1. TOP
  2. 新品マットレスの臭いの消し方。高反発マットレスは臭い?

新品マットレスの臭いの消し方。高反発マットレスは臭い?

 2018/05/23 マットレス
この記事は約 5 分で読めます。 98 Views

今まで敷ふとん派だった方や、今まで使用してきたベッドのスプリングがへたってきてしまったので新しくベッドを新調するという方は多いですよね。

最近では様々なメーカーから豊富な種類のベッドが販売されています。

ただ実際に自宅に届いた新品のマットレスが、ウレタン素材などが使用されている場合臭いが残っている可能性があります。

そこで自宅で行える簡単なマットレスの臭い対処法をご紹介します。

新品マットレスの臭いを消す方法

新品のマットレスの臭いが残っており、気になって使用することができないというトラブルは珍しくありません。

この臭いの原因は製造過程においてウレタンの空洞に臭いが溜まってしまって起こります。

通常は普段どおり使用していけば、自然に臭いは徐々に気にならなくなっていきます。

出来るだけ早めに気になる臭いを除去しておきたいと思っている方は、日陰の風通しが良い場所にマットレスを立てかければ、通気性が良い場所で陰干しすることにより臭いの原因をウレタンから効率よく逃すことができます。

この時に直射日光があたる部屋で干してしまうと、紫外線によってウレタンは劣化してしまうので、せっかくの新品のマットレスの寿命を短くしてしまう危険があります。

陰干しを約1~2日行っておけば、ほぼ気になる臭いはなくなり安心して眠ることが出来るようになります。

最近では眠る際に体の負荷を最小限に抑えることが出来る高反発ウレタンを利用したマットレスが主流になってきているので、どうしても新しい商品を購入した時に臭いが気になってしまう商品も少なくありません。

ただウレタンの臭いは健康被害が起こる可能性は限りなく低く、風通しの良い場所においておけば問題ないといわれています。

最近ではホルムアルデヒド残存検査を行っているマットレスもあるので、安全性も高い特徴があります。

消臭スプレーを活用する

ワンルームで陰干しを行うスペースが無くて困っているという方は、効率よくウレタンフォームの臭いを除去する方法として、消臭スプレーを活用することもおすすめです。

ただウレタンフォームは水分を多く含むとカビが生えやすくなるデメリットがあるので、部屋の通気を出来るだけ良くした状態で、マットレス全体に適度に湿る程度で消臭スプレーを利用するようにしましょう。

この時のポイントとして、消臭スプレーは香りが残らない無香性タイプを利用することが重要です。

せっかくウレタンの臭いを除去するために消臭スプレーを利用しているのに、香りつきのタイプを利用してしまっては臭いが混ざって困ったことになる可能性が高いためです。

そのためニオイが一切残らない無香性スプレーを利用することが無難となります。

スプレーをする時は近距離から使用するのはマットレスにシミが出来てしまう原因となるので、約20センチほど話した状態でスプレーを行うことが大切です。

まんべんなく吹きかけたら、ベッドフレームの上にマットレスを立てかけておくだけでも、通常よりも両面を効率よく乾燥させることが出来るので、短時間で乾かすことができます。

寝る前にマットレスのニオイが気になってしまい、急遽消臭スプレーを利用したけれど、マットレスが湿って乾燥しないという場合は、布団乾燥機を利用すると場所を取らずに効率よく乾燥させることができます。

高反発マットレスは臭い?低反発マットレスで臭いのは害があるかも

市販されているウレタンフォームを利用している高反発マットレスは、新品時のニオイが目立ちやすい特徴がありますが、約1~2日ほど換気の良い場所で陰干しをしておけばほぼニオイは気にならなくなるといわれています。

実はウレタンを利用しているマットレス以外にも、低反発マットレスでもニオイが気になる場合や、中には少し化学薬品のようなニオイがする場合も珍しくありません。

化学物質系のニオイがする場合には、マットレスに粗悪な素材が混ざっている可能性もあるため、健康へ影響を与えてしまう危険が出てきてしまいます。

そのためマットレスを購入する場合は、高反発マットレスで機能性がとても高いのに激安のマットレスは品質の問題がある可能性があるので、購入するのを避けるようにしましょう。

安心して品質の良いベッドを購入したいなら、大手メーカーの商品を取り扱っている家具専門店で、販売員に相談をしながら自分合ったベッドを購入することもおすすめです。

どうしてもリーズナブルで手軽に購入したいという方は、オンライン通販サイトでベッドを購入する方法もありますが、最低限同じ商品を購入した方の口コミ情報などをきちんとチェックしたり、使用されている素材などを確認した上で、自分で納得のいくベッドを購入することも重要になります。

新品マットレスの臭いまとめ

新品の高反発タイプのマットレスは、ウレタンフォームを素材に利用しているため、ウレタンの空間に製造時にニオイが溜まってしまい寝る時に気になってしまうという方は少なくありません。

そんな時には、部屋を風通しの良い状態にして、陰干しを行っておくと約1日~2日で嫌なニオイが除去されています。

それでもニオイが改善しない場合には、消臭スプレーをまんべんなく吹きかけて、乾燥させておけばある程度ニオイが気にならなくなります。

\ SNSでシェアしよう! /

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ベッドの選び方。インテリアコーディネーターのブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

soleil

この人が書いた記事  記事一覧

  • ダブルベッドで赤ちゃんと添い寝する時に絶対にしてはいけない事とは?

  • ホテルのベッドや同棲中カップル2人が寝るベッドはセミダブルベッドで大丈夫?

  • シングルベッドを置くには何畳必要か?1つなら6畳、2つ配置するなら8畳が理想

  • シャ乱Qじゃあるまいし、いくら恋人でもシングルベッドに2人は狭いよね?

関連記事

  • 一人暮らしにはベッドか布団どちらがおすすめ?メリット・デメリットを考えてみた

  • 子供用マットレスの正しい選び方。5つのポイントをご紹介!

  • デュラテクノマットレスの特徴。フランスベッドの最高傑作!

  • 日本製(国産)ボンネルコイルマットレスの特徴およびメリット・デメリット

  • マットレスのサイズ・長さ一覧表。布団派の私がマットレスにした手順

  • ポケットコイルマットレスの特徴とボンネルコイルマットレスとの違い