1. TOP
  2. ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いは?価格と選び方

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いは?価格と選び方

 2018/05/13 マットレス
この記事は約 5 分で読めます。 203 Views

ベッドで一番重要なのは、フレームではなくマットレスです。

体を横たえるそのマットレスの硬さや機能などで、眠る人の健康にも大きな影響を与えますし、フレームは安くてもそうそう壊れませんがマットレスの違いで耐久性も差が出てきます。

では一般的なマットレスの、ボンネルコイルとポケットコイルの違いは何があるのかを見ていきましょう。

そもそも構造と寝心地はどう違うのか?

ボンネルコイルとポケットコイルは構造からして違っています。それぞれにメリットもデメリットもありますが、価格で見るとポケットコイルの方が高いのが普通です。

ボンネルコイルマットレスの構造と寝心地

まずボンネルコイルですが、こちらは使われているスプリングがそれぞれ連結されています。

ですから横になる人の体重を面で支える感覚になるのですね。

スプリングが連結しているので耐久性も高いですし、長く使うことが出来るのがメリットでしょう。

逆にデメリットはその構造上「U」の字に沈んでしまい、肩や腰に荷重がかかりやすいことです。

しかし腰からお尻にかけて沈みこむ感じが少ないので寝返りもしやすく、腰痛を持った人には楽に感じられ、好かれる傾向にあります。

ポケットコイルマットレスの構造と寝心地

ポケットコイルマットレス

そしてポケットコイルですが、こちらはそれぞれのスプリングが袋に包まれていて独立性を保ちますので、面ではなく点で横になる人の体を支えます。

一つずつのスプリングにかかる負担が場所によって偏ってしまうので、例えば重いお尻部分や頭部分などは早く傷んでしまってボンネルコイルに比べると耐久性が劣るのがデメリットですが、そのために体の形状にあった沈み方をするので、立っている状態に近くて体への負担が少ないマットレスです。

部分的に沈んでしまうために寝返りはしにくくなり、それが気になってしまう方もいます。

ボンネルコイルとポケットコイルの価格の違いは?

ボンネルコイルはバネの数が200本くらいですが、ポケットコイルは何と500本を超えています。

そしてポケットコイルは一つずつポケットと呼ばれる袋にバネを入れているため作るのにも手間がかかっており、それらの点から考えて、ボンネルコイルよりもポケットコイルの方が約1万円ほど相場価格は高いです。

他のものと同様にベッドマットレスも値段が高いものほど耐久性や品質はよくなりますが、価格と寝心地に関していえば眠る人によって大きく違いがあるために高いものの方がよいと断言は出来ません。

例えば酷い腰痛を持っている方は睡眠中に無意識に寝返りを打つだけでも痛みで目が覚めてしまうこともあります。

その点でいえば、ボンネルコイルのマットレスを使っていると面で体を支えていますので硬くて寝返りがしやすく、夜中に腰痛で目が覚めないだけでも嬉しい、という意見になるでしょう。

価格が高いということは物がよい、その作りが丁寧である、ということであって、決して寝心地が良いということにはなりません。

マットレスの価格も安いものでは1万円以下ですし、高いものになると数十万円のものも出てきます。

しかし耐久性は価格に比例することが多いので、少しでも長くもたせたいのであればそれなりの金額のマットレスを選ぶのが正解でしょう。

それぞれのマットレスが向いている人、向いていない人

面で支える感覚のボンネルコイルは硬く感じるので腰痛を持った人にはおすすめのマットレスです。

そしてそもそも床の上に布団を直接敷いて寝ていた方など、硬い感覚に慣れていてそれでないとよく眠れない、という方はボンネルコイルが良いでしょう。

寝返りもしやすい上に安定感は抜群です。

耐久性も高く価格は低めですので、経済的でもあります。

小さな子供にマットレスを選ぶ時には、子供はベッドの上で跳ねたりするのでボンネルコイルの方がヘタリが少なく、経済的なので良いのではないでしょうか。

ポケットコイルが向いているのは、マットレスの柔らかさや好き嫌いにかかわらず夫婦でダブルベッドで寝ているという方です。

ボンネルコイルであれば面ですので、寝返りの振動などが全て相手にダイレクトに伝わってしまい、眠りが浅い人であればそれだけで起きてしまいますし、お互い様なので気にしてしまい、熟睡できなくなってしまうからです。

ポケットコイルであればそれぞれが独立していますので揺れなどが相手に伝わりにくくなります。

マットレスは柔らかめが好き、という方もポケットコイルがおすすめです。

他には体重が軽い人は沈みこむこともそうそうないので寝心地が良いと感じられるでしょう。

ただ、耐久性には少し難がありますから、このマットレスを選ぶ時には多少高めの価格のものを選ぶとすぐに捨てる羽目にならずに済みます。

ボンネルコイルとポケットコイルまとめ

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスにはそれぞれにメリットもデメリットもあります。

一番良いのは実際に寝転がってみて試すことですが、売り場では中々良く判らないこともあるでしょうから、あくまでも参考にするために覚えておきましょう。

ボンネルコイルは硬めで、寝返りが打ちやすく感じるでしょうし、価格や安めのものがあります。

ポケットコイルは柔らかく、体重が軽かったり夫婦で一緒に寝るなどの場合には振動が伝わりにくくて良いですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • いくら寝ても疲れる。そんな時はベッドのマットレスを硬めに!

  • マットレスの厚み(高さ)は目的と体重で選ぶ!

  • マットレスのカビ取りをする方法とカビが繁殖しないようにする予防法

  • ベッドと布団を徹底比較!睡眠の質や寝心地が良いのはどっち?

  • 不眠症にも効く!無印の「マットレス」が優秀すぎる!

  • マットレスに黒カビが生えた!黒カビの原因と対策方法。