ボンネルコイルとポケットコイルの違い。子供や腰痛におすすめなのは?

ポケットコイルマットレス マットレス

一般的に人気が高いマットレスと言えば、「ボンネルコイルマットレス」と「ポケットコイルマットレス」ですよね。

しかし、いざマットレスを選ぼうとした時に、違いが良く分からないと言うのが本音ではないでしょうか?

特に子供用のマットレスを選ぶ親御さんや、腰痛を抱えている人にとって、マットレス選びは失敗できません。

そこでこの記事では、

  • ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い
  • 日本を代表するボンネルコイルとポケットコイル
  • 腰痛にはポケットコイル・ボンネルコイルどっちがおすすめ?
  • ボンネルコイルマットレスがおすすめの人
  • ポケットコイルマットレスがおすすめの人

について詳しくご説明したいと思います。

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違い

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスは、内部構造からして違っています。

それぞれにメリットもデメリットもありますが、価格で見るとポケットコイルマットレスの方が高いのが普通です。

しかし寿命に関しては、ボンネルコイルマットレスが10年に比べて、ポケットコイルマットレスは5年~10年と短いのが一般的です。

ボンネルコイルマットレスの構造とメリット・デメリット

ボンネルコイルマットレスの構造

まずボンネルコイルですが、こちらは使われているスプリングがそれぞれ連結されています。

ですから、寝る人の体重を面で支える感覚になりますね。

また、フェルトや不織布、ウレタンがコイルを挟み込む感じになっているので、コイルが背中に当たって痛いと言う事はありません。

ボンネルコイルマットレスのメリット

ボンネルコイルマットレスのメリットとしては、

  • 高い耐久性
  • 通気性に優れている
  • 値段が安い
  • 寝返りがうちやすい

と言った事が挙げられます。

スプリングが連結しているので耐久性も高く、中はコイルが大部分を占めているので、通気性にも優れています。

腰からお尻にかけて沈みこむ感じが少ないので寝返りもしやすく、寝つきが悪い人に好かれる傾向にあります。

ボンネルコイルマットレスのデメリット

逆にデメリットは、

  • 肩や腰に負担がかかりやすい
  • きしみ音がしやすい
  • 横揺れがある

と言った事があります。

ボンネルコイルマットレスの構造上「U」の字に身体が沈んでしまい、肩や腰に荷重がかかりやすい傾向にあります。

マットレスは痛んでくると「ギシギシ」と言ったきしみ音がする事がありますが、ボンネルコイルマットレスはこのきしみ音がポケットコイルマットレスに比べて大きいのもデメリットです。

また、ボンネルコイルマットレスは一か所に荷重が加わると、他の部分にまで振動が伝わる「横揺れ」も大きい傾向にあります。

そのため、ダブルベッドやクイーンサイズベッドなど一枚のマットレスに二人以上が寝る場合にはポケットコイルマットレスにした方が良いでしょう。

ポケットコイルマットレスの構造とメリット・デメリット

ポケットコイルマットレスの構造

そしてポケットコイルマットレスですが、こちらはそれぞれのスプリングが袋に包まれていて独立性を保っているので、面ではなく点で体を支えます。

ポケットコイルマットレスのメリット

ポケットコイルマットレスのメリットとしては、

  • 耐圧分散に優れている
  • 寝姿勢が綺麗なS字ラインになる
  • 腰痛や肩こりの方でも安心して使える

があります。

体の重たいお尻や肩、足などが適度に沈み込み、荷重を分散してくれるので、疲れにくいマットレスになっています。

また、体の形状にあった沈み方をするので、立っている状態に近く、背骨が綺麗なS字ラインをキープする事が出来ます。

そのため、腰痛や肩こりの症状がある方でも安心して使う事が出来ます。

ポケットコイルマットレスのデメリット

ポケットコイルマットレスのデメリットとしては、

  • 耐久性に乏しい
  • 寝返りが若干しにくい
  • 体重が重い人には不向き

と言った事があります。

一つずつのスプリングにかかる負担が場所によって偏ってしまうので、例えば重いお尻部分や頭部分などは早く傷んでしまってボンネルコイルに比べると耐久性は劣ります。

また部分的に沈んでしまうために、寝返りは若干しにくくなり、それが気になってしまう方もいます。

寝心地が柔らかいので、子供や女性には向いていますが、体重が70㎏を超える方の場合、身体が沈み込みすぎるので適していません。

日本を代表するボンネルコイルとポケットコイル

日本を代表するマットレスメーカーとしては、「フランスベッド」と「日本ベッド」が有名ですが、これらのメーカーは高性能なポケットコイルマットレスやボンネルコイルマットレスを製造しているので、ご紹介したいと思います。

フランスベッド社製のボンネルコイルマットレス

フランスベッドのマットレス

フランスベッド社は、ボンネルコイルマットレスに特化しているマットレスメーカーです。

主な製品としては、

となっていて、呼び方は違いますが、通常のボンネルコイルマットレス同様にコイルが連結しています。

おすすめとして、「マルチラススーパースプリングマットレス」と「デュラテクノマットレス」があるので、ご紹介したいと思います。

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレス

マルチラススーパースプリングマットレス

価格円~

マルチラススーパースプリングマットレスは、国内生産を徹底していて、厳しいJIS試験に合格しているだけでなく、更に厳しい社内規格【FES規格】をクリアしているマットレスです。

衛生面で特に優れていて、抗菌・防臭・防ダニ加工が施されているマットレスは、「衛生マットレス」として全日本ベッド工業会の認定を受けています。

また通常のボンネルコイルマットレスよりも、更に通気性に優れているので、寝具内を快適な湿度に保つことが出来ます。

デュラテクノマットレス

高機能なデュラテクノマットレス

デュラテクノマットレス

価格円~

 デュラテクノマットレスは、進化した独自の連続スプリング構造が特徴のボンネルコイルマットレスです。

新Z型スプリングが、耐久性を大幅にアップしているのが最大の特徴で、従来のボンネルコイルマットレスと比べて2倍以上の力で体を支えてくれます。

また通常のボンネルコイルマットレスと違い、耐圧分散に優れているので腰痛や肩こりが酷い人にもおすすめのマットレスです。

日本ベッド製のポケットコイルマットレス

日本ベッド

フランスベッドと同様、日本を代表するベッドメーカーとして名高いのが「日本ベッド」です。

フランスベッドがボンネルコイルマットレスに特化しているように、日本ベッドは「ポケットコイルマットレス」に特化しています。

主な製品としては、

  • シルキーポケットマットレス
  • ビーズポケットマットレス
  • AJポケットマットレス

の3種類がありますが、中でも一番人気がたかいのが「シルキーポケットマットレス」です。

シルキーポケットマットレス

シルキーポケットコイルマットレス

シルキーポケットマットレス

価格円~

 シルキーポケットマットレスの一番の特徴は、コイルの数になります。

ポケットコイルマットレスに使用されているコイル数は、通常シングルサイズで500程度ですが、シルキーポケットコイルマットレスは、1200ものコイルを使用しています。

細かく体にフィットするので、一流ホテルはもちろんですが、トップアスリートの方も数多く愛用者がいる高品質なマットレスです。

また通常のポケットコイルマットレスと違い、通気性に優れていますし、寿命も10年程度と長いのもメリットです。

腰痛にはポケットコイル・ボンネルコイルどっちがおすすめ?

腰痛の男性

腰痛の症状は酷くなると、身動きすら取れない状態になってしまうので、出来る限り腰に負担をかけないマットレス選びが大切になってきます。

腰痛の人がマットレスを選ぶポイントとしては、

  • 耐圧分散が出来ている
  • 寝返りがスムーズに行える

の2点になります。

耐圧分散が出来ている

マットレスにかかる耐圧

人は横になった時に腰に全体重の44%の重さがかかっていると言われています。

そのため、マットレスは体に合わせたS字ラインをキープ出来る耐圧分散に優れているマットレス選びが必要になってきます。

ボンネルコイルマットレスの場合は、耐圧分散が出来ていないので腰や肩に負担が集中してしまい、腰痛や肩こりを悪化させてしまうおそれがあります。

そのため、腰痛にはボンネルコイルよりも、ポケットコイルの方が良いと言われています。

寝返りがスムーズに行える

寝返りをしている

人は寝ている間に20回~30回寝返りをすると言われています。

寝返りをスムーズに出来ないと、体の特定の部位にだけ負荷がかかり、筋肉や筋を痛めたり、血液やリンパの流れがわるくなってしまいます。

寝返りには、

  • 筋肉の疲労を取り除く
  • 血液やリンパの流れを改善する
  • 日中の活動で歪んだ骨を修復する
  • 熱がこもるのを防いで快適に睡眠を取る

と言った役割があります。

スムーズに寝返りが出来るかどうかは、主にマットレスの硬さが関係していて、

  • 体重40㎏未満の人:「ソフト」
  • 体重40㎏~70㎏:「普通」
  • 体重70㎏以上:「硬め」

が目安になっています。

ポケットコイルマットレスと一言で言っても、海外産や国産、薄型など種類があるので、ご自身の体格や体重にあったものを選ぶようにしましょう。

>>マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで!

ボンネルコイルマットレスがおすすめの人

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスが向いている人は、

  • 体重が重い人
  • 布団で寝ていた人
  • 安いマットレスを探している人
  • 子供がいるご家庭

です。

体重が重い人

体格のがっしりした男性

体重が70㎏を超える人であれば、体をしっかりと支えてくれる反発力が強いマットレスがおすすめになってきます。

そのため、ポケットコイルマットレスよりもボンネルコイルマットレスの方が体が沈み込みすぎないのでおすすめです。

布団で寝ていた人

布団

これまで畳の上に布団を敷いて寝ていた方など、硬い感覚に慣れている方はボンネルコイルマットレスが良いでしょう。

寝返りもしやすい上に安定感は抜群です。

安いマットレスを探している人

節約

ボンネルコイルマットレスは耐久性も高く、価格は低めなので、安くて質の良いマットレスを探している人に向いています。

乳幼児がいるご家庭

乳幼児

また、乳幼児と添い寝をする場合には、柔らかすぎるマットレスだとうつぶせ寝をした時に危険です。

そのため、硬めのボンネルコイルマットレスにしましょう。

>>添い寝ベッドはこちら!

ポケットコイルマットレスがおすすめの人

耐圧分散出来ている理想の寝姿勢

ポケットコイルマットレスが向いているのは、

  • 2人一緒に寝る方
  • 柔らかめのマットレスが好みの方
  • 体重が軽い人
  • 腰痛持ちの方

です。

2人一緒に寝る方

夫婦

マットレスの柔らかさや好き嫌いにかかわらず、夫婦やカップルなど2人で寝ているという方は、耐圧分散が出来ているポケットコイルマットレスがおすすめです。

ボンネルコイルマットレスは面で支えるので、寝返りの振動などが全て相手にダイレクトに伝わってしまい、眠りが浅い人であればそれだけで起きてしまいます。

しかし、ポケットコイルマットレスなら、コイルが独立しているので相手の振動がそれほど気にならないで済みます。

柔らかめのマットレスが好みの方

「マットレスは柔らかめが好き」と言う方も、ポケットコイルマットレスがおすすめです。

メーカーにもよりますが、一般的にはポケットコイルマットレスの方がボンネルコイルマットレスと比べて柔らかめの寝心地になっています。

子供や女性など体重が軽い人

身体が軽い子供

他にも子供や女性など体重が40㎏未満と軽い人がボンネルコイルマットレスで寝てしまうと、腰が浮いてしまい熟睡出来ません。

特に成長期の子供は深い睡眠を取る事で、成長ホルモンをたくさん分泌するようになっているので、体にフィットするポケットコイルマットレスにしてあげましょう。

ただ、耐久性には少し難があるので、ポケットコイルマットレスを選ぶときには国産で作りがしっかりしているものの方がおすすめです。

腰痛持ちの方

腰痛

ポケットコイルマットレスは、耐圧分散に優れているので体のラインにより細かく沿い、耐圧分散をアップしてくれます。

腰回りの落ち込みなどがないので、腰痛の方でも楽に寝る事が出来ます。

ボンネルコイルとポケットコイルまとめ

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いは、耐圧分散・耐久性・通気性・価格などがあります。

成長段階にある子供や、腰痛を持っている方はボンネルコイルマットレスよりもポケットコイルマットレスの方が、身体を点で支えてくれるのでおすすめです。

関連記事