1. TOP
  2. ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いは?寿命と選び方

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスの違いは?寿命と選び方

ベッドで一番重要なのは、フレームではなくマットレスです。

体を横たえるマットレスの硬さや機能などで、眠る人の健康にも大きな影響を与えますし、フレームは安くてもそうそう壊れませんがマットレスの違いで耐久性も差が出てきます。

では一般的なマットレスの、ボンネルコイルとポケットコイルの違いは何があるのかを見ていきましょう。

構造と寝心地、寿命はどう違うのか?

ボンネルコイルとポケットコイルは構造からして違っています。

それぞれにメリットもデメリットもありますが、価格で見るとポケットコイルの方が高いのが普通です。

しかし寿命に関しては、ボンネルコイルマットレスが10年に比べて、ポケットコイルマットレスは5年~10年と短いのが一般的です。

ボンネルコイルマットレスの構造と寝心地

ボンネルコイルマットレスの構造

まずボンネルコイルですが、こちらは使われているスプリングがそれぞれ連結されています。

ですから横になる人の体重を面で支える感覚になりますね。

スプリングが連結しているので耐久性も高いですし、通気性に優れていているのがメリットです。

逆にデメリットはその構造上「U」の字に沈んでしまい、肩や腰に荷重がかかりやすいことです。

しかし腰からお尻にかけて沈みこむ感じが少ないので寝返りもしやすく、寝つきが悪い人に好かれる傾向にあります。

また、マットレスは痛んでくると「ギシギシ」と言ったきしみ音がする事がありますが、ボンネルコイルマットレスはこのきしみ音がポケットコイルマットレスに比べて大きいのもデメリットです。

ポケットコイルマットレスの構造と寝心地

ポケットコイルマットレスの構造

そしてポケットコイルですが、こちらはそれぞれのスプリングが袋に包まれていて独立性を保ちますので、面ではなく点で横になる人の体を支えます。

一つずつのスプリングにかかる負担が場所によって偏ってしまうので、例えば重いお尻部分や頭部分などは早く傷んでしまってボンネルコイルに比べると耐久性が劣るのがデメリットですが、そのために体の形状にあった沈み方をするので、立っている状態に近くて体への負担が少ないマットレスです。

部分的に沈んでしまうために寝返りはしにくくなり、それが気になってしまう方もいますが、腰や背中をにかかる加圧を分散してくれるので、柔らかい寝心地が好きな人におすすめのマットレスです。

フランスベッドのボンネルコイルマットレス

日本を代表するベッドメーカーのフランスベッドが出しているボンネルコイルマットレスもあります。

  • マルチラススーパースプリングマットレス
  • ゼルトスプリングマットレス
  • 羊毛入りゼルトスプリングマットレス

の3つで呼び方は違いますが、ボンネルコイルマットレス同様にコイルが連結されているので耐久性・通気性に優れていています。

また、ポケットコイルマットレス同様に耐圧分散が出来ているので、腰痛や肩こりに悩んでいる人におすすめのマットレスです。

腰痛におすすめなのはどっち?

腰痛の症状は酷くなると身動きすら取れない状態になってしまうので、出来る限り腰に負担をかけないマットレス選びが大切になってきます。

腰痛の人がマットレスを選ぶポイントとしては、

  • 耐圧分散が出来ている
  • 寝返りがスムーズに行える

の2点になります。

耐圧分散が出来ている

マットレスにかかる耐圧

人は横になった時に腰に全体重の44%の重さがかかっていると言われています。

そのため、マットレスは体に合わせたS字ラインをキープ出来る耐圧分散に優れているマットレス選びが必要になってきます。

ボンネルコイルマットレスの場合は、耐圧分散が出来ていないので腰や肩に負担が集中してしまい、腰痛や肩こりを悪化させてしまうおそれがあるので、腰痛持ちの人はポケットコイルマットレスが良いでしょう。

もしもポケットコイルマットレスを使用していて腰痛が悪化しているのであれば、体重に合っていない厚みや硬さのマットレスかもしれません。

寝返りがスムーズに行える

人は寝ている間に20回~30回寝返りをすると言われていますが、寝返りを適度にする事によって、

寝返りをスムーズに出来ないと、体の特定の部位にだけ負荷がかかり、筋肉や筋を痛めたり、血液やリンパの流れがわるくなってしまいます。

寝返りには、

  • 筋肉の疲労を取り除く
  • 血液やリンパの流れを改善する
  • 日中の活動で歪んだ骨を修復する
  • 熱がこもるのを防いで快適に睡眠を取る

と言った役割があります。

スムーズに寝返りが出来るかどうかは、主にマットレスの硬さが関係していて、

  • 体重40㎏未満の人:「ソフト」
  • 体重40㎏~70㎏:「普通」
  • 体重70㎏以上:「硬め」

が目安になっています。

ポケットコイルマットレスと一言で言っても、海外産や国産、薄型など種類があるので、ご自身の体格や体重にあったものを選ぶようにしましょう。

ボンネルコイルとポケットコイルの価格の違いは?

ボンネルコイルはバネの数はシングルサイズで300本くらいですが、ポケットコイルは400本を超えています。

そしてポケットコイルは一つずつポケットと呼ばれる袋にバネを入れているため作るのにも手間がかかっており、そのためボンネルコイルよりもポケットコイルの方が約1万円ほど相場価格は高くなっています。

他のものと同様にマットレスも値段が高いものほど耐久性や品質はよくなりますが、価格と寝心地に関していえば眠る人によって大きく違いがあるために高いものの方がよいと断言は出来ません。

例えば硬めの体重が重い人の場合、柔らかいポケットコイルマットレスで寝ると、身体が余分に沈み込んでしまい寝返りをうちにくくなるため、熟睡出来ない可能性があります。

その点でいえば、ボンネルコイルのマットレスを使っていると面で体を支えていますので硬くて寝返りがしやすいので良いと言う事になります。

価格が高いということは物がよい、その作りが丁寧である、ということであって、決して寝心地が良いということにはなりません。

マットレスの価格も安いものでは1万円以下ですし、高いものになると数十万円のものも出てきます。

しかし耐久性は価格に比例することが多いので、少しでも長くもたせたいのであればそれなりの金額のマットレスを選ぶのが正解でしょう。

ボンネルコイルマットレスが向いている人

ボンネルコイルマットレス

ボンネルコイルマットレスが向いている人は、

  • 体重が重たい人
  • 布団で寝ていた人
  • 安いマットレスを探している人
  • 子供がいるご家庭

です。

体重が重たい人

体重が70㎏を超える人であれば、体をしっかりと支えてくれる硬めのマットレスがおすすめになってきます。

そのため、ポケットコイルマットレスよりもボンネルコイルマットレスの方が体が沈み込みすぎないのでおすすめです。

布団で寝ていた人

そして畳の上に布団を敷いて寝ていた方など、硬い感覚に慣れていてそれでないとよく眠れないという方はボンネルコイルマットレスが良いでしょう。

寝返りもしやすい上に安定感は抜群です。

安いマットレスを探している人

ボンネルコイルマットレスは耐久性も高く、価格は低めなので、安くて質の良いマットレスを探している人に向いています。

子供がいるご家庭

また小さな子供にマットレスを選ぶ時には、子供はベッドの上で跳ねたりするのでボンネルコイルの方がヘタリが少なく、経済的なので良いのではないでしょうか。

ポケットコイルマットレスが向いている人

耐圧分散出来ている理想の寝姿勢

ポケットコイルマットレスが向いているのは、

  • 2人一緒に寝る方
  • 柔らかめのマットレスが好みの方
  • 体重が軽い人
  • 腰痛持ちの方

です。

2人一緒に寝る方

マットレスの柔らかさや好き嫌いにかかわらず夫婦やカップルなど2人で寝ているという方は、耐圧分散が出来ているポケットコイルマットレスがおすすめです。

ボンネルコイルマットレスは面で支えるので、寝返りの振動などが全て相手にダイレクトに伝わってしまい、眠りが浅い人であればそれだけで起きてしまいますが、ポケットコイルマットレスでは相手の振動がそれほど気にならないで済みます。

柔らかめのマットレスが好みの方

マットレスは柔らかめが好き、という方もポケットコイルマットレスがおすすめです。

メーカーにもよりますが、一般的にはポケットコイルマットレスの方がボンネルコイルマットレスと比べて柔らかめの寝心地になっています。

体重が軽い人

他にも体重が軽い人がボンネルコイルマットレスで寝てしまうと、腰が浮いてしまい熟睡できないので、女性などはポケットコイルマットレスの方が良いでしょう。

ただ、耐久性には少し難がありますから、ポケットコイルマットレスを選ぶときには国産で作りがしっかりしているものの方がおすすめです。

腰痛持ちの方

ポケットコイルマットレスは、耐圧分散に優れているので体のラインにより細かく沿い、耐圧分散をアップしてくれます。

腰回りの落ち込みなどがないので、腰痛の方でも楽に寝る事が出来ます。

おすすめのボンネルコイルマットレス「【SAVVIES】サヴィーズ」

高密度ボンネルコイルマットレス

価格円~

ボンネルコイルマットレスのシングルサイズの場合、一般的なコイルの数は300個程度ですが、【SAVVIES】サヴィーズのボンネルコイルマットレスは412個と高密度なコイルを使用しているので、通気性はそのままでクッション性、耐久性に優れているのが特徴です。

マットレスの種類も、

  • レギュラー:1層
  • スイート;2層
  • プレミアムスイート:3層

と3つの種類に加えて、抗菌・防臭・防ダニ仕様なども揃ってあるので、お好みのボンネルコイルマットレスを購入する事が出来ますよ。

おすすめのポケットコイルマットレス「【SAVVIES】サヴィーズ」

高密度ポケットコイルマットレス

価格円~

ポケットコイルマットレスのシングルサイズの場合、一般的なコイルの数は400個程度ですが、【SAVVIES】サヴィーズのポケットコイルマットレスは903個と倍以上の高密度コイルを使用しているので、更に多くの点が体のラインにきめ細かく沿いながら支えるため、耐圧分散・耐久性に優れていて、腰痛の方におすすめの商品です。

マットレスの種類も、

  • レギュラー:1層
  • スイート;2層
  • プレミアムスイート:3層

と3つの種類に加えて、抗菌・防臭・防ダニ仕様なども揃ってあるので、お好みのポケットコイルマットレスを購入する事が出来ますよ。

ボンネルコイルとポケットコイルまとめ

ボンネルコイルマットレスとポケットコイルマットレスにはそれぞれにメリットもデメリットもありますが、一般的に価格が安く、硬めで、通気性に優れていて、寿命が長いのはボンネルコイルマットレスです。逆に耐圧分散に優れていて柔らかめの寝心地で、腰痛の症状に悩んでいる方はポケットコイルマットレスの方がおすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドとマットレスの選び方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドとマットレスの選び方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

だんな

だんな

始めまして、だんなです。
ベッド通販セラピスの店長で、睡眠アドバイザーをしています。
このブログはセラピスの公式ブログで、ベッドに関する豆知識やお役立ち情報をご提供しています。
質の高い睡眠と、お部屋のインテリア性を兼ね備えたベッドを選ぶために是非活用してくださいね!
だんなのプロフィール詳細はこちら!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 収納ベッドセミダブルおすすめ10選!跳ね上げ式ベッドなど人気商品をご紹介

  • 小さめベッド特集!シングルより小さい180㎝ベッドや収納付きもご紹介

  • フロアベッドセミダブルおすすめ10選!ローベッドとの違い・デメリットも紹介

  • ベッドフレームクイーンおしゃれ10選!すのこ・収納・ローベッドetc.を紹介

関連記事

  • マットレスとすのこベッドで防ダニ!絶対にダニを寄せ付けないおすすめ5選!

  • 幼児・子供のマットレスは成長ホルモンに影響が。硬さと寝姿勢を大切に

  • マットレスの厚み(高さ)は目的と体重で選ぶ!

  • マットレスの硬さはN(ニュートン)を目安に体重と照らし合わせて選んで!

  • 長時間寝ると腰が痛い・・腰痛持ちベッド選びは硬さと耐圧分散が大切

  • うるさくって熟睡できない!そんな人はベッド周りの防音対策を万全に!