新品マットレスの臭いの消し方。ウレタンに含まれるアミンが主原因

臭い マットレス

今まで敷ふとん派だった方や、これまで使用してきたベッドのスプリングがへたってきてしまったので新しくベッドを新調するという方は多いですよね?

ただ実際に自宅に届いた新品のマットレスが、ウレタン素材などが使用されている場合臭いが残っている可能性があります。

新しいマットレスなのに、匂いが全然取れないと寝ていても気分が優れないですし、せっかくお金を出したのにがっかりしてしまいます。

実は匂いの原因となっているのはクッションを製造する時の「ウレタン」に残存する

  • ホルムアルデヒド
  • アミン

の2種類になっているので、詳しくご説明したいと思います。

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドと言う有害物質は、シックハウスなどの原因になっているのでご存知の方も多いと思いますが、繊維のしわ防止や防縮のために使われる事があります。

アミン

また、アミンと呼ばれる化学物質がウレタンの主成分になっているのですが、このアミンを膨らませる際に使用する炭酸ガスが化学反応を起こす際に臭いが残ってしまうのです。

臭いマットレスは体に悪影響がある?

多少匂いがあるのは仕方がないにしても、気になるのは健康被害ですよね?

ホルムアルデヒドやアミンが大量に混入しているようであれば、頭痛や吐き気などを感じる人もいるでしょうし、赤ちゃんや小さなお子様がいるご家庭ではなおさら気になるかと思います。

この健康被害に関しては、日本ウレタン工業協会が公式に見解を述べているので紹介しますね。

 

軟質ポリウレタンフォームの臭いの主成分は触媒として使用されている第3級アミン類です。

これはポリウレタンフォーム製造時0.05~0.5%の濃度で添加され、製造時の熱により大半は揮発しますが一部フォーム中に残存し、これが軟質ポリウレタンフォームを開梱した時に臭いとして残っていることがあります。

しかし、その濃度は非常に低いので、人体への影響はほとんどないと言えましょう。

ただしその臭いに違和感を感じ、気分が悪くなると判断された場合は、日陰で充分風に曝してから御使用下さい。

 

と言う事です。

さすがに人体への影響が全くないとは言っていませんが、甚大な健康被害に繋がる事はなさそうですね。

とは言っても、出来るだけ早く匂いを除去したいのは当然の考えだと思うので、自宅で行える簡単なマットレスの臭い対策方法をご紹介します。

新品マットレスの臭いを消す方法

チェックポイント

新品のマットレスの臭いが残っており、気になって使用することができないというトラブルは珍しくありません。

この臭いの原因は製造過程においてウレタンの空洞に臭いが溜まってしまって起こります。

通常は普段どおり使用していけば、自然に臭いは徐々に気にならなくなっていきます。

出来るだけ早めに気になる臭いを除去しておきたいと思っている方は、

  • 陰干しをする
  • 掃除機で吸う
  • ベッドの下に消臭剤を置く

の3つを試してください。

陰干しをする

日陰の風通しが良い場所にマットレスを立てかければ、マットレスの中まで空気が通るので臭いの原因をウレタンから効率よく逃すことができます。

この時に直射日光があたる部屋で干してしまうと、紫外線によってウレタンが劣化してしまい、せっかくの新品のマットレスの寿命を短くしてしまう危険があります。

陰干しを約1~2日行っておけば、ほぼ気になる臭いはなくなり安心して眠ることが出来るようになります。

最近では眠る際に体の負荷を最小限に抑えることが出来る高反発ウレタンを利用したマットレスが主流になってきているので、どうしても新しい商品を購入した時に臭いが気になってしまう商品も少なくありません。

ただウレタンの臭いは健康被害が起こる可能性は限りなく低く、風通しの良い場所においておけば問題ないといわれています。

最近ではホルムアルデヒド残存検査を行っているマットレスもあるので、安全性も高い特徴があります。

掃除機で吸う

布団クリーナー

意外な方法としては、掃除機でマットレスを吸う事も消臭効果があります。

匂いの元となっている余分な成分を掃除機で吸い取ってしまうのですが、注意点としては部屋の換気を行っておくことです。

掃除機の排気口から臭い匂いが出てくるので、窓開けたりや換気扇を付けるなどしてから掃除機を使いましょう。

ベッドの下に消臭剤を置く

ベッドフレームの床板がすのこになっている場合には、ベッド下(収納がある場合には収納庫)に消臭剤を置くことも試してみましょう。

ベッドに横になった時に、マットレスが凹みますがその瞬間に匂いが一気に出てきますが、ベッド下や枕元に消臭剤を置くことで嫌な匂いをある程度解消してくれます。

消臭スプレーを使うのはダメ?

ワンルームで陰干しを行うスペースが無くて困っているという方は、効率よくウレタンフォームの臭いを除去する方法として、消臭スプレーを使う方法がありますよね?

無香性タイプであれば、匂いが交じり合って余計悪臭が酷くなると言う事もないので、良い方法に思えるかもしれません。

しかし、基本的に消臭スプレーをウレタンマットレスに吹きかけるのはNGです!!

と言うのも、ウレタンフォームが水分を含むとカビが生えやすくなるだけでなく、「加水分解」という化学反応が起こってしまい、ウレタン自体が劣化してしまうのです。

せっかく新品のマットレスを買ったのに、いきなり劣化させるような方法はあまりにももったいないですよね?

新品マットレスの臭いまとめ

スプリングマットレスでは匂いと言うものはほとんどありませんが、新品のウレタンマットレスは、ホルムアルデヒドやアミンと言った化学物質が臭う事があります。

そんな時には、部屋を風通しの良い状態にして、陰干しを行っておくと約1日~2日で嫌なニオイが除去されています。

それでもニオイが改善しない場合には、掃除機で中のマットレスの中の空気を吸いだしたり、消臭剤を置くなど対策を取るようにして下さい。

くれぐれも水系の消臭スプレーをかけてウレタンを劣化させるような事はしないでくださいね。

関連記事

コメント