折りたたみベッドの寝心地が悪いと決めつけるのは早い!使用者の口コミもご紹介!

折りたたみベッド 折りたたみベッド

新しく大学生や社会人になった人であれば、狭い部屋でも快適に寝る事が出来るベッドが欲しいのではないでしょうか?

部屋の大きさに余裕があり通常のベッドのサイズが設置できるなら良いですが、ワンルームなど限られた空間で生活をしている方は通常のベッドだと場所も取ってしまうので邪魔ですよね。

そこで候補の一つになるのが「折りたたみベッド」です。

折りたたみベッドの寝心地は悪い?

腰痛

一人暮らしであっても部屋に十分なスペースがあって、ゆったり眠りたいという方はシングルベッドではなくセミダブルやダブルサイズなどを利用する方も少なくありません。

しかしワンルームで生活をしている方は、通常のベッドを置くと部屋の大部分のスペースを占領されてしまい、生活空間がかなり狭くなっていまいますよね?

 

しかし折りたたみベッドであれば、狭い空間でも置けますし、使わない時は折りたたんで使用することができるので便利ですよね?

ただ通常のスプリングマットレスを使う場合に比べて、折りたたみベッドの寝心地に不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

確かに折りたたみベッドは薄手のマットレスしか利用されておらず、寝心地はあまり良くないというイメージが強かったですし、今でもあながち間違いとは言えません。

しかし最近では薄生地でも体をしっかりと支えてくれる高反発ウレタンマットレスを利用した折りたたみベッドが増えてきていますし、低反発ウレタンマットレスの中にも心地よく眠れるものもあります。

商品選びのポイントを抑えて、寝心地が良い折りたたみベッドを探すようにしましょう。

寝心地が良い折りたたみベッドの選び方

チェックポイント

折りたたみベッドは場所を取らずに使用する際に広げて眠ることができるメリットがありますが、構造上スムーズに折りたたむためにマットレスの厚さが限られてしまいます。

そのため通常のベッドで使用するスプリングマットレスとは異なり、薄くても快適に寝る事が出来るウレタンフォームを採用しているタイプが多くなっています。

以前から高反発・低反発タイプのウレタンマットレスやパッドを利用して寝ていたという方なら、特に寝心地が悪く感じる事はありません。

 

ただ今まで適度な反発力があるスプリングマットレスで眠っていた方は、薄手のウレタンマットレスだと底付き感が気になったりする可能性があります。

また熱がこもりやすいウレタンフォームでは、夏場に寝心地が悪く感じる可能性が高いと言えます。

スプリングマットレスの折りたたみベッドは寝心地は良い

デュラテクノマットレス

どうしてもウレタンマットレスが嫌だと言う方は、ポケットコイルマットレスなどのスプリングマットレスを採用している折りたたみベッドを選ぶのも一つの手段です。

しかしスプリングマットレスは重たく厚みがあるので、人力では折りたたむ事が出来ません。

そのため、電動タイプの折りたたみベッドを選択する事になり、価格的にも高額になってしまいます。

マットレスの交換が出来ないので、慎重に選ぶ!

折りたたみベッドはマットレスの選択肢がほとんどないので、購入する際にはマットレスに使用されている素材・構造・厚みなどをきちんと調べてから購入することが重要になってきます。

購入してから「寝心地が悪い」と思っても、マットレスだけの交換が出来ないので慎重に選ぶようにしましょう。

口コミを参考にする

お客様

寝心地が良い折りたたみベッドを選ぶには、実際に購入した人たちの口コミを参考にするのも良い方法です。

寝心地だけでなく、使い勝手や組み立てなどスペックだけでは分からない情報が盛りだくさんに含まれています。

 

そこで、折りたたみベッドに使用されている主なマットレスの種類と特徴と共に、お客様の口コミをご紹介したいと思います。

折りたたみベッドに使用されているマットレスの種類と特徴

折りたたみベッドに使用されているマットレスは、

  • 通常のウレタンマットレス
  • 低反発ウレタンマットレス
  • 高反発ウレタンマットレス
  • スプリングマットレス
  • マットレスなし

の5種類があります。

通常のウレタンフォームマットレス

折りたたみベッド【MORIS】モリス

折りたたみベッド【MORIS】モリス

価格

ウレタンフォームマットレスは、軽量で,断熱性・防音性に優れています。硬質のものから軟質のものまで幅広く種類があります。

特徴としては荷重をかけるといったん沈み込んでから、かかっている荷重に応じて反発するので身体のラインに沿ったフィット感をえられるマットレスです。

低反発ウレタンマットレスや高反発ウレタンマットレスと比べて安いのがメリットですが、寝心地はそこまで期待しない方が良いでしょう。

タカト (20代 男性) さんの口コミ

 

組み立ては、段ボールから出すのは苦労したけど、組み立て自体は簡単。

ギシギシ音は、ほとんどしないので良かった。

リクライニングは、気に入りました。

耐久性は、使い始めなので不明。

(耐久性がわからないので評価★4です。)

低反発ウレタンマットレス

低反発折りたたみベッド

低反発折りたたみベッドキャスター付き

価格円~

テンピュールの寝具で一躍有名になったのが低反発ウレタンマットレスで、現在販売されているほとんどがこの低反発ウレタンマットレスを使用しています。

反発力低く、押してもすぐには復元せずにゆっくりと元に戻るのが特徴です。

衝撃吸収力と耐圧分散にに優れていて、包み込むような柔らかい寝心地が心地よく感じる人は低反発ウレタンマットレスがおすすめです。

特にこの折りたたみベッドは、側地にメッシュ素材を採用しているので表面がサラサラとして快眠する事が出来ます。

デメリットとしては、寝返りをする時には反発力が低いので若干寝返りをしずらいと言う事と、夏場は熱がこもりやすいので蒸れて寝心地が悪いと感じてしまう可能性があります。

そのような場合はウレタンフォームの上に冷感効果のある敷きパッドを装着することで肌に触れる素材がサラサラとして、冷感効果で体を冷やす事が出来ますよ。

ぱとねっと (70代 男性)さんの口コミ

 

ベッドサイズに合ったマットを購入して使用。

幅が狭いので寝がえりがしにくいと心配したがそうでもなかった。

快適に寝ています。

高反発ウレタンマットレス

『Cortesia』の折りたたみベッド

『Cortesia』の折りたたみベッド

価格

ほどよい弾力性で寝返りしやすい「高反発ウレタン」使用しているこちらの商品は、

高反発ウレタンマットレスは、反発力が高くすぐに復元するのが特徴で、最近人気が高まってきています。

反発力があるので寝返りをうつのが楽ですし、硬めのマットレスが好きな人は高反発ウレタンマットレスが良いでしょう。

高反発ウレタンマットレスは素材がへこみにくいので、寿命が長く長期間利用しても使用感が劣化しないメリットがあります。

また、一番優れているポイントは腰やお尻など体の重たい部分が沈み込みすぎない事です。

しっかりとマットレスがサポートしてくれるので、腰痛や肩こりなどの人にはおすすめのマットレスです。

デメリットとしては、まだ高反発ウレタンマットレスの折りたたみベッドを販売しているメーカーが少ない事です。

aki (60代 女性)さんの口コミ

 

組み立ては簡単でした。殺虫剤でしょうか、臭いがとても気になります。

 

高反発ウレタンマットレスに限らず、新品のウレタンマットレスでは匂いが気になる事が良くあります。

  • ホルムアルデヒド
  • アミン

の2種類が匂いの原因になっているのですが、日本ウレタン工業協会によると健康被害はほとんどないとの事です。

>>新品マットレスの臭いの消し方。ウレタンに含まれるアミンが主原因

 

スプリングマットレス

極厚収納式電動折りたたみベッド

極厚収納式電動折りたたみベッド

価格円~

寝心地が一番良いのは、間違いなくスプリングマットレスを使用している折りたたみベッドです。

通常のベッド同様の寝心地を得られますし、厚みもたっぷりあるので底付き感などを感じる事もありません。

デメリットとしては、電動タイプになるので値段が高い事と、スプリングマットレスを使用しているので重量も重たい事です。

ハム (60代 女性)さんの口コミ

 

ネットで購入と言う不安もあったけど、丁寧で分かりやすい写真つきの説明通りでした。
店頭で見てもリクライニングの物はなく、ネットで見つけた時”これだ!”と思いました。ただ、リクライニング仕様の為か寝転んだときの臀部の固さが少し気になる位です。他は大満足です。

マットレスなし

すのこベッド『NOAH』

折りたたみベッド/桐すのこベッド『NOAH』

マットレスが付いていると便利に思いがちですが、意外におすすめなのがマットレスなしの折りたたみベッドです。

布団や自分の好みのマットレスを敷くことが出来ますし、マットレスがへたってきたら新しいマットレスに交換する事も出来ます。

折りたたみ時にはマットレスをどかさないといけないので、若干面倒ですが、寝心地を重視するのであればおすすめです。

但し敷布団を敷くと、下が板なので寝心地が硬く感じる事があるので注意してくださいね。

RIKO (40代 女性)さんの口コミ

ワンルームマンションの部屋が狭く折りたためる通気性の良いすのこベッドを探していました。
木が一部破損しておりましたが寝るのには問題は無かったのでそのまま使用してます。
配送は速かったです。
本人は気に入っているので満足しております。
この度はありがとうございました。

>>折りたたみベッドはこちら!

寝心地が悪い折りたたみベッドの特徴

注意点

せっかく買うのですから、いわゆる「外れ」の折りたたみベッドは避けたいですよね?

寝心地が悪い折りたたみベッドの特徴としては、

  • マットレスの厚みが薄い
  • マットレスの質が悪い
  • ベッドフレームの強度が低い

事が挙げられます。

マットレスの厚みが薄い

薄い

マットレスの上に敷布団やマットレストッパーを敷くのであれば、多少薄手のものでも大丈夫ですが、そのまま寝るのであればしっかりした厚みがあるものを選びましょう。

マットレスの質が悪い

低品質

ウレタンフォームマットレスはどうしてもスプリングマットレスと比べると品質が悪くなっています。

安すぎる折りたたみベッドは、耐圧分散が出来ずに体の荷重を支える事が出来ないので注意しましょう。

ベッドフレームの強度が低い

折りたたみベッドは基本的に「簡易ベッド」となるため、通常のベッドフレームとマットレスを合わせて利用する方法に比べて強度が低くなっています。

そのため、横になったときにパイプなどがきしむ音が気になってしまうという方も少なくありません。

>>パイプベッドのきしみの原因と対策方法。きしまないおすすめパイプベッドもご紹介!

 

またキャスターが付いているタイプは、ベッド自体が軽量だと上に乗っただけで簡単に動いてしまう事があり、フローリングを傷つけてしまう危険もあります。

そのため折りたたんでしまっておくことができる製品だとしても、安定性や耐久度を高めるためにもパイプ材は太いものを利用して、ある程度重量があるものを選びましょう。

折りたたみベッドの寝心地まとめ

折りたたみベッドに使用されているマットレスの種類は「低反発ウレタンマットレス」「高反発ウレタンマットレス」「スプリングマットレス」がありますが、マットレスがないタイプもあり、それぞれで寝心地は大きく変わります。

購入時は素材や厚みのチェック、使用者の口コミなど参考にして快適に眠れる折りたたみベッドを購入するようにしましょう。

関連記事