ホテルのベッドの足元に帯が敷いてある理由は?「フットスロー」はどうする?

フットスロー ベッドの豆知識

旅行や出張でホテルを利用する人も多いと思います。

ホテルの部屋はいつも清潔でシーツや机の上がきれいに整っていて気分が良いですよね。

自宅とは違う特別な気分を味わえる場所です。

ところでホテルの部屋に入った時、ベッドの足元のところに長い布がかけられているのを見たことがありませんか?

あの長い布にはちゃんと意味があります。

今回はベッドの足元の長い帯の正体について見ていきます。

ホテルのベッドの足元に置いてある帯の正体

ホテルのベッドの足元に置いてある帯は「フットスロー」といいます。

他にもベッドライナーやベッドスロー、ベッドスカーフなどいろいろな言い方があるようです。

土足でもシーツが汚れないように

靴

フットスローの役割は、土足でベッドに上がってもシーツを汚さないようにするために置かれています。

 

ベッドは元々アメリカやヨーロッパなど欧米が発祥とされています。

日本にも外国の文化が入ってきて今では当たり前のように使用していますが、それ以前は畳に布団を敷いて寝るスタイルが一般的でした。

 

日本は基本的に部屋の中で靴を脱ぎ、床に座ったり寝たりして生活する国です。

それに対して欧米は室内を土足で移動することが基本です。当然、ベッドの上に土足で乗ることもあるでしょう。

そこで考案されたのがこのフットスローだったのです。

 

日本ではホテルを利用する際に見かけることの多いフットスローですが、欧米では一般家庭でも普通に使われています。

インターネットやお店でも購入できるので、日本でも自宅のベットに置いている人もいると思います。

足元に置いてある布はただのインテリアではなく、ちゃんとした意味があることが分かりました。

これならシーツを汚すことなく思いきりベッドに寝転ぶことができますね!

フットスローの役割

フットスローの本来の役目は、土足でベッドに上がった時にシーツが汚れるのを防ぐためのものです。

海外のホテルで見かけることが多いですが、最近では日本のホテルでもよく目にするようになってきました。

高級なホテルに置いてあるイメージですが、素泊まりの部屋やビジネスホテルにも置いているところもあります。

しかしフットスローの役割はそれだけではないようです。

インテリアとしてのアクセント

フットスローは、外国人の利用者への配慮と共に部屋のインテリアやアクセントとしての意味合いも強いようです。

そのため、柄や模様が綺麗なものを使用してるホテルが多くあります。

最近では色や柄もおしゃれなものが増え、ホテルに置いてある枕やクッションと合わせてコーディネートする場合もあります。

色や柄が統一されていると部屋全体が洗練された雰囲気になり、利用する人に高級感や清潔感を与えます。

ベッドメイキングが完了しているサイン

ベッドメイキング

フットスローには「シーツの汚れを防ぐ」「インテリアとしてのアクセント」以外にもう一つ意味があります。

それはベッドメイキングが終わっているという合図です。

きちんと置かれたフットスローは部屋の清掃が終わっていることを利用者に伝える役割を果たしているのです。

ホテル側から利用者へのメッセージといったところでしょうか。

 

長い布の正体や役割を知っても靴を脱いで生活することに慣れている日本人の感覚からしたら土足のままベッドに上がるのは少し抵抗があるかもしれません。

でも、意味を知っているだけでも勉強になるし、旅先で恥をかかずに済みそうですね。

足を乗せるだけでなく布の上に座ったり、荷物を置いたりしても大丈夫です。

利用する人によってその使い方は様々です。

一緒に旅をしている相手がもしフットスローの意味を知らなかったら、ちょっとした雑学を披露できるチャンスかもしれませんね。

フットスローはどうする?

メリット・デメリットを考えている

フットスローは特に気にならないようであればそのままで大丈夫です。

足を置いたり、座ったり、荷物を置いたり本来の使い方をしてももちろん問題ありません。

ただ寝るときや座るときにシーツから滑り落ちてしまったり、ずれたりして気になるという場合はたたんで邪魔にならないところに置いておきましょう。

たたむ際は表面の部分が内側になるようにたたむと汚れないのでおすすめです。

デュベスタイルのベッドメイキングで良く使用されている

フットスローはデュベスタイルと呼ばれるベッドメイキング方法の際に置かれていることが多いです。

「デュベ」とはフランス語で羽毛布団という意味で、羽毛布団を使ったベッドメーキングのことを言います。

以前のベッドメーキングはシーツの端を、ベッドカバーとともにをマットレスに挟み込んだものでした。 眠るときは、挟み込んだ部分を引き出し、シーツとシーツの間に体を入れます。

ホテル法華クラブグループ|デュベスタイルページより引用)

ベッドの上にカバーに入れられた羽毛布団をかけるスタイルで、最近のホテルで多く見かけるベッドメイキング方法です。

 

ふんわりした羽毛布団の上におしゃれなフットスローが置いてあるだけで特別な気分を味わえますね。

そんな素敵なベッドなら部屋に戻ったとき嬉しくてふわふわの布団の上に思わず飛び込んでしまいそうな気がします。

 

フットスローは使う人によっていろいろ用途が変わりますが、基本的には靴を履いたまま寝転がれるように配慮されたものです。

靴や汚れたものを乗せることもあるので、特に使用しないのであればたたんで端の方に置いてきましょう。

ホテル部屋には万人が快適に過ごすためのアイディアが満載ですね!

ベッドの足元の布まとめ

ホテルのベッドの足元に置かれている長い布は、欧米の生活スタイルに合わせて考えられたフットスローはシーツの汚れを防ぐという本来の役割以外にもベッドメイキング完了のお知らせとして使われたり、部屋のインテリアやアクセントとして室内を彩る役割があったりその用途は様々です。

フットスローが置かれている場合には寝る時に邪魔になるので、表面を内側にして畳んでおきましょう。

関連記事

コメント

  1. […] >>フットスローに関する記事はこちら! […]

  2. […] […]