレス解消などの効果もあると言われています。

普段あまりマットレスが体に合っているかどうかを考える機会はないかもしれませんが、体に合ったものに買い替えることにより、快適な睡眠を得られるようになるのです。

質の良いマットレスを選ぶことで疲れを翌日にのこなさないで毛でなく、成長ホルモンの分泌を促す効果もあるので、親がしっかりと選んであげましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドとマットレスの選び方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドとマットレスの選び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

だんな

だんな

始めまして、だんなです。
ベッド通販セラピスの店長で、睡眠アドバイザーをしています。
このブログはセラピスの公式ブログで、ベッドに関する豆知識やお役立ち情報をご提供しています。
質の高い睡眠と、お部屋のインテリア性を兼ね備えたベッドを選ぶために是非活用してくださいね!
だんなのプロフィール詳細はこちら!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収納ベッドセミダブルおすすめ10選!跳ね上げ式ベッドなど人気商品をご紹介

  • 小さめベッド特集!シングルより小さい180㎝ベッドや収納付きもご紹介

  • フロアベッドセミダブルおすすめ10選!ローベッドとの違い・デメリットも紹介

  • ベッドフレームクイーンおしゃれ10選!すのこ・収納・ローベッドetc.を紹介

関連記事

  • 腰痛や肩こりの原因はマットレスにあるかも。悪化する前に硬さをチェック!

  • 子供用マットレスの正しい選び方。5つのポイントをご紹介!

  • マットレスの役割は身体の保持・耐圧分散・寝返りなどのサポート

  • マットレスで寝ると体が痛い。腰痛や背中が痛い原因と対策について

  • 子供用ベッド&マットレスの正しい選び方とおすすめ5選!

  • ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いは?寿命と選び方